臨床研修イラストレイテッド 2基本手技 救急処置 改訂第4版

出版社: 羊土社
著者:
発行日: 2011-06-05
分野: 臨床医学:一般  >  救命/救急
ISBN: 9784897064482
電子書籍版: 2011-06-05 (第4版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

4,950 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

4,950 円(税込)

商品紹介

大好評の定番テキストがオールカラーで全面改訂!これだけは知っておきたい各科領域の救急処置を,豊富なイラスト&写真で解説。当直・急患も慌てず対処できます。気をつけるべき医療事故の予防と対策も掲載!

目次

  • 臨床研修イラストレイテッド 2基本手技 救急処置 改訂第4版

    ―目次―

    ?章 救急処置
     (1) 救急患者の初期診察
     (2) 呼吸管理
     (3) 循環管理
     (4) ショック対策
     (5) 救急処置を要する疾患の対処
     (6) 眼科的処置
     (7) 耳鼻科的処置
     (8) 泌尿器科的処置
     (9) 婦人科的処置
     (10) 小児科的処置
     (11) 精神科救急

    II章 医療事故と対策
     事故発生と予防 
     針刺し事故 
     投薬事故 
     薬剤ショック 
     不適合輸血

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

I章 救急処置

P.13 掲載の参考文献
1) 「改訂第3版 外傷初期診療ガイドライン」(日本外傷学会, 日本救急医学会 / 監・外傷初期診療ガイドライン第3版編集委員会 / 編), へるす出版, 2008
2) 大友康裕 / 編:レジデントノート, 12(3):422-489, 2010
P.17 掲載の参考文献
1) アメリカ心臓協会:心肺蘇生と救急心血管治療のためのガイドライン2010
P.20 掲載の参考文献
1) アメリカ心臓協会:心肺蘇生と救急心血管治療のためのガイドライン2010
P.24 掲載の参考文献
P.27 掲載の参考文献
1) ARDSnet(NHLBI ARDS Network ホームページ) http://www.ardsnet.org/system/files/6mlcardsmall_2008update_final_JULY2008.pdf
P.38 掲載の参考文献
P.49 掲載の参考文献
1) 脳卒中治療ガイドライン2009(日本脳卒中学会ホームページ) http://www.jsts.gr.jp/jss08.html
P.57 掲載の参考文献
1) Gaieski, D.: Shock in adults: Types, presentation, and diagnostic approach. Up To Date Ver 18.3,2010
2) 「研修医当直御法度 第4版」(寺沢秀一, 他/著), 三輪書店, 2007
3) Neviere, R.: Sepsis and the systemic inflammatory response syndrome: Definitions, epidemiology, and prognosis. Up To Date Ver 18.3,2010
4) 「敗血症診療ガイドライン」(矢作直樹/監修), ライフ・サイエンス, 2008
5) Rose, B. D. & Mandel, J.: Treatment of severe hypovolemia or hypovolemic shock in adults. Up To Date Ver 18.3,2010
6) 「外傷初期診療ガイドライン 改訂第3版」(日本外傷学会・日本救急医学会/監修), へるす出版, 2008
7) Hochman, J. S. & Menon, V.: Clinical manifestations and diagnosis of cardiogenic shock. Up To Date Ver 18.3,2010
8) Nieman, L.: Diagnosis of adrenal insufficiency in adults. Up To Date Ver 18.3,2008
P.67 掲載の参考文献
1) 急性心筋梗塞(ST上昇型)の診療に関するガイドライン.Circ J, 72:Suppl.IV, 2008
2) 循環器病の診断と治療に関するガイドライン. 急性心不全治療ガイドライン(2006年改訂版) http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2006_maruyama_h.pdf(2011年 2月閲覧)
P.75 掲載の参考文献
1) 「脳卒中治療ガイドライン2009」(日本脳卒中学会ホームページ内 http://www.jsts.gr.jp/jss08.html)
P.79 掲載の参考文献
1) Ramsay, R. E.: Acute treatmemt of seizures.「 Emergent and Urgent Neurology」(Weiner, W. J./ed.), pp109-133, JB Lippincott Co., 1992
2) 「神経疾患 最新の治療」(小林祥泰, 水澤英洋/編), pp48-50, 南江堂, 2009
P.94 掲載の参考文献
1) GINA Report, Global Strategy for Asthma Management and Prevention updated 2009(http://www.ginasthma.com/)
2) 「喘息予防・管理ガイドライン2009」(社団法人日本アレルギー学会喘息ガイドライン専門部会 / 監修・『喘息予防・管理ガイドライン2009』作成委員), 協和企画, 2009
P.97 掲載の参考文献
1) 入江直子, 吾郷晋浩:呼吸性アルカローシス. 臨床医, 23:2105-2109, 1997
2) 井上雅樹, 長谷川鎮雄:過換気症候群. 「呼吸器疾患-state of arts 1995~98」, pp481-483, 医歯薬出版, 1994
P.113 掲載の参考文献
1) 「甲状腺クリーゼ診断基準(第1版)」(赤水尚史, 他), 日本甲状腺学会, 2008
3) Wartofsky, L. : Thyrotoxic storm.「 Werner&Ingbar’s THE THYROID, 9th ed.」(Braverman. L, E. & Utiger, R.D./eds.),p651, Williams & Wilkins, 2005
4) Stewart, P. M.: The adrenal cortex.「 Williams Textbook of Endocrinology, 11th ed.」(Kronenberg, H. M. et al./eds.),p477, Saunders, 2009
P.120 掲載の参考文献
1) 鈴木幸一郎, 他:綜合臨牀, 45:99-103, 1996
2) 世良昭彦, 他:救急医学, 20:20-21, 1996
3) 菅又 章:手の熱傷. 「最新の熱傷臨床」(平山 峻, 島崎修次/編), pp371-378, 克誠堂, 1994
4) 「熱傷診療ガイドライン」(日本熱傷学会学術委員会/編), 日本熱傷学会, 2009
P.138 掲載の参考文献
P.141 掲載の参考文献
1) 安岡正蔵, 他:熱中症(暑熱障害) I-III度分類の提案;熱中症新分類の臨床的意義. 救急医, 23, 1119-1123, 1999
2) 清水幹夫, 渡辺敏成:熱中症. 「クイック・アプローチ 救急医療実践ハンドブック 改訂第2版」(小林茂昭, 他/編), p280, 南江堂, 2000
P.150 掲載の参考文献
1) 「眼科当直医・救急ガイド」(眼科診療プラクティス編集委員/編), 文光堂, 2004
P.161 掲載の参考文献
1) 「小児急性中耳炎治療ガイドライン 2009年版」(日本耳科学会, 日本小児耳鼻咽喉科学会, 日本耳鼻咽喉科感染症研究会/編), 金原出版, 2009
P.176 掲載の参考文献
1) 「最新産科学 異常編 改訂第21版」(荒木 勤/著), 文光堂, 2008
P.188 掲載の参考文献
1) 「小児気管支喘息治療・管理ガイドライン2008」(西牟田敏之, 他/監・日本小児アレルギー学会/作成), 協和企画, 2008

最近チェックした商品履歴

Loading...