腹部救急対応マニュアル

出版社: 文光堂
著者:
発行日: 2011-06-20
分野: 臨床医学:一般  >  救命/救急
ISBN: 9784830681431
電子書籍版: 2011-06-20 (第1版第2刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:8~14営業日

4,620 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

4,620 円(税込)

商品紹介

本書は若手医師らが苦手とする腹部救急での大原則をふまえた上で,多岐に渡る疾患にどうアプローチしてゆくべきかを実地の症例を元に解説。診断から初期治療に至るまで,救急室での実践的なアプローチをこの一冊に集約した。

目次

  • 腹部救急対応マニュアル

    ―目次―

    ?.腹部救急総論
     1.病歴・既往歴から始める診察のコツ
     2.身体所見 〜特徴的で信頼できる所見は何か?〜
     3.検査の進め方 〜検査値の評価と考え方〜
     4.エコー,単純X線検査
        〜押さえておくべき画像のポイント〜
     5.急性腹症のCT検査 〜押さえておくべき画像のポイント〜

    II.腹部救急の初期診療
     1.トリアージと初期診療の進め方
     2.腹部外傷 〜JPTEC/JATECによる外傷患者の診かた〜
     3.消化管出血:吐血と下血 
        〜パニックを起こさず冷静に行動しよう〜

    III.各論 〜腹部救急疾患の診断と初期治療〜
     1.下痢・消化管感染症 〜まず脱水の評価と初期輸液〜
     2.上部消化管疾患 〜頻度の高い疾患,重要な疾患〜
     3.下部消化管疾患 
        〜小腸と大腸の見逃してはいけない重要な疾患〜
     4.胆石・胆道疾患 〜高齢者に頻度の高い疾患〜
     5.膵炎 〜重症度の判定が重要〜
     6.肝硬変患者の腹痛で考慮すべきこと
     7.腹部の血管系疾患

    IV.その他
     1.泌尿器科領域の救急疾患 〜尿管結石だけじゃない〜
     2.腹部臓器以外が原因の腹痛 
        〜エー,ウソー,心筋梗塞だって!?
        (代謝・中毒・急性心筋梗塞)〜
     3.女性の腹痛 〜女性を診たら….妊娠/外妊だけじゃない.
        知っておくべき急性の産婦人科疾患〜
     4.小児の腹痛 〜困った,困った.「ぽんぽんが痛い」〜
     5.高齢者の腹痛 
        〜簡単に帰宅させてはいけない高齢者の腹痛〜
     6.コンサルテーションの基本,入院か帰宅かの決定,
        リスクマネージメント 
        〜コンサルトの仕方で研修医の評価が決まる〜
     7.急性腹症の診療上のピットフォールと対策 
        〜注意をしても問題は起きる.
         実例に学ぶピットフォール対策〜

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

I. 腹部救急総論

P.11 掲載の参考文献
1) Judith ET : Emergency medicine a comprehensive study guide 6th ed. p.512, McGrow Hill, New York, 2006.
2) 井清司 : 救急外来腹部診療スキルアップ. pp.1-52, シービーアール, 2006.
P.26 掲載の参考文献
1) Bickley LS, et al. : Bate's Guide to Physical Examination and History Taking 10th ed. p.360, Lippincott Williams & Wilkins, Philadelphia, 2008.
2) Swartz MH : Textbook of Physical Diagnosis 4th ed. pp.443, 453-457, Saunders, 2002.
3) リン・ビックリー, ピーター・G・シラギ著, 徳田安春ほか監訳 : ベイツ診察法. p.376, 医学書院, 2008.
4) 宮城征四郎, 徳田安春編 : 身体所見からの臨床診断. pp.146, 159, 羊土社, 2010.
5) http://pier.acponline.org/physicians/diseases/diseases-l1.html : Gastroenterology
6) Mangione S : Physical Diagnosis Secrets, 2nd ed. Mosby Elsvier, 2008.
7) McGee S : Evidence-Based Physical Diagnosis, 2nd ed. Saunders Elesvier, 2007.
P.32 掲載の参考文献
1) Hamilton GC, et al. : Emergency medicine 2nd ed. pp.84-91, Saunders, 2003.
2) Press SM, Smith AD : Incidence of negative hematuria in patients with acute urinary lithiasis presenting to the emergency room with flank pain. Urology 45 (5) : 753, 1995.
3) Judith ET : Emergency medicine a comprehensive study guide 6th ed. p.622, McGraw Hill, New York, 2006.
4) Wilcox AJ, et al. : Natural limits of pregnancy testing in relation to the expected menstrual period. JAMA 286 (14) : 1759, 2001.
5) Wolfson B, el al. : Harwood-Nuss` Clinical Practice of Emergency medicine 4th ed. Lippnicott Willams&Wilkins, 2005.
6) William Silen 著・小関一英訳 : 急性腹症の早期診断. メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2004.
7) 井清司 : 救急外来腹部診療スキルアップ. シービーアール, 2006.
P.43 掲載の参考文献
1) 日本外傷学会・日本救急医学会監修 : 外傷初期診療ガイドライン JATEC 改訂第3版. へるす出版, 2008.

II. 腹部救急の初期診療

P.70 掲載の参考文献
1) Holcomb JB, et al. : Increased plasma and platelet to red blood cell ratios improves outcome in 466 massively transfused civilian trauma patients. Ann Surg 248 : 447, 2008.
2) Rivers E, et al. ; Early Goal-Directed Therapy Collaborative Group : Early goal-directed therapy in the treatment of severe sepsis and septic shock. N Engl J Med 345 (19) : 1368-1377, 2001.
P.79 掲載の参考文献
1) 大友康裕ほか : 超大量腹腔内出血に対する胸大動脈遮断の有用性. 日外傷研会誌 3 : 133-138, 1989.
2) 石原晋, 金子高太朗 : 鈍的腹部外傷の出血制御を目的とした専用大動脈遮断カテーテルの臨床応用. 日外傷会誌 12 : 11-15, 1998.
3) Scalea TM, et al. : Focused assessment with sonography for trauma (FAST) : result from an international consensus conference.J Trauma 46 : 466-472, 1999.
4) Rozycki GS, et al. : Prospective evaluation of surgeons' use of ultrasound in the evaluation of trauma patients. J Trauma 34 : 516-527, 1993.
5) Thomas B, et al. : Ultrasound evaluation of blunt abdominal trauma : program implementation, initial experience and learning curve. J Trauma 42 : 384-390, 1997.
6) Fakhry SM, et al. : Relatively short diagnostic delays (< 8 hours) produce morbidity and mortality in blunt small bowel injury ; An analysis of time to operative intervention in 198 patients from a multicenter experience. J. Trauma 48 : 408-415, 2000.
7) Pachter HL, et al. : Status of nonoperative management of blunt hepatic injuries in 1995 : A multicenter experience with 404 patients. J Truma 40 : 31-38, 1996.
8) 今明秀 : 多発外傷を伴う腹部外傷. 救急・集中治療 22 : 663-668, 2010.
P.84 掲載の参考文献
1) 岡崎和一ほか : 緊急内視鏡ガイドライン. 日本消化器内視鏡学会卒後教育委員会 (編) : 消化器内視鏡ガイドライン 第3版. pp.134-141, 医学書院, 2006.
2) 赤松泰次ほか : 消化管出血を認める患者の対処法. 消化器内視鏡 6 : 745-750, 2008.
3) 石塚淳ほか : 下血. 福井次矢ほか (編) : 内科診断学. pp.269-275, 医学書院, 2000.
4) 三井記念病院内科レジデント編 : 消化管出血. 内科レジデント実践マニュアル 第8版. pp.180-192, 文光堂, 2008.

III. 各論 ~腹部救急疾患の診断と初期治療~

P.91 掲載の参考文献
1) 大曲貴夫 : 感染症診療のロジック. pp.108-117, 南山堂, 2010.
2) 豊田茂 : 乳幼児期の下痢症. 小児疾患のための病態生理 1 第4版. 小児内科 40 : 501-506, 208.
3) 田中和豊 : 下痢 (diarrhea). 問題解決型 救急初期診療. pp.264-269, 医学書院, 2007.
4) 関根孝司 : 脱水に対する経口補液療法. 小児内科 39 : 824-826, 2007.
P.99 掲載の参考文献
1) Huang JQ, et al. : Role of Helicobacter pylori infection and non-steroidal anti-inflammatory drugs in peptic-ulcer disease ; a meta-analysis. Lancet 359 (5) : 14-22, 2002.
2) 胃潰瘍ガイドラインの適用と評価に関する研究班 : EBMに基づく胃潰瘍診療ガイドライン 第2版. じほう, 2007.
3) Soll AH : Unusual causes of peptic ulcer disease : http://www.uptodate.com/online/
4) Soll AH : Complications of peptic ulcer disease : http://www.uptodate.com/online/
5) 三宅一昌, 坂本長逸 : 胃・十二指腸潰瘍. 救急医学 33 : 1335-1339, 2009.
6) 日本消化器病学会 : 消化性潰瘍診療ガイドライン. 南江堂, 2009.
7) 直井大志ほか : 上部消化管穿孔に対する保存的治療症例の検討. 日臨外会誌 70 (3) : 667-672, 2009.
8) 羽生信義ほか : 食道良性疾患の外科治療 7 特発性食道破裂の病因, 診断と治療. 日外会誌 104 (9) : 606-610, 2003.
9) Triadafilopoulos G : Boerhaave's syndrome ; Effort rupture of the esophagus : http://www.uptodate.com/online/
10) Pate JW, et al. : Spontaneous rupture of the esophagus ; A 30-year experience. Ann Thorac Surg 47 (5) : 689-692, 1989.
11) Hafer G, et al. : Die atraumische Ruptur des Osophagus. Zentralbl Chir 115 : 729-735, 1990.
P.121 掲載の参考文献
1) Friedman GD : Natural history of asymptomatic and symptomatic gallstones. Am J Surg 165 : 399-404, 1993.
2) 急性胆道炎の診療ガイドライン作成出版委員会 : 急性胆管炎・胆嚢炎の診療ガイドライン. 医学図書出版, 2005.
3) 日本消化器病学会 : 胆石症診療ガイドライン. 南江堂, 2009.
4) 浦田孝広ほか : 急性胆嚢炎に対する治療戦略. Medical Practice 26 : 1357-1363, 2009.
5) 浦田孝広ほか : 急性胆嚢炎に対する内視鏡的経鼻胆道ドレナージ (ENGBD) の有用性と問題点. 胆道 21 : 145-152, 2007.
P.130 掲載の参考文献
1) 厚生労働科学研究 : エビデンスに基づいた急性膵炎の診療ガイドライン 第2版, 金原出版, 2007.
2) 急性膵炎診療ガイドライン 2010 改訂出版委員会編 : 急性膵炎診療ガイドライン 2010, 金原出版, 2009. (http://minds.jcqhc.or.jp/stc/0011/1/0011_G0000024_GL.html)
3) 難病情報センターのHPの重症急性膵炎の項目 (http://www.nanbyou.or.jp/sikkan/048_i.htm)
P.134 掲載の参考文献
1) Shin BS, et al. : Outcome and prognostic factors of spontaneous ruptured hepatocellular carcinoma treated with transarterial embolization. Acta Radiol 52 (3) : 331-335, 2011.
2) Franca AV, at al. : Long-term prognosis of cirrhosis after spontaneous bacterial peritonitis treated with ceftriaxone. J Clin Gastoroenterol 33 : 295, 2001.
3) 古城八寿子ほか : Vibrio vulnificus感染症-診断と治療のフローチャートの試み. 日皮会誌 109 (6) : 1999.
P.146 掲載の参考文献
1) Fink HA, et al. : The accuracy of physical examination to detect abdominal aortic aneurysm. Arch Inten Med 160 (6) : 833, 2000.
2) Uptodate http://www.uptodate.com/home/index.html "Epidemiology, clinical features, and diagnosis of abdominal aortic aneurysm"
3) Emergency Medicine Practice http://www.ebmedicine.net/ "Aortic emergencies-Part II" 8 (3) : 2006.
4) Hugan PG, et al. : The International Registry of Acute Aortic Dissection (IRAD) ; new insights into an old disease. JAMA 283 (7) : 897-903, 2000.
5) Marx JA, et al. : Abdominal aortic aneurysm. Acute mesenteric ischemia. Rosen's Emergency Medicine 6th ed. Mosby, 2006.
6) Shanley CJ, Weinberger JB : Acute abdominal vascular emergencies. Med Clin N Am 92 : 627-647, 2008.
7) 田村晄一, 栗原幸夫編 : 大動脈瘤・大動脈解離診療のコツと落とし穴. 中山書店, 2006.

IV. その他

P.159 掲載の参考文献
1) 新垣義孝, 中村信之 : 上部尿路結石の救急-急性結石性腎盂腎炎230例の検討. 日臨救医誌 2 : 333-337, 1999.
2) 佐藤嘉一, 丹田 均 : 急性陰嚢症. 臨泌 58 : 17-21. 2004.
3) 日本泌尿器科学会, 日本Endourology・ESWL学会, 日本尿路結石症学会編 : 尿路結石症診療ガイドライン. 金原出版, 2002.
4) 日本泌尿器科学会卒後教育テキスト 2008 (Vol.13 No.1). 急性陰嚢症. pp.268-273, 2008.
5) 日本泌尿器科学会卒後教育テキスト 2009 (Vol.14 No.1). 外傷・救急医療, 尿路性器感染症 pp.17-37, 2009.
P.164 掲載の参考文献
1) 近藤雅夫 : 日本における先天性ポルフィリン症の臨床検討. 2003. 3
2) 全国ポルフィリン代謝障害友の会「さくら友の会」 http://www.sakuratomonokai.com/
3) 補体研究会 : HAEガイドライン 2010. 補体研究会ホームページ http://square.umin.ac.jp/compl/
4) All about HAE.com http://www.allabouthae-jp.com/
P.173 掲載の参考文献
1) 西田欣広, 楢原久司 : 下腹痛・発熱に対する対応. 救急医学 32 : 1073-1076, 2008.
2) Galinier P, et al. : Ovarian torsion. Management and ovarian prognosis ; a report of 45 cases. J Pediatr Surg 44 : 1759-1765, 2009.
3) 加納武夫, 野口昌良 : 下腹痛-症状とその鑑別診断. 性感染症 診断・治療ガイドライン 2008. 日性感染症会誌 19 (1) : 32-34, 2008.
P.181 掲載の参考文献
1) 市川光太郎編 : 内科医・小児科研修医のための小児救急治療ガイドライン. 診断と治療社, 2007.
2) Gausche-Hill M, et al. (eds) /吉田一郎監訳 : APLS小児救急学習用テキスト. 診断と治療社, 2006.
P.192 掲載の参考文献
1) Salameh JR : Primary and Unusual Abdominal Wall Hernias. Surg Clin N Am 88 45-60, 2008.
2) 総務省消防庁 : 平成21年版 救急・救助の現況. 2009. http://www.fdmago.jp/neuter/topics/houdou/2112/03_genkyou.pdf
3) 淺井精一 : 高齢者患者・家族とうまく付き合う3つのポイント. ERマガジン 1 (2) : 109-113, 2004.
4) Kendall JL,et al. : Evaluation of the adult with abdominal pain in the emergency department. UpToDate.
P.204 掲載の参考文献
1) Robert D, et al. : Abdominal pain in the ED ; Stability and change over 20 years. Am Emerg Med 13 : 301-303, 1995.
2) Sklar DP, et al. : Unanticipated death after discharge home from the emergency department. Ann Emerg Med 49 : 735-745, 2007.
3) 堀康司 : 法律より大切なもの. ERマガジン 4 : 18-21, 2007.
4) 医療事故市民オンブスマン・メディオ : 「医療事故と診療上の諸問題に関する調査」報告書. 2003.
5) 井清司 : 入院帰宅の判断をまちがえやすい症例. ERマガジン 1 : 37-41, 2004.
6) 横山貴之 : 医療過誤をおこすとどうなる? ERマガジン 4 : 241-242, 2007.
P.209 掲載の参考文献
1) Atrocis, nec descripti prius, morbis historia : Secundum medicae artis leges conscripta. Boutesteniana 1724.
2) de Schipooer JP, et al. : Spontaneous rupture of the oesophagus ; Boerhaave's syndrome in 2008. Literature review and treatment algorithm. Dig Surg 26 (1) : 1-6, 2009.
3) Marx JA, et al. : Rosen's Emergency Medicine, 6th ed. pp.482-485, Mosby, 2006.
4) Huang J, et al. : Role of Helicobacter pylori infection and non-steroidal anti-inflammatory drugs in peptic-ulcer disease ; a meta-analysis. Lancet 359 : 14-22, 2002.
5) Stoker J, et al. : Imaging in patient with acute abdominal pain. Radiology 235 (1) : 2009.
6) Furukawa A, et al. : Gastrointestinal tract perforation ; CT diagnosis of presence, site and cause. Abdominal Imaging 30 : 524-534, 2005.
7) Grassi R : Gastro-duodenal perforation ; conventional plain film, US and CT findings in 166 consective patient. Eur J Radiol 50 (1) : 30-36, 2004.

付録 : 特定の疾患・病態に関する身体所見の感度 ( Sn : sensitivity ), 特異度 ( Sp : specificity ), 陽性尤度 ( LR + : positive likelihood ratio ), 陰性尤度 ( LR - : negative likelihood ratio )

P.213 掲載の参考文献
1) McGee S : Evidence-Based Physical Diagnosis, 2nd ed. pp.95, 167, 576, 577, 579, Saunders Elesvier, 2007.
2) Evaluation of Acute Abdominal Pain in Adults. (http://www.aafp.org/afp/2008/0401/p971.html)
3) http://pier.acponline.org/physicians/diseases/diseases-l1.html : Gastroenterology
4) Black ER, et al. : Diagnostic Strategies for Common Medical Problems 2nd ed. American College of Physicians, 1999.

付録 : Further Readings

P.214 掲載の参考文献
(1) Christensen J : Bedside Logic in Diagnostic Gastroenterology : Churchill Livingstone : 1987
(2) Goroll AH, Mulley AG : Primary Care Medicine : Office Evaluation and Management of the Adult Patient 6th ed : Lippincott Williams & Wilkins : 2009
(3) Bickley LS, et al. : Bate's Guide to Physical Examination and History Taking 10th ed : Lippincott Williams & Wilkins : 2008
(4) 宮城征四郎, 徳田安春編 : 身体所見からの臨床診断 : 羊土社 : 2010
(5) 長谷川雄一ほか : 消化管超音波検査-描出のコツと判読のポイント. Medical thechnology 別冊超音波エキスパート 5 : 医歯薬出版 : 2006
(6) Cohn SM : Acute care surgery and trauma. Evidence Based Practice : informa healthcare : 2009
(7) 堀川義文ほか : 急性腹症のCT : へるす出版 : 1998
(8) 荒木力 : ここまでわかる急性腹症のCT 第2版 : メディカル・サイエンス・インターナショナル : 2009
(9) 坂本力ほか : マルチスライスCTによる腹部救急疾患の画像診断 : 秀潤社 : 2007
(10) 山下康行ほか : 急性腹症の画像診断-最近の考え方. 画像診断, 27 (3) : 283-354 : 秀潤社 : 2007
(11) Talan DA, et al. : Severe Sepsis and Septic Shock in the Emergency Department. Infect Dis Clin N Am 22 : 1-31 : Elsevier : 2008
(12) Holcomb JB, et al. : Damage control resuscitation ; directly addressing the early coagulopathy of trauma. J Trauma 62 : 307 : Lippincott : 2007
(13) Kliegman RM, et al. : Nelson textbook of Pediatrics 18th ed : Saunders : 2007
(14) Long SS, et al. : Principle and practice of Pediatric Infectious Diseases 3rd ed : Elsevier : 2008
(15) 米国外科学会編 : ACS Surgery Principal and Practice : Webmd Reference : 2006
(16) Lee, KF Dyke C : Surgical attending Round : Lippincott : 1992
(17) Avernathy CM, Harken AH : Surgical Secrets : Elsevier : 1992
(18) Davis Christopher : Textbook of Surgery : Saunders : 1981
(19) 井清司 : 救急外来腹部診療スキルアップ : シーアールビー : 2006
(20) 永井良三監 : 産婦人科研修ノート : 診断と治療社 : 2009
(21) 井上裕美ら監 : 病気がみえる vol.9 婦人科・乳腺外科 第2版 : メディックメディア : 2009
(22) 井上裕美ほか監 : 病気がみえる vol.10 産科 第2版 : メディックメディア : 2009
(23) 大鷹美子監訳 : ウィリアムス臨床産科マニュアル : メディカルビュー社 : 2009
(24) 市川光太郎 : 小児救急イニシャルマネージメント : 中外医学社 : 2009
(25) 五十嵐隆 : 小児科診療ガイドライン-最新の診療指針 : 総合医学社 : 2007
(26)' 岩田充永 : 救急外来でのキケンな一言 : 羊土社 : 2008
(26) 有賀徹ほか編 : ERでの急性腹症. ERマガジン 5 (4) : シービーアール : 2008
(27) 臨床研修医のための一般外科指南書. http://web.me.com/tadaokubota/
(28) 堀川義文 : 「急性腹症のCT演習問題」 (http://www.qqct.jp/)
(29) www.uptodate.com

最近チェックした商品履歴

Loading...