DPC/PDPSコーディングの精度と収益への影響 症例検討と対応策

出版社: 日本医学出版
著者:
発行日: 2012-02-10
分野: 医学一般  >  病院管理学
ISBN: 9784902266610
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

2,700 円(税込)

DPCはデータの活用方法によっては医療機関の収益にも大きく影響する。本書はDPCデータを精査した検証事例から、具体的な事例に沿って収益への影響を中心に説明、またその改善策についてもまとめた。

目次

  • DPC/PDPSコーディングの精度と収益への影響 症例検討と対応策

    ―目次―

    序 コーディングの制度に影響を及ぼす要件について

    第1章 症例検討
     1.検証について
     2.検証結果全般
      (1)コーディング精度の全体状況
      (2)MDC別過誤状況
      (3)収益ベースでの過誤状況
      (4)DPCコーディングの過誤による問題点
     3.DPCコーディング精度についての検証結果
      (1)過誤が医療機関の統計に与える影響
      (2)個別に収益の影響を検証する
      (3)個別に収益の影響詳細を考察する

    第2章 対応策と改善事例
     1.対応策
      (1)基本的事項の再確認
      (2)病院としてすべきこと
      (3)DPC検証部署の必要性と役割
      (4)DPCにおける診療情報管理士・医事課・医療情報部門の役割
      (5)DPCにおけるコメディカルの役割
      (6)DPCにおけるクリニカルパスの活用
      (7)正しいDPC請求のためのチェックシート
     2.改善事例
      (1)請求精度向上のための取り組み事例
      (2)DPC請求フロー事例
     3.参考資料

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...