高齢者の薬よろずお助けQ&A100

出版社: 羊土社
著者:
発行日: 2012-06-20
分野: 臨床医学:一般  >  薬物療法
ISBN: 9784758117241
電子書籍版: 2012-06-20 (第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:8~14営業日

4,180 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

4,180 円(税込)

商品紹介

高齢者への処方では,多剤併用,肝・腎機能,基礎疾患,さらに服薬アドヒアランスまで,多様な背景を考慮しなければならず,悩むことが多い!そんな悩みに,高齢者医療に熟練した著者らがお答えします!

目次

  • 高齢者の薬よろずお助けQ&A100

    ―目次―

    第1章 高齢者に多い疾患に対する薬の使い方
     1)細菌感染症
     2)ウイルス感染
     3)下痢
     4)骨粗鬆症
     5)認知症
     6)COPD と気管支喘息
     7)不整脈
     8)血栓症
     9)心不全,ショック
     10)虚血性心疾患
     11)甲状腺機能低下症
     12)めまい,立ちくらみ

    第2章 生活習慣病に対する薬の使い方
     1)高血圧
     2)糖尿病
     3)脂質異常症

    第4章 高齢者で頻用される薬の使い方
     1)睡眠薬
     2)抗不安薬,抗うつ薬
     3)解熱鎮痛薬
     4)消化性潰瘍治療薬
     5)便秘治療薬
     6)頻尿,尿閉,尿失禁

    第5章 高齢者診療で重要な薬の使い方
     1)抗けいれん薬
     2)パーキンソン病治療薬
     3)せん妄
     4)経口ステロイド
     5)電解質異常
     
    第6章 禁忌あるいは用量調整が必要な薬

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

第1章 高齢者に多い疾患に対する薬の使い方

P.15 掲載の参考文献
1) 日本結核病学会予防委員会・日本リウマチ学会: さらに積極的な化学予防の実施について. 結核, 79: 747-748, 2004
2) 『レジデントのための感染症診療マニュアル 第2版』 青木眞/著, 医学書院, 2008
P.17 掲載の参考文献
1) Arroll B & Kenealy T:Antibiotics for the common cold and acute purulent rhinitis.Cochrane Database Syst Rev, 3:CD000247, 2005
2) Peterson I et al.:Protective effect of antibiotics against serious complication of common respiratory tract infection:retrospective cohort study with the UK General Practice Research Database. BMJ, 335:982, 2007
3) 『成人気道感染症診療の基本的考え方』 日本呼吸器学会呼吸器感染症に関するガイドライン作成委員会/編, 日本呼吸器学会, 2003
P.19 掲載の参考文献
1) Mclsaac WJ et al.:The validity of a sore throat score in family practice. CMAJ,163:811-815, 2000
2) 『The Sanford guide to antimicrobial therapy 2011』 Gilbert DN et al. eds.,Antimicrobial Therapy Inc., 2011
P.21 掲載の参考文献
1) Bartlett JG:Aspiration pneumonia in adults. UpToDate 19.2
2) 大類 孝: 高齢者誤嚥性肺炎の現状と対策. 日老医誌, 47: 558-560, 2010
4) Mouw DR et al.:Clinical inquiries. Are antibiotics effective in preventing pneumonia for nursing home patients? J Fam Pract, 53:994-996, 2004
P.23 掲載の参考文献
1) 『抗菌薬使用のガイドライン』 日本感染症学会, 日本化学療法学会/編, 協和企画, 2005
2) 『The Sanford guide to antimicrobial therapy 2011』 Gilbert DN et al. eds.,Antimicrobial Therapy Inc., 2011
P.25 掲載の参考文献
1) Choi EI:Vancomycin hypersensitivity. UpToDate 19.2
P.27 掲載の参考文献
1) Piperacillin:Drug information. UpToDate, 2011
2) 『The Sanford guide to antimicrobial therapy 2011』 Gilbert DN et al. eds.,Antimicrobial Therapy Inc., 2011
P.29 掲載の参考文献
1) 『The Sanford guide to antimicrobial therapy 2011』 Gilbert DN et al. eds.,Antimicrobial Therapy Inc., 2011
2) Nottingham Antibiotic Guidelines Committee:Guideline for the intravenous to oral switch of antibiotic therapy, 2006
P.31 掲載の参考文献
1) 河合直樹, 他: 今シーズンにおける抗インフルエンザ薬の使い方. 日経メディカル, 530: 141-143, 2012
P.33 掲載の参考文献
1) Brigden D & Whiteman P:The clinical pharmacology of acyclovir and its prodrugs.Scand J Infect Dis Suppl, 47:33-39, 1985
2) 『高齢者を含む腎機能低下患者さんに対するCcr早見表』, グラクソ・スミスクライン株式会社, 2010
P.36 掲載の参考文献
1) 「東京都感染症マニュアル2009 」http://idsc.nih.go.jp/idwr/kansen/k03/k03_11.html
P.38 掲載の参考文献
1) 稲松孝思, 千村百合: クロストリジウム・ディフィシル. 「病原菌の今日的意味 改訂4版」 松本慶蔵/編, 医薬ジャーナル社, pp625-635, 2011
P.45 掲載の参考文献
1) 『骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2011年版』 骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン作成委員会/編, ライフサイエンス出版, 2011
P.48 掲載の参考文献
1) 『骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2011年版』 骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン作成委員会/編, ライフサイエンス出版, 2011
P.50 掲載の参考文献
P.53 掲載の参考文献
1) 『認知症疾患治療ガイドライン2010』 「認知症疾患治療ガイドライン」作成合同委員会/編, 医学書院, 2010
2) 『認知症の薬物療法』 朝田 隆, 木之下徹/編, 新興医学出版社, 2011
3) 『認知症テキストブック』 日本認知症学会/編, 中外医薬社, 2008
4) 『認知症診療の実践テクニック』 朝田 隆/編, 医学書院, 2011
P.55 掲載の参考文献
1) 佐藤晋爾 他: アルツハイマー病治療薬の早期投与のメリット. Cognition and Dementia, 1: 40-43, 2011
2) 『認知症疾患治療ガイドライン2010』 「認知症疾患治療ガイドライン」作成合同委員会/編, 医学書院, 2010
3) 『認知症の薬物療法』 朝田 隆, 木之下徹/編, 新興医学出版社, 2011
4) 『認知症テキストブック』 日本認知症学会/編, 中外医薬社, 2008
5) 『認知症診療の実践テクニック』 朝田 隆/編, 医学書院, 2011
P.57 掲載の参考文献
1) 山田達夫: アルツハイマー型治療薬の切り替え両方の有用性と副作用. Cognition and Dementia, 1: 44-48, 2011
2) 『認知症疾患治療ガイドライン2010』 「認知症疾患治療ガイドライン」作成合同委員会/編, 医学書院, 2010
3) 『認知症の薬物療法』朝田 隆, 木之下徹/編, 新興医学出版社, 2011
4) 『認知症テキストブック』 日本認知症学会/編, 中外医薬社, 2008
5) 『認知症診療の実践テクニック』 朝田 隆/編, 医学書院, 2011
P.60 掲載の参考文献
1) 『喘息予防・管理ガイドライン2009』 社団法人日本アレルギー学会喘息ガイドライン専門部会/監, 協和企画, 2009
P.62 掲載の参考文献
1) 『喘息予防・管理ガイドライン2009』 社団法人日本アレルギー学会喘息ガイドライン専門部会/監, 協和企画, 2009
P.64 掲載の参考文献
1) 『COPD(慢性閉塞性肺疾患)診断と治療のためのガイドライン第3版』日本呼吸器学会COPDガイドライン第3版作成委員会/編, メディカルレビュー社, 2009
P.65 掲載の参考文献
1) 『COPD(慢性閉塞性肺疾患)診断と治療のためのガイドライン第3版』(日本呼吸器学会COPDガイドライン第3版作成委員会), メディカルレビュー社, 2009
P.67 掲載の参考文献
1) 『COPD(慢性閉塞性肺疾患)診断と治療のためのガイドライン第3版』日本呼吸器学会COPDガイドライン第3版作成委員会/編, メディカルレビュー社, 2009
P.70 掲載の参考文献
1) 新 博次, 他: 一般総合病院における不整脈出現頻度; 高年齢群の特徴. 日本老年医学会雑誌, 23: 41-49, 1986
2) 小松 隆, 他: 発作性心房細動例における抗不整脈薬の停止・予防効果と加齢の影響. 呼吸と循環, 49: 1015-1020, 2001
P.73 掲載の参考文献
1) 小川 聡, 他: 心房細動治療 (薬物) ガイドライン2008年改訂版. Circ J, 72(Suppl IV): 1581-1638, 2008
2) 小松 隆, 中村元行: 心房細動-アップストリーム治療とダウンストリーム治療-. 『ClassI 薬の使い方』 山下武志/編, 中山書店, 170-179, 2007
3) Camm AJ et al.:Guideline for the management of atrial fibrillation of the European Society of Cardiology(ESC). Eur Heart J, 12:1360-1420, 2010
P.76 掲載の参考文献
P.78 掲載の参考文献
P.80 掲載の参考文献
P.82 掲載の参考文献
P.84 掲載の参考文献
P.86 掲載の参考文献
1) 『血栓症-やさしく, くわしく, わかりやすく』 後藤信哉, 浅田祐士郎/著, 南江堂, 2006
2) 小越和栄他: 内視鏡治療時の抗凝固薬, 抗血小板薬使用に関する指針. 消化器内視鏡学会雑誌, 47: 2691-2695, 2005
P.89 掲載の参考文献
2) O'Connor CM et al.:Effect of nesiritide in patients with acute decompensated heart failure. N Engl J Med, 365:32-43, 2011
3) 『急性心不全治療ガイドライン(2011年改訂版)』(班長: 和泉 徹): http://www.j-circ.or.jp/guidline
P.92 掲載の参考文献
1) 『急性心不全治療ガイドライン(2011年改訂版)』(班長: 和泉 徹): http://www.j-circ.or.jp/guidline
2) O'Connor CM et al.:Continuous intravenous dobutamine is associated with an increased risk of death in patients with advanced heart failure:insights from the Flolan International Randomized Survival Trial (FIRST). Am Heart J, 138:78-86, 1999
P.95 掲載の参考文献
P.98 掲載の参考文献
1) 『慢性心不全治療ガイドライン(2010 年改訂版)』(班長: 松崎益徳): http://www.j-circ.or.jp/guidline
4) The CAPRICORN investigators:Effect of carvedilol on outcome after myocardial infarction in patients with left-ventricular dysfunction; the CAPRICORN randomised trial. Lancet, 357:1385-1390, 2001
P.101 掲載の参考文献
2) The IONA Study Group:Effect of nicorandil on coronary events in patients with stable angina:the impact of nicorandil in angina(IONA)randomized trial. Lancet, 359:1269-1275, 2002
P.104 掲載の参考文献
P.109 掲載の参考文献
1) 武田憲昭: 神経・脳血管-めまいといえば, メイロンでよいのか? 治療, 88: 1098-1099, 2006
4) Mulch G:Comparison of the effectiveness of antivertiginous drugs by double blindprocedure. The effect of diazepam, dimenhydrinate and sulpirid on the human vestibular spontaneous nystagmus(author's transl). Laryngol Rhinol Otol( Stuttg), 55:392-399, 1976

第2章 生活習慣病に対する薬の使い方

P.113 掲載の参考文献
P.116 掲載の参考文献
1) The Telmisartan Randomised AssessmeNt Study in ACE iNtolerant subjects with cardiovascular Disease(TRANSCEND)Investigators:Effects of the angiotensinreceptor blocker telmisartan on cardiovascular events in high-risk patients intolerant to angiotensin-converting enzyme inhibitors:a randomised controlled trial. Lancet,372:1174-1183, 2008
P.118 掲載の参考文献
P.121 掲載の参考文献
2) 『高血圧治療ガイドライン』 日本高血圧学会高血圧/編, 2009
3) Hansson L, et al. for the HOT study group:Effects of intensive blood-pressure lowering and low-dose aspirin in patients with hypertension; prinsipal results of the hypertension optimal treatment(HOT)randomised trial. Lancet, 351:1755-1762,1998
4) The ACCORD study group:Effects of intensive blood-pressure control in type 2 diabetes mellitus. N Engl J Med, 362:1575-1585, 2010
P.123 掲載の参考文献
2) ADVANCE collaborative group:Effects of a fixed combination of perindopril and indapamide on macrovascular and microvascular outcomes in patients with type 2 diabetes mellitus(the ADVANCE trial):a randomised controlled trial. Lancet, 370:829-824, 2007
P.130 掲載の参考文献
P.133 掲載の参考文献
1) 荒木 厚: 糖尿病と認知症. 『糖尿病と全身疾患』 PRACTICE(別冊): 61-68, 2009
P.137 掲載の参考文献
P.140 掲載の参考文献
P.155 掲載の参考文献
P.157 掲載の参考文献
P.159 掲載の参考文献
1) 『動脈硬化性疾患予防ガイドライン2007年版』 日本動脈硬化学会/編, 協和企画, 2007
P.161 掲載の参考文献
1) 『動脈硬化性疾患予防ガイドライン2007年版』 日本動脈硬化学会/編, 協和企画, 2007

第3章 知っておきたい重症疾患の治療法

P.164 掲載の参考文献
P.167 掲載の参考文献
1) 『周術期輸液の考えかた』丸山一男/著, 南江堂, 2005
2) 『レジデントノート増刊 輸 液療法パーフェクト』 飯野靖彦/編, 羊土社, 2009
3) 『輸液ができる, 好きになる』 今井裕一/著, 羊土社, 2010
P.170 掲載の参考文献
1) 青木延雄 & 長谷川 淳: DIC診断基準「診断のための補助的検査成績, 所見」の項の改訂について. 厚生省特定疾患血液凝固異常症調査研究班, 平成4年度業績報告集. 37-41, 1988
3) Gando S et al.:A multicenter, prospective validation of disseminated intravascular coagulation diagnostic criteria for critically ill patients:comparing current criteria.Crit Care Med, 34:625-631, 2006
P.173 掲載の参考文献
1) Baccarani M et al.:Chronic myeloid leukemia:An update of concepts and management recommendations of European Leukemia Net. J Clin Oncol, 27:6041-6051, 2009
2) Giuseppe S et al.:Nilotinib versus imatinib for newly diagnosed chronic myeloid leukemia. N Engl J Med, 362:2252-2259, 2010
3) Kantarjian H et al.:Dasatinib versus imatinib in newly diagnosed chronic-phasechronic myeloid leukemia. N Engl J Med, 362:2260-2270, 2010
P.176 掲載の参考文献
P.179 掲載の参考文献
1) 日本透析医学会: 2008年版慢性腎臓病患者における腎性貧血治療のガイドライン. 日本透析医学会雑誌, 41: 661-716, 2008
2) 『保存期腎不全の診かた-慢性腎臓病(CKD)のマネジメント』 柴垣有吾/著, pp117-123, 中外医学社, 2006
3) 『腎臓病診療に自信がつく本 Basic and Update(「ジェネラリスト・マスターズ」シリーズ2)』 小松康宏/著, pp226-234, カイ書林, 2010
P.182 掲載の参考文献
P.185 掲載の参考文献
1) 杉原毅彦: 高齢発症RAは重症化しやすいか. リウマチ科, 43: 38-45, 2010
2) 杉原毅彦: 高齢関節リウマチ患者の特徴と治療へのアプローチ. リウマチ科, 43: 420-426, 2010

第4章 高齢者で頻用される薬の使い方

P.188 掲載の参考文献
1) 『睡眠障害の対応と治療ガイドライン』 睡眠障害の診断・治療ガイドライン研究会/編, じほう, 2002
2) 内山 真: 高齢者の睡眠障害の治療. 老年精神医学雑誌, 21: 996-1003, 2010
P.191 掲載の参考文献
1) 『睡眠障害の対応と治療ガイドライン』 睡眠障害の診断・治療ガイドライン研究会/編, じほう, 2002
2) 内山 真: 高齢者の睡眠障害の治療. 老年精神医学雑誌, 21: 996-1003, 2010
P.193 掲載の参考文献
P.196 掲載の参考文献
P.198 掲載の参考文献
1) Solomon SD et al.:Cardiovascular risk associated with celecoxib in a clinical trial for colorectal adenoma prevention.; Adenoma Prevention with Celecoxib(APC)Study Investigators. N Engl J Med, 352:1071-1080, 2005
P.200 掲載の参考文献
P.204 掲載の参考文献
1) 古田隆久, 梅村和夫: 上部消化管治療薬の相互作用. 老年消化器病, 18: 49-53, 2007
2) 木下芳一, 森田由美: 高齢者胃潰瘍の薬物療法の留意点と服薬指導. 日本臨床, 68: 2046-2051, 2010
P.206 掲載の参考文献
1) 『消化性潰瘍診療ガイドライン』 日本消化器病学会/編, 南江堂, 2009
P.209 掲載の参考文献
1) 『消化性潰瘍診療ガイドライン』 日本消化器病学会/編, 南江堂, 2009
2) 久保(梶)牧子 他: 高齢者胃潰瘍の概念と臨床像. 日本臨床, 68: 1967-1972, 2010
P.212 掲載の参考文献
2) 味村俊樹: 5. 便秘, 『消化器疾患最新の治療2007-2008』 菅野健太郎 他/編, 南江堂, 72-75, 2007
3) 味村俊樹: 7. 便秘, 『いきなり名医! 高齢者に対する薬の安全処方』 桑島 巖/編, 日本医事新報社, 62-67, 2010
P.214 掲載の参考文献
1) 樽見 研: 肛門科におけるポリカルボフィルカルシウム(ポリフル(R)) の有用性-特に刺激性下剤からの離脱について-. 消化器の臨床, 10: 102-108, 2007
2) 味村俊樹: 排便障害に対する治療-薬の使い方と注意すべきこと-. 看護技術, 55: 18-22, 2009
P.217 掲載の参考文献
1) 『過活動膀胱診療ガイドライン 改訂ダイジェスト版』 日本排尿機能学会過活動膀胱ガイドライン作成委員会/編, ブラックウェルパブリッシング, 2008
2) 岡村菊夫 他: 水分を多く摂取することで, 脳梗塞や心筋梗塞を予防できるか? 日本老年医学会雑誌, 42: 557-563, 2003
4) 岡村菊夫 他: 高齢者尿失禁ガイドライン. http://www.ncgg.go.jp/hospital/manual.html
P.220 掲載の参考文献
1) 『前立腺肥大症診療ガイドライン』 日本泌尿器科学会/編, リッチヒルメディカル, 2011
2) Kojima Y et al.:Expression of al-Adrenoceptor Subtype mRNA as a Predictor of the Efficacy of Subtype Selective al-Adrenoceptor Antagonists in the Management of Benign Prostatic Hyperplasia. J Urol, 179:1040-1046, 2008
P.223 掲載の参考文献
1) 『EBMに基づく尿失禁診療ガイドライン』 泌尿器科領域の治療標準化に関する研究班/編, じほう, 2004
2) 石河 修: 6)尿失禁機能温存手術. 日本産婦人科学会雑誌, 58(9): 337-341, 2006. http://www.jsog.or.jp/PDF/58/5809-337.pdf

第5章 高齢者診療で重要な薬の使い方

P.225 掲載の参考文献
1) 『てんかん治療ガイドライン2010』(日本神経学会/監, 「てんかん治療ガイドライン」作成委員会/編), 医学書院, 2010
P.227 掲載の参考文献
1) 『パーキンソン病治療ガイドライン2011』(日本神経学会/監, 「パーキンソン病治療ガイドライン」作成委員会/編), 医学書院, 2011
P.232 掲載の参考文献
1) 杉原毅彦: 高齢者に対するステロイド使用の注意点. モダンフィジシャン特大号, 29: 673-676, 2009
P.235 掲載の参考文献
2) 杉原毅彦: 高齢者に対するステロイド使用の注意点. モダンフィジシャン特大号, 29: 673-676, 2009
P.238 掲載の参考文献
P.240 掲載の参考文献
2) 内田俊也: わかりやすい水電解質のアプローチ. 日本内科学会雑誌, 95: 809-813, 2006
P.243 掲載の参考文献
3) Chow KM et al.:Clinical studies of thiazide-induced hyponatremia. J Natl Med Assoc, 96:1305-1308, 2004
4) 熊谷天哲, 内田俊也: Naの異常とその治療. 「特集 循環器疾患に関連する電解質異常」 梅村 敏/企, Mebio, 28: 105-111, 2011
P.245 掲載の参考文献
2) 内田俊也: 7章-IV 輸液の基本. 『臨床検査法提要 改訂第33版』 金井正光/監, 金原出版, 2010

第6章 禁忌あるいは用量調整が必要な薬

P.250 掲載の参考文献
1) 『腎機能低下患者への薬の使い方 第2版』 富野康日己/編, 医学書院, 2010
P.253 掲載の参考文献
P.263 掲載の参考文献
1) 桐野玲子: 鹿児島市医報, 43(12): 38, 2004

最近チェックした商品履歴

Loading...