輸液・静脈栄養の管理の実際とコツ

出版社: フジメディカル出版
著者:
発行日: 2012-09-01
分野: 臨床医学:一般  >  栄養/食事/輸血
ISBN: 9784862700421
電子書籍版: 2012-09-01 (初版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

4,104 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

2,462 円(税込)

目次

  • 表紙
  • 推薦のことば
  • はじめに
  • 目次
  • 1. カテーテルの分類
  • 末梢静脈カテーテルの分類と使い分け
  • 中心静脈カテーテルの種類
  • 短期留置用カテーテルとは
  • 短期留置用カテーテルの挿入方法
  • 中心静脈カテーテル挿入経路とカテーテルの選択
  • 中心静脈カテーテルの使用目的とカテーテルの選択
  • 2. closed systemについて
  • 輸液ラインの接続方式
  • 輸液ラインの接続方式と感染率
  • closed systemとは
  • closed systemの利点
  • closed systemの問題点
  • closed systemのもう一つの問題点
  • オス側、あるいはメス側が汚染していたう感染する?
  • closed systemの正しい使い方
  • まとめ
  • 3. 輸液の投与量・投与速度の決定
  • 輸液の投与量・投与速度
  • 水分量のバランスとその計算方法
  • 輸液の投与量決定方法
  • 予定投与量と輸液パックの量の関係
  • TPNの投与量と輸液バッグの量
  • 4 輸液ライン中の気泡
  • 血管の中に空気が入ると
  • 輸液ライン中の気泡の量
  • 輸液ラインの気泡の長さが何cmだと危険?
  • 輸液ライン内に空気が混入する要因
  • フィルターや輸液ポンプ
  • 気泡があれば除去する
  • 5. 輪液ラインにフィルターは必要?
  • フィルターの機能
  • 中心静脈輸液ラインにフィルターを組み込むべきか?
  • 末梢静脈ラインにもフィルターが必要か?
  • 理論的にはPPNの輸液ラインにフィルターを使うべき!
  • フィルターとclosed systemは関係ない
  • カンジダは0.2μmのフィルターを貫通する
  • 非対称膜から構成されているフィルター
  • まとめ
  • 6. 輸液剤の使い分け
  • 輸液剤の分類
  • 輸液剤の種類
  • 輸液剤の使い分け
  • 末梢静脈栄養を行うための輸液剤
  • 乳酸と酢酸のどちらが有利か
  • 輸液と静脈炎
  • 7. ドレッシング管理のコツ
  • 中心静脈カテーテル挿入部の選択
  • 中心静脈カテーテル挿入部の消毒方法
  • ドレツシンク材の選択
  • ドレツシング交換の頻度
  • ドレッシング管理は誰が行うべきか
  • ドレッシング貼付方法のコツ
  • 8. 安全な側注方法
  • 安全な側注方法
  • TPNだけを行っている場合
  • 針刺しのリスクの低減
  • 集中治療の場での側注方法
  • 脂肪乳剤の側注方法
  • 側注として輸血を行ってもよいのか?
  • どうしても三方活栓を用いて側注したい場合
  • とにかく、側注はできるだけ行わない方がよい
  • 9. 輸液ラインの交換頻度
  • 輸液ラインの交換頻度
  • 末梢静脈輸液ライン
  • 中心静脈輸液ライン
  • 側注用輸液ラインの交換
  • 脂肪乳剤の側注
  • TPN患者の入浴の際の輸液ライン
  • 推奨する輸液ラインの交換頻度
  • 10. PICC
  • PICCの基礎知識
  • 肘から挿入するPICC
  • 肘PICCの挿入方法
  • 肘PICCの合併症と管理上の問題
  • 上腕PICC
  • 上腕PICCの挿入方法
  • 上腕PICCの管理方法
  • 11. ヘパリンロック
  • なぜ、生食ロックが話題になったのか
  • ヘパリンロックか生食ロックか
  • ヘパリンロックと生食ロックのカテーテル開存率は同じ?
  • 陽圧ロックをすればカテーテル内に血液は逆流しないのか?
  • ヘパリンロックではHITの危険性がある?
  • 病院経営上は安価な生食ロックの方がよいけれど
  • ヘパリンロックは感染しやすい?
  • 中心静脈カテーテルでは生食ロックは行うべきではない
  • 12. 静脈栄養輸液製剤の組成・投与量についての基本的な知識と考え方
  • 炭水化物、脂肪、タンパク質が発生する熱量
  • 静脈栄養輸液製剤の組成の解析
  • 脂肪乳剤の熱量はどう計算する?
  • 高カロリー輸液の組成は体重を基準に計算する
  • こんなややこしいことを考える必要はないのでしょうか
  • 13. ポート : totally implantable central venous access portについて
  • ポートとは
  • ポートの適応
  • ポートの合併症
  • ポートを安全に使用するためのコツ
  • 14. カテーテル挿入時の高度バリアプレコーション
  • 高度バリアプレコーションとは
  • 高度バリアプレコーションは本当に有効?
  • 高度バリアプレコーションをやらないドクターがいる
  • 病棟の看護師にはガウンの着せ方を完壁にマスターしてほしい
  • 15. 不必要に長い針を使っていることが「針刺し」の原因
  • 現在使用されている注射針の長さ
  • 注射針はどのような時に使う?
  • 現在使われているような長い針は必要?
  • 注射針による針刺し事故を防止するために
  • 短い針を使えば針刺しのりスクは確実に低下する
  • 16. 末梢静脈栄養法PPNと末梢静脈輸液
  • 末梢静脈へのカテーテル挿入
  • 末梢静脈輸液と末梢静脈栄養
  • 末梢静脈ラインのへパリンロックはダメ?
  • まとめ
  • 17. 中心静脈カテーテル先端の適正位置
  • TPN施行時にCVC先端を中心静脈内に位置させる理由
  • 中心静脈栄養や中心静脈カテーテルの「中心静脈」はどこにある?
  • さまざまなカテーテル先端位置異常
  • カテーテルの先端位置異常が起こるとどうなるのか
  • CVC先端が適正位置にない場合の輸液管理方法
  • まとめ
  • 18. 中心静脈カテーテルは定期的に入れ換える必要がある?
  • なぜ「CVCは定期的に入れ換えるべき」という考え方があるのか
  • CVCは定期的に入れ換えるべきなのか?
  • 一定期聞が経過したらCVCを入れ換える方がよい場合もある?
  • 長期留置用カテーテルの場合は?
  • まとめ
  • 19. 本格的な在宅静脈栄養の実施方法
  • まずは用語から
  • HPNの適応は?
  • HPNに用いるカテーテルは?
  • 輸液はどうする?
  • トラブルは起こらないのか?
  • カテーテル感染が起こった場合はどうする?
  • カテーテル感染予防対策
  • 20. 高カロリー輸液のキット製剤について
  • 栄養管理とは
  • 高カロリー輸液キット製剤 : 開発の歴史と問題点
  • 可能な限り完全に近い静脈栄養の実施方法
  • 適正なTPN管理を行うために
  • 21. 上腕ポートについて
  • 上腕ポートとは
  • 上腕ポ卜を考案した経緯
  • 世界で最初に上腕ポートを留置した患者さん
  • 上腕ポート留置方法
  • 上腕ポートの弱点
  • 上腕ポートの使用状況
  • 22. CRBSI予防対策は当然のこととして実施されていなければならない!
  • CRBSIとは
  • 医師たちのCRBSIに対する考え方
  • 看護師としてどのように対応すればよいのか
  • CRBSI予防対策は何のために行うのか
  • 23. 本物のNSTとは
  • もともとNSTは安全なTPNを実施するために設立された
  • 現在のNST活動
  • NST活動の功罪
  • 本物のNST活動とは
  • 今後のNST活動の発展に向けて
  • 24. 栄養管理の重要性
  • 輸液管理とリスクマネジメン卜
  • 栄養管理レベル
  • 大事な患者さんへの栄養管理はどうする?
  • 栄養管理の重要性
  • 著者プロフィール
  • 奥付

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...