• HOME
  •  > 
  • 薬学
  •  > 
  • 雑誌
  •  >  クリニカル・ファーマシスト 5/2 2013年3月号

クリニカル・ファーマシスト 5/2 2013年3月号

出版社: メディカ出版
発行日: 2013-03-10
分野: 薬学  >  雑誌
ISSN: 0916460X
雑誌名:
特集: 早わかり 配合変化とその対策
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
品切れ

1,944 円(税込)

目次

  • クリニカル・ファーマシスト 5/2 2013年3月号

    ―目次―

    特集 早わかり 配合変化とその対策

    【連載】
    front essay
    6年の就学の先にあるものは何か

    本誌編集同人がPICK UP この記事注目です!
    (12)薬理学の基礎が簡潔にまとまっています

    特集 早わかり 配合変化とその対策
     1 注射薬・輸液 (1)配合変化はどのように起こるのか
     2 注射薬・輸液 (2)単剤投与しなければならない薬剤
     3 注射薬・輸液 (3)原則単剤投与する薬剤
     4 注射薬・輸液 (4)輸液内に混合しない薬剤
     5 シロップ剤を中心とした内用液剤
     6 軟膏・クリーム
     
    【シリーズ】病棟薬剤業務実施加算にふさわしいシゴトをしよう
    第1回
    ・医薬品の投薬・注射状況の把握
    ・使用医薬品の医薬品安全性情報等の把握と周知,
      医療従事者からの相談対応

    ■総 論
     病棟薬剤業務 このように取り組んでいます

    【連載】
    ◆これだけは知っておきたい検査画像の見方
    (10) 超音波画像

    ◆ClinicalPharmacistの職場
    ・(24)新津医療センター病院 
        中小規模病院における薬剤師の役割とは

    ◆薬から診る病態生理
    ・(11)糖尿病の病態生理 前編

    ◆調剤薬局薬剤師のための
     JOURNAL in JOURNAL Clinical Community Pharmacist
    ・(2)OTC医薬品選択の決め手

    ◆ベッドサイドですぐに役立つフィジカルアセスメント
    ・(4)消化器

    ◆認定薬剤師をめざす
    (9)抗菌化学療法認定薬剤師

    ◆チーム医療のパートナーの仕事を知ろう 突撃!となりの医療職
    ・(2)病棟看護師

    ◆知っていいそうで実は知らない? 薬理作用のほんとのハナシ
    ・(6)インスリン製剤はなぜ「単位」で力価表示するのか?

    ◆薬害過誤の歴史から学ぶ
    ・(2)サリドマイド事件

    ◆知っ得テスト
     ・医療用医薬品
     ・OTC医薬品
     ・サプリメント・健康食品
     ・検査値
     
    ◆学会レポート
    ・第22回 日本医療薬学会年会
     ◆研究発表
    ・吹田市における吸入指導の向上への取り組み
       −吸入指導勉強会の開催と薬薬連携の構築−

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...