理学療法士のための足と靴のみかた

出版社: 文光堂
著者:
発行日: 2013-02-26
分野: 臨床医学:外科  >  リハビリ医学
ISBN: 9784830643941
電子書籍版: 2013-02-26 (第1版第5刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

4,400 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

4,400 円(税込)

商品紹介

足の解剖学や運動学など足の基本,足の評価について理解し,さらに足の病変と,総合的に学習できる。そして靴の構造で靴の基本を知り,靴の選択・履き方について学び,靴下の影響や足底挿板という臨床での疑問を解決する形で進む。シーン別では高齢者・小児・糖尿病・人工透析・足の変形・リウマチの臨床現場での靴の処方について知り,最後には着脱動作,ADL指導や環境設定というリハビリ専門職種に必要な部分を網羅している。

目次

  • 理学療法士のための足と靴のみかた

    ―目次―

    第1章 なぜ理学療法士が
     1 いま,なぜ理学療法士が足と靴をみるべきなのか?

    第2章 足の基本
     1 機能解剖
     2 足アーチの運動学
     3 足の評価
     4 足の変形と疾患(沖 貞明)

    第3章 靴の基本
     1 靴の構造(岸田典彦)
     2 靴の選びかた・履きかた
     3 運動学(バイオメカニクス)
     4 靴下
     5 一般的な足底挿板の考えかた

    第4章 シーン別靴の処方
     1 高齢者のための靴
     2 子どものための靴
     3 糖尿病患者のための靴
     4 透析患者のための靴
     5 足の変形・関節リウマチ

    第5章 ADLと環境設定
     1 靴の着脱動作
     2 靴を履くための日常生活動作と環境設定

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

第1章 なぜ理学療法士が

P.11 掲載の参考文献
1) 坂口顕, 金井秀作, 前岡浩他 : 後期高齢女性の履物購入に関する調査~軽度要介護高齢者について~. 靴の医学 20 (2) : 27-30, 2006
2) 塩之谷香, 片瀬真由美, 宮崎康介他 : 不適切な靴が原因と考えられる成長期の下肢障害. 靴の医学 22 (2) : 83-88, 2008
3) 坂口顕, 槻本直也, 川原由紀他 : 透析施行前後の足のサイズ変化. 靴の医学 22 (2) : 23-26, 2008

第2章 足の基本

P.22 掲載の参考文献
1) 熊井司 : 1章 構造と機能 生体力学. 越智光夫, 高倉義典専門編集, 越智隆弘総編集, 最新整形外科大系 18 下腿・足関節・足部, 中山書店, pp7-19, 2007
2) 高倉義典 : 1章 構造と機能 運動学. 越智光夫, 高倉義典専門編集, 越智隆弘総編集, 最新整形外科大系 18 下腿・足関節・足部, 中山書店, pp2-6, 2007
3) Schunke M, Schulte E, Schumacher U (坂井建雄, 松村讓兒監訳) : 下肢 骨, 関節, 靱帯. プロメテウス 解剖学アトラス 解剖学総論/運動器系, 医学書院, pp360-418, 2007
4) Neumann DA : 第14章 足関節と足部. 嶋田智明, 平田総一郎監訳, 筋骨格のキネシオロジー, 医歯薬出版, pp501-545, 2005
5) Seibel MO (入谷誠訳) : フットファンクション, ダイナゲイト, 1996
6) 日高正巳, 坂口顕 : リンク機構からみた膝関節・足関節の構造と機能. 嶋田智明, 大峯三郎編, 実践MOOK・理学療法プラクティス 膝・足関節障害, 文光堂, pp2-14, 2010
7) 川野哲英 : 運動および動作時の姿勢とアライメント変化. ファンクショナルエクササイズ, ブックハウス・エイチディ, pp184-202, 2004
P.32 掲載の参考文献
1) 水野祥太郎 : 足の進化論-ケニア原人への進化. ヒトの足-この謎にみちたもの, 創元社, pp13-83, 1984
2) 松村明編 : 大辞林, 第3版, 三省堂, p1, 2006
3) 井口傑 : まず, 足の形を見る. 足のクリニック, 南江堂, pp38-39, 2004
4) 高倉義典 : 扁平足の病態とその治療. 日整会誌 78 (5) : 289-299, 2004
6) 船越公威 : 日本人の足骨構造における小進化的変化. 日本民族・文化の生成, 六興出版, pp175-185, 1988
8) Kapandji AI : 前方アーチと横方向の弯曲. カパンジー機能解剖学 II (塩田悦仁訳), 原著第6版, 医歯薬出版, pp240-241, 2010
11) 長谷川正哉他 ; 着靴が足趾関節運動およびウィンドラスメカニズムに及ぼす影響について. 形態・機能 5 (2) : 75-79, 2007
14) 星野達, 井口傑 : 歩行時における足外側縦アーチの計測. 日本足の外科学会雑誌 22 (2) : 13-16, 2001
15) 中村浩, 加倉井周一 : 歩行及び走行における足内側縦アーチの動的機能. 靴の医学 14 : 27-30, 2000
16) Kayano J : Dynamic function of medial foot arch. 日本整形外科学会雑誌 60 : 1147-1156, 1986
17) Kanai S et al : The kinesiological analysis of windlass mechanism in roentgenogram. 10th International Congress of ACPT proceeding, p241, 2008
18) 横倉誠次郎 : 本邦成人内外両長軸足穹窿ノ基準ヲ定メ扁平足ノ分類ニ及ブ, 日整会誌 3 : 331-360, 1928
P.49 掲載の参考文献
1) 井口傑 : 2章 診察と診断 問診. 越智光夫, 高倉義典専門編集, 越智隆弘総編集, 最新整形外科学大系 18 下腿・足関節・足部, 中山書店, pp28-31, 2007
2) Kendall FP, McCreary EK, Provance PG et al : Muscles Testing and Function with Posture and Pain, 5th ed, Lippincott Williams & Wilkins, 2005
3) 大久保衛, 島津晃, 上野憲司他 : メディカルチェックにおける足アーチ高測定方法の検討. 臨床スポーツ医学 6 (別冊) : 336-339, 1989
4) 山本利春 : アライメント. 測定と評価, ブックハウス・エイチディ, pp82-96, 2001
5) 浦辺幸夫 : PTマニュアル スポーツ理学療法, 医歯薬出版, pp62-63, 2006
6) 伊藤浩充 : 姿勢・アライメントの観察. 小林寛和編集, アスリートのリハビリテーションとリコンディショニング上巻, 文光堂, pp92-97, 2010
7) 木下光雄 : 2章 診察と診断 視診. 越智光夫, 高倉義典専門編集, 越智隆弘総編集, 最新整形外科学大系 18 下腿・足関節・足部, 中山書店, pp32-36, 2007
8) 山本晴康 : 8章 後天性変形 外反母趾. 越智光夫, 高倉義典専門編集, 越智隆弘総編集, 最新整形外科学大系 18 下腿・足関節・足部, 中山書店, pp263-269, 2007
9) 阪本達哉 : 内反小趾. 田中康仁, 北田力編集, 高倉義典監修, 図説 足の臨床 改訂第3版, メジカルビュー社, pp156-159, 2010
10) 南郷明徳 : 外反母趾. 高倉義典編集, 寺山和雄, 片岡治監修, 下腿と足の痛み, 南江堂, pp141-150, 2011
11) Kaltenborn FM, Evjenth O et al : Manual Mobilization of the Joint, volume 1, The Extremities, 5th ed, Orthopedic Physical Therapy, pp183-236, 1999
P.58 掲載の参考文献
1) 高倉義典 : 槌趾. 田中康人, 北田力 (編), 高倉義典 (監), 図説 足の臨床, 改訂第3版, メジカルビュー社, pp151-155, 2010
2) 日本整形外科学会診療ガイドライン委員会, 外反母趾ガイドライン策定委員会 (編) : 外反母趾診療ガイドライン, 南江堂, pp1-134, 2008
6) Barnicot NA, Hardy RH : The position of the hallux in west Africans. Journal of Anatomy 89 (3) : 355-361, 1955
7) 佐藤雅人, 佐藤栄作, 沼部有宏他 : 若年者外反母趾傾向の調査. 靴の医学 7 : 54-56, 1994
8) Truslow W : Metatarsus primus varus or hallux valgus? Journal of Bone and Joint Surgery 7 : 98-108, 1925
12) 加藤宏, 加藤謙二 : 前足部の形態と外反母趾について. 靴医学 8 : 88-91, 1995
13) Saito Y, Machida E, Sano S : Etiology of hallux valgus in relation to general joint laxity. Nihon University Journal of Medicine 38 (1) : 21-32, 1996
15) 内田俊彦, 入谷誠, 山崎勉他 : 外反母趾と踵骨外反角について. 日本足の外科学会雑誌 13 : 195-197, 1992
20) 渡辺好博 : 外反母趾. 整形・災害外科 28 (10) : 1313-1320, 1985
21) 井口傑 : 外反母趾を防ぐ. 新版 外反母趾を防ぐ・治す, 講談社, pp58-62, 2007
22) 坂本直俊, 石井清一, 倉秀治他 : 靴による障害の実態調査-特に外反母趾に関して (第1報) -. 靴の医学 7 : 88-91, 1994
23) 水野祥太郎 : 第8章 意外! 扁平足は起こらない. ヒトの足, 創元社, pp100-112, 1984
25) 門野邦彦, 田中康仁 : 糖尿病足の治療. 整形・災害外科 53 : 1437-1448, 2010
26) 新城孝道 : 糖尿病の足と靴の問題. 靴の医学 23 (2) : 86-88, 2009
27) 中山正一郎 : 外脛骨障害. 田中康人, 北田力 (編), 高倉義典 (監), 図説 足の臨床, 改訂第3版, メジカルビュー社, pp175-178, 2010

第3章 靴の基本

P.72 掲載の参考文献
1) 日本工業規格 : JIS T0101 福祉関連機器用語 [義肢・装具部門]
2) 日本工業規格 : JIS S5050 革靴
3) 加倉井周一 : 第1章 整形外科靴 (靴型装具), 日本義肢装具学会 (監修), 装具学, 第3版, 医歯薬出版, pp24-50, 2004
P.94 掲載の参考文献
1) 長谷川正哉, 金井秀作, 坂口顕他 : 片側足関節固定中における片松葉杖歩行時の運動力学的分析. 理学療法科学 21 (2) : 191-195, 2006
2) 長谷川正哉, 大塚彰, 金井秀作他 : 足趾トレーニングシューズ試作のための基礎研究. 日本義肢装具学会誌 23 (1) : 71-74, 2007
3) 長谷川正哉, 金井秀作, 坂口顕他 : 舟底型ソール靴が足関節ギプス固定中の歩容に与える影響. 靴の医学 19 (2) : 41-45, 2005
4) 金井秀作, 長谷川正哉, 島谷康司他 : 高齢者の立位バランスに靴の着用は影響する. 靴の医学 21 (2) : 60-64, 2007
5) 吉川雅夫, 金井秀作, 長谷川正哉他 : 歩行分析から見た安全靴-運動学的分析-. 靴の医学 23 (2) : 33-37, 2010
6) 長谷川正哉, 金井秀作, 清水ミシェルアイズマン他 : 着靴が足趾関節運動およびウィンドラスメカニズムに及ぼす影響について. 形態機能 5 (2) : 75-80, 2007
7) 橋本健史, 井口傑, 宇佐見則夫他 : 高齢者の靴についてのバイオメカニクス的検討. 靴の医学 21 (2) : 108-112, 2007
8) 山口光國, 福井勉, 入谷誠 : III 下肢からみた動きと理学療法の展開. 結果の出せる整形外科理学療法 運動連鎖から全身をみる, 第1版, メジカルビュー社, pp180-184, 2009
9) 長谷川正哉, 金井秀作, 島谷康司他 : 靴の腰革の高さが歩行に与える影響について. 靴の医学 21 (2) : 36-40, 2007
11) 平林由果, 大西範和, 斎藤真他 : ミュール型サンダルの歩行に及ぼす影響-足圧分布解析を中心に-. 日本生理人類学会誌 10 (2) : 9-16, 2005
12) 元重悠子, 會田信子 : 履物の種類による静的・動的重心動揺の相違に関する基礎的研究. 日本看護医療学会雑誌 13 (1) : 42-49, 2011
14) 島田雅史, 長谷川正哉, 金井秀作他 : 運動負荷増強を目的としたトレーニングシューズの開発-第1報-. 靴の医学 25 (2) : 10-13, 2011
P.105 掲載の参考文献
1) 細谷聡 : 足部とフットウェア. 理学療法 24 (5) : 720-726, 2007
4) Delporte C : New socks offer relief, blister guard system with Teflon reduces friction between foot and sock. America's Textiles International 26 : K/A 10, 1997
8) Draper D : Coming down to earth. World Sports Activewear 5 : 53-55, 1999
9) Sanders JE, Greve JM, Mitchell SB et al : Material properties of commonly-used interface materials and their static coefficient of friction with skin and socks. J Rehab Res Dev 35 (2) : 161-176, 1998
14) Flot S, Hill V, Yamada W et al : The effect of padded hosiery in reducing forefoot plantar pressures. The Lower Extremity 2 : 201-205, 1995
25) Menant JC, Steele JR, Menz HB et al : Optimizing footwear for older people at risk of falls. J Rehabil Res Dev 45 (8) : 1167-1181, 2008
26) Dunne RG, Bergman AB, Rogers LW et al : Elderly persons' attitudes towards footwear-a factor in preventing falls. Public Health Rep 108 (2) : 245-248, 1993
P.116 掲載の参考文献
1) 徳武産業株式会社 http://www.tokutake.co.jp/, 2.21.2012

第4章 シーン別靴の処方

P.126 掲載の参考文献
1) 亀井智子, 梶井文子, 糸井和佳他 : 都市部在住高齢者における転倒発生場所の現状からみた転倒予防教育プログラムの検討-東京都中央区2町の調査から-. 聖路加看護大学紀要 35 (3) : 52-60, 2009
2) 土肥麻佐子, 持丸正明, 河内まき子 : 高齢者の足部形態特性と靴の履き心地. 人間工学 37 (5) : 228-236, 2001
3) 坂口顕, 金井秀作, 前岡浩他 : 後期高齢女性の履物購入に関する調査~軽度要介護高齢者について~. 靴の医学 20 (2) : 27-30, 2006
4) 山下和彦, 野本洋平, 梅沢淳他 : 転倒予防のための高齢者の足部異常改善による身体機能の向上に関する研究. 東京医療保健大学紀要 1 (1) : 1-7, 2006
5) 山下和彦, 野本洋平, 梅沢淳他 : 高齢者の足部・足爪異常による転倒への影響. 東京電機大学論文集 124 (10) : 1-7, 2004
6) 樋口友紀, 小川妙子, 狩野太郎他 : 地域で生活する高齢者の足トラブルとフットケアニーズに関する研究. 群馬県立県民健康科学大学紀要 6 : 55-65, 2011
7) 梶井文子, 亀井智子, 糸井和佳 : 都市部在住高齢者における「フットケア講座」受講によるセルフケア実施の効果. 聖路加看護大学紀要 35 (3) : 102-109, 2009
8) 柴田篤史 : 機能・安全・快適性を追求した高齢者靴. 福祉介護機器テクノプラス 4 (6) : 20-22, 2011
9) 吹野美奈 : 車いすと靴. 福祉介護機器テクノプラス 4 (6) : 13-16, 2011
P.137 掲載の参考文献
1) Neumann KG : 観察による歩行分析 (月城慶一, 江原義弘, 山本澄子他訳), 医学書院, 東京, pp9-21, 2005
2) 岡本勉, 岡本香代子 : 筋電図からみた歩行の発達-歩行分析・評価への応用-, 歩行開発研究所, 大阪, pp45-65, 2007
3) Shumway-Cook A, Woollacott MH : モーターコントロール. 運動制御の理論から臨床実践へ (第3版) (田中繁, 高橋明監訳), pp333-363, 医歯薬出版, 東京, 2009
4) 土屋和雄他編著 : シリーズ移動知 第2巻 身体適応歩行運動の神経機構とシステムモデル-, オーム社, 東京, pp105-146, 2010
5) 長谷川正哉, 金井秀作, 坂口顕他 : 舟底型ソール靴が足関節ギプス固定中の歩容に与える影響. 靴の医学 19 (2) : 41-45, 2005
6) 長谷川正哉, 金井秀作, 島谷康司他 : 靴の腰革の高さが歩行に与える影響. 靴の医学 21 (2) : 36-40, 2007
7) 佐藤雅人 : 幼児の足の発達・成長と幼児靴の選び方. 整・災外 46 : 1457-1464, 2003
8) 島谷康司, 金井秀作, 長谷川正哉他 : 脳性麻痺児の靴着脱に関する調査. 靴の医学 21 (2) : 41-45, 2007
P.144 掲載の参考文献
1) 寺師浩人 : 第3章 糖尿病性足病変 1. 糖尿病性足病変の病態. 足の創傷をいかに治すか-糖尿病フットケア・Limb Salvageへのチーム医療- (市岡滋, 寺師浩人編著), 克誠堂出版, 東京, pp58-71, 2009
2) Levin M : Diabetic foot wounds : Pathogenesis and management. Adv Wound Care 10 : 24-30, 1997
3) 有限会社オーエスエムヘルプスト : http://osmherbst.com/, 2.21.2012
4) 株式会社澤村義肢製作所 : SZ
5) 徳武産業株式会社 : http://www.tokutake.co.jp/, 2.21.2012
6) Langer : ダイヤバソックス
P.154 掲載の参考文献
1) 椿原美治他 : 図説 わが国の慢性透析療法の現況 2010年12月31日現在, (社) 日本透析医学会統計調査委員会, pp10-47, 2010
2) 今井亮, 槻本直也 : 運動療法・ストレッチング. 維持透析患者の補完代替医療ガイド (阿岸鉄三編著), 医歯薬出版, pp156-164, 2010
3) 近藤恒徳 : 血液透析の適応と条件. 透析療法の理解とケア (岩満裕子編), 学研メディカル秀潤社, 東京, pp26-34, 2004
4) 保元裕一郎 : 腎不全における高血圧の病態生理. 臨床透析 19 (2) : 151-155, 2003
5) 坂口顕, 槻本直也, 川原由紀他 : 透析施行前後の足のサイズの変化. 靴の医学 22 (2) : 23-26, 2009
6) 甲田豊 : 異所性石灰化の予防と治療. 腎と透析 58 (1) : 77-80, 2005
7) 新城孝道 : 履物によると思われる糖尿病性足病変の臨床的検討. 靴の医学 2 (2) : 47-50, 1988
8) 槻本直也, 坂口顕, 前岡浩他 : 透析患者の履物選択に関する意識調査~歩行可能な通院透析患者について~. 靴の医学 21 (2) : 121-124, 2007
9) 後藤葉一 : 透析患者に対する心臓リハビリテーション. 臨床透析 27 (10) : 1325-1332, 2011
10) 小川佳宏, 佐藤佳代子 : フェルディ式複合的理学療法とは何か. リンパ浮腫の治療とケア (佐藤佳代子編著), 医学書院, 東京, pp31-36, 2005
12) 林久恵, 熊田佳孝 : 足浴・フットケア. 維持透析患者の補完代替医療ガイド (阿岸鉄三編著), 医歯薬出版, pp171-180, 2010
13) 伊藤千春 : 透析看護で悩むこと. そこが知りたい透析ケア Q&A (浅野泰監修), pp132-133, 総合医学社, 東京, 2006
14) 雨宮守正 : 腎臓の働きについて. そこが知りたい透析ケア Q&A (浅野泰監修), 総合医学社, pp14-15, 2006
15) 中山優子 : 日常生活の自己管理. 透析療法の理解とケア (岩満裕子編), 学研メディカル秀潤社, 東京, pp161-170, 2004

第5章 ADLと環境設定

P.172 掲載の参考文献
1) 塩之谷香 : 足のトラブルは靴で治そう, 中央法規出版, 2010
2) 清水昌一 : 歩くこと・足そして靴, 風濤社, 2008
3) 前田和男 : 足元の革命, 新潮新書, 2003

最近チェックした商品履歴

Loading...