腎と透析 Vol.74 2013年増刊号 腎疾患治療薬マニュアル 2013-14

出版社: 東京医学社
発行日: 2013-04-30
分野: 臨床医学:内科  >  雑誌
ISSN: 03852156
雑誌名:
特集: 腎疾患治療薬マニュアル 2013-14
電子書籍版: 2013-04-30
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

9,900 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

9,900 円(税込)

目次

  • 表紙
  • 目次
  • 【総論】
  • CKD
  • AKI ( 造影剤腎症含む )
  • 【腎疾患に使用する薬剤】
  • 利尿薬
  • Ca拮抗薬
  • ARB / ACE阻害薬 / 直接的レニン阻害薬
  • 高尿酸血症治療薬 / 尿酸産生阻害 ( 生成抑制 ) 薬
  • 高脂血症治療薬
  • ステロイド / 免疫抑制薬
  • 抗血小板薬 / 抗凝固薬
  • 活性型ビタミンD
  • 高リン血症治療薬
  • ESA
  • 生物学的製剤
  • 【症状に対する薬剤の使用方法】
  • 蛋白尿
  • 浮腫
  • 脱水
  • 高血圧
  • 低血圧
  • 貧血
  • 高窒素血症 / 尿毒症
  • 多尿
  • 乏尿 / 無尿
  • 排尿障害
  • 腎疝痛
  • 【電解質・酸塩基平衡是正のための薬剤の使用方法】
  • 高ナトリウム血症 / 低ナトリウム血症
  • 高カリウム血症 / 低カリウム血症
  • 血清カルシウム異常に対する治療
  • 高リン血症 / 低リン血症
  • 高マグネシウム血症 / 低マグネシウム血症
  • アシドーシス ( 代謝性, 呼吸性 )
  • アルカローシス ( 代謝性, 呼吸性 )
  • 【症候群に対する薬剤の使用方法】
  • 急性腎炎症候群
  • 急速進行性腎炎症候群
  • 慢性腎炎症候群
  • ネフローゼ症候群
  • 【腎疾患に対する薬剤の使用方法】
  • 微小変化型ネフローゼ症候群
  • 先天性ネフローゼ症候群
  • 巣状糸球体硬化症
  • IgA腎症
  • 膜性腎症と薬物療法
  • 膜性増殖性糸球体腎炎
  • 紫斑病性腎炎
  • ANCA関連血管炎 ( 顕微鏡的多発血管炎, 多発血管炎性肉芽腫症, 好酸球性多発血管炎性肉芽腫症 )
  • 糖尿病腎症
  • アミロイド腎 / 骨髄腫腎
  • 肝障害に伴う腎疾患 ( 肝性糸球体硬化症, 肝腎症候群など )
  • ループス腎炎
  • その他の膠原病に伴う腎疾患
  • 血栓性微小血管障害
  • 間質性腎炎 ( 急性, 慢性, IgG4関連 )
  • 痛風腎
  • Alport症候群
  • Fabry病
  • 妊娠高血圧症候群
  • 薬剤性腎障害
  • 腎硬化症の薬物療法
  • 虚血性腎症
  • 腎血管性高血圧
  • 腎梗塞
  • コレステロール塞栓症
  • 腎静脈・深部静脈血栓症
  • 多発性嚢胞腎
  • 腎性尿崩症 / 尿細管性アシドーシス
  • Bartter症候群, Gitelman症候群
  • 低リン血症性くる病
  • Liddle症候群 / Gordon症候群
  • Fanconi症候群 / Lowe症候群
  • 閉塞性腎障害
  • 逆流性腎症
  • 腎盂腎炎 ( 単純性 / 複雑性 )
  • 膀胱炎
  • 生殖器感染症
  • 尿路結石
  • 前立腺肥大
  • 腎尿路系悪性腫瘍
  • 【透析患者に対する薬の使い方】
  • 1) 対症療法
  • 口渇
  • 頭痛 ( 不均衡症候群 )
  • 胸痛
  • 腹痛
  • 血管痛
  • 骨関節痛
  • 筋痙攣, 筋硬直
  • 耳鳴, 眩暈
  • 意識障害
  • 嘔気・嘔吐
  • 発熱
  • 不整脈
  • 徐脈
  • 血圧上昇・血圧低下
  • しびれ
  • 胸・腹水
  • 貧血 ( 透析期 )
  • 出血傾向 ( 鼻出血, 口腔内出血 )
  • 過凝固状態
  • 消化管出血 ( 上部・下部 )
  • 便秘・下痢
  • 免疫不全
  • 味覚障害, 嗅覚障害
  • 眼障害
  • かゆみ
  • 成長障害
  • 女性化乳房
  • 月経異常
  • 異所性石灰化
  • 自律神経機能障害
  • いらいら感
  • 不眠
  • 精神科合併症
  • 認知症
  • 2) 疾患別・病態別
  • 〔循環器〕
  • 高血圧
  • 透析低血圧
  • 心不全
  • 心膜炎
  • 弁膜症
  • 心筋症
  • 虚血性心疾患
  • 末梢動脈疾患 ( ASO )
  • 〔中枢・末梢神経障害〕
  • 脳出血 ( 硬膜下血腫・クモ膜下出血 )
  • 脳梗塞
  • TIA
  • 薬剤性脳症
  • 〔消化器〕
  • 上部消化管疾患 ( 胃・十二指腸潰瘍 )
  • 胆石症
  • 下部消化管疾患
  • 膵炎
  • 虚血性腸炎
  • 偽膜性腸炎
  • B型肝炎
  • C型肝炎
  • 〔感染症〕
  • 神経系感染症
  • 呼吸器感染症
  • 消化管感染症
  • 泌尿器感染症
  • バスキュラーアクセス感染症
  • PD腹膜炎
  • 敗血症
  • MRSA感染症
  • サイトメガロ, ヘルペス, EVなどのウイルス
  • インフルエンザ ( 新型を含む )
  • HIV治療戦略
  • 多剤耐性菌
  • 結核症
  • 皮膚感染症 ( 帯状疱疹を中心に )
  • 〔代謝異常〕
  • 糖代謝異常
  • 脂質異常症
  • 蛋白・アミノ酸代謝異常
  • ヘモジデローシス
  • 透析アミロイドーシス
  • 〔内分泌異常〕
  • 異常乳汁分泌症候群
  • 勃起障害
  • 〔MBD〕
  • 副甲状腺機能異常
  • 異所性石灰化
  • 慢性腎臓病に伴うミネラル骨代謝異常 ( CKD - MBD )
  • アミロイド骨関節症
  • 骨粗鬆症薬
  • カルシフィラキシス
  • 〔悪性腫瘍〕
  • 上部消化管腫瘍 ( 胃癌 )
  • 下部消化管腫瘍 ( 大腸癌 )
  • 肝がん
  • 肺がん
  • 腎癌
  • 乳癌
  • 【透析療法に伴う偶発症】
  • 心停止・救急蘇生
  • 空気塞栓症
  • ショック
  • 出血 ( 腎出血を中心に )
  • バスキュラーアクセスの合併症に対する薬物療法
  • 【腎移植】
  • 1) 腎移植に使用される薬剤
  • ステロイド
  • シクロスポリン / タクロリムス
  • ミゾリビン
  • ミコフェノール酸モフェチル
  • アザチオプリン
  • シクロホスファミド
  • デオキシスパーガリン
  • バシリキシマブ
  • リツキシマブ
  • サイモグロブリン
  • 2) ( 腎移植後の ) 対症療法
  • 発熱
  • 浮腫
  • 乏尿
  • 貧血
  • 蛋白尿
  • 血尿
  • 腎移植患者における高尿酸血症の治療について
  • 高脂血症
  • 多血症
  • 低リン血症
  • 3) 腎移植後の合併症に対する薬剤の使用法
  • 尿路感染症
  • 呼吸器感染症
  • 結核症
  • 消化管出血 / 胃潰瘍・十二指腸潰瘍
  • 肝障害
  • 移植後高血圧
  • 糖尿病
  • 悪性腫瘍
  • 抗ウイルス薬
  • 【腎不全におけるくすりの使い方】 ( 表 )
  • 【輸液薬・透析液・補充液・その他】
  • 栄養輸液薬
  • 透析液と置換液
  • CAPD透析液
  • 腎灌流保存液
  • ドラッグ・モニタリングの可能な薬剤
  • Key Words Index
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

【総論】

P.13 掲載の参考文献
P.21 掲載の参考文献
1) KDIGO Clinical Practice Guideline for AKI : Kidney Int Suppl. 2 : 1-115, 2012
2) 腎障害患者におけるヨード造影剤使用に関するガイドライン 2012. 東京医学社.

【腎疾患に使用する薬剤】

P.26 掲載の参考文献
2) Bakris GL, et al : Renal outcomes with different fixeddose combination therapies in patients with hypertension at high risk for cardiovascular events (ACCOMPLISH) : a prespecified secondary analysis of a randomized controlled trial. Lancet 375 : 1173-1181, 2010
P.31 掲載の参考文献
P.37 掲載の参考文献
1) 日本高血圧学会高血圧治療ガイドライン作成委員会 : 高血圧治療ガイドライン 2009, イフサイエンス出版, 東京, 2009
2) 柏原直樹 : 慢性腎臓病 (CKD) を合併する高血圧の管理 (第5土曜特集高血圧のすべて 2012 : 研究と診療の最前線) - (最新のエビデンスに基づく高血圧診療 2012). 医学のあゆみ 241 : 1200-1207, 2012
4) 柏原直樹 : 血圧コントロールと尿蛋白. 腎と透析 65 : 217-223, 2008
P.41 掲載の参考文献
P.45 掲載の参考文献
P.50 掲載の参考文献
P.54 掲載の参考文献
P.57 掲載の参考文献
P.61 掲載の参考文献
P.66 掲載の参考文献
2) 2008年版日本透析医学会「慢性腎臓病患者における腎性貧血治療のガイドライン」. 透析会誌 41 : 661-716, 2008
P.70 掲載の参考文献

【症状に対する薬剤の使用方法】

P.75 掲載の参考文献
1) 日本腎臓学会編 : CKD診療ガイド 2012, 東京医学社, 東京, 2012
2) 今井圓裕 : 2. 蛋白尿. 腎と透析 72 (増刊号) : 39-43, 2012
3) シュライアー著, 南学正臣・奥田俊洋監訳 : 第14章 蛋白尿とネフローゼ症候群. シュライアー腎臓病と病態生理, pp541-551, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京, 2011
4) 下条文武監修 : 1 蛋白尿. 専門医のための腎臓病学第2版, pp2-9, 医学書院, 東京, 2009
P.79 掲載の参考文献
1) 井上秀樹, 冨田公夫 ; 利尿薬の効く浮腫とは. 成人病と生活習慣病 42 (3) : 293-298, 2012
2) 山村由孝, 藤木浩之 : 水利尿薬の開発と臨床応用. 腎と透析 73 (1) : 52-59, 2012
3) 北岡建樹 : 浮腫の治療方針. 浮腫, 北畠顕, 島本和明編, pp120-131, 医薬ジャーナル社, 大阪, 2002
P.85 掲載の参考文献
1) Manual of Nephrology 5th ed, Schrier RW (ed), Lippincott WW Company, philadelphia, 2000
2) 飯野靖彦 : 一目でわかる輸液, 第1版, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京, 1997
3) 黒川清 : 水・電解質と酸塩基平衡-step by stepで考える, 改訂2版, 南江堂, 東京, 2004
4) Rose BD, Post TW : Clinical Physiology of Acid-Base and Electrolyte Disorders, 5th ed, McGraw-Hill, New York, 2001
10) 三宅康史, 有賀徹, 井上健一郎, 奥寺敬, 他 : 本邦における熱中症の実態-Heatstroke STUDY 2008 最終報告-. 日救急医会誌 21 : 230-244, 2010
P.90 掲載の参考文献
P.95 掲載の参考文献
1) 小田切久八, 池田宇一 : 低血圧の診断. 治療 92 (11) : 2482-2488, 2010
2) 井上博他 : 失神の診断・治療ガイドライン. Circulation J 71 : 1049-1114, 2007
P.100 掲載の参考文献
1) 日本鉄バイオサイエンス学会ガイドライン作成委員会編 : 鉄欠乏・鉄欠乏性貧血の予防と治療のための指針, 第1版, pp14-16, 響文社, 札幌, 2004
2) 2008年版 慢性腎臓病患者における腎性貧血治療のガイドライン. 透析会誌 41 (10) : 661-716, 2008
P.104 掲載の参考文献
1) 日本腎臓学会編 : CKD診療ガイド 2012, 東京医学社, 東京, 2012
4) Schulman G, et al : EPPIC-results from two phase III, randomized placebo-controlled, double-blind trials of AST-120 in adults with CKD. Am Society of Nephrology Annual Meeting Abstract 2012
P.107 掲載の参考文献
1) 石川三衛 : 中枢性尿崩症. 日本臨牀 59 (suppl 8) : 51-58, 2001
2) Rittig S, et al : Identification of 13 new mutations in the vasopressin-neurophysin II gene in 17 kindreds with familial autosomal dominant neurohypophyseal diabetes insipidus. Am J Hum Genet 58 : 107-117, 1996
P.111 掲載の参考文献
P.115 掲載の参考文献
1) Abrams P, et al : The standardisation of terminology of lower urinary tract function : report from the Standardisation Subcommittee of the International Continence Society. Neurourol Urodyn 21 : 167-178, 2002
2) 本間之夫, 他 : 下部尿路機能に関する用語基準 : 国際禁制学会標準化部会報告. 日排尿機能会誌 14 : 278-289, 2003
P.118 掲載の参考文献
2) 吉田修, 伊藤晴夫 : 尿路結石症外来, メジカルビュー社, 東京, 1998

【電解質・酸塩基平衡是正のための薬剤の使用方法】

P.122 掲載の参考文献
1) 深川雅史, 柴垣有吾 : より理解を深める! 体液電解質異常と輸液, pp1-87, 中外医学社, 東京, 2007
2) 飯野靖彦 : 一目でわかる腎臓, pp34-39, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京, 2007
P.133 掲載の参考文献
P.138 掲載の参考文献
P.142 掲載の参考文献
1) 平山智也 : マグネシウムバランスとその異常. 水・電解質 酸塩基平衡の基本, 大平整爾, 伊丹儀友編, pp92-101, 診断と治療社, 東京, 2010
2) Jahnen-Dechnet W, Ketteler M : Magnesium basic. Clin Kidney J 5 (suppl 1) : i3-i14, 2012
4) Cunnigham J, Rodriguez M, Messa P : Magnesium in chronic kidney disease stage 3 and stage 4 and in dialysis. Clin Kidney J 5 (suppl 1) : i39-i51, 2012
6) Waldman M, Kobrin S : Disorders of magnesium balance ; hypomagnesemia and hypermagnesemia. Current diagnosis and treatment nephrology and hypertension, Lerma EV, Berns JS, Nissenson AR (eds), pp79-87, McGraw Hill, New York, 2009
P.145 掲載の参考文献
5) Iberti TJ, Leibowitz AB, Papadakos PJ, et al : Low sensitivity of the anion gap as a screen to detect hyperlactatemia in critically ill patients. Crit Care Med 18 (3) : 275-277, 1990
8) Mathieu D, Neviere R, Billard V, et al : Effects of bicarbonate therapy on hemodynamics and tissue oxygenation in patients with lactic acidosis : a prospective, controlled clinical study. Crit Care Med 19 (11) : 1352-1356, 1990
P.149 掲載の参考文献
1) 黒川清 : 水・電解質と酸塩基平衡-step by stepで考える-改訂2版, 南江堂, 東京, 2004
2) 深川雅史, 柴垣有吾 : より理解を深める! 体液電解質異常と輸液, 第3版, 中外医学社, 東京, 2007
3) Schrier RW : Renal and Electrolyte Disorders, Lippincott-Raven, Philadelphia, 1997

【症候群に対する薬剤の使用方法】

P.154 掲載の参考文献
1) 金子修三, 山縣邦弘 : 急性糸球体腎炎の治療ガイド. 腎と透析 62 : 465-469, 2007
2) 尾田高志, 他 : 急性糸球体腎炎. 日本臨牀 新領域別症候群シリーズ No. 17, 腎臓症候群第2版上巻, pp78-81, 2012
3) Rodriguez-Iturbe B, et al : Pathofenesis of poststreptococcal glomerulonephritis a century after Clemens von Pirquet. Kidney Int 71 : 1094-1104, 2007
4) Oda T, et al : Localization of nephritis-associated pasmin receptor in acute poststreptococcal glomerulonephritis. Hum Pathol 41 : 1276-1285, 2010
6) 日本腎臓学会腎疾患患者の生活指導・食事療法に関するガイドライン. 日腎会誌 39 (1) : 1997
P.158 掲載の参考文献
1) 進行性腎障害に関する調査研究班急速進行性腎炎症候群分科会 : 急速進行性腎炎症候群の診療指針第二版. 日腎会誌 53 : 509-555, 2011
2) 急速進行性糸球体腎炎診療指針作成合同委員会 : 急速進行性腎炎症候群の診療指針. 日腎会誌 44 : 55-82, 2002
3) Jayne DR, Gaskin G, Rasmussen N, et al : Randomized trial of plasma exchange or high-dosage methylprednisolone as adjunctive therapy for severe renal vasculitis. J Am Soc Nephrol 18 : 2180-2188, 2007
P.163 掲載の参考文献
P.167 掲載の参考文献
1) 厚生労働省難治性疾患克服研究事業進行性腎障害に関する調査研究班 難治性ネフローゼ症候群分科会 : ネフローゼ症候群診療指針. 日腎会誌 53 (2) : 78-122, 2011
2) KDIGO Clinical Practice Guideline for Glomerulonephritis. Kidney Int (supple 2) : 139-274, 2012
3) CKD診療ガイド 2012. 日腎会誌 54 (8) : 1031-1189, 2012

【腎疾患に対する薬剤の使用方法】

P.172 掲載の参考文献
1) 厚生労働省難治性疾患克服研究事業進行性腎障害に関する調査研究班難治性ネフローゼ症候群分科会 : ネフローゼ症候群診療指針 [完全版], 東京医学社, 東京, 2012
5) Ponticelli C, Edefonti A, Ghio L, Rizzoni G, et al : Cyclosporin versus cyclophosphamide for patients with steroid-dependent and frequently relapsing idiopathic nephrotic syndrome : a multicentre randomized controlled trial. Nephrol Dial Transplant 8 : 1326-1332, 1993
6) 日本小児腎臓病学会 : 小児特発性ネフローゼ症候群薬物治療ガイドライン 1.0版. 日本小児科学会雑誌 109 : 1066-1075, 2005
P.175 掲載の参考文献
P.180 掲載の参考文献
1) 堺秀人, 他 : 難治性ネフローゼ症候群 (成人例) の診療指針. 日腎会誌 44 : 751-761, 2002
2) D'Agati VD, et al : Pathologic Classification of Focal Segmental Glomerulosclerosis : A Working Proposalproposal. Am J Kidney Dis 43 : 368-382, 2004
4) 松尾清一, 他 : ネフローゼ症候群診療指針. 日腎会誌 53 : 78-122, 2011
P.184 掲載の参考文献
P.187 掲載の参考文献
1) 横山仁, 田口尚 : 腎臓病総合レジスリーの構築とその解析に関する研究. 進行性腎障害に関する調査研究 平成21年度総括・分担研究報告書 (松尾清一主任研究者), pp23-34, 2010
3) 堺秀人, 黒川清, 斉藤喬雄, 椎木英夫, 他 : 難治性ネフローゼ症候群 (成人例) の診療指針. 日腎会誌 44 : 751-761, 2002
4) 松尾清一, 今井圓裕, 斉藤喬雄, 他 : ネフローゼ症候群診療指針〔完全版〕. pp60-63, 東京医学社, 東京, 2012
P.191 掲載の参考文献
P.195 掲載の参考文献
P.198 掲載の参考文献
1) 松尾清一, 他 : 厚生労働省特定疾患進行性腎障害に関する調査研究班報告 急速進行性腎炎症候群の診療指針 第2版. 日腎会誌 53 (4) : 509-555, 2011
2) 橋本博史 : ANCA関連血管炎の治療指針. 厚生労働省厚生科学特定疾患対策研究事業難治性血管炎に対する調査研究班編, 難治性血管炎の診療マニュアル, p50, 2002
3) de Groot K, Harper L, Jayne DR, Flores Suarez LF, et al ; EUVAS (European Vasculitis Study Group) : Pulse versus daily oral cyclophosphamide for induction of remission in antineutrophil cytoplasmic antibody-associated vasculitis : a randomized trial. Ann Intern Med. 150 (10) : 670-680, 2009
5) 尾崎承一, 他 ; ANCA関連血管炎のわが国における治療法の確立のための多施設共同前向き臨床研究班, 難治性血管炎に関する調査研究班, 進行性腎障害に関する調査研究班 : 難治性症例に対する新たな治療法. ANCA関連血管炎の診療ガイドライン, 厚生労働省難治性疾患克服研究事業, pp73-86, 2011
P.201 掲載の参考文献
2) 日本腎臓学会 : CKD診療ガイド 2012, 東京医学社, 東京, 2012
3) 馬場園哲也 : 糖尿病における高血圧の治療と管理. 糖尿病の治療マニュアル 第6版 (東京女子医科大学糖尿病センター編), pp330-355, 医歯薬出版, 東京, 2012
4) Hase M, Babazono T, Ujihara N, et al : Comparison of spironolactone and trichlormethiazide as add-on therapy to renin-angiotensin blockade for reduction of albuminuria in diabetic patients. J Diabetes Invest (in press)
P.205 掲載の参考文献
1) 大越忠和, 長谷川一浩, 内木宏延 : アミロイド線維生成沈着機構. 腎と透析 62 : 155-160, 2007
2) 石原得博 : アミロイドーシスの分類. 腎と透析 62 : 149-153, 2007
3) 城謙輔, 藤本美香 : アミロイドーシスの病理診断. 腎と透析 62 : 167-175, 2007
4) 星井嘉信 : ALアミロイドーシスの病態と診断. 腎と透析 62 : 185-187, 2007
5) 島崎千尋 : ALアミロイドーシスの治療. 医学のあゆみ 229 : 319-324, 2009
9) Skinner M, Sanchorawala V, Seldin DC, Dember LM, et al : High-dose melphalan and autologous stem-cell transplantation in patients with AL amyloidosis : an 8-year study. Ann Intern Med 140 : 85-93, 2004
17) Rajkumar SV, Kaplan AA, Leung N : Treatment of kidney disease in multiple myeloma. UpToDate, 2013
P.208 掲載の参考文献
1) Rose BD, Runyon DA : Diagnosis and treatment of hepatorenal syndrome. UpToDate 2013
3) 古市賢吾, 和田隆志 : IV 特殊な病態とその対応 5. 肝疾患で生じる急性腎不全. 日内会誌 99 (5) : 50-55, 2010
4) 日本消化器病学会 : 3. 肝腎症候群. 肝硬変診療ガイドライン, 南江堂, 東京, 2010
5) 阿部貴弥, 宮坂昭生 : 肝障害とAKD. 腎と透析 70 (3) : 361-366, 2011
P.213 掲載の参考文献
P.216 掲載の参考文献
P.222 掲載の参考文献
2) Bobbio-Pallavicini E, Gugliotta L, Centurioni R, Porta C, et al : Antiplatelet agents in thrombotic thrombocytopenic purpura (TTP). Results of a randomized multicenter trial by the Italian Cooperative Group for TTP. Haematologica 82 (4) : 429-435, 1997
3) Hickey CA, Beattie TJ : Early volume expansion during diarrhea and relative nephroprotection during subsequent hemolytic uremic syndrome. JAMA 165 : 884-889, 2012
5) Ariceta G, Besbas N, Johnson S, Karpman D, et al ; European Paediatric Study Group for HUS : Guideline for the investigation and initial therapy of diarrheanegative hemolytic uremic syndrome. Pediatr Nephrol 24 (4) : 687-696, 2009 doi : 10.1007/s00467-008-0964-1. Epub 2008 Sep 18
P.227 掲載の参考文献
1) 斉藤喬雄 : 間質性腎炎. 今日の診断基準, 大田健, 奈良信雄編, pp423-424, 南江堂, 東京, 2007
2) Seshan SV, D'Agati VD, Appel GA, et al : Renal disease. Classification and atlas of tubulointerstitial and vascular diseases, pp4-6, Williams & Wilkins, Baltimore, 1999
3) 川野充弘, 佐伯敬子, 中島衡, 他 : IgG4関連腎臓病診療指針. 日腎会誌 53 : 1062-1073, 2011
4) 小河原悟, 久野敏, 斉藤喬雄 : カルシニューリン阻害薬による腎障害ネフローゼ症候群維持療法の腎障害. 日腎会誌 53 : 615-619, 2011
5) 岡崎和一, 川茂幸, 神澤輝実, 他 : IgG4関連疾患包括診断基準 2011. 日内会誌 101 : 795-804, 2012
P.231 掲載の参考文献
1) 日本痛風・核酸代謝学会ガイドライン改訂委員会編 : 高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン (第2版), メディカルレビュー社, 大阪, 2010
3) Hosoya T, Ichida K, Tabe A, et al : Combined therapy using allopurinol and benzbromarone for gout and hyperuricemia complicated with renal disorder. Jpn J Reumatol 4 : 77-90, 1992
4) Uetake D, Ohno I, Ichida K, Yamaguchi Y, et al : Effect of Fenofibrate on the Uric Acid Metabolism and Urate Transporter 1. Internal Medicine (in press)
5) Iwanaga T, Sato M, Tamai I, et al : Concentrationdependent mode of interaction of angiotensin II receptor blockers with uric acid transporter. J Pharmacol Exp Ther 320 : 211-217, 2007
P.235 掲載の参考文献
P.240 掲載の参考文献
P.245 掲載の参考文献
P.250 掲載の参考文献
1) 大澤勲, 富野康日己 : 腎における薬物の排泄機構-腎からの排泄 (水溶性). 日腎会誌 54 : 977-980, 2012
2) 吉江文彦, 柴崎敏昭 : 薬剤性腎障害. 腎と透析 53 (臨時増刊号) : 196-199, 2002
3) 城謙輔, 小助川英之 : 薬剤性腎障害の病理. 日腎会誌 54 : 958-971, 2012
4) 上田志朗 : 薬剤性腎障害診断のアプローチ. 日腎会誌 54 : 950-957, 2012.
5) 猪阪善隆 : 尿細管間質性腎炎 (急性・慢性). 今日の治療指針 2012 私はこう治療している, pp535-536, 医学書院, 東京, 2012
P.253 掲載の参考文献
2) 竹林茂夫 : 腎血管の特殊性. 循環器科 47 : 1-7, 2000
3) 金子修三 : 悪性高血圧の治療と腎予後. 臨牀透析 21 (8) : 1119-1126, 2005
5) 星佐弥子, 山口裕, 他 : 悪性腎硬化症の臨床病理学的検討. 日腎会誌 50 (4) : 488-498, 2008
6) Akikusa B, Kondo Y, Irabu N, Shigematsu H : Renal Vascular lesions in severe hypertension. Acta Pathol Jpn 33 (2) : 323-331, 1983
7) Eddy AA : Molecular insights into renal interstitial fibrosis. J Am Soc Nephrol 7 : 2495-2508, 1996
15) 日本糖尿病学会編 : 科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン改訂第2版, 南江堂, 東京, 2007
16) 佐中孜 : CKD早期発見・治療ベストガイド, 医学書院, 東京, 2013
P.256 掲載の参考文献
P.260 掲載の参考文献
1) 日本高血圧学会高血圧治療作成委員会 : 第12章 二次性高血圧. 高血圧治療ガイドライン 2009, pp99-112, ライフサイエンス社, 東京, 2009
2) 伊藤貞嘉 : 第5章 腎血管性高血圧症. 二次性高血圧, pp41-51, メディカルレビュー社, 大阪, 2003
P.263 掲載の参考文献
2) 田村功一, 他 : 腎梗塞・コレステロール塞栓症・腎静脈血栓. 腎と透析 72 (増刊号) : 347-351, 2012
3) 甘利佳史, 他 : 特発性コレステロール結晶塞栓症による急性腎不全発症後に塞栓の全身散布により死亡した1剖検例. 透析会誌 43 : 87-92, 2010
4) 循環器疾患における抗凝固・抗血小板療法に関するガイドライン (2009年改訂版) Guidelines for management of anticoagulant and antiplatelet therapy in cardiovascular (循環器学会ホームページ http://www.j-circ.or.jp/guideline/) disease (JCS 2009
5) 日本脳卒中学会脳卒中医療向上・社会保険委員会rt-PA (アルテプラーゼ) 静注療法指針改訂部会 : rt-PA (アルテプラーゼ) 静注療法適正治療指針第二版 (2012年10月). 脳卒中 34 : 443-480, 2012
P.267 掲載の参考文献
2) Tunick PA, Nayar AC, Goodkin GM, et al : Effect of treatment on the incidence of stroke and other emboli in 519 patients with severe thoracic aortic plaque. Am J Cardiol 90 : 1320-1325, 2002
6) Tanaka M, Matsuo K, Shoda H, et al : Severe hyperreninemic hypertension associated with spontaneous renal cholesterol crystal embolization. Clin Exp Nephrol 8 : 150-154, 200
8) 大竹剛靖, 岡真知子, 守矢英和, 他 : 糖尿病性腎症, コレステロール塞栓症に対するLDLアフェレシス. 日本アフェレシス学会雑誌 30 : 85-89, 2011
P.270 掲載の参考文献
2) Velasquez FF, Garcia PN, Ruiz MN : Idiopathic nephritic syndrome of the adult with asymptomatic thrombosis of the renal vein. Am J Nephrol 8 : 457-462, 1988
4) 肺血栓塞栓症および深部静脈血栓症の診断, 治療, 予防に関するガイドライン (2009年改訂版). 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2008年度合同研究班報告), 2009
P.274 掲載の参考文献
P.279 掲載の参考文献
1) 根東義明 : 腎性尿崩症. 日腎会誌 53 (2) : 177-180, 2011
2) 神崎晋 : 腎性尿崩症の実態把握と診断・治療指針作成に関する研究 平成23 年度 総括・分担報告書, pp36-41, 2012
3) 冨田公夫 : 尿細管性アシドーシス. 専門医のための腎臓病学 (第2版), 医学書院, 東京, pp556-563, 2011
4) Brenner BM (ed) : Brenner and Rector's The Kidney. 8th ed, Elsevier, 2008
P.282 掲載の参考文献
P.285 掲載の参考文献
P.289 掲載の参考文献
P.292 掲載の参考文献
P.297 掲載の参考文献
1) Wein AJ, Kavoussi AW, Novick AC, Partin AW, et al : Campbell-Walsh Urology, 10th ed, pp1087-1121, Saunders, Philadelphia, 2012
2) van Nieuwkoop C, Bonten TN, van't Wout JW, et al : Risk factors for bacteremia with uropathogen not cultured from urine in adults with febrile urinary tract infection. Clin Infect Dis 50 : e69-e72, 2012
P.301 掲載の参考文献
1) Bailey RR : The relationship of vesico-ureteric reflux to urinary tract infection and chronic pyelonephritisreflux nephropathy. Clin Nephrol 1 : 132, 1973
3) Peters CA, Skoog SJ, Arant BS Jr, et al : Summary of the AUA Guideline on Management of Primary Vesicoureteral Reflux in Children. J Urol 184 : 1134, 2010
4) 近田龍一郎, 坂井清英 : 逆流性腎症Update. Urology View 7 : 38, 2009
P.305 掲載の参考文献
2) Naber KG, Bergman B : EAU guidelines on the management of urinary and male genital tract infections. UrinaryTract Infection (UTI) Working Group of the Health Care Office (HCO) of the European Association of Urology (EAU). Eur Urol, 2006. http://www.uroweb.org/nc/professional-resources/guidelines/online/
3) JAID/JSC感染症治療ガイド委員 : JAID/JSC感染症治療ガイド 2011. 日本感染症学会, ライフサイエンス出版, 東京, 2012
P.308 掲載の参考文献
1) 日本間質性膀胱炎研究会ガイドライン作成委員会 : 間質性膀胱炎診療ガイドライン. pp20-65, ブラックウエルパブリッシング, 東京, 2007
3) JAID/JSC感染症治療ガイド委員会 : JAID/JSC感染症治療ガイド 2011, pp152-154, ライフサイエンス, 東京, 2012
5) Grabe M (Chairman), Bjerklund-Johansen TE, Botto H, Wullt B, et al : Guidelines on Urological Infections. pp15-24, 2011 : http://www.uroweb.org/gls/pdf/15_Urological_Infections.pdf
P.316 掲載の参考文献
1) 濱砂良一 : 男子尿道炎の診断と治療. 西日本泌尿器科 73 (8) : 391-403, 2011
2) 感染症治療ガイド委員会 : JJ. JAID/JSC感染症治療ガイド 2011, ライフサイエンス, 東京, 2012
3) 岩破一博 : 女性性器感染症, 岩破一博編, 医薬ジャーナル, 東京, 2012
4) 松本哲朗, 野口靖之, 田中正利, 小野寺昭一, 他 : 淋菌感染症性感染症診断・治療ガイドライン 2011. 日本性感染症学会誌 22 (1 suppl) : 52-59, 2011
5) 三鴨廣繁, 高橋聡, 野口昌良, 清田浩 : 性器クラミジア感染症性感染症診断・治療ガイドライン 2011. 日本性感染症学会誌 22 (1 suppl) : 60-64, 2011
P.320 掲載の参考文献
1) Turk C, Knoll T, Petrik A, Sarica K, et al : http://www.uroweb.org/gls/pdf/20_Urolithiasis_LR%20March%2013%202012.pdf
3) 日本泌尿器科学会, 日本Endourology・ESWL学会, 日本尿路結石症学会編 : 尿路結石症診療ガイドライン, pp52-83, 金原出版, 東京, 2002
P.323 掲載の参考文献
1) 日本泌尿器科学会編 : 前立腺肥大症診療ガイドライン, リッチヒルメディカル, 東京, 2011
2) 日本排尿機能学会男性下部尿路症状診療ガイドライン作成委員会 : 男性下部尿路症状診療ガイドライン, ブラックウエルパブリッシング, 東京, 2008
4) 高木信嘉, 竹田和義, 池田弓子, 他 : 腎機能低下を伴う高血圧症患者および腎機能正常な本態性高血圧患者におけるNaftopidilの血中薬物動態. 臨床医薬 8 : 109-122, 1992
5) 清水智司, 宮下格, 松原靖人, 他 : シロドシンの臨床成績紹介-薬物動態を中心に-. 薬学雑誌 126 (増刊号) : 257-263, 2006
P.327 掲載の参考文献
1) 日本泌尿器科学会編 : 腎癌診療ガイドライン, 金原出版, 東京, 2011
2) 日本泌尿器科学会編 : 膀胱癌診療ガイドライン, 医学図書出版, 東京, 2009
3) D'Amico AV, Whittington R, Malkowicz SB, et al : Biochemical outcome after radical prostatectomy, external beam radiation therapy, or interstitial radiation therapy for clinically localized prostate cancer. JAMA 280 : 969-974, 1998
4) 日本泌尿器科学会編 : 前立腺癌診療ガイドライン, 金原出版, 東京, 2012

【透析患者に対する薬の使い方】

P.328 掲載の参考文献
1) Seldin and Giebisch's The kidney, 4th ed, pp1135-1139, Academic press, UT, 2007
3) DeCastro JM : The relation of spomtaneous macronutrient and sodium intake with fluid ingestion and thirst in humans. Physiol Behav 49 : 513-519, 1991
P.336 掲載の参考文献
P.340 掲載の参考文献
1) 平田純生, 他 : 透析患者への投薬ガイドブック改訂2版, じほう, 東京, 2009
P.344 掲載の参考文献
1) 久木田和丘, 他 : 2011年版社団法人日本透析医学会「慢性血液透析用バスキュラーアクセスの作製および修復に関するガイドライン」. 透析会誌 44 : 855, 2011
2) 室谷典義, 佐藤純彦 : 血管痛. 改訂第2版血液透析施行時のトラブル・マニュアル, pp182-188, 日本メディカルセンター, 東京, 2008
3) 住谷昌彦, 柴田政彦, 他 : 本邦におけるCRPSの判定指標. 日臨麻会誌 30 : 420, 2010
P.348 掲載の参考文献
2) 久野木順一 : 透析脊椎症の病態と治療. 腎と透析64別冊腎不全外科 2008 : 8-13, 2008
3) 下条文武, 木村秀樹, 川口良人 : 透析アミロイド症に対する少量ステロイド治療の現況. 透析会誌 31 : 73-78, 1998
P.352 掲載の参考文献
6) El-Hennaway AS, Zaib S : A selected controlled trial of supplementary vitamin E for treatment of muscle cramps in hemodialysis patients. Am J Ther 17 (5) : 455-459, 2010
7) Al-Jondeby MS, Cabaguing IT, Paiarillo AA, et al : Comparative crossover controlled study using polysulphone and vitamin E coated dialyzers. Saudi Med J 24 (3) : 265-268, 2003
8) Chan P, Huang TY, Chen YJ, et al : Randomized, double-blind, placebo-controlled study of the safety and efficacy of vitamin B complex in the treatment of nocturnal leg cramps in elderly patients with hypertension. J Clin Pharmacol 38 (12) : 1151-1154, 1998
P.356 掲載の参考文献
1) 石川和夫 : 高齢者のめまい・平衡障害. 綜合臨床 57 : 140-142, 2008
2) 井田正博 : 脳梗塞超急性期のMR診断. 臨床画像 16 : 492-506, 2000
3) 堀井新 : メイロンがめまいに奏効する理由は. 耳鼻咽喉科・頭頸部外科クリニカルトレンド Part 2, pp132-133, 中山書店, 東京, 1998
4) 武田憲昭 : 制吐薬. JOHNS 16 : 1311-1313, 2000
P.361 掲載の参考文献
1) 清水利彦, 天野隆弘 : 意識障害の原因疾患とその鑑別. 内科 97 : 768-775, 2006
2) 谷脇考恭, 吉良潤一 : 内科でよくみる意識障害の治療. 臨牀と研究 82 : 1803-1807, 2005
3) 鶴屋和彦 : 透析トラブルQ&A 意識障害の原因と対策について教えてください. 腎と透析 64 : 658-662, 2008
5) 藤崎毅一郎, 平方秀樹 : 不均衡症候群. 透析療法辞典 (第2版) : 198-199, 2009
7) Paraiso V, Francos M, Rodriguez-Berzosa F, et al : Portosystemic encephalopathy in a patient treated with peritoneal dialysis. Am J Kidney Dis 49 : 854-858, 2007
P.370 掲載の参考文献
1) Durack DT, Street AC : Fever of unknown origin--reexamined and redefined. Curr Clin Top Infect Dis 11 : 35-51, 1991
3) 平田純生, 和泉智, 古久保拓 : 透析患者への投薬ガイドブック改訂2版, じほう, 東京, 2009
P.374 掲載の参考文献
P.377 掲載の参考文献
1) 日本循環器学会, 他 : 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2008年度合同研究班報告), 不整脈薬物治療に関するガイドライン (JCS2009). www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/jcs2009_kodama_h.pdf
4) 平田純生他 : 透析患者への投薬ガイドブック改訂第2版. じほう, 東京, 2009
5) 日本透析医学会, 他 : 血液透析患者における心血管合併症の評価と治療に関するガイドライン. 透析会誌 44 (5) : 337-425, 2011
P.382 掲載の参考文献
1) 中井滋, 他 : わが国の慢性透析療法の現況 (2005年12月31日現在). 透析会誌 40 : 1-30, 2007
2) 日本透析医学会 : 血液透析患者における心血管合併症の評価と治療に関するガイドライン 第2章 血圧異常. 透析会 誌44 : 358-368, 2011
3) K/DOQI Workgroup : K/DOQI clinical practice guidelines for cardiovascular disease in dialysis patients. Am J Kidney Dis 45 (suppl 3) : S1-153, 2005
P.386 掲載の参考文献
1) 日本透析医学会 : 血液透析患者における心血管合併症の評価と治療に関するガイドライン 第8章 末梢動脈疾患. 透析会誌 44 (5) : 412-418, 2011
2) Taniguchi T, Ejiri K, and Baba S : Improvement of autonomic neuropathy after mecobalamin treatment in uremic patients on hemodialysis. Clin Ther 9 : 607-614, 1987
3) 樋口輝美, 山崎俊男, 水野真理, 他 : 透析患者の末梢性神経障害性疼痛に対してのプレガバリン (商品名 : リリカ(R)) の有用性と安全性の検討. 透析会誌 45 : 559-566, 2012
4) 安宅謙, 丸山弘樹 : 手根管症候群. 腎臓症候群 (第2版) 下. 日本臨牀 (別冊) : 206-209, 2012
5) 安田斎 : 糖尿病性ニューロパチーの病態と治療. 臨床神経 49 : 149-157, 2009
P.392 掲載の参考文献
P.396 掲載の参考文献
P.400 掲載の参考文献
P.403 掲載の参考文献
1) 財団法人日本消化器病学会 : 消化性潰瘍診療ガイドライン, 南江堂, 東京, 2009
2) 財団法人日本消化器病学会 : 胃食道逆流症診療ガイドライン, 南江堂, 東京, 2009
3) 渡辺俊雄, 他 : 潰瘍性病変 2) 薬剤起因性病変アスピリンを含む抗血小板薬. GI Res 18 (6) : 33-38, 2010
4) 清水誠治 : 急性出血性直腸潰瘍と宿便性潰瘍. 日本大腸肛門病会誌 54 : 955-959, 2001
P.407 掲載の参考文献
1) 大平整爾, 阿部憲司, 他 : 血液透析患者の虚血性大腸炎手術例の分析-アンケート集計124例を中心に-. 腎と透析40別冊腎不全外科 '96 : 8-23, 1996
2) Longstreet GF, Thompson WG, Chewy WD, et al : Functional bowel disorders. Gastroenterology 130 : 1480-1491, 2006
3) 西原舞, 平田純生, 他 : 透析患者の便秘症についての実態調査. 透析会誌 37 (10) : 1887-1892, 2004
4) 西原舞, 他 : 臨床所見・徴侯からのアブローチ 6 下痢, 便秘. 臨牀透析 24 : 808-810, 2008
P.410 掲載の参考文献
1) 新田孝作 : 血液浄化療法に関連した医学の基礎知識. 免疫. 血液浄化療法ハンドブック改訂第3版, 透析療法合同専門委員会編著, pp45-50, 協同医書出版社, 東京, 2004
2) 神谷康司, 中林公正 : 血液浄化療法に関連した医学の基礎知識. 免疫. 血液浄化療法ハンドブック改訂第2版, 透析療法合同専門委員会編著, pp56-64, 協同医書出版社, 東京, 1998
3) 秋葉隆 : 腎不全患者の病態生理. 感染症. 血液浄化療法ハンドブック改訂第3版, 透析療法合同専門委員会編著, pp287-289, 協同医書出版社, 東京, 2004
4) 山中智恵 : 合併症と併発症. 血液学的合併症. 細胞性免疫. 透析療法事典第2版, 中本雅彦, 佐中孜, 秋澤忠男編, pp274-275, 医学書院, 東京, 2009
5) 黒田満彦 : 透析患者の合併症に対するくすりの使い方. 対症療法. 免疫不全. 腎と透析 27 (臨時増刊号) : 396-397, 1989
6) 山中智恵 : 合併症と併発症. 血液学的合併症. 液性免疫. 透析療法事典第2版, 中本雅彦, 佐中孜, 秋澤忠男編, pp273-274, 医学書院, 東京, 2009
7) 佐藤昌志, 木暮照子 : 透析患者に対するくすりの使い方. 対症療法. 免疫不全. 腎と透析 53 (増刊号) : 403-405, 2002
P.413 掲載の参考文献
1) 平井良治, 池田稔 : 味覚障害診療ガイドライン作成に向けて 味覚障害の診断 (総説). 口腔・咽頭科 25 (1) : 1-5, 2012
2) 愛場庸雅 : 味覚障害診療ガイドライン作成に向けて味覚障害の治療法とその効果 (総説). 口腔・咽頭科 25 (1) : 11-16, 2012
3) 重篤副作用疾患別対応マニュアル 薬物性味覚障害, 厚生労働省, 平成23年3月
4) 市村恵一 : 〔日常診療でよくみる症状・病態-診断の指針・治療の指針-〕耳鼻咽喉の異常 嗅覚異常. 綜合臨牀 60 : 1029-1032, 2011
5) 深澤啓二郎 : 嗅覚障害の治療. 脳21 9 (2) : 171-176, 2006
P.420 掲載の参考文献
1) 田中達也, 桃崎宣明, 後藤公文, 本田英一郎 : 脳主幹動脈閉塞に伴う広範脳梗塞に対する五苓散の使用経験. 漢方医学 36 (2) : 159-163, 2012
2) 松宮輝彦, 原一恵, 外山由夏 : 臨床医のための治療薬剤Q&A. 診断と治療 96 (5) : 979-984, 2008
3) 日本緑内障学会緑内障診療ガイドライン作成委員会 : 緑内障診療ガイドライン (第2版). 日眼会誌 110 (10) : 777-814, 2006
6) 河原純子, 兵藤透, 馬場志郎, 他 : 血液透析患者における造影剤フルオレセイン造影後の透析の意義 : 1 透析症例を通じて. 透析会誌 44 (8) : 695-698, 2011
7) 大野敦, 梶邦成, 星加明乃, 他 : 糖尿病透析患者において眼科受診の中断・放置を防ぐ内科・眼科連携の試み. 透析会誌 41 (suppl 1) : 600, 2008
P.423 掲載の参考文献
1) 高森建二, 種田研一, 根木治 : 透析の痒み : その病態. Visual Dermatology 11 : 708-13, 2012
2) 段野貴一郎 : よくわかる透析患者のかゆみケア, 改訂2版, 金芳堂, 京都, 2005
3) 江畑俊哉 : かゆみの臨床的評価法. Progress in Medicine 27 : 1765-1768, 2007
P.426 掲載の参考文献
1) 服部元史 : 成長障害. 腎と透析 72 (増刊号) : 133-136, 2012
2) Tonshoff B, Schaefer F, Mehls O : Disturbance of growth hormone-insulin-like growth factor axis in uraemia. Pediatr Nephrol 4 : 654-662, 1990
3) 慢性腎臓病に対する食事療法基準 2007年版. 日腎会誌 49 : 871-878, 2007
4) 日本透析医学会 : 慢性腎臓病に伴う骨・ミネラル代謝異常の診療ガイドライン. 透析会誌 45 : 301-356, 2012
5) 2008年版日本透析医学会「慢性腎臓病患者における腎性貧血治療のガイドライン」透析会誌 41 : 661-716, 2008
6) 日本臨床腎移植学会ガイドライン作成委員会編 : 腎移植後内科・小児科系合併症の診療ガイドライン, pp51-57, 日本医学館, 東京, 2011
P.430 掲載の参考文献
P.439 掲載の参考文献
P.448 掲載の参考文献
1) 福西勇夫 : いらいら感. 腎と透析 53 (増刊号) : 429-430, 2002
2) 脇川健, 藤田淳也, 西平綾子 : 血液透析患者のレストレスレッグス症候群に対するプラミペキソールの臨床効果についての検討. 透析会誌 44 : 1155-1161, 2011
9) Walters AS : Toward a better definition of the restless legs syndrome. The International Restless Legs Syndrome Study Group. Mov Disord 10 : 634-642, 1995
13) 黒岩義之, 平田幸一, 野村哲志, 他 : 標準的神経治療Restless legs症候群. 神経治療学 29 : 71-109, 2012
16) 小池茂文, 坂名智, 岩田安世, 他 : 睡眠障害ケースカンファレンス (第20回) 末期慢性腎不全患者 (透析患者) の二次性レストレスレッグス症候群に合併した重症周期性四肢運動の一例 透析患者に対する薬物治療の注意点を含めて. 睡眠医療 5 : 459-467, 2012
17) 小池茂文 : 〔腎症の予防とケア〕診断 Questionレストレスレッグ症候群とは? Q&Aでわかる肥満と糖尿病 3 : 435-437, 2004
P.453 掲載の参考文献
2) 米国睡眠医学会 (日本睡眠学会診断分類委員会訳) : 睡眠障害国際分類 第2版-診断とコードの手引, 日本睡眠学会, 2005
3) 睡眠障害の診断・治療ガイドライン研究会, 内山真 (編) : 睡眠障害の対応と治療ガイドライン第2版, じほう, 東京, 2012
P.457 掲載の参考文献
1) 堀川直史 : 認知症の診断とマネジメント. 透析医会誌 25 : 178-182, 2010
2) 堀川直史 : 透析を受ける患者の心理とその特徴. 臨牀透析 34 : 1363-1368, 2008
3) 堀川直史 : 向精神薬の至適投与. 腎と透析 74 (3) : 415-420, 2013
5) 堀川直史 : 透析患者における認知症の薬物療法 : 主に周辺症状について. 透析医会誌 27 : 501-505, 2013
P.461 掲載の参考文献
1) 日本神経学会監修 : 認知症疾患治療ガイドライン 2010, 医学書院, 東京, 2010
2) Tamura MK, Yaffe K : Dementia and cognitive impairment in ESRD : diagnostic and therapeutic strategies. Kidney Int 79 : 14-22, 2011
4) 堀川直史 : 透析患者における認知症の薬物療法-主に周辺症状について-. 日透医会誌 27 (3) : 501-505, 2012
P.466 掲載の参考文献
1) 小林修三 : 透析患者の血圧管理 わが国のGLから. 腎と透析 69 : 279-282, 2010
6) 小川哲也, 他 : 血圧管理におけるReverse epidemiology-介入試験, メタアナリシスから-. 腎と透析 69 : 265-268, 2010
8) 鈴木洋通 : KDOQI, KDIGOのガイドラインから. 腎と透析 69 : 283-286, 2010
9) 日本透析医学会 : 血液透析患者における心血管合併症の評価と治療に関するガイドライン 第2章 血圧異常. 透析会誌 44 : 337-425, 2011
11) 木村玄次郎 : ワンポイントノートで学ぶ透析療法の基本, 東京医学社, 東京, 2009
12) FukudaM, et al : Nocturnal blood pressure is elevated with natriuretics and proteinuria as renal function deteriorates in nephropathy. Kidney Int 65 : 621-625, 2004
14) Moriya H, et al : Weekly averaged blood pressure is more important than a single-point blood pressure measurement in th risk stratification of dialysis patients. Clin J Am Soc Nephrol 3 : 416-422, 2007
P.469 掲載の参考文献
1) 日本透析医学会 : 血液透析患者における心血管合併症の評価と治療に関するガイドライン 第2章 血圧異常. 透析会誌 44 : 358-368, 2011
4) K/DOQI Workgroup : K/DOQI clinical practice guidelines for cardiovascular disease in dialysis patients. Am J Kidney Dis 45 (4 suppl 3) : S1-153, 2005
P.474 掲載の参考文献
2) 平方秀樹, 新田孝作, 友雅司, 他 : 社団法人日本透析医学会 血液透析患者における心血管合併症の評価と治療に関するガイドライン. 透析会誌 44 : 337, 2011
P.476 掲載の参考文献
P.480 掲載の参考文献
1) Bonow RO, Carabello BA, Chatterjee K, et al : 2008 focused update incorporated into the ACC/AHA 2006 guidelines for the management of patients with valvular heart disease : a report of the American College of Cardiology/American Heart Association Task Force on Practice Guidelines (Writing Committee to revise the 1998 guidelines for the management of patients with valvular heart disease). Endorsed by the Society of Cardiovascular Anesthesiologists, Society for Cardiovascular Angiography and Interventions, and Society of Thoracic Surgeons. J Am Coll Cardiol 52 (13) : e1-142, 2008
2) Urena P, Malergue MC, Goldfarb B, Prieur P, et al : Evolution aortic stenosis in HD patients : analysis of risk factors. Nephrologie 20 : 217-225, 1999
3) London GM, Pannier B, Marchais SJ, Guerin AP : Calcification of the aortic valve in the dialysis patients. J Am Soc Nephrol 11 : 778-783, 2000
11) K/DOQI Workgroup : K/DOQI clinical practice guidelines for cardiovascular disease in dialysis patients. Am J KidneyDis 45 (suppl 3) : S1-S153, 2005
P.484 掲載の参考文献
P.488 掲載の参考文献
1) 日本透析医学会 : 血液透析患者における心血管合併症の評価と治療に関するガイドライン. 透析会誌 44 (5) : 337-425, 2011
2) K/DOQI Working group : K/DOQI clinical practice guidelines for cardiovascular disease in dialysis patients. Am J Kidney Dis 45 (suppl 3) : S1-153, 2005
5) 急性冠症候群の診療に関するガイドライン. Circulation Journal 71 (suppl IV) : 2007
P.491 掲載の参考文献
2) O'Hare AM, et al : Renal insufficiency and the risk of lower extremity peripheral arterial disease : Results from the Heart and Estrogen/Progestin Replacement Study (HERS). J Am Soac Nephrol 15 : 1046-1051, 2004
3) 小林修三 : 糖尿病透析患者の下肢虚血への対応-早期発見と治療戦略-. 医学の歩み 240 (11) : 903-908, 2012
5) 日本循環器学会 : 循環器病の診断と治療に関するガイドライン末梢閉塞性動脈疾患の治療ガイドライン. Circ J 73 (suppl III) : 1507-1569, 2009
P.496 掲載の参考文献
1) 日本透析医学会 : 血液透析患者における心血管合併症の評価と治療に関するガイドライン. 透析会誌 44 (5) : 337-425, 2011
2) 脳卒中合同ガイドライン委員会 : 脳卒中治療ガイドライン 2009, 篠原幸人, 小川彰, 鈴木則宏, 他編, 協和企画, 東京, 2009
3) Power A, et al : High but stable incidence of subdural haematoma in haemodialysis- a single-centre study. Nephrol Dial Transplant 25 : 2272-2275, 2012
5) 重症頭部外傷治療・管理のガイドライン作成委員会 : 重症頭部外傷治療・管理のガイドライン 第2版. 日本神経外傷学会雑誌 29 : 1-115, 2006
P.502 掲載の参考文献
3) Special report from the National Institute of Neurological Disorders and Stroke. Classification of cerebrovascular diseases III. Stroke 21 : 637-676, 1990
13) 平方秀樹, 新田孝作, 友雅司, 他 : 血液透析患者における心血管合併症の評価と治療に関するガイドライン透析会誌 44 : 337-425, 2011
15) 豊田一則 : 維持透析患者の脳梗塞急性期治療-抗血栓療法の有効性. 血管医学 5 : 293-298, 2004
18) 大友英一, 沓沢尚之, 小暮久也, 他 : 脳血栓症急性期におけるOKY-046の効果. 多施設二重盲検比較試験による用量設定試験 7 : 321-351, 1991
19) CAPRIE Steering Committee : A randomised, blinded, trial of clopidogrel versus aspirin in patients at risk of ischaemic events (CAPRIE). Lancet 348 : 1329-1339, 1996
22) 日本脳卒中学会脳卒中医療向上・社会保険委員会rt-PA (アルテプラーゼ) 静注療法指針改訂部会 : rt-PA (アルテプラーゼ) 静注療法適正治療指針 (第二版), 2012
P.507 掲載の参考文献
P.510 掲載の参考文献
1) Elion GB, Furman PA, Fyfe JA, et al : The selectivity of action of an antiherpetic agent, 9- (2-hydroxyethoxymethyl) guanine. Proc Natl Acad Sci USA 74 : 5716-5720, 1977
3) 天保英明, 他 : 薬剤性脳症の患者ケア. 透析ケア 8 (11) : 1098-1103, 2002
4) 窪田実 : 薬物中毒と血液浄化法, アシクロビル. 臨牀透析 18 (8) : 1071-1074, 2002
P.514 掲載の参考文献
1) 伊藤和郎 : 各種病態の合併症としての出血性消化器疾患 尿毒症. 日本臨牀 56 (9) : 2391-2395, 1998
2) 蜂巣忠, 吉田豊彦 : 腎疾患と消化管病変. 臨牀消化器内科 5 (12) : 1815-1821, 1990
3) 高橋寛 : 腎臓症候群-上部消化管合併症. 日本臨牀領域別症候群シリーズ 17 : 39-41, 1997
4) 日本腎臓学会編 : CKD診療ガイド 2012, 東京医学社, 東京, 2012
5) 伊藤和郎 : 維持透析患者のHelicobacter Pylori除菌. 臨牀透析 8 : 1161-1166, 2006
6) 徳島秀次, 井上満佐也, 他 : 慢性腎不全におけるHelicobacter Pylori感染による上部消化管病変と治療の実際. 消化器の臨牀 3 : 354-359, 2003
P.518 掲載の参考文献
P.522 掲載の参考文献
P.533 掲載の参考文献
1) 急性膵炎診療ガイドライン 2010 改訂出版委員会 : 急性膵炎診療ガイドライン 2010 [第3版]. 高田忠敬編. 金原出版, 東京, 2010
2) 厚生労働省難治性膵疾患に関する調査研究班, 日本膵臓学会, 日本消化器病学会 : 下瀬川徹, 神澤輝実, 他 : 慢性膵炎臨床診断基準 2009. 膵臓 24 : 645-708, 2009
3) 厚生労働省難治性膵疾患調査研究班・日本膵臓学会 : 岡崎和一, 川茂幸, 神澤輝実編集, 下瀬川徹, 田中雅夫監修 : 自己免疫性膵炎診療ガイドライン 2009. 膵臓 24 Suppl : 1-54, 2009
4) 日本膵臓学会・厚生労働省難治性膵疾患に関する調査研究班 : 岡崎和一, 下瀬川徹, 他 : 自己免疫性膵炎臨床診断基準 2011. 膵臓 27 : 17-25, 2012
5) 浦部晶夫, 島田和幸, 川合眞一編 : 今日の治療薬解説と便覧 2012, 南江堂, 東京, 2012
6) 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等克服研究事業 (難治性疾患克服研究事業) 難治性膵疾患に関する調査研究平成24年度総括・分担研究報告書. 研究代表者下瀬川徹, 仙台, 2013
P.536 掲載の参考文献
3) 吉田豊, 棟方昭博, 中路重之 : 〔虚血性大腸炎〕虚血性大腸炎の疫学. 臨床消化器内科 3 (8) : 1109-1114, 1988
4) 戸澤勝之, 上小鶴孝二, 川浩介, 他 : 〔消化管疾患における性差医学性差の視点に立った研究と診療〕虚血性腸炎と性差. GI Research 15 (1) : 43-47, 2007
5) 飯田三雄, 松本主之, 広田千治, 他 : 虚血性腸病変の臨床像虚血性大腸炎の再評価と問題点を中心に. 胃と腸 28 (9) : 889-912, 1993
6) 大川清孝, 佃博, 青木哲哉, 他 : 虚血性大腸炎急性期の内視鏡像の検討. Gastroenterological Endoscopy 46 (7) : 1323-1332, 2004
P.539 掲載の参考文献
1) 清水誠治 : 〔内科 疾患インストラクションガイド 何をどう説明するか〕消化器疾患偽膜性大腸炎・抗生物質関連腸炎. Medicina 48 (11) : 230-233, 2011
3) 齋藤充生 : 重篤副作用疾患別対応マニュアルおよび抗生物質・抗菌薬が関与する重篤副作用について. Jpn J Antibiot 61 (4) : 269-288, 2008
4) 飯田三雄, 松本主之, 広田千治, 他 : 虚血性腸病変の臨床像虚血性大腸炎の再評価と問題点を中心に. 胃と腸 28 (9) : 889-912, 1993
5) 平田純生, 和泉智, 古久保拓編 : 透析患者への投薬ガイドブック, p581, じほう, 東京, 2009
P.548 掲載の参考文献
2) 秋葉隆 : 透析患者のウィルス肝炎-歴史とその撲滅の意義-. 臨牀透析 25 : 1253-1258, 2009
3) 佐藤千史, 石川博子, 宮川八平 : 透析患者のウィルス肝炎の現状と予後への影響. 臨牀透析 25 : 1259-1266, 2009
4) 原田孝司, 李嘉明, 船越哲 : 透析患者のウィルス肝炎の診断 (1). サーベイランス 25 : 1267-1274, 2009
5) 平成19年度厚生労働省科学研究費補助金 (肝炎等克服緊急対策研究事業) 透析医療における標準的な透析操作と院内感染予防に関するマニュアル (三訂版), 2008
7) 山田典栄, 他 : 首都圏におけるB型急性肝炎の実態と変遷. 肝臓 49 (12) : 553-559, 2008
9) 日本透析医学会 : 透析患者のC型ウィルス肝炎治療ガイドライン. 透析会誌 44 : 481-531, 2011
10) 熊田博光, 他 : 厚生労働省科学研究班, 平成23年度報告書, 平成24年3月
P.552 掲載の参考文献
1) Kidney Disease : Improving Global Outcomes. KDIGO clinical practice guidelines for the prevention, diagnosis, evaluation, and treatment of hepatitis C in chronic kidney disease. Kidney Int 73 (suppl 109) : S1-S99, 2008
3) 深川雅史, 塚本雄介, 椿原美治, 海津嘉蔵, 他 : エビデンスレベル評価とガイドライン推奨度について. 透析会誌 43 : 347-349, 2010
4) 秋葉隆, 洞和彦, 井廻道夫, 佐藤千史, 他 : 透析患者のC型ウイルス肝炎治療ガイドライン. 透析会誌 44 : 481-531, 2011
5) 平成23年度厚生労働省厚生科学研究費肝炎等克服緊急対策研究事業 (肝炎分野) ウイルス性肝炎における最新の治療法の標準化を目指す研究班による平成24年B型C型慢性肝炎・肝硬変治療のガイドライン
P.555 掲載の参考文献
P.558 掲載の参考文献
2) 日本透析医学会 : 図説わが国の慢性透析療法の現況 2011年12月31日現在, 2012
3) United States Department of Health and Human services, USRDS 2012 Annual Data Report http://www.usrds.org/adr.aspx
5) 医療・介護関連肺炎 (NHCAP) 診療ガイドライン作成委員会 : 医療・介護関連肺炎診療ガイドライン, 日本呼吸器学会, 2011
9) 日本化学療法学会, 日本TDM学会 : 抗菌薬TDMガイドライン, 2012
P.562 掲載の参考文献
1) 金城福則, 金城渚, 仲本学, 岸本一人, 他 : IBDと紛らわしい腸管感染症 ; 鑑別法を中心に. IBD Research 3 (2) : 115-122, 2009
2) 斉藤裕輔, 垂石正樹, 鈴木聡, 助川龍士, 他 : 感染性腸炎の診断・治療手順. 胃と腸 43 (11) : 1573-1580, 2008
3) 猿田雅之, 田尻久雄 : 院内で発症した下痢・便秘への対応. レジデント 4 (11) : 37-48, 2011
4) 柳秀高 : 感染性下痢で抗菌薬投与はどのような場合に必要か? medicina 43 (13) : 2006-2007, 2006
5) 日本腎臓学会編 : CKD診療ガイド 2012. 日腎会誌 54 (8) : 1031-1189, 2012
P.566 掲載の参考文献
1) 臨床透析ハンドブック 第4版, Daugirdas JT, Blake PG, Ing TS編, pp505-508, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京, 2009
3) Mortazavi M, Seyrafian S, Shahidi S, et al : Pyuria as a screening test for detection of urinary tract infection in patients on long-term hemodialysis. IJKD 5 : 50-52, 2011
4) 高橋聡 : 単純性尿路感染症. 泌尿器科感染症外来 第1版, 吉田修監修, 塚本泰司編, pp24-29, メジカルビュー社, 東京, 2003
6) 渡辺浩志, 川西秀樹 : 泌尿器感染症. 腎と透析 53 (増刊号) : 512-514, 2002
8) 荒川創一 : 泌尿器科感染症. 抗菌薬使用のガイドライン 第1版, 日本感染症学会日本化学療法学会編, pp186-192, 協和企画, 東京, 2006
9) 病原微生物に対する薬剤. 腎機能低下時の薬剤ポケットマニュアル 第2版, 南学正臣編, pp2-32, 中外医学社, 東京, 2011
P.569 掲載の参考文献
1) 日本透析医学会編 : 慢性血液透析用バスキュラーアクセスの作製および修復に関するガイドライン. 透析会誌 44 (9) : 855-937, 2011
2) 平中俊行, 中村順一, 中山祐治 : 人工血管内シャントの感染と対策. 腎と透析59別冊アクセス 2005 : 24-26, 2005
P.574 掲載の参考文献
2) 小児PD研究会 : 小児PD治療マニュアル, http://www.linkclub.or.jp/-pedpdjpn/
3) Warady BA, Scfaefer F, Holloway M, et al : Consensus guidelines for the treatment of peritonitis in pediatric patients receiving peritoneal dialysis. Perit Dial Int 20 : 610-624, 2000
4) Wiggins KJ, Craig JC, Johnson DW, et al : Treatment for peritoneal dialysis-associated peritonitis. The Cochrane Library 4 : 2010
P.578 掲載の参考文献
2) 日本集中治療医学会Sepsis Registry委員会 : 日本版 敗血症診療ガイドライン. 日集中医誌 20 : 124-173, 2013
3) 栗原陽子, 人見重美 : 敗血症. Medical Practice 28 (臨時増刊号) : 346-351, 2011
4) 日本透析医学会統計調査委員会 : わが国の慢性透析療法の現況 (2011年12月31日現在). 透析会誌 46 : 1-76, 2013
5) 岩渕仁, 他 : 血液透析患者に発生した敗血症についての検討. 透析会誌 44 (7) : 617-622, 2011
6) 日本腎臓学会編 : CKD診療ガイド 2012. 日腎会誌 54 (8) : 1031-1189, 2012
P.583 掲載の参考文献
P.587 掲載の参考文献
1) 日本腎臓病薬物療法学会 : 腎機能低下時に最も注意必要な薬剤投与量一覧. http://jsnp.kenkyuukai.jp/information/
2) 磯貝和也, 杉山健太郎, 高橋公太 : 血液透析患者へのバルガンシクロビルの投与例設定に薬剤師が関与した一症例. 医薬ジャーナル 48 (6) : 1541-1546, 2012
3) 本田まり子 : 透析患者の抗ヘルペスウイルス療法の実際. 日透医会誌 25 (2) : 246-252, 2010
P.592 掲載の参考文献
1) 日本透析医会と日本透析医学会新型インフルエンザ対策合同会議 : 透析施設におけるインフルエンザ対策ガイドライン (http://www.ouseki-ikai.or.jp/htm/07_manual/doc/20081208_influenza.pdf)
2) 社団法人日本感染症学会提言 2012-インフルエンザ病院内感染対策の考え方について- (高齢者施設を含めて) 日本感染症学会, (http://www.kansensho.or.jp/influenza/pdf/1208_teigen.pdf) (2012年8月20日)
3) 日本感染症学会新型インフルエンザ対策委員会 : 日本感染症学会提言 2010-01-25 -新規薬剤を含めた抗インフルエンザ薬の使用適応について- 日本感染症学会, (http://www.kansensho.or.jp/topics/pdf/100122soiv_teigen.pdf) (2010年1月25日).
4) 大田敏之 : 本邦小児に頻用される薬物の腎機能低下時の投与量, 投与法. 小児腎臓病学, 日本小児腎臓病学会編, pp445-452, 診断と治療社, 東京, 2012
5) 日本感染症学会 : 新型インフルエンザ診療ガイドライン (第1版), 日本感染症学会, (http://www.kansensho.or.jp/) (2009年9月15日)
P.597 掲載の参考文献
1) 日本透析医会・日本透析医学会HIV感染患者透析医療ガイドライン策定グループ : HIV感染患者透析医療ガイドライン, 2010
2) HIV感染症治療研究会 : HIV感染症治療の手引き 第16版, 2012
3) 平成23年度厚生労働科学研究費補助金エイズ対策研究事業「HIV感染症及びその合併症の課題を克服する研究班」 : 抗HIV治療ガイドライン, 2013
4) Guidelines for the Use of Antiretroviral Agents in HIV-1-infected Adults and Adolescents : Feb 17, 2013 (http://aidsinfo.nih.gov/)
P.601 掲載の参考文献
2) Ben-Ami R, et al : A multinational survey of risk factors for infection with extended-spectrum blactamase-producing enterobacteriaceae in nonhospitalized patients. Clin Infect Dis 42 (7) : 925-934, 2006
3) Tateda K : 109th Scientific Meeting of the Japanese Society of Internal Medicine : symposium : 3. Infectious diseases--recent trend and future issues ; 2) Multiple antibiotic resistant Gram-negative bacterial infections. Nihon Naika Gakkai Zasshi 101 (9) : 2591-2598, 2012
P.604 掲載の参考文献
1) 加藤真史, 絹川常朗 : 結核. 腎移植・血管外科 21 (2) : 137-141, 2009
2) 今田聰雄 : 透析医療と感染症. 治療 84 : 1589-1593, 2002