医療安全に活かすKYT(危険 予知 トレーニング)

出版社: メヂカルフレンド社
著者:
発行日: 2012-06-04
分野: 看護学  >  臨床/成人/老人
ISBN: 9784839214975
電子書籍版: 2012-06-04 (第1版第5刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

2,808 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

2,808 円(税込)

リスク感性を磨くために医療安全教育に最適なKYT教材。さあ、始めよう!KYT―41の看護技術場面を上げて、(1)イラストシート、(2)手順からみるリスク、(3)新人看護師と指導看護師との会話、(4)KYT4ラウンド法によるKYTシートの記入例で展開しています。日常の臨床場面で、どのような危険が潜んでいるか、新人看護師の目線から解き明かしています。

目次

  • 表紙
  • 序文
  • 目次
  • カラーイラストのダウンロード方法
  • [I] 医療安全を学ぶ
  • 医療事故の実際と原因
  • [1] 医療事故に関連する用語
  • [2] 医療事故の実際と発生要因
  • [3] ヒューマンエラーとその発生
  • [4] ヒューマンエラーと医療現場の特性
  • [5] 経験年数と医療事故
  • 医療事故防止のために求められていること
  • [1] ヒューマンエラーをいかに防ぐか
  • [2] 新人看護師のヒヤリ・ハット
  • [3] 勤務経験年数とヒヤリ・ハット
  • [4] 勤務経験年数と事故防止方法
  • [5] 新たなエラー対策に向けて
  • [II] KYT ( 危険予知トレーニング ) とは
  • KYTの発展と医療現場での導入
  • [1] KYTの背景と歴史 ( 他分野 )
  • [2] 医療におけるKYTの意義
  • [3] 新人看護師・看護学生がKYTを学ぶ意義
  • KYTの進め方
  • [1] KYT基礎4ラウンド法の流れ
  • [2] KYT基礎4ラウンド法のポイント
  • [3] KYT基礎4ラウンド法実施への準備
  • [4] KYT基礎4ラウンド法の実際
  • [5] リーダーの役割
  • [6] KYTの継続に向けて
  • [7] インシデント活用KYT
  • [III] さあ、始めよう ! KYT
  • 本書KYTの進め方
  • [1] シーツ交換
  • [2] 寝衣交換
  • [3] 食事介助
  • [4] 経管栄養
  • [5] トイレでの排泄介助
  • [6] ベッド上排泄 ( 便器使用 ) の援助
  • [7] 浣腸
  • [8] 導尿
  • [9] 歩行介助
  • [10] 車いすでの移送
  • [11] ストレッチャーでの移送
  • [12] 体位変換
  • [13] 温罨法 ( 湯たんぽ )
  • [14] 入浴・シャワー介助
  • [15] 全身清拭
  • [16] 洗髪
  • [17] 陰部洗浄
  • [18] 口腔ケア
  • [19] 滅菌ガウン着用の介助
  • [20] 酸素療法
  • [21] 気管吸引
  • [22] 体位ドレナージ
  • [23] 人工呼吸器の作動前点検
  • [24] 褥瘡の予防ケア
  • [25] 創傷処置
  • [26] 医療廃棄物の片づけと処理
  • [27] 配薬準備
  • [28] 筋肉注射
  • [29] 点滴静脈内注射の輸液準備
  • [30] 点滴静脈内注射の管理
  • [31] 輸液ポンプの準備
  • [32] 輸液ポンプ・シリンジポンプの管理
  • [33] 中心静脈カテーテル挿入の介助
  • [34] 胸腔ドレーン管理
  • [35] バイタルサインの測定
  • [36] 気管挿管の介助
  • [37] 静脈血採血と検体の取り扱い
  • [38] 心電図モニター管理
  • [39] MRI検査の準備
  • [40] 検査出棟
  • [41] 除細動器の取り扱い
  • KYTシート
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

[I] 医療安全を学ぶ

P.9 掲載の参考文献
1) 日本病院管理学会監, 濃沼信夫編 : 医療安全用語事典, エルゼビア・ジャパン, 2004, p.95.
2) 中島和江, 児島安司 : ヘルスケア リスクマネジメント, 医学書院, 2000, p.2.
3) 日本医療機能評価機構医療事故防止センター : 医療事故情報収集等事業平成22年年報, 2011, p.6-340.
4) 小松原明哲 : ヒューマンエラー, 丸善, 2003, p.2.
5) 日本医療機能評価機構医療事故防止センター : 医療事故情報収集等事業平成21年年報, 2010, p.8.
6) 河野龍太郎 : 医療におけるヒューマンエラー-なぜ間違える どう防ぐ, 医学書院, 2004, p.61-87.
8) 医薬食品局安全対策課安全使用推進室 : 第17回医薬品・医療機器等対策部会議事録, 2009. http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/08/txt/s0827-2.txt
9) 林喜男 : 人間信頼性工学 ; 人間エラーの防止技術, 海文堂出版, 1984, p.65-100.
10) 山内桂子, 山内隆久 : 医療事故, 朝日新聞社, 2000, p.75-77.
11) 河野龍太郎 : ヒューマンエラーを防ぐ技術, 日本能率協会マネージメントセンター, 2007, p.39-43.
12) 日本看護協会広報部 : 職場における悩み・不満, 2009年 看護職員実態調査, 2010, p.9.
P.14 掲載の参考文献
1) 河野龍太郎 : 医療におけるヒューマンエラー ; なぜ間違える どう防ぐ, 医学書院, 2004, p.61-87.
2) 日本病院管理学会監・濃沼信夫編 : 医療安全用語事典, エルゼビア・ジャパン, 2004, p.95.
3) Reason J : Managing the risks of organizational accident, Ashgate Publishing Limited, 1997. (塩見弘監訳「組織事故」, 日科技連, 1999)
4) 芳賀繁 : ミスをしない人間はいない, 飛鳥新社, 2001, p.198.
5) 兵藤好美, 田中共子 : 新人Nsヒューマンエラー関連要因に関する分析 (1) , 第68回日本心理学会大会発表論文集, 2004, p.233.
6) 兵藤好美, 田中共子 : 日常エラーパターン尺度の開発, 第69回日本心理学会大会発表論文集, 2005, p.190.
7) 兵藤好美, 迫田裕子, 田中共子 : 医療現場で働く看護師のヒヤリハットに影響を与える要因 (2) -共分散構造分析を用いた検討, 第71回日本心理学会大会発表論文集, 2007, p.250.
8) 迫田裕子, 兵藤好美, 田中共子 : 医療現場で働く看護師のヒヤリハットに影響を与える要因 (3) -医療事故回避につながる要因の検討, 第71回日本心理学会大会発表論文集, 2007, p.251.

[II] KYT ( 危険予知トレーニング ) とは

P.20 掲載の参考文献
1) 住友金属工業 : ハイライト安全・衛生への取り組み. http://www.sumitomometals.co.jp/csr/pro-gram/pdf/0113_Highlight.pdf
2) 中央労働災害防止協会編 : 危険予知活動トレーナー必携, 中央労働災害防止協会, 2005, p.103-129.
3) 芳賀繁 : 失敗のメカニズム, 日本出版サービス, 2000, p.170-172.
4) 細川京子 : 危険予知訓練の実施と患者安全文化要因についての考察, 日本看護研究学会雑誌, 33 : 286, 2010.
5) 中村雄二郎 : 臨床の知とは何か, 岩波新書, 1992, p.136.
P.32 掲載の参考文献
1) 中央労働災害防止協会編 : 危険予知訓練, 中央労働災害防止協会, 2003, p.30-63.

最近チェックした商品履歴

Loading...