コンピュータビジョン最先端ガイド 6

書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

2,057 円(税込)

情報処理学会CVIM 研究会では,2006年末からコンピュータビジョン分野における最新理論・アルゴリズムについて,「チュートリアルシリーズ」を企画してきた。本書は,CVIM チュートリアルシリーズ最先端ガイド第6弾として,CVIM 研究会で行われた講演内容に加筆修正し,最新の内容として4章構成でまとめたものである。この第6弾では,数理的手法をコンピュータビジョン分野に利用し,新たな可能性を開拓していることで近年話題となっている方法論についてスポットを当てた。

目次

  • コンピュータビジョン最先端ガイド 6

    ―目次―

    第1章 微分位相特徴に基づくボリュームイメージング
     1.まえがき
     2.微分位相特徴強調型ボリュームレンダリング
     3.多次元伝達関数設計
     4.あとがき

    第2章 幾何学的推定のための最適化手法:最小化を越えて
     1.はじめに
     2.背景
     3、最小化に基づく方法
     4.最小化に基づかない方法
     5.実験例
     6.まとめ

    第3章 スパース表現の数理とその応用
     1.はじめに
     2.画像の生成モデル
     3.スパースコーディングの定式化
     4.行列分解としての理解
     5.確率モデルとしての理解
     6.スパースコーディングのための係数選択手法
     7.スパースコーディングのための基底学習手法
     8.画像処理への応用
     9. 終わりに

    第4章 ディープラーニング
     1.はじめに
     2.ネットワークのアーキテクチャ
     3 多層NNの教師なし学習
     4.生成モデルに対するディープラーニング
     5.ソフトウェア
     10.おわりに

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...