動物行動の分子生物学

出版社: 裳華房
著者:
発行日: 2014-07-20
分野: 基礎・関連科学  >  生物/分子生物
ISBN: 9784785358587
電子書籍版: 2014-07-20 (ver.1.0)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

2,640 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

2,640 円(税込)

商品紹介

動物行動について,分子レベルではどのような研究が進み,今後どのような発展が期待されているのだろうか.本書は線虫,ショウジョウバエ,小型魚類,マウス,ミツバチを題材に,それぞれの動物の行動を生み出す脳や神経系ではたらく分子(遺伝子やRNA,タンパク質)が調べられた研究成果に焦点を当てて解説した.

目次

  • 動物行動の分子生物学

    ―目次―

    1.多彩な動物行動と,遺伝子レベルの研究
     1.1 問題はどこに
     1.2 動物行動学の開祖
     1.3 本書の目的と構成

    2.線虫の行動分子遺伝学
     2.1 モデル生物としての特徴
     2.2 線虫の感覚系
     2.3 線虫の神経系
     2.4 線虫が示すさまざまな行動
     2.5 化学物質に対する応答
     2.6 化学走性における順応
     2.7 化学走性における記憶と学習
     2.8 接触に対する応答
     2.9 侵害刺激に対する応答
     2.10 温度に対する応答
     2.11 温度記憶を担う神経機構
     2.12 光や電気に対する応答
     2.13 線虫の社会性
     2.14 雄の線虫が示す配偶行動

    3.ショウジョウバエの行動分子遺伝学
     3.1 モデル生物としての特徴
     3.2 行動遺伝学のモデル生物としてのショウジョウバエ
     3.3 ショウジョウバエの感覚系
     3.4 ショウジョウバエの脳
     3.5 化学受容の分子機構
     3.6 TRP チャネルの多様な機能
     3.7 非連合学習
     3.8 匂いの連合学習と記憶
     3.9 配偶行動を制御する分子機構
     3.10 二酸化炭素に対する逃避行動の制御
     3.11 概日リズム
     3.12 ショウジョウバエの睡眠と覚醒

    4.小型魚類(ゼブラフィッシュとメダカ)の行動分子遺伝学
     4.1 モデル生物としての特徴・歴史
     4.2 行動遺伝学のモデル生物としての小型魚類
     4.3 ゼブラフィッシュ胚および稚魚の遊泳運動
     4.4 ゼブラフィッシュ稚魚の視覚行動
     4.5 ゼブラフィッシュ稚魚の聴覚行動
     4.6 ゼブラフィッシュ成体を対象にした行動分子遺伝学
     4.7 メダカの社会性行動

    5.マウスの行動分子遺伝学
     −オプトジェネティクスによる神経科学の急展開−
     5.1 モデル動物としての特徴
     5.2 オプトジェネティクスの誕生
     5.3 オプトジェネティクスの発展
     5.4 記憶・学習行動への利用
     5.5 情動行動への利用
     5.6 精神疾患の神経基盤の解析へ
     5.7 オプトジェネティクス研究の今後の課題

    6.社会性昆虫ミツバチの行動分子生物学
     6.1 ミツバチの生活史
     6.2 ダンスコミュニケーション
     6.3 ミツバチの脳とキノコ体
     6.4 哺乳類の脳機能局在論とミツバチでの研究戦略
     6.5 ミツバチの脳領野選択的に発現する遺伝子
     6.6 働きバチの分業を制御する内分泌系
     6.7 視葉選択的に発現する遺伝子の検索と,
    「中間型」ケニヨン細胞の発見
     6.8 初期応答遺伝子を用いたミツバチの脳領野の役割解析
     6.9 ニホンミツバチの熱殺蜂球形成行動時に活動する脳領野
     6.10 ミツバチ脳に発現する非翻訳性RNA
     6.11 他昆虫の行動制御にはたらく遺伝子のミツバチでの解析
     6.12 本章のまとめ

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

参考文献・引用文献

P.164 掲載の参考文献
千葉県立中央博物館監修 (2004)『あっ! ハチがいる!』晶文社.
ハリディ, T. R. & スレイター, P. J. B. 著 (浅野俊夫他訳) (1998)『動物コミュニケーション』西村書店.
石田寿老他共著 (1972) 『現代動物学』裳華房.
石川統他編集 (2010) 『生物学辞典』東京化学同人.
伊藤嘉昭 (2006) 『新版 動物の社会』東海大学出版会.
ジャン・アンリ・ファーブル (山田吉彦・林達夫訳) (1993) 『ファーブル昆虫記』岩波書店.
桑原万寿太郎 (1989) 『動物の本能』岩波書店.
松本忠夫・長谷川寿一/ (財)遺伝学普及会編 (2003) "動物の社会行動" 生物の科学 遺伝 別冊No.16 裳華房.
コンラート・ローレンツ (日高敏隆訳) (1998) 『ソロモンの指輪』ハヤカワ文庫.
上田恵介他 編集 (2013) 『行動生物学辞典』東京化学同人.
エドワード・O・ウィルソン (伊藤嘉昭 日本語訳監修) (1999) 『社会生物学』新思索社.
Kandel, E. (2000) "Principles of Neural Science" 4th Ed., McGraw-Hill Medical.
Saeki, S. et al. (2001) J. Exp. Biol., 204 : 1757-1764.
富岡征大 (2011) 比較生理生化学, 28 : 231-239.
White, J. G. et al. (1986) Phil. Trans. R. Soc. Lond. B, 314 : 1-340.
Dudai, Y. et al. (1976) Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 73 : 1684-1688.
Granzman, D. L. (2011) Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 108 : 14711-14712.
Inagaki, K. H. et al. (2010) Nat. Protoc., 5 : 20-25.
上川内あづさ他 (2009) 蛋白質 核酸 酵素, 54 : 1817-1826.
Nitz, D. A. et al. (2002) Curr. Biol., 12 : 1934-1940.
Sayeed, O., Benzer, S. (1996) Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 93 : 6079-6084.
Brown, C. et al. eds. (2006) "Fish Cognition and Behavior" Blackwell Publishing, Oxford.
Ebbesson, S. O. E. ed. (2013) "Comparative Neurology of the Telencephalon" Springer.
Frisch, K. V. (1941) Zeitschr. vergleich. Physiol., 29 : 46-145.
伊藤博信 (2002) 『魚類のニューロサイエンス』植松一眞・岡良隆・伊藤博信 編, 恒星社厚生閣, p.1-8.
川人光男 (1996) 『脳の計算理論』産業図書.
Mullins, M. C. et al. (1994) Curr. Biol., 4 : 189-202.
O'Connell, L. A., Hofmann, H. A. (2011) J.Comp. Neurol., 519 : 3599-3639.
岡本仁 (2008) 『脳の発生と発達』岡本仁編, 東京大学出版会, p.5-38.
神取秀樹他共著 (2013)『オプトジェネティクス』エヌ・ティー・エス.
松崎政紀 (2012) 化学と生物, 50 : 406-413.
Yizhar, O. et al. (2011a) Neuron, 71 : 9-34.
Yizhar, O. et al. (2011b) Nature, 477 : 171-178.
Ben-Shahar, Y. et al. (2002) Science, 296 : 742-744.
Eisenhardt, D. et al. (2001) Insect Mol. Biol., 10 : 173-183.
Frisch, K. von (内田亨訳) (1970) 『ミツバチの不思議』法政大学出版局.
Frisch, K. von (伊藤智夫訳) (1978) 『ミツバチを追って』法政大学出版局.
Frisch, K. von (桑原万寿太郎訳) (1997) 『ミツバチの生活から』 (第10版) ちくま学芸文庫.
Gilbert, S. F. (2013) "Developmental Biology" 10th Ed., Sinauer Associates, Inc., Sunderland, Massachusetts.
Hammer, M., Menzel, R. (1998) Learn. Mem., 5 : 146-156.
Hartfelder, K. et al. (2002) Insect Biochem. Mol. Biol., 32 : 211-216.
Hori, S. et al. (2010) Apidologie, 42 : 89-102.
Kamikouchi, A. et al. (1998) Biochem. Biophys. Res. Commun., 242 : 181-186.
Kandel, E. R. et al. (1995) "Essentials of Neural Science and Behavior" Kandel, E. R. et al. eds., Appleton & Lange, p.633-650.
久保健雄他 (1996) 化学と生物, 34 : 793-798.
久保健雄他 (2000) 蛋白質 核酸 酵素, 45 : 1229-1236.
久保健雄 (2003) 生物の科学 遺伝, 別冊 No.16 : 34-42.
Kubo, T. (2003) "Genes, Behaviors and Evolution of Social Insects" Kikuchi, T. et al. eds., Hokkaido University Press, p.3-20.
久保健雄 (2007) 『行動とコミュニケーション』岡良隆・蟻川謙太郎共編, 培風館, p.8-36.
松本忠夫 (1993) 『社会性昆虫の進化生態学』松本忠夫・東正剛共編, 海游舎, p.1-14.
Mellon, S. H. et al. (2001) Brain Res. Brain Res. Rev., 37 : 3-12.
Mobbs, P. G. (1985) "Comprehensive Insect Physiology, Biochemistry and Pharmacology" Kerkut, G. A., Gilbert L. I. eds., Pergamon, Oxford, p.299-370.
Park, J.-M. et al. (2002) Bichem. Biophys. Res. Commun., 291 : 23-28.
Rabi, W. A. (1975) Adv. Anat. Embryol. Cell Biol., 50 : 1-43.
Rabi, W. A. (1976) Cell Tissue Res., 171 : 359-373.
Rabi, W. A. (1981) Cell Tissue Res., 215 : 443-464.
Rachinsky, A. et al. (1990) Gen. Comp. Endocrinol., 79 : 31-38.
Rybak, J., Menzel, R. (1998) Learn. Mem., 5 : 133-145.
酒井哲夫編著 (1992) 『ミツバチのはなし』技報堂出版.
坂上昭一 (1983) 『ミツバチの世界』岩波新書.
Sarma, M. S. et al. (2007) BMC Genomics, 8 : 202.
Sasagawa, H. et al. (1989) Appl. Entomol. Zool., 24 : 66-77.
Seeley, T. D. (1995) "The Wisdom of the Hive" Harvard University Press, Cambridge.
Silva, A. J. et al. (1992a) Science, 257 : 201-206.
Silva, A. J. et al. (1992b) Science, 257 : 206-211.
Strausfeld, N. J. et al. (2002) Lean. Mem., 5 : 11-37.
Sullivan, J. P. et al. (1999) Hormones Behavior, 37 : 1-14.
Takeuchi, H. et al. (2001) Insect Mol. Boil., 10 : 487-494.
Takeuchi, H. et al. (2002) FEBS Lett., 513 : 230-234.
Takeuchi, H. et al. (2003) Insect Mol. Biol., 12 : 291-298.
Tautz, J. (丸野内棣訳) (2010) 『ミツバチの世界』丸善.
Toma, D. P. et al. (2000) Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 97 : 6914-6919.
Velarde, R. A. et al. (2006) Insect Mol. Biol., 14 : 9-15.
Winston, M. L. (1986) "The Biology of the Honeybee" Harvard University Press, Cambridge.

最近チェックした商品履歴

Loading...