現代漢方医学

出版社: 医薬出版
著者:
発行日: 2014-07-31
分野: 臨床医学:一般  >  東洋医学
ISBN: 9784990673918
電子書籍版: 2014-07-31 (初版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

4,320 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

3,024 円(税込)

目次

  • 表紙
  • まえがき
  • 目次
  • 第1章 漢方診断学
  • 【1】 はじめに
  • 【2】 四診と弁証論治
  • 【3】 八綱弁証
  • (1) 実証と虚証
  • (2) 表証と裏証
  • (3) 熱証と寒証
  • (4) 陰証と陽証
  • 【4】 六淫七情と病邪弁証
  • 【5】 病期の分類と六経弁証
  • (1) 太陽病
  • (2) 少陽病
  • (3) 陽明病
  • (4) 太陰病
  • (5) 少陰病
  • (6) 厥陰病
  • 【6】 陰陽五行説と臓腑弁証
  • (1) 心
  • (2) 肺
  • (3) 脾
  • (4) 肝
  • (5) 腎
  • (6) 三焦
  • 【7】 気・血・水 (津液) 弁証
  • (1) 気
  • (2) 血
  • (3) 水 (津液)
  • 【8】 経絡と鍼灸療法
  • 【9】 漢方薬処方の実際
  • (1) 発汗法
  • (2) 清熱法
  • (3) 吐法
  • (4) 消散法
  • (5) 瀉下法
  • (6) 温裏法
  • (7) 補益法
  • (8) 和解法
  • 【10】 漢方薬の副作用
  • 第2-1章 皮膚疾患の漢方治療
  • 【1】 漢方医学の皮膚病治療
  • 【2】 急性蕁麻疹
  • 【3】 慢性蕁麻疹
  • 【4】 急性湿疹 (急性皮膚炎)
  • 【5】 慢性湿疹 (慢性皮膚炎)
  • 【6】 乳児期のアトピー性皮膚炎
  • 【7】 幼児期のアトピー性皮膚炎
  • 【8】 成人期のアトピー性皮膚炎
  • 【9】 にきび
  • 【10】 化膿性皮膚疾患
  • 【11】 創傷治癒と肉芽形成
  • 【12】 円形脱毛症
  • 【13】 進行性指掌角皮症
  • 【14】 しもやけ
  • 第2-2章 精神神経疾患の漢方治療
  • 【1】 急性の頭痛
  • 【2】 慢性の緊張型頭痛
  • 【3】 虚証用の頭痛薬
  • 【4】 片頭痛
  • 【5】 漢方医学からみたうつ病
  • 【6】 うつ病に用いられる漢方薬
  • 【7】 神経症と心身症
  • 【8】 神経症の漢方治療
  • 【9】 高血圧性脳出血の治療
  • 【10】 脳梗塞の治療
  • 【11】 認知症 (痴呆症)
  • 第2-3章 運動器疾患の漢方治療
  • 【1】 疼痛の漢方治療
  • 【2】 腰痛・坐骨神経痛
  • 【3】 変形性膝関節症
  • 【4】 肩こり
  • 【5】 五十肩
  • 【6】 急性期の慢性関節リウマチ
  • 【7】 慢性期の慢性関節リウマチ
  • 第2-4章 呼吸器・耳鼻咽喉頭疾患の漢方治療
  • 【1】 発熱と悪寒のメカニズム
  • 【2】 急性期の感冒治療
  • 【3】 高齢者, 虚弱者の感冒治療
  • 【4】 亜急性期, 遷延性の感冒治療
  • 【5】 急性気管支炎
  • 【6】 慢性気管支炎
  • 【7】 気管支喘息
  • 【8】 花粉症
  • 【9】 慢性副鼻腔炎
  • 【10】 咽頭炎と扁桃炎
  • 【11】 耳鳴と中耳炎
  • 【12】 めまいのメカニズム
  • 【13】 浮動感のめまい
  • 【14】 回転性のめまい
  • 第2-5章 産婦人科疾患の漢方治療
  • 【1】 冷え症の原因
  • 【2】 冷え症の治療
  • 【3】 生理不順のメカニズム
  • 【4】 生理不順の治療
  • 【5】 月経困難症と子宮内膜症とは
  • 【6】 月経困難症と子宮内膜症の治療
  • 【7】 子宮筋腫と月経前緊張症
  • 【8】 更年期障害の原因と症状
  • 【9】 更年期障害の治療
  • 【10】 不妊症のメカニズム
  • 【11】 排卵障害の治療
  • 【12】 不妊症の随証治療
  • 【13】 漢方医学からみた妊娠
  • 【14】 妊娠中の漢方治療
  • 【15】 産褥期の漢方治療
  • 第2-6章 消化器疾患の漢方治療
  • 【1】 食欲不振
  • 【2】 悪心嘔吐
  • 【3】 胸やけ
  • 【4】 腹痛
  • 【5】 胃炎と消化性潰瘍の病態
  • 【6】 慢性胃炎
  • 【7】 消化性潰瘍
  • 【8】 熱実証の便秘
  • 【9】 寒虚証の便秘
  • 【10】 他症状を伴う便秘
  • 【11】 急性胃腸炎の水様性下痢
  • 【12】 過敏性腸症候群
  • 【13】 陰虚証の下痢
  • 【14】 肝炎の活動性の抑制
  • 【15】 慢性肝炎
  • 【16】 胆道疾患と膵炎
  • 第2-7章 腎泌尿器疾患の漢方治療
  • 【1】 老化と腎虚
  • 【2】 主な地黄剤
  • 【3】 前立腺肥大症
  • 【4】 尿失禁
  • 【5】 膀胱炎
  • 【6】 尿路結石
  • 【7】 性機能障害
  • 【8】 急性糸球体腎炎
  • 【9】 慢性糸球体腎炎
  • 【10】 無症候性血尿・蛋白尿
  • 【11】 糖尿病性腎症
  • 【12】 ネフローゼ症候群
  • 第2-8章 小児疾患・生活習慣病の漢方治療
  • 【1】 小児の特徴と頻用方剤
  • 【2】 起立性調節障害
  • 【3】 夜泣きと夜驚症
  • 【4】 夜尿症
  • 【5】 小児の呼吸器疾患
  • 【6】 老化と漢方医学
  • 【7】 高齢者の頻用方剤
  • 【8】 高血圧
  • 【9】 低血圧
  • 【10】 糖尿病
  • 【11】 肥満症
  • 【12】 やせ症
  • 【13】 脂質異常症 (高脂血症)
  • 【14】 悪性腫瘍
  • 【15】 動悸と不整脈
  • 【16】 甲状腺機能障害
  • 第3章 漢方薬の方剤解説と最新知見
  • 【1】 葛根湯 (かっこんとう)
  • 【2】 葛根湯加川きゅう辛夷 (かっこんとうかせんきゅうしんい)
  • 【3】 乙字湯 (おつじとう)
  • 【5】 安中散 (あんちゅうさん)
  • 【6】 十味敗毒湯 (じゅうみはいどくとう)
  • 【7】 八味地黄丸 (はちみじおうがん)
  • 【8】 大柴胡湯 (だいさいことう)
  • 【9】 小柴胡湯 (しょうさいことう)
  • 【10】 柴胡桂枝湯 (さいこけいしとう)
  • 【11】 柴胡桂枝乾姜湯 (さいこけいしかんきょうとう)
  • 【12】 柴胡加竜骨牡蠣湯 (さいこかりゅうこつぼれいとう)
  • 【14】 半夏瀉心湯 (はんげしゃしんとう)
  • 【15】 黄連解毒湯 (おうれんげどくとう)
  • 【16】 半夏厚朴湯 (はんげこうぼくとう)
  • 【17】 五苓散 (ごれいさん)
  • 【18】 桂枝加朮附湯 (けいしかじゅつぶとう)
  • 【19】 小青竜湯 (しょうせいりゅうとう)
  • 【20】 防已黄耆湯 (ぼういおうぎとう)
  • 【21】 小半夏加茯苓湯 (しょうはんげかぶくりょうとう)
  • 【22】 消風散 (しょうふうさん)
  • 【23】 当帰芍薬散 (とうきしゃくやくさん)
  • 【24】 加味逍遙散 (かみしょうようさん)
  • 【25】 桂枝茯苓丸 (けいしぶくりょうがん)
  • 【26】 桂枝加竜骨牡蠣湯 (けいしかりゅうこつぼれいとう)
  • 【27】 麻黄湯 (まおうとう)
  • 【28】 越婢加朮湯 (えっぴかじゅつとう)
  • 【29】 麦門冬湯 (ばくもんどうとう)
  • 【30】 真武湯 (しんぶとう)
  • 【31】 呉茱萸湯 (ごしゅゆとう)
  • 【32】 人参湯 (にんじんとう)
  • 【33】 大黄牡丹皮湯 (だいおうぼたんぴとう)
  • 【34】 白虎加人参湯 (びゃっこかにんじんとう)
  • 【35】 四逆散 (しぎゃくさん)
  • 【36】 木防已湯 (もくぼういとう)
  • 【37】 半夏白朮天麻湯 (はんげびゃくじゅつてんまとう)
  • 【38】 当帰四逆加呉茱萸生姜湯 (とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)
  • 【39】 苓桂朮甘湯 (りょうけいじゅつかんとう)
  • 【40】 猪苓湯 (ちょれいとう)
  • 【41】 補中益気湯 (ほちゅうえっきとう)
  • 【43】 六君子湯 (りっくんしとう)
  • 【45】 桂枝湯 (けいしとう)
  • 【46】 七物降下湯 (しちもつこうかとう)
  • 【47】 釣藤散 (ちょうとうさん)
  • 【48】 十全大補湯 (じゅうぜんだいほとう)
  • 【50】 荊芥連翹湯 (けいがいれんぎょうとう)
  • 【51】 潤腸湯 (じゅんちょうとう)
  • 【52】 よく苡仁湯 (よくいにんとう)
  • 【53】 疎経活血湯 (そけいかっけつとう)
  • 【54】 抑肝散 (よくかんさん)
  • 【55】 麻杏甘石湯 (まきょうかんせきとう)
  • 【56】 五淋散 (ごりんさん)
  • 【57】 温清飲 (うんせいいん)
  • 【58】 清上防風湯 (せいじょうぼうふうとう)
  • 【59】 治頭瘡一方 (ぢづそういっぽう)
  • 【60】 桂枝加芍薬湯 (けいしかしゃくやくとう)
  • 【61】 桃核承気湯 (とうかくじょうきとう)
  • 【62】 防風通聖散 (ぼうふうつうしょうさん)
  • 【63】 五積散 (ごしゃくさん)
  • 【64】 灸甘草湯 (しゃかんぞうとう)
  • 【65】 帰脾湯 (きひとう)
  • 【66】 参蘇飲 (じんそいん)
  • 【67】 女神散 (にょしんさん)
  • 【68】 芍薬甘草湯 (しゃくやくかんぞうとう)
  • 【69】 茯苓飲 (ぶくりょういん)
  • 【70】 香蘇散 (こうそさん)
  • 【71】 四物湯 (しもつとう)
  • 【72】 甘麦大棗湯 (かんばくたいそうとう)
  • 【73】 柴陥湯 (さいかんとう)
  • 【74】 調胃承気湯 (ちょういじょうきとう)
  • 【75】 四君子湯 (しくんしとう)
  • 【76】 竜胆瀉肝湯 (りゅうたんしゃかんとう)
  • 【77】 きゅう帰膠艾湯 (きゅうききょうがいとう)
  • 【78】 麻杏よく甘湯 (まきょうよくかんとう)
  • 【79】 平胃散 (へいいさん)
  • 【80】 柴胡清肝湯 (さいこせいかんとう)
  • 【81】 二陳湯 (にちんとう)
  • 【82】 桂枝人参湯 (けいしにんじんとう)
  • 【83】 抑肝散加陳皮半夏 (よくかんさんかちんぴはんげ)
  • 【84】 大黄甘草湯 (だいおうかんぞうとう)
  • 【85】 神秘湯 (しんぴとう)
  • 【86】 当帰飲子 (とうきいんし)
  • 【87】 六味丸 (ろくみがん)
  • 【88】 二朮湯 (にじゅつとう)
  • 【89】 治打撲一方 (ぢだぼくいっぽう)
  • 【90】 清肺湯 (せいはいとう)
  • 【91】 竹茹温胆湯 (ちくじょうんたんとう)
  • 【92】 滋陰至宝湯 (じいんしほうとう)
  • 【93】 滋陰降火湯 (じいんこうかとう)
  • 【95】 五虎湯 (ごことう)
  • 【96】 柴朴湯 (さいぼくとう)
  • 【97】 大防風湯 (だいぼうふうとう)
  • 【98】 黄耆建中湯 (おうぎけんちゅうとう)
  • 【99】 小建中湯 (しょうけんちゅうとう)
  • 【100】 大建中湯 (だいけんちゅうとう)
  • 【101】 升麻葛根湯 (しょうまかっこんとう)
  • 【102】 当帰湯 (とうきとう)
  • 【103】 酸棗仁湯 (さんそうにんとう)
  • 【104】 辛夷清肺湯 (しんいせいはいとう)
  • 【105】 通導散 (つうどうさん)
  • 【106】 温経湯 (うんけいとう)
  • 【107】 牛車腎気丸 (こしゃじんきがん)
  • 【108】 人参養栄湯 (にんじんようえいとう)
  • 【109】 小柴胡湯加桔梗石膏 (しょうさいことうかききょうせっこう)
  • 【110】 立効散 (りっこうさん)
  • 【111】 清心蓮子飲 (せいしんれんしいん)
  • 【112】 猪苓湯合四物湯 (ちょれいとうごうしもつとう)
  • 【113】 三黄瀉心湯 (さんおうしゃしんとう)
  • 【114】 柴苓湯 (さいれいとう)
  • 【115】 胃苓湯 (いれいとう)
  • 【116】 茯苓飲合半夏厚朴湯 (ぶくりょういんこうはんげこうぼくとう)
  • 【117】 茵ちん五苓散 (いんちんごれいさん)
  • 【118】 苓姜朮甘湯 (りょうきょうじゅっかんとう)
  • 【119】 苓甘姜味辛夏仁湯 (りょうかんきょうみしんげにんとう)
  • 【120】 黄連湯 (おうれんとう)
  • 【121】 三物黄苓湯 (さんもつおうごんとう)
  • 【122】 排膿散及湯 (はいのうさんきゅうとう)
  • 【123】 当帰建中湯 (とうきけんちゅうとう)
  • 【124】 川きゅう茶調散 (せんきゅうちゃちょうさん)
  • 【125】 桂枝茯苓丸加よく苡仁 (けいしぶくりょうがんかよくいにん)
  • 【126】 麻子仁丸 (ましにんがん)
  • 【127】 麻黄附子細辛湯 (まおうぶしさいしんとう)
  • 【128】 啓脾湯 (けいひとう)
  • 【133】 大承気湯 (だいじょうきとう)
  • 【134】 桂枝加芍薬大黄湯 (けいしかしゃくやくだいおうとう)
  • 【135】 茵ちん蒿湯 (いんちんこうとう)
  • 【136】 清暑益気湯 (せいしょえっきとう)
  • 【137】 加味帰脾湯 (かみきひとう)
  • 【138】 桔梗湯 (ききょうとう)
  • 【311】 九味檳榔湯 (くみびんろうとう)
  • 【314】 梔子柏皮湯 (ししはくひとう)
  • 【320】 腸癰湯 (ちょうようとう)
  • 【501】 紫雲膏 (しうんこう)
  • 第4章 漢方薬の生薬解説と最新知見
  • 【はじめに】
  • 【1】 阿膠 (あきょう)
  • 【2】 威霊仙 (いれいせん)
  • 【3】 茵ちん蒿 (いんちんこう)
  • 【4】 茴香 (ういきょう)
  • 【5】 烏頭 (うず)
  • 【6】 烏薬 (うやく)
  • 【7】 延胡索 (えんごさく)
  • 【8】 黄耆 (おうぎ)
  • 【9】 黄ごん (おうごん)
  • 【10】 黄柏 (おうばく)
  • 【11】 黄連 (おうれん)
  • 【12】 遠志 (おんじ)
  • 【13】 艾葉 (がいよう)
  • 【14】 何首烏 (かしゅう)
  • 【15】 葛根 (かっこん)
  • 【16】 滑石 (かっせき)
  • 【17】 瓜呂根 (かろこん) , か楼根 (かろこん)
  • 【18】 瓜呂仁 (かろにん)
  • 【19】 乾姜 (かんきょう)
  • 【20】 甘草 (かんぞう)
  • 【21】 桔梗 (ききょう)
  • 【22】 菊花 (きくか)
  • 【23】 枳実 (きじつ)
  • 【24】 きょう活 (きょうかつ)
  • 【25】 杏仁 (きょうにん)
  • 【26】 苦参 (くじん)
  • 【27】 荊芥 (けいがい)
  • 【28】 桂枝 (けいし), 桂皮 (けいひ)
  • 【29】 膠飴 (こうい)
  • 【30】 紅花 (こうか)
  • 【31】 香附子 (こうぶし)
  • 【32】 糠米 (こうべい)
  • 【33】 厚朴 (こうぼく)
  • 【34】 牛膝 (ごしつ)
  • 【35】 呉茱萸 (ごしゅゆ)
  • 【36】 牛蒡子 (ごぼうし)
  • 【37】 胡麻 (ごま)
  • 【38】 五味子 (ごみし)
  • 【39】 柴胡 (さいこ)
  • 【40】 細辛 (さいしん)
  • 【41】 山ざ子 (さんざし)
  • 【42】 山梔子 (さんしし)
  • 【43】 山茱萸 (さんしゅゆ)
  • 【44】 山椒 (さんしょう), 蜀椒 (しょくしょう)
  • 【45】 酸棗仁 (さんそうにん)
  • 【46】 山薬 (さんやく)
  • 【47】 地黄 (じおう)
  • 【48】 地骨皮 (じこっぴ)
  • 【49】 紫根 (しこん)
  • 【50】 疾梨子 (しつりし), 疾黎子 (しつりし)
  • 【51】 炙甘草 (しゃかんぞう)
  • 【52】 芍薬 (しゃくやく)
  • 【53】 車前子 (しゃぜんし)
  • 【54】 縮砂 (しゅくしゃ)
  • 【55】 生姜 (しょうきょう)
  • 【56】 小麦 (しょうばく)
  • 【57】 升麻 (しょうま)
  • 【58】 辛夷 (しんい)
  • 【59】 石膏 (せっこう)
  • 【60】 川きゅう (せんきゅう)
  • 【61】 前胡 (ぜんこ)
  • 【62】 川骨 (せんこつ)
  • 【64】 蒼朮 (そうじゅつ)
  • 【65】 桑白皮 (そうはくひ)
  • 【66】 蘇木 (そぼく)
  • 【67】 蘇葉 (そよう), 紫蘇葉 (しそよう)
  • 【68】 大黄 (だいおう)
  • 【69】 大棗 (たいそう)
  • 【70】 沢瀉 (たくしゃ)
  • 【71】 竹茹 (ちくじょ)
  • 【72】 知母 (ちも)
  • 【73】 丁香 (ちょうこう), 丁子 (字) (ちょうじ)
  • 【74】 釣藤鈎 (ちょうとうこう)
  • 【75】 猪苓 (ちょれい)
  • 【76】 陳皮 (ちんぴ)
  • 【77】 天南星 (てんなんしょう)
  • 【78】 天麻 (てんま)
  • 【79】 天門冬 (てんもんどう)
  • 【80】 冬瓜子 (とうがし)
  • 【81】 当帰 (とうき)
  • 【82】 桃仁 (とうにん)
  • 【83】 独活 (どくかつ)
  • 【84】 杜仲 (とちゅう)
  • 【85】 人参 (にんじん)
  • 【86】 忍冬 (にんどう)
  • 【87】 貝母 (ばいも)
  • 【88】 麦芽 (ばくが)
  • 【89】 麦門冬 (ばくもんどう)
  • 【90】 薄荷 (はっか)
  • 【91】 半夏 (はんげ)
  • 【92】 百合 (びゃくごう)
  • 【93】 百し (びゃくし)
  • 【94】 白朮 (びゃくじゅつ)
  • 【95】 枇杷葉 (びわよう)
  • 【96】 檳榔子 (びんろうじ)
  • 【97】 茯苓 (ぶくりょう)
  • 【98】 附子 (ぶし)
  • 【99】 防己 (ぼうい)
  • 【100】 芒硝 (ぼうしょう)
  • 【101】 防風 (ぼうふう)
  • 【102】 牡丹皮 (ぼたんぴ)
  • 【103】 牡蠣 (ぼれい)
  • 【104】 麻黄 (まおう)
  • 【105】 麻子仁 (ましにん)
  • 【106】 木通 (もくつう)
  • 【107】 木香 (もっこう)
  • 【108】 益母草 (やくもそう)
  • 【109】 慧苡仁 (よくいにん)
  • 【110】 竜眼肉 (りゅうがんにく)
  • 【111】 竜骨 (りゅうこつ)
  • 【112】 竜胆 (りゅうたん)
  • 【113】 良姜 (りょうきょう)
  • 【114】 連翹 (れんぎょう)
  • 【115】 蓮肉 (れんにく)
  • 第5章 漢方医学の歴史
  • 【1】 神農本草経と黄帝内経
  • 【2】 扁鵲と淳于意
  • 【3】 張仲景と傷寒論
  • 【4】 華佗と麻沸散
  • 【5】 奈良平安の日本医学と医心方
  • 【6】 鎌倉時代の医学と金元医学
  • 【7】 曲直瀬道三と後世派
  • 【8】 古方派の勃興
  • 【9】 吉益東洞と万病一毒説
  • 【10】 折衷派と考証医学
  • 【11】 明治維新から現代まで
  • 【12】 現代中医学と世界の動向
  • 第6章 近代日本医学史
  • 【1】 はじめに
  • 【2】 ヨーロッパ医学の発達
  • 【3】 ザビエルの来日と南蛮流外科
  • 【4】 紅毛流外科と山脇東洋
  • 【5】 蛮書解禁令と杉田玄白
  • 【6】 前野良沢と解体新書
  • 【7】 華岡青洲と通仙散 (麻沸湯)
  • 【8】 シーボルトと鳴滝塾
  • 【9】 シーボルト事件と日本博物誌
  • 【10】 松本良順とポンペの来日
  • 【11】 長崎養生所とポンペの帰国
  • 【12】 ドイツ医学の採用とお雇い外国人による医学教育
  • 【13】 森鴎外と脚気論争
  • 【14】 北里柴三郎とコッホ
  • 【15】 志賀潔とエールリッヒ
  • 【16】 秦佐八郎とサルバルサン
  • 【17】 英雄, 野口英世の生涯
  • 第7章 上海中医薬大学留学記
  • 【1】 はじめに
  • 【2】 留学に至るまでの経緯
  • 【3】 曙光医院での研修内容
  • 【4】 中医学による肝炎の治療
  • 【5】 外来診療の実際
  • 【6】 中国の医学教育と医療の実情
  • 【7】 現代中西医結合医療と日本の東洋医学
  • 【8】 上海の現状と中国の展望
  • 【9】 国際教育学院と日本からの留学の方法
  • 【10】 書籍, 薬品の購入の仕方
  • 第8章 中国語の医学論文
  • 【1】 MRIを用いた実験的脳梗塞に対する抗浮腫薬の薬効評価
  • 【2】 当帰芍薬散の投与により経過良好であった急性視床性痴呆の1例
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

第3章 漢方薬の方剤解説と最新知見

P.135 掲載の参考文献
1) 白木広康 : インフルエンザ治療のための漢方薬の作用機構, 葛根湯の作用機序. 医学のあゆみ, 202 : 414-418, 2002
2) 首藤孝夫, 織部和宏 : 葛根湯の肩こりに対するEBMを検証する. 漢方療法, 7 : 52-58, 2003
3) 西田光宏, 田口智英, 小山尚俊ら : 小児の遷延する膿性鼻漏に対する葛根湯加川弓辛夷の効果. 漢方医学, 29 : 175-177, 2005
4) Takeshitaka Kei, Saisho Yoshifumi, Kitamura Kumi et al. : Pmeumonitis induced by Ougon, Internal Med., 40 : 764-768, 2001
5) 吉村耕治, 寺井章人, 荒井陽一 : 前立腺肥大症に対する八味地黄丸少量2週間投与の治療成績. 泌尿器科紀要, 49 : 509-514, 2003
6) 彰一祐, 福井光峰, 堀内智英ら : ストレプトゾトシン誘発糖尿病ラットにおける八味地黄丸の効果. 和漢医薬, 20 : 38-43, 2003
7) 谷垣礼子, 末岡 浩, 田島博人ら : 造精機能障害モデルマウスにおける分化因子の動向と漢方薬の劇的効果. 産婦人科漢方研究, 20 : 83-88, 2003
P.142 掲載の参考文献
1) Tsunakawa M., Shimada T., Suzuki W. et al. : 自然発症性肥満「型糖尿病マウスにおける代謝異常に及ぼす大柴胡湯の予防効果. J. Traditional Med., 23 : 216-223, 2006
2) 坂本 忍, 中山 徹, 左雨秀治ら : マウス血中脂質と肝脂肪に与える大柴胡湯とコレスチミドの影響, メタボリック・シンドローム治療を想定して. 産婦人科漢方研究, 23 : 137-142, 2006
3) 坂井田功, 沖田 極 : 小柴胡湯による発癌発生のメカニズム. Biotherapy, 20 : 40-45, 2006
4) 松岡 均, 水島由貴, 川野昌子ら : 化学療法時の口内炎に対する小柴胡湯咳嗽の有用性. 癌と化学療法, 31 : 2017-2020, 2004
5) 宮崎瑞明, 盛 克己 : 小児疾患に対する柴胡桂枝湯有効例の検討, 最近の症例より. 漢方の臨床, 53 : 265-277, 2006
6) 大塚 稔 : 整形外科領域における柴胡桂枝湯の有用性について. 漢方と最新治療, 13 : 265-268, 2004
7) 小菅孝明, 熊谷由紀絵, 関口由紀ら : 柴胡加竜骨牡蠣湯の抗動脈硬化作用, 動脈硬化予防効果と治療効果. 漢方と最新治療, 13 : 279-287, 2004
8) Koizumi A., Mizukami H., Ogihara Y. et al. : アポE欠損マウスに対する柴胡加竜骨牡蠣湯の抗動脈硬化作用. J. Traditional. Med., 22 : 34-38, 2005
9) Chung Hwa-J., Maruyama I., Tani T : 柴胡加竜骨牡蠣はコレステロール食ラットのバルーン内皮剥落後の頸動脈における血管内膜肥厚を阻害する. Biological & Pharmaceutical. Bulltin, 26(1) : 56-60, 2003
10) Kawashima K., Nomura A., Makino T. et al. : 伝統的薬理学的特性, ラットの実験的大腸炎に及ぼす半夏瀉心湯とその主要成分併用の抗不安効果. J. Traditional Med., 22 : 55-59, 2005
11) 任 幹夫, 難波行臣, 高原史郎 : 腎移植における消化管治療薬の処方設計, ミコフェノール酸モフェチル投与による下痢に対する半夏瀉心湯の治療効果. 今日の移植, 18 : 34-35, 2005
12) Chung Hwa-Jin, Liu Ying, Maruyama I. et al. : 黄連解毒湯はin vivo及びin vitroのラット血管平滑筋細胞の新内膜形成, 増殖及び移動を抑制する. J. Traditional Med., 22(5) : 278-283, 2005
13) 盛 克己, 宮崎瑞明 : 漢方薬単独でコントロールできた高血圧症例の検討. 漢方の臨床, 52 : 861-868, 2005
14) 櫻井淳一 : 循環器外科領域における半夏厚朴湯の併用療法. 漢方医学, 30 : 61-64, 2006
15) 朝元美利 : パニック障害に対する漢方併用の有効性. 日本東洋心身医学研究, 20 : 51-54, 2006
16) 岩崎 鋼 : 現代西洋医学からみた東洋医学, 誤嚥性肺炎治療のための半夏厚朴湯の作用機序. 医学のあゆみ, 203 : 1005-1007, 2002
17) Fukutomi O. : 嘔吐を伴う小児急性胃腸炎治療のための五苓散注腸の研究. Evolving Kampo, 1(2) : 25-26, 2005
18) 金丸みはる : 月経前症候群(PMS)の不定愁訴に対するツムラ五苓散の効果. 産婦人科漢方研究, 21 : 45-47, 2004
19) 堀口 勇, 大竹哲也, 岡田貴禎ら : 三叉神経痛に対して漢方薬が有効であった症例の検討. 日本東洋医学, 54 : 383-386, 2003
P.151 掲載の参考文献
1) 村松慎一, 清水いはね : 漢方薬によるしびれの治療. 綜合臨床, 55(9) : 2325-2328, 2006
2) 田北雅夫 : 桂枝加朮附湯とビタミンD製剤の併用効果. 漢方と最新治療, 12(4) : 323-325, 2003
3) 韓晶岩(中国) : 中医学におけるアレルギー治療. アレルギーの臨床, 25(9) : 745-750, 2005
4) 大塚 稔 : 膝関節術後例に対する防已黄耆湯の効果について. 漢方医学, 29(1) : 15-17, 2005
5) 小田隆晴, 羽根田健, 磯部真倫ら : 肥満女性への防已黄耆湯の使用経験. 山形県立病院医学, 39(2) : 108-111, 2005
6) Chung M., Tohda M., Hattori M. : 下垂体切除ラットの卵巣に及ぼす当帰芍薬散の有効性. J. Traditional Med., 24(19) : 31-38, 2007
7) 藤井知行 : 不育症と漢方治療 柴苓湯と当帰勺薬散. Med. Sci. Digest, 33(3) : 765-767, 2007
8) 稲永和豊, 國芳雅広, 新垣安亮 : 当帰芍薬散によって改善した老年期被害妄想の4例. 精神科治療, 20(7) : 761-765, 2005
9) 高松 潔 : 更年期障害治療における漢方薬の位置付け 更年期障害に対する漢方療法の有用性の検討 三大漢方婦人薬の無作為投与による効果の比較. 産婦人科漢方研究, 23 : 35-42, 2006
10) 神農悦輝, 砂川 元, 新垣敬一ら : 舌痛症に対する漢方薬の使用経験. 痛みと漢方, 15 : 77-81, 2005
11) 川口恵子, 新沢 敦, 二宮裕幸ら : 月経前緊張症に対する加味逍遥散を中心にした漢方療法. 日本東洋医学会雑誌, 56(1) : 109-114, 2005
12) 日高隆雄, 柳楽清文, 中島彰俊ら : 更年期障害治療における漢方薬の位置付け 更年期障害に対する桂枝茯苓丸および加味逍遥散の効果. 産婦人科漢方研究の歩み, 23 : 35-42, 2006
13) 玉舎美智夫, 前田雅人, 森 敦幸ら : 漢方薬(桂枝茯苓丸) の術後下肢腫脹軽減効果. 整形災害外科, 49(6) : 751-753, 2006
14) 五野由佳理, 花輪壽彦 : 過去10年間の当研究所での一次性頭痛における漢方薬の有効性. 漢方の臨床, 52(12) : 2020-2026, 2005
15) 穴吹弘毅 : 苓姜朮甘湯と桂枝茯苓丸の合方による慢性腰痛症に対する治療経験. 日本腰痛学会誌, 10(1) : 81-85, 2004
16) Nakagawa T. : 糖尿病性腎症に投与する桂枝茯苓丸の治療の可能性. J. Traditional Med., 21(1) : 7-16, 2004
17) 藤原二郎 : 統合失調症(精神分裂病)の漢方療法(その1). 漢方の臨床, 50(11) : 1576-1578, 2003
18) 田原英一, 新谷卓弘, 森山健三ら : 高齢者の性的逸脱行為に桂枝加竜骨牡蠣湯が有効であった2例. 日本東洋医学会雑誌, 54(5) : 957-961, 2003
19) 木元博史 : インフルエンザと麻黄湯. 治療学, 40(4) : 385-388, 2006
20) 黒木春郎, 木元博史 : 小児のインフルエンザと麻疹に対する洋漢統合医療の経験. 千葉県医師会雑誌, 55(10) : 1209-1212, 2003
P.159 掲載の参考文献
1) 重軒正宏, 京極新治, 竹内辰五郎 : 急性痛風関節炎様の関節痛に対する越婢加朮湯の使用経験. 漢方医学, 28(4) : 172-175, 2004
2) 瀧本 眞 : 越婢加朮湯の帯状疱疹後神経痛に対する予防効果の検討. ペインクリニック, 25(8) : 1073-1079, 2004
3) 梅本匡則, 任 智美, 美内慎也ら : 口腔内乾燥症に対する薬物治療の効果. 耳鼻咽喉科臨床, 100(2) : 145-152, 2007
4) 大野修嗣 : 免疫疾患の漢方薬RCT シェーグレン症候群の唾液分泌障害に対する漢方薬治療の効果. 漢方と最新治療, 15(2) : 134-140, 2006
5) 西澤芳男, 西澤恭子, 吉岡二三ら : 原発性シェーグレン症候群唾液分泌改善効果に対する前向き, 多施設無作為2重盲検試験. 日本唾液腺学会誌, 45 : 66-74, 2004
6) 宮崎瑞明, 盛 克己 : 真武湯の有効例の検討. 漢方の臨床, 51(12) : 1657-1667, 2004
7) 丸山哲弘 : 片頭痛予防における呉茱萸湯の有用性に関する研究 塩酸ロメリジンとのオープン・クロスオーバー試験. 痛みと漢方治療, 16 : 70-72, 2006
8) 牧田和也, 小久保靖子, 張簡珮怡ら : 更年期外来受診者にみられる慢性頭痛に対する漢方治療の現状 その治療期間と予後について. 産婦人科漢方研究, 23 : 92-94, 2006
9) 丁宗鐵 : 現代西洋医学からみた東洋医学 人参湯による実験的糖尿病治療の作用機序. 医学のあゆみ, 202(13) : 1074-1078, 2002
10) 早川 智, 清水一史, 張遠春ら : BaicalinによるMRSA増殖抑制作用. 産婦人科漢方研究, 22 : 85-88, 2005
11) 手塚匡哉 : 白虎加人参湯が著効した多形滲出性紅斑の2例. 漢方研究, 390 : 9-11, 2004
12) 内藤真礼生, 長田高志, 三村 卓ら : 慢性血液透析患者の体重増加に対する白虎加人参湯の効果. 日本東洋医学会雑誌, 53(3) : 217-222, 2002
13) 梅川宏司 : 月経困難症に対する四逆散の使用経験. 産婦人科漢方研究, 18 : 105-107, 2001
14) Yakubo S., Kinoshita Y., Arakawa Y. et al. : 木防已湯の臨床評価 心不全に対する和漢薬. 和漢医薬学, 19(5) : 159-163, 2002
15) 木村貴昭 : 耳鳴・眩暈の病態と治療 めまいに対する半夏白朮天麻湯の臨床効果. 千葉東洋医学シンポジウム, 28 : 30-38, 2001
P.168 掲載の参考文献
1) 吉田祐文, 中村光一, 阿久津政司ら : 整形外科における当帰四逆加呉茱萸生姜湯の有用性の検討. 痛みと漢方, 15 : 48-51, 2005
2) 金 成 俊, 中村惠子, 緒方千秋ら : 北里研究所東洋医学総合研究所における初診患者の解析と医療への活用. 日本東洋医学会雑誌, 56(2) : 287-293, 2005
3) 森久保治道 : 弾発指(バネ指)に対する漢方薬の効果. 漢方の臨床, 51(4) : 475-479, 2004
4) 若林礼浩, 古林秀則 : 脳卒中後尿閉に対する猪苓湯の効果. 漢方医学, 29(6) : 270-272, 2005
5) Watanabe S., Yoshimura R., Yamamoto K. et al. : 体外衝撃波砕石術(ESWL)後の自発的結石排泄における猪苓湯の作用. Japanese J. Endourology and ESWL, 14(1) : 155-158, 2001
6) 佐藤 弘, 荒川泰行 : 慢性C型肝炎患者の肝細胞癌発症に対する漢方治療の抑制効果 伝統的考え方に基づく漢方治療の有用性. 日本東洋医学会雑誌, 55(4) : 455-461, 2004
7) 伏木 弘, 吉本英生, 生駒友美ら : 制癌剤の副作用軽減に対する補中益気湯の試み. 産婦人科漢方研究, 21 : 82-84, 2004
8) 丹羽邦明, 西條礼子, 石渡恵美子ら : 子宮脱・下垂に対する東洋医学的試み. 産婦人科漢方研究, 20 : 67-69, 2003
9) 北原正和, 石川修一 : 意識障害遷延例における補中益気湯のMRSA保菌予防効果. Biotherapy, 16(3) : 261-263, 2002
10) 鈴木 剛, 平野正憲 : 歯痕舌を認めるFunctional dyspepsia症例に対する六君子湯の効果. 漢方医学, 28(2) : 66-69, 2004
11) 及川 欧, 森若文雄, 田代邦雄 : 神経内科領域における六君子湯の応用. Progress in Med., 23(8) : 2163-2169, 2003
12) Higuchi Y., Ono K., Onodera H. et al. : 発作傾向の自然発症高血圧ラットにおける日本の伝統薬七物降下湯による発作の抑制 組織病理学的研究. Natural Med., 57(1) : 12-17, 2003
13) 梶井信洋, 織部和宏 : 各科の西洋医学的難治例に対する漢方治療の試み釣藤散が著効した興奮・攻撃型認知症の3例. 漢方療法, 9(8) : 38-47, 2005
14) 奥野秀次 : 耳鳴・眩暈の病態と治療 耳鳴診療と釣藤散・牛車腎気丸. 千葉東洋医学シンポジウム, 28 : 8-20, 2001
15) 王 暁 東, 吉田 健, 本田健一ら : 廃用症候群患者に対する十全大補湯, 八味地黄丸併用投与による免疫調節作用に関する検討. 漢方医学, 30(2) : 65-67, 2006
16) 竹川佳宏, 原田雅史 : 癌の放射線治療と漢方の役割 十全大補湯による癌患者の延命効果. Biotheraoy, 20(1) : 61-69, 2006
17) 千葉正博, 真田 裕, 吉澤康男ら : 肛門周囲膿瘍・痔瘻. 小児外科, 35(8) : 957-960, 2003
18) Takechi M. : 座瘡に対する漢方薬実用化の検討. Evolving Kampo, 1(2) : 29-30, 2005
P.177 掲載の参考文献
1) 田島康介, 浦部忠久, 吉川寿一ら : 変形性膝関節症に対する漢方薬意苡仁湯の臨床効果. 漢方と最新治療, 16(1) : 61-66, 2007
2) 福富 悌, 寺本貴英, 松尾直之ら : 伝染性軟属腫に対する五苓散合意苡仁湯治療の検討. 漢方と最新治療, 9(3) : 281-283, 2000
3) 唐 方, 中西由香, 織田真智子ら : ラットアジュバント関節炎における漢方薬の作用, 関節腫脹率及び病理組織に対する漢方薬の作用(第1報). 日本東洋医学会雑誌, 49(3) : 419-428, 1998
4) 千福貞博 : 当院における抑肝散加陳皮半夏の使用に関する検討. 日本東洋心身医学研究, 21(1-2) : 22-25, 2007
5) 泉 義雄 : 痴呆症14例の暴力俳徊などの陽性症状に対する抑肝散加陳皮半夏の改善効果. 漢方と最新治療, 12(4) : 352-356, 2003
6) Ando T., Honma Y., Kawaharada S. et al. : マウスにおけるサブスタンスP誘導かゆみ関連応答に対する温清飲反復処理のNK1タキキニン受容体発現ダウンレギュレーションを介した阻害効果. Biological and Pharmaceutical Bulletin, 26(6) : 896-898, 2003
7) 宮川三平, 田中俊久, 片山 晃ら : 小児アトピー性皮膚炎に対する温清飲軟膏の効果について. 和漢医薬学雑誌, 13(4) : 388-389, 1997
8) 武市牧子 : 座瘡に対する漢方薬の実践的投与. 漢方医学, 29(6) : 282-286, 2005
9) 小林衣子 : 尋常性座瘡における漢方薬の使用経験. 日本東洋医学会雑誌, 47(3) : 425-432, 1996
10) 佐々木大輔, 上原 聡, 樋渡信夫ら : 過敏性腸症候群に対する桂枝加勺薬湯の効果, 多施設共同無作為割付群間比較臨床試験. 臨床と研究, 75(5) : 1136-1152, 1998
11) 鈴木邦夫, 加藤卓次, 郡 大裕 : 過敏性腸症候群に対する桂枝加芍薬湯投与の臨床的検討. Progress in Medecine, 12(11) : 2759-2765, 1972
12) 大塚康吉, 佐藤泰雄, 小野監作ら : 術後患者の腹部愁訴に対する桂枝加芍薬湯の使用経験. 臨床と研究, 68(8) : 2527-2530, 1991
13) 東谷慶昭, 緒方 順, 長岡英世ら : 難治性てんかんに対する抗てんかん薬と小柴胡湯合桂枝加芍薬湯の併用療法, 抗てんかん薬の血中濃度の変化. 漢方診療, 9(2) : 50-52, 1990
P.187 掲載の参考文献
1) 多久島康司 : 月経前緊張症に対する桃核承気湯の有用性について. 産婦人科漢方研究, 23 : 108-111, 2006
2) 木元博史 : 高齢者の腰部打撲症急性期6例に桃核承気湯エキスを使用した経験. 漢方の臨床, 49(11) : 1473-1477, 2002
3) Yokozawa T., Houri T., Hattori M. et al. : 動脈硬化症治療に用いられる東洋医学処方の平滑筋筋細胞増殖に対する効果. Natural Med., 50(1) : 9-13, 1996
4) 新谷卓弘, 田原英一, 森山健三ら : 肥満症患者に対する防風通聖散の臨床効果. 新薬と臨床, 56(9) : 1624-1638, 2007
5) 岩崎 誠, 八木稔人, 七里元亮 : 防風通聖散の肥満患者に対する効果と, アディポネクチン, レプチン, 高感度CRPに与える影響について. 肥満研究, 13(2) : 137-142, 2007
6) 浮田勝男, 蔭山 充, 阪本知子ら : 「冷え」を訴える子宮頚管未熟妊婦に「熟化薬」としての「五積散」の試みとそのEBM. 産婦人科漢方研究, 18 : 146-148, 2001
7) 橋爪一光, 笠松紀雄, 中村祐之ら : 慢性肺気腫に対する炙甘草湯(TJ-64)の臨床治験の検討. 診療と新薬, 30(8) : 1603-1637, 1993
8) Hirano A., Ueoka H. : 進行性慢性硬膜下血腫の高齢者における漢方薬EK-49とアスコルビン酸による特発性血小板減少性紫斑病の奏効例. Geriatrics & Gerontology International, 7(1) : 83-88, 2007
9) 関 義信 : 加味帰脾湯により血液所見と全身状態の改善を認めた輸血後ヘモクロマトーシスを併発した骨髄異形成症候群の一例. 日本東洋医学会雑誌, 54(2) : 377-381, 2003
10) 芦原 睦 : 不定愁訴に対する加味帰脾湯の使用経験 漢方薬による向精神薬の離脱・減量の試み. 漢方医学, 26(19) : 28-31, 2002
11) 中田輝夫 : 軽うつ病30例に対する加味帰脾湯投与の効果. 日本東洋医学会雑誌, 48(2) : 205-210, 1997
12) 廣瀬雅哉, 石 紅, 喜多伸幸ら : 卵巣適除ラットの骨量減少に対する漢方薬の効果. 産婦人科漢方研究, 17 : 108-113, 2000
13) 星本和倫 : 体外受精における胚移植時の芍薬甘草湯併用による妊娠率改善効果についての検討. 日本東洋医学会雑誌, 58(3) : 475-479, 2007
14) 大谷真二, 清水康廣, 杉山 悟ら : 下肢静脈瘤の有痛性痙攣に対する芍薬甘草湯の効果. 漢方医学, 29(5) : 221-223, 2005
15) 仲松 宏, 石川 守, 諸見里きく, 仲間教子ら : 上部消化管内視鏡検査の前投薬としての芍薬甘草湯の使用経験. 人間ドック, 20(1) : 56-60, 2005
16) Ito Y., Murotani N., Ito K. et al. : 血液透析患者における筋痙攣に及ぼす芍薬甘草湯の効果. 日本透析医学会雑誌, 36(1) : 33-39, 2003
17) 伊藤仁彦, 小見由里子, 稲垣 昇ら : 潜在性高プロラクチン血症を有する不妊婦人に対する芍薬甘草湯の使用経験. 産婦人科の実際, 49(8) : 1161-1164, 2000
18) Yamada K., Kanba S., Murata T. et al. : 向精神薬による高プロラクチン血症に対する芍薬甘草湯(TJ-68)の効果. Psychiatry and Clinical Neurosciences, 50(6) : 341-342, 1996
19) 佐藤かな子, 長井二三子, 瀬戸隆子 : 三黄瀉心湯・茯苓飲・胃疾患に繁用される漢方方剤のH, K-ATPase活性に対する影響. 東京都立衛生研究所研究年報, 51 : 40-42, 2001
20) 服部和伸, 神林清作, 佐藤博文ら : 胃切除後早期吻合部狭窄に対する茯苓飲の効果. 日本消化器外科学会雑誌, 28(4) : 966-970, 1995
21) Watasugi A., Idaguchi H., Shoda H. et al. : 瞳孔動態に基づく半夏厚朴湯と香蘇散の鑑別自律神経機能の評価. J. Traditional Med., 23(4) : 132-140, 2006
22) 元雄良治, 多賀浩美 : 気鬱を伴う咽喉頭異常感症に対する香蘇散の効果. 漢方と最新治療, 7 (3) : 249-251, 1998
P.196 掲載の参考文献
1) LiangQian-De, Gao Yue, TanHon-Ling et al : 放射線照射に対する四物湯の4成分とそれらの併用による効果. Biolo. and Pharmacol. Bulletin, 29(7) : 1378-1382, 2006
2) 中田英之, 八重樫稔, 秋葉哲生ら : 漢方を利用した女子駅伝選手の新しい管理方法 スポーツ医学の可能性について. 日本東洋医学会雑誌, 58(1) : 49-55, 2007
3) 西川哲男, 飯塚 孝, 澁谷 誠ら : 四物湯の糖尿病ラット大動脈平滑筋細胞増殖に及ぼす効果. 漢方と最新医療, 7(3) : 245-247, 1998
4) Onishi Y., Yamaura T., Tauchi K. et al. : 十全大補湯により誘導される抗転移効果は四物湯由来の成分による. Biolo. and Pharmacol. Bulletin, 217 : 761-765, 1998
5) 山本哲郎, 盛永茂子, 今村悦子ら : 甘麦大棗湯が痴呆症状に著効した一例. 漢方研究, 398 : 8-9, 2005
6) 松本一男 : 東洋堂経験余話 三叉神経痛に桂枝加朮附湯 パニック障害に帰脾湯合甘麦大棗湯. 漢方の臨床, 51(4) : 512-514, 2004
7) 三浦於菟 : 夜間自我喪失に加味逍遥散合甘麦大棗湯. 漢方の臨床, 50(12) : 1680-1682, 2003
8) 小池一喜, 篠崎貴弘, 深津康仁ら : 心理社会的要因の関与が考えられた口腔領域の疼痛に対する甘麦大棗湯の効果について. 日本東洋心身医学研究, 15(1-2) : 27-30, 2001
9) 矢数圭堂, 矢数芳英, 安井廣迪ら : 続・温知堂経験録 難治性の胸痛に柴陥湯が奏功した1例. 漢方の臨床, 52(3) : 413-418, 2005
10) Iizuka A., Iijima O., Kondo K. et al. : 調胃承気湯の抗酸化作用とそのKHCウサギの粥腫の進行を阻害する効果. J. Atherosclerosis and Thrombosis, 6(2) : 49-54, 2000
11) 大津礼子, 望月善子, 大石 曜ら : 更年期障害に対する三大婦人漢方薬以外の有効症例の検討. 産婦人科漢方研究, 23 : 85-88, 2006
12) 中川良隆 : 歯科疾患の漢方治療経験. 東静漢方研究室, 26(5) : 9-14, 2003
13) 古屋聖児, 高橋謙之祐 : 経尿道的前立腺切除術の疼痛と不快感に対する竜胆瀉肝湯の有効性に関する臨床的検討. 日本東洋医学会雑誌, 54(1) : 183-189, 2003
14) 手塚匡哉, 手塚昭子, 手塚光彦 : 診断と治療に苦慮し竜胆瀉肝湯が奏功した皮膚疾患2例. 漢方研究, 363 : 105-108, 2002
15) 岩淵愼助 : 機能性性器出血に対する弓帰膠艾湯の効果. Pharma Medica, 25(10) : 47-51, 2007
16) 後山尚久, 佐久間航, 野坂 桜ら : 子宮出血を伴う切迫流産に対する弓帰膠艾湯の臨床効果. 産婦人科漢方研究, 23 : 100-103, 2006
17) 原敬二郎 : 繊維筋痛症に麻杏意甘湯が著効した一例. 漢方研究, 429 : 6-7, 2007
18) 村田以知夫, 宮沢貞雄, 安田一郎ら : 寄生虫に対する漢方薬の有効性に関する研究(第2報)漢方薬のanisakis 1型幼虫に対する運動抑制効果. 東京都立衛生研究所研究年報, 39 : 19-23, 1988
19) 広瀬滋之 : 香砂平胃散加芍薬の臨床試用経験. 基礎と臨床, 20(9) : 4925-4938, 1986
20) 杉原 桂, 上野幸三, 養父佐知子ら : 食物アレルギーモデルマウスに対する柴胡清肝湯の効果. 昭和医学会雑誌, 63(2) : 163-173, 2003
P.205 掲載の参考文献
1) Katagiri F., Inoue S., Sato Y. et al. : 健常被験者の血漿中消化管調節ペプチドレベルに対する二陳湯の効果. J. Health Science, 51(2) : 172-177, 2005
2) 松本博之, 柏木 基, 松谷 学ら : 慢性頭痛に対する桂枝人参湯と釣藤散の有用性に関する研究. 臨床研究, 72(5) : 1299-1303, 1995
3) 真辺 豊, 野添新一 : 抑肝散加陳皮半夏の3例. 心療内科, 11(4) : 268-271, 2007
4) 関矢信康, 林 克美, 地野充時ら : 慢性頭痛の予防療法としての抑肝散加陳皮半夏の応用. 日本東洋医学会雑誌, 58(2) : 277-283, 2007
5) 千福貞博 : 当院における抑肝散加陳皮半夏の使用に関する検討. 日本東洋心身医学研究, 21(1-2) : 17-21, 2007
6) 泉 義雄 : 痴呆症14例の暴力俳徊などの周辺陽性症状に対する抑肝散加陳皮半夏の改善効果. 漢方と最新治療, 12(4) : 352-356, 2003
7) Yabe T., Torizuka K., Yamada H. et al. : ラット中隔初代培養細胞における漢方薬剤のコリンアセチルトランスフェラーゼに対する効果. 和漢医薬学雑誌, 12(1) : 54-60, 1995
8) Takeda S., Kase Y., Hayakawa T. et al. : 大黄甘草湯の一般薬理学的性質. 応用薬理, 63(5-6) : 79-91, 2002
9) Yagi T. & Yamauchi K. : 意識下のラットにおける結腸輪状筋運動に対する大黄甘草湯の効果 : 処方でのグリチルリチンの役割. 和漢医薬学雑誌, 18(5) : 191-196, 2001
10) 田中伸明 : アトピー性皮膚炎に対する当帰飲子の有用性. 応用薬理, 73(1-2) : 209-216, 2007
11) 中村良一, 諸井雅男, 矢島治夫ら : 慢性血液透析患者の皮膚掻痒症に対する当帰飲子の効果. 臨床医薬, 7(10) : 2367-2375, 1991
12) 田村哲彦, 張替直輝, 兼子 智ら : 高温多湿ストレス曝露マウスに対する生薬の精巣保護作用. 日本未病システム学会雑誌, 10(1) : 115-117, 2004
13) 坂本義光, 長澤明道, 矢野範男ら : ヒト病態モデルマウスによる六味丸添加飼料投与実験(第3報) 自己免疫疾患マウス(MRL/1)における腎糸球体病変の病理組織学的検査結果. 東京都立衛生研究所研究年報, 47 : 314-319, 1996
14) 石岡忠夫 : 老人性掻痒症に対する六味丸と八味地黄丸の薬効比較. Therapeutic Research, 16(5) : 1497-1504, 1995
15) Yokota M., Sugiyama K., Imamura K. et al. : Mitomycin Cの抗腫瘍活性に対する六味丸の増強作用. 和漢医薬学雑誌, 8(1) : 29-33, 1991
16) 大関潤一 : 二朮湯エキス加附子末が奏功した肩関節周囲炎の2症例. 漢方の臨床, 51(3) : 391-398, 2004
17) 土方康世, 宮前有子, 高津尚子ら : 捻挫打撲症に対する八味地黄丸, 治打撲一方併用の効果. 漢方の臨床, 54(11) : 1751-1760, 2007
18) 櫻井貴敏, 上田守三, 鮫島寛次 : 顔面外傷の腫脹・痛みに対する治打撲一方の使用経験. 漢方医学, 30(3) : 104-105, 2006
19) 松井龍吉, 小林祥泰 : 清肺湯により重症肺炎後, 在宅酸素療法から離脱できた一症例. 日本東洋医学会雑誌, 58(2) : 285-290, 2007
20) 滝島 任, 丹野恭夫, 坂本正寛ら : COPDに対する清肺湯の効果. 漢方医学, 10(2) : 21-26, 1986
P.215 掲載の参考文献
1) 藤原二郎 : 重症で難治の気管支喘息に漢方薬が即効 翌日からステロイド点滴が中止出来た. 漢方の臨床, 50(5) : 690-691, 2003
2) 関矢信康, 並木隆雄, 笠原裕司ら : 滋陰至宝湯の使用目標. 日本東洋医学会雑誌, 57(5) : 661-667, 2006
3) 関矢信康, 引網宏彰, 酒井伸也ら : 滋陰降火湯を気管支喘息に応用する試み. 日本東洋医学会雑誌, 54(6) : 1097-1101, 2003
4) 神農悦輝, 砂川 元, 新垣敬一ら : 舌痛症に対する漢方薬の使用経験. 痛みと漢方, 15 : 77-81, 2005
5) 泉山隆男, 佐藤浩平 : 喘息に対する漢方治療 特に柴朴湯について. 漢方医学, 26(4) : 175-177, 2002
6) 西澤芳男, 西澤恭子, 永野富美代ら : ベクロメタゾン吸入量半減時の柴朴湯吸入療法とクロモグリセート吸入療法の代替療法比較試験. 耳鼻咽喉科展望, 45(1) : 8-15, 2002
7) 芦原 睦 : 不定愁訴に対する漢方薬の使用経験 漢方薬使用による向精神薬の離脱・減量の試み. Progress in Medicine, 21(2) : 505-508, 2001
8) 藤井 毅, 中山聖子, 濱辺定徳ら : 柴朴湯による薬剤性肺炎の1例. 日本胸部臨床, 58(1) : 39-44, 1999
9) 芦原 睦, 佐田彰見, 出雲路千恵ら : パニック・ディスオーダーに対する漢方治療 柴朴湯を中心として. 心身医療, 10(1) : 76-81, 1997
10) 湊川 徹, 小田隆浩, 佐々木良二ら : 咽喉頭異常感症に対する柴朴湯の効果. Progress in Medicine, 15(8) : 1543-1545, 1995
11) 渡部 創 : 気管支喘息児における気道過敏性および運動誘発喘息に対する柴朴湯の長期投与効果について. 日本東洋医学会雑誌, 41(4) : 233-239, 1991
12) Inoue M. & Ono Y. : コラーゲン誘導関節炎に対する大防風湯の抑制効果. Biological & Pharmaceutical Bulletin, 27(6) : 857-862, 2004
13) 松浦美喜雄 : リウマチ性疾患の漢方治療エキス剤 大防風湯, 柴朴湯エキス剤のRAに対する効果. リウマチ科, 27(4) : 410-417, 2002
14) 高濱正人 : リウマチ性疾患の漢方治療エキス剤 慢性関節リウマチに対する大防風湯の有用性. リウマチ科, 27(4) : 389-394, 2002
15) 仲 秀司, 安原 洋 : 老年期症候群と漢方 褥瘡の漢方治療. 漢方と最新治療, 10(4) : 343-346, 2001
16) 小崎 武 : 各科における小建中湯の応用 前思春期神経性食思不振症に対し小建中湯で治療した臨床経験. 漢方と最新治療, 12(2) : 153-158, 2003
17) 寺師睦宗 : ダイエットして無月経になった不妊症. 漢方の臨床, 48(2) : 215-220, 2001
18) 杉本健郎, 安原昭博, 西田直樹ら : 難治性てんかんの漢方併用療法 小柴胡湯と小建中湯による治療. 小児科臨床, 45(12) : 2875-2880, 1992
19) 中辻隆徳, 秋吉潤子, 家入里志ら : 小児慢性便秘の病態・診断・治療 小児の術後排便障害における大建中湯の有用性について. 小児外科, 40(2) : 195-199, 2008
20) 高木和俊, 永田 仁, 堀江 徹ら : 直腸結腸癌切除後の腸障害に対する大建中湯を用いた予防的漢方治療の効果 前向き無作為試験. 漢方研究, 429 : 2-3, 2007
21) 加瀬義夫, 佐藤和子, 竹田秀一ら : 外科系領域における漢方治療の現況 漢方製剤の文献的な考察. 新潟医学会雑誌, 120(10) : 544-548, 2006
22) 秋山 稔, 喜多伸幸, 木村文則ら : 後腹膜リンパ節郭清術後の腸管麻痺に対する大建中湯の有用性の検討. 産婦人科漢方研究のあゆみ, 23 : 69-72, 2006
23) 阿部勝利, 高木清文 : 麻疹に対して西洋薬治療と比較した升麻葛根湯の臨床効果. 島根医学, 15(2) : 187-190, 1995
P.225 掲載の参考文献
1) 鈴木 滋 : 帯状疱疹による胸背部痛に対するツムラ当帰湯の使用経験. 漢方診療, 10(6) : 25-26, 1991
2) 清水正彦, 原敬二郎, 杉山徹 : 酸棗仁湯が奏功した難治性不眠を伴う更年期障害の臨床背景と病態に関する東洋医学的検討. 漢方の臨床, 52(7) : 1024-1027, 2005
3) 田原英一, 斎藤大直, 川上義孝ら : 酸棗仁湯が有効であった奇声を主徴とする夜間せん妄の2症例. 日本東洋医学会雑誌, 53(4) : 351-356, 2002
4) 筒井末春, 坪井康次, 久津美律子ら : 不眠症に対する酸棗仁湯の効果. 医学と薬学, 16(1) : 185-192, 1986
5) 井上とら夫, 松浦達雄, 長野 準 : 気管支喘息に対する辛夷清肺湯および小青竜湯の効果. 医療, 50(2) : 97-101, 1996
6) 高畑喜延, 佃 守 : 耳症状を伴う慢性副鼻腔炎に対する辛夷清肺湯の有用性の検討. 薬理と治療, 23(3) : 749-753, 1995
7) 鈴木 茂, 草刈 潤, 高坂知節 : 鼻閉に対する辛夷清肺湯の治療効果. 漢方医学, 12(1) : 24-28, 1988
8) Sugiyama A., Takahara A., Satoh Y. et al. : 離した血液灌流心臓標本による臨床的に有用な漢方薬の心臓作用の評価. Japanese J. Pharmacology, 88(3) : 307-313, 2002
9) 松尾亜伊, 小池浩司, 保科有希ら : ホルモン療法に抵抗を示す, 更年期の鬱・不安症状に対する温経湯の有用性の検討. 産婦人科漢方研究のあゆみ, 22 : 70-74, 2005
10) 保條佳子, 浅井光興, 鈴木政利ら : 不妊症に対するクロミフェンと温経湯の併用療法について. 漢方医学, 24(4) : 176-177, 2000
11) 安井敏之, 青野俊博, 苛原 稔ら : クロミフェン無効の正プロラクチン血性排卵障害症例に対するクロミフェン-温経湯併用療法の検討. 日本不妊学会雑誌 35(1) : 86-93, 1990
12) 成松昭夫 : 女性泌尿器科疾患 女性の頻尿に対する牛車腎気丸エキス顆粒の有用性の検討. 産婦人科漢方研究のあゆみ, 24 : 17-23, 2007
13) 八代 忍, 花輪壽彦 : 頸椎後縦靭帯骨化症に対する漢方治療の経験. 日本脊髄障害医学会雑誌, 19(1) : 198-199, 2006
14) 前島貞裕, 片山容一 : 脳神経外科と漢方 脊椎・脊髄疾患. 漢方と最新治療, 13(3) : 232-236, 2004
15) 佐藤祐造 : 糖尿病合併症と漢方 糖尿病性神経障害に対する漢方薬の臨床効果. 日本東洋医学会雑誌, 54(3) : 500-503, 2003
16) 荻野 敏, 原田 保, 坂口喜清ら : 耳鳴に対する牛車腎気丸の効果. 耳鼻咽喉科臨床, 91(2) : 199-204, 1998
17) 五味淵秀人, 濱井葉子, 箕浦茂樹ら : 男性不妊症例に対する薬物療法について. 臨床婦人科産科, 50(5) : 737-740, 1996
18) 井上裕介 : 私の処方 骨髄異形成症候群に対する人参養栄湯の効果. WE, 7 : 7-8, 2004
19) 林 天明 : 貧血経口を有する骨粗鬆症患者に対する人参養栄湯の有用性の検討. 漢方と最新医療, 12(4) : 363-366, 2003
20) 福田恭江, 成田康美, 三輪真奈美ら : ドライアイに対する人参養栄湯の効果. あたらしい眼科, 12(9) : 1427-1430, 1995
21) 宮崎 保, 内野治人, 木村郁郎ら : 骨髄異形成症候群に対する人参養栄湯(EK-108) の臨床的有用性. 臨床医薬, 10(11) : 2575-2590, 1994
22) 宮崎 保, 内野治人, 木村郁郎ら : 再生不良性貧血に対する人参養栄湯(EK-108) の臨床的有用性. 臨床医薬, 10(11) : 2591-2603, 1994
23) 岩間正文, 入山恵津子 : 急性咽頭・扁桃炎に対する小柴胡湯加桔梗石膏の効果. 日本小児東洋医学会誌, 18 : 7-9, 2002
24) 高山直士, 田島 徹, 松本学知ら : 舌痛症治療の有効性に関する臨床的検討. 明海大学歯学雑誌, 33(1) : 127-131, 2004
25) 神谷 浩 : 抜歯後疼痛に対する立効散の使用経験. 日本東洋医学会雑誌, 45(1) : 147-150, 1994
26) 我妻 恵, 佐藤玄徳, 本宮雅吉 : 清心蓮子飲の血糖への影響と肝機能. 和漢医薬学雑誌, 13(4) : 322-323, 1997
27) 島村正喜, 中嶋孝夫, 宮城徹三郎 : 慢性非細菌性前立腺炎及びProstatodyniaに対する清心蓮子飲の臨床効果. 石川県中央病院医学誌, 18(1) : 77-80, 1996
P.237 掲載の参考文献
1) 石川博通, 早川邦弘, 大橋正和ら : 排尿障害に対する漢方療法. 泌尿器外科, 11(10) : 1307-1311, 1998
2) 木下博之, 金谷春定, 山本省一ら : 上部尿路結石に対する対外衝撃波結石破砕術後の漢方製剤による排石促進効果の検討. 西日本泌尿器科, 55(1) : 61-66, 1993
3) 堀野雅子 : 高血圧における三黄瀉心湯振り出し薬の効果. 日本東洋医学会雑誌, 53(1-2) : 41-46, 2002
4) 春田道雄, 井上文明, 水嶋丈雄 : アカシジア・精神症状に三黄瀉心湯が奏功した4症例. 日本東洋医学会雑誌, 50(4) : 665-672, 2000
5) 並木正義, 谷内 昭, 吉田 豊ら : 胃炎および消化性潰瘍に対する三黄瀉心湯および黄連解毒湯の臨床的有用性の検討. 臨床と研究, 71(6) : 1585-1549, 1994
6) 尾崎 哲, 下村泰樹 : 三黄瀉心湯の精神科疾患への応用 漢方方剤の抗不安・焦燥作用について. 診断と治療, 79(10) : 2311-2316, 1991
7) 澄井敬成 : 原因不明の反復流産に対する柴苓湯の有用性について. 産婦人科漢方研究のあゆみ, 24 : 59-63, 2007
8) 中島 修 : メトトレキセートを主とする抗リウマチ薬とNSAIDsによる関節リウマチ治療に対する柴苓湯併用の有用性. Progress in Medecine, 26(4) : 909-914, 2006
9) Kano T., Mori T., Furudono M. et al. : 自己抗体及び同種免疫療法への抵抗性が合併した同種免疫的再発性流産に対する柴苓湯(漢方薬)による代替治療. J. Traditional Med., 22(1) : 19-23, 2005
10) 吉野直樹, 太田 均, 松岡さおりら : 不育症症例に対する柴苓湯の治療経験について. 島根県立中央病院医学雑誌, 28 : 3-6, 2004
11) 船越 徹, 田中あゆみ, 松岡正造ら : 浮腫を伴う妊娠中毒症例に対する柴苓湯の有効性, 生体インピーダンス法による経時的・定量的評価. 産婦人科漢方研究のあゆみ, 18 : 143-145, 2001
12) 内野直樹, 根本玲子, 石井尊雄 : 柴苓湯による反復流産患者の治療について. 漢方と最新治療, 6(3) : 279-282, 1997
13) 服部智久, 藤塚直樹, 黒木亮子ら : 柴苓湯は腎炎糸球体におけるエンドセリン-1の産生を阻害する. 日本腎臓学会誌, 39(2) : 121-128, 1997
14) 松浦美喜雄 : 慢性関節リウマチの漢方薬治療 RA症例に対する柴苓湯の効果. 漢方と最新治療, 5(4) : 369-374, 1996
15) 福沢嘉孝, 各務伸一 : 潰瘍性大腸炎における漢方療法の臨床経験 柴苓湯使用経験. 漢方医学, 20(8) : 255-260, 1996
16) 加藤ゆい子, 原田和加子, 雑喉正泰ら : サルコイドーシスの柴苓湯による治療. 日本眼科紀要, 46(7) : 732-734, 1995
17) 斉藤伸行, 杤久保哲男, 斉藤康子ら : 開放隅角緑内障における柴苓湯の長期効果. あたらしい眼科, 12(6) : 989-991, 1995
18) 石井策史, 西山敬介 : 腎炎に対する柴苓湯の長期投与の検討. Progress in Medecine, 14(6) : 1748-1753, 1994
19) 広川博之, 太田勲男, 引地泰一ら : 黄斑浮腫に対する柴苓湯の使用経験. 眼科臨床医報, 88 (4) : 570-573, 1994
20) 水田啓介, 伊藤八次, 近藤由香ら : メニエール病に対する柴苓湯の使用経験. 耳鼻咽喉科臨床, 87(5) : 719-726, 1994
21) 河上祥一, 本田賀裕, 東矢俊光ら : 妊娠悪阻に対する漢方エキス剤(半夏厚朴湯, 茯苓飲合半夏厚朴湯)坐薬療法の有用性について. 産婦人科漢方研究のあゆみ, 15 : 115-118, 1998
22) 酒向 猛, 武内有城, 滝本 一ら : 術後吻合部狭窄に対する茯苓飲合半夏厚朴湯の使用経験. 漢方診療, 16(2) : 14-17, 1997
23) 高濱正人, 加賀谷なり斉, 黒田利樹ら : 肝機能障害に膝関節水腫や浮腫を伴った慢性関節リウマチに対する菌陳五苓散の使用経験. 市立秋田総合病院医誌, 10(1) : 15-18, 2000
24) 戸田比佐志 : 歯周治療への漢方薬の応用(1) 脾胃湿熱証の症例. 日本歯科東洋医学会誌, 17(2) : 135-144, 1998
25) 穴吹弘毅 : 腰痛疾患に対する苓姜朮甘湯の有用性とその効果. 漢方医学, 30(3) : 120-123, 2006
26) Nagai T., Hanawa T. & Yamada H. : マウスアレルギー性肺炎モデルにおける漢方薬 "苓甘姜味辛夏仁湯" のin vivoでの抗インフレンザウイルス活性. 和漢医薬学雑誌, 15(4) : 216-224, 1999
27) 前田稔彦, 松永 喬 : 鼻アレルギーに対する苓甘姜味辛夏仁湯の臨床効果. 耳鼻咽喉科臨床, 補冊 92 : 43-46, 1997
28) 岡 進 : 【エビデンスに基づいた漢方治療 ; 各種疾患に対しての処方(2) 】口内炎に対する黄連湯の効果. Pharma Medica, 25(10) : 35-38, 2007
29) 佐野敬夫 : 三物黄苓湯エキス剤の使用経験. 産婦人科漢方研究のあゆみ, 24 : 85-87, 2007
P.248 掲載の参考文献
1) 高間直彦, 藤原隆明 : 内麦粒腫に対する排膿散及湯の有効性. 眼科臨床医報, 100(1) : 9-11, 2006
2) 阿部勝利 : MRSAに起因する小児伝染性膿痂疹の漢方治療 この2年間の治療成績. 漢方の臨床, 51(9) : 1193-1200, 2004
3) 原野啓二 : P急発時における排膿散及湯の効果. 日本歯科東洋医学会雑誌, 22(1-2) : 7-10, 2003
4) Kawaguchi K. : 月経痛に対する漢方治療. Evolving Kampo, 1(1) : 10-11, 2005
5) 水野修一 : 偏頭痛に対する川弓茶調散の治療効果. 漢方医学, 26(5) : 224-226, 2002
6) 松井龍吉, 下手公一, 河野直人ら : 高齢者糖尿病に対して麻子仁丸ならびに八味地黄丸が有効であった2症例. 日本東洋医学会雑誌, 51(4) : 733-739, 2001
7) Terashima Y., Hamazaki K., Itomura M. et al. : 伝統的な漢方薬麻黄附子細辛湯の, ワクチン接種後の抗体価への影響 プラセボ投与を対照実験とした二重盲検試験. J. Traditional Med., 24(2) : 59-66, 2007
8) 大橋 隆 : 私の一処方 スギ花粉症に対する麻黄附子細辛湯の有用性. WE, 6 : 9-10, 2004
9) 森 壽生 : インフルエンザワクチンの接種回数による効果の検討 漢方方剤によるアジュバント効果を求めて. 漢方研究, 369 : 12-15, 2002
10) 馬場 錬, 宮田 昌, 山川 聡ら : 喉頭アレルギー症例に対する麻黄附子細辛湯の有用性について. アレルギーの臨床, 21(8) : 640-644, 2001
11) 古川和美 : 高齢者のかぜ症候群に対する麻黄附子細辛湯の効果について. Therapeutic Res., 18 (19) : 271-275, 1997
12) 鵜飼幸太郎, 田矢理子, 坂倉康夫ら : 通年性鼻アレルギーに対する漢方製剤の検討 麻黄附子細辛湯エキス製剤の臨床応用. 耳鼻咽喉科臨床, 83(1) : 155-165, 1990
13) 鈴木邦彦, 村主明彦, 花輪壽彦 : 北里東医研診療録から 啓脾湯が有効であった3症例. 漢方の臨床, 51(9) : 1222-1226, 2004
14) 森 壽生, 岩本正彦 : 過敏性腸症候群に対する啓脾湯の効果 マレイン酸トリメブチンとの比較試験. Therapeutic Res., 20(7) : 2179-2185, 1999
15) 頼建守, 及川哲郎, 早崎知幸ら : 北里東医研診療録から 大承気湯の長期投与が奏功した慢性疾患の2例. 漢方の臨床, 53(5) : 821-831, 2006
16) 藤田 潔, 加藤展康, 河野 裕ら : 過敏性腸症候群に対する漢方方剤の使用成績 無効例の検討. Pharma Medica, 4(新春増刊) : 177-180, 1986
17) Ogasawara T., Morie Y., Ikemoto T. et al. : ラット肝切除術後の肝機能と肝再生における漢方薬 茵陳蕎湯の有益な効果. Hepatology Res., 38(8) : 818-824, 2008
18) 森根裕二, 島田光生, 居村 暁ら : 【外科と漢方 漢方診療をどのように外科に応用するか】肝疾患に対する漢方診療. 外科治療, 97(5) : 461-471, 2007
19) 福沢嘉孝, 堀田直樹, 佐藤顕ら : 生活習慣病を合併した著明な脂肪肝に対して茵陳蒿湯・防風通聖散併用療法が奏功した1例. 漢方医学, 27(5) : 221-224, 2003
20) 手塚匡哉 : 茵陳蒿湯と茵陳五苓散の併用が著効した慢性蕁麻疹の1例. 漢方研究, 372 : 22-23, 2002
21) 福重隆彦, 高松英夫, 野口啓幸ら : 胆道閉塞症術後における茵陳蒿湯の使用経験. Progress in Med., 19 (4) : 1048-1050, 1999
22) 松尾洋一, 橋本 俊, 鈴木達也ら : 胆道閉塞症術後における茵陳蒿湯の使用経験. Progress in Med., 17 (9) : 2541-2542, 1997
23) 八田 明, 前村俊一, 油田正樹 : 茵陳蒿湯の血清脂質への影響構成生薬山梔子の成分genipinの関与. 和漢医薬学雑誌, 12(4) : 288-291, 1996
P.256 掲載の参考文献
1) 横田廣夫, 新村光司, 本山博信ら : 熱中症予防における清暑益気湯の臨床効果. 漢方医学, 32 (4) : 246-248, 2008
2) 関矢信康, 引網宏彰, 古田一史ら : 清暑益気湯が奏功した気管支喘息の3症例. 日本東洋医学会雑誌, 55(6) : 811-815, 2004
3) 中田輝夫 : 漢方製剤による軽うつ病の代替治療の可能性. 精神科, 13(1) : 83-88, 2008
4) 関 義信 : 加味帰脾湯により血液所見と全身状態の改善を認めた, 輸血後ヘモクロマトーシスを併発した骨髄異形成症候群の一例. 日本東洋医学会雑誌, 54(2) : 377-381, 2003
5) 佐野敬夫 : 【更年期と漢方】抑うつに対する加味帰脾湯エキス剤の使用経験. 漢方と最新治療, 12(1) : 29-32, 2003
6) 井上滋夫, 桑原仁美, 加藤淑子ら : 抗癌剤による骨髄抑制に加味帰脾湯が有効であった3例. 漢方医学, 22(8) : 257-260, 1998
7) 中田輝夫 : 軽うつ病30例に対する加味帰脾湯投与の効果. 日本東洋医学会雑誌, 48(2) : 205-210, 1997
8) 泉 從道, 丸山哲弘, 大木弘行 : 脳血管障害に伴う精神・神経症状に対する加味帰脾湯の臨床効果. 和漢医薬学雑誌, 11(4) : 372-373, 1995
9) 斉藤文男, 石山 哲, 小田桐正孝ら : 神経症およびうつ病に対する加味帰脾湯の効果. Progress in Med., 13 (7) : 1456-1464, 1993
10) 畑江芳郎, 武田武夫, 飯塚 進ら : 加味帰脾湯が有効と思われた小児再生不良性貧血例. 小児科診療, 56(6) : 1266-1270, 1993
11) 大原健士郎, 鈴木典子, 大原浩一ら : 不眠症に対する加味帰脾湯(TJ-137)の効果. 臨床と研究, 69(10) : 3285-3300, 1992
12) 原 桃介, 辻久 茂, CyongJong-Cholら : 咽頭炎, 扁桃炎に伴う症状に対するツムラ漢方トローチ桔梗湯(TJO-023KT)の使用経験. 漢方と最新治療, 6(4) : 371-383, 1997
13) 新井一郎, 小松靖弘, 山浦 常ら : 桔梗湯の慢性膵炎症例に伴う腹部症状に対する治療効果の基礎的および臨床的検討. 日本東洋医学会雑誌, 48(1) : 31-36, 1997
14) 神谷 浩 : 抜歯後疼痛に対する桔梗湯の効果. 日本歯科東洋医学会雑誌, 12(1-2) : 21-24, 1993
15) 関矢信康, 地野充時, 後藤博三ら : 九味檳榔湯の使用目標と適応症. 日本東洋医学会雑誌, 57 (3) : 333-338, 2006
16) 西澤芳男, 西澤恭子, 後藤グレーシー広恵ら : 九味檳榔湯の高齢透析者慢性便秘に対する前向き多施設無作為比較試験. 漢方研究, 388 : 8-14, 2004
17) 関矢信康, 柴原直利, 嶋田 豊ら : 九味檳榔湯治験. 日本東洋医学会雑誌, 54(3) : 651-655, 2003
18) 木村裕明, 堀口 勇, 大竹 哲ら : 慢性頭痛に対する九味檳榔湯エキス製剤(コタロー)の効果. 日本東洋医学会雑誌, 53(6) : 657-662, 2002
19) 奥田晃朗 : 【梔子柏皮湯の臨床応用】眼周囲の発赤・掻痒と梔子柏皮湯. 漢方研究, 386 : 48-50, 2004
20) 水谷大裕 : 透析掻痒症に対する梔子柏皮湯の効果. 漢方研究, 383 : 4-7, 2003
21) 田原英一, 新谷卓弘, 森山健三ら : 手湿疹における腸癰湯の有効性の検討. 日本東洋医学会雑誌, 57(5) : 639-643, 2006
22) 関口直男 : 皮膚科領域における紫雲膏使用症例の検討. 新薬と臨床, 41(10) : 2325-2334, 1992

第8章 中国語の医学論文

P.343 掲載の参考文献
1 0hta K, Gotoh F, Tomita N, et al. Effect of glycerol on the hemodynamics of aculely induced ischemic area in the cerebral cortex of cats. Adv Neurol, 1990, 52 : 275-284.
3 灰田宗孝, 篠原幸人. CT, MRI-特に虚血性腦血管障害のMRI像について. 老年醫學, 1987, 25 : 1026-1034.
4 泉義雄, 篠原幸人, Elisaheth PS. 直達法および經カテーテル法による局所腦虚血そデルの比較と血流再開通の腦梗塞容積に及ぼす影響. Brain Hypoxia, 1994, 8 : 21-27.
5 篠原幸人. 腦浮腫治療藥とその使リ方. 現代醫療, 1991, 23 : 1960-1694.
7 柏木史彦, 片山泰朗. 高張溶液の實験的腦虚血に及ぼす救果. 腦神經, 1988, 40 : 179-185.
9 泉義雄, Pinard E, Roussel S, 他. テット中大腦動脈閉塞そデルにおけるマグネシウム少量投與の梗塞積縮小作用. 腦卒中, 1995, 17 : 284-291.
P.345 掲載の参考文献
[1] 泉義雄, 灰田宗孝. 痴呆の病態生理と漢方薬の使い方[J]. 神奈川医学誌, 1999, 26 : 138
[2] 一瀬邦弘. 女性アルツハイマー型痴呆患者に対するエストロゲン投与効果の検討-投与非投与群の比較と長期予後. 厚生省長寿科学総合研究痴呆疾患平成6年度研究報告, 1995. 277-282
[3] 小山たか夫, 荻野信義. 当帰芍薬散の脳内神経伝達物質に対する作用[J]. 現代医療学, 1992, 5 : 89
[4] 荻野信義, 坂本秀一, 鳥居塚和生. 当帰芍薬散(TJ-23)の老齢ラットの脳内アセチールコリン系神経細胞とその受容体への作用[J]. 和漢医薬誌, 1990, 7 : 340
[5] Hagino N. Kampo medicine and neuroendocrine-from here to molecular biology[J]. J Taditional Med, 1996 13 : 105
[6] 植田勇人, 小松真紀子, 平松緑. 当帰芍薬散(TJ-23)のラジカル消去作用について[J]. 日本脳研究会会誌, 1995, 21 : 67
[7] 藤原道弘. 実験的記憶障害に対する当帰芍薬散の改善作用[J]. 神経薬理, 1990, 12 : 217
[8] 水島宣昭. アルツハイマー型痴呆と当帰芍薬散 [J]. 現代医療学, 1998, 11 : 87
[9] 秋口一郎, 猪野正誌, 福山秀直. 一側前内側視床梗塞における初期症候および長期経過について[J]. 脳卒中, 1987, 9 : 538

最近チェックした商品履歴

Loading...