腫瘍病理鑑別診断アトラス 胃癌 第2版

出版社: 文光堂
著者:
発行日: 2015-10-15
分野: 臨床医学:一般  >  癌/腫瘍一般
ISBN: 9784830622489
シリーズ: 腫瘍病理鑑別診断アトラス
電子書籍版: 2015-10-15 (第2版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

17,280 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

17,280 円(税込)

初版の刊行以後,胃癌取扱い規約第14版, WHO分類第4版の出版をはじめ,TOGA studyに基づく胃癌分子標的治療やHER2コンパニオン診断の登場,分子機序による胃癌分類も発表されている.さらに,低悪性度胃癌,腺腫,間葉系腫瘍でも新たな概念が提唱されている.本改訂では,このような変化,進歩を背景に,多くの病理医が今後のゲノム病理学の動向も視野に入れながら,今一度,概念をとらえ返し胃癌診断に向き合えるよう稿を改めた.

目次

  • 表紙
  • 執筆者一覧
  • 序文
  • 目次
  • 第1部 検鏡前の確認事項
  • I. 胃癌取扱い規約のコンセプト : 国際分類との違い
  • 1. 胃癌取扱い規約の歴史と第14版の改訂について
  • 2. 胃癌取扱い規約の作成コンセプト
  • 3. 胃癌取扱い規約の構成
  • 4. 生検組織診断のためのグループ分類
  • 5. 国際分類との違い
  • 6. 胃癌取扱い規約の問題点
  • 7. 癌取扱い規約統一について
  • II. 発癌メカニズムUpdate
  • 1. ゲノムからみた胃癌の分子病理学的分類
  • 2. 胃癌ゲノムの理解のための基礎となる概念および発癌メカニズムとの関連
  • 3. 遺伝性胃癌
  • 4. 治療への展開
  • III. 病理標本の取り扱い方
  • 1. 肉眼観察
  • 2. マクロ写真撮影
  • 3. 固定
  • 4. 切り出し
  • IV. 肉眼診断
  • 1. 肉眼診断のために必要な観察項目と所見
  • 2. 組織型別の肉眼的特徴
  • 3. 肉眼診断過程
  • 第2部 組織型と診断の実際
  • I. 良性腫瘍
  • 1. 管状腺腫 ( 腸型・胃型 )
  • II. 悪性腫瘍 : 一般型
  • 1. 乳頭腺癌
  • 2. 高分化管状腺癌
  • 3. 中分化管状腺癌
  • 4. 低分化腺癌
  • 5. 印環細胞癌
  • 6. 粘液癌
  • III. 悪性腫瘍 : 特殊型
  • 1. カルチノイド腫瘍, 内分泌細胞癌
  • 2. リンパ球浸潤癌
  • 3. AFP産生胃癌
  • 4. 扁平上皮癌・腺扁平上皮癌
  • 5. その他の癌 ( 絨毛癌・未分化癌 )
  • IV. 臨床的に特徴的な癌
  • 1. 胃底腺型胃癌
  • 2. 低異型度の分化型癌
  • 3. linitisplastica型胃癌
  • 4. 残胃癌
  • 5. 食道胃接合部腺癌
  • V. 非上皮性腫瘍 ( 間葉系腫瘍 )
  • 1. 胃消化管間質腫瘍 ( GIST )
  • 2. GIST以外の代表的非上皮性腫瘍
  • 3. 腫瘍様病変
  • VI. 蔓状線維粘液腫ならびに稀な間葉系腫瘍など
  • 1. plexiform angiomyxoid myofibroblastic tumor ( plexiform fibromyxoma )
  • 2. カポジ肉腫
  • 3. 滑膜肉腫
  • 4. 明細胞肉腫
  • VII. 胃リンパ腫
  • 1. 定義と分類
  • 2. MALTリンパ腫
  • 3. MALTリンパ腫の除菌反応性と組織像
  • 4. MALTリンパ腫の除菌後の評価
  • 5. びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫
  • 6. Burkittリンパ腫および関連疾患
  • 7. 濾胞性リンパ腫
  • 8. マントル細胞リンパ腫
  • 9. 形質細胞性リンパ腫
  • 10. T / NK細胞性リンパ腫
  • VIII. リンパ腫様胃症
  • 1. 概要
  • 2. 疫学・臨床病態
  • 3. 発症部位
  • 4. 肉眼像
  • 5. 組織像
  • IX. 転移性腫瘍
  • 1. 概念・定義
  • 2. 原発巣, 頻度, 臨床病理学的特徴
  • 3. 画像・肉眼所見
  • 4. 主な転移性胃腫瘍の特徴
  • 5. 転移性胃腫瘍の病理診断
  • 6. 転移性胃腫瘍の病理診断の実際
  • X. 腫瘍様病変
  • 1. 非腫瘍性胃ポリープ
  • 2. その他の疾患
  • XI. 消化管ポリポーシスに伴う胃病変
  • 1. 家族性大腸腺腫症
  • 2. Peutz - Jeghers症候群
  • 3. 若年性ポリポーシス
  • 4. Cowden病 / PTEN過誤腫症候群
  • 5. Cronkhite - Canada症候群
  • 第3部 鑑別ポイント
  • I. 内視鏡切除検体の組織診断 - 深達度, 脈管侵襲, 切除断端の判定を中心に
  • 1. 胃癌治療ガイドライン第4版による内視鏡治療の適応基準からみた病理診断の重要点
  • 2. 内視鏡切除材料の取り扱い~検鏡まで
  • 3. 内視鏡切除検体の組織学的評価
  • II. 生検
  • 1. 胃生検組織診断分類 ( Group分類 ) のコンセプト
  • 1. 胃生検組織診断基準 ( Group分類 ) のはじまり
  • 2. Group分類の変遷
  • 3. Vienna分類 ( 国際コンセンサス分類 ) の提唱
  • 4. Group分類の運用と問題点
  • 5. 改訂された胃生検組織診断分類 ( Group分類 )
  • 6. 胃生検組織診断分類 ( Group分類 ) の問題点
  • 2. 診断の難しい生検検体の判定方法
  • 1. 炎症性異型か腫瘍性異型かの判定が難しい検体
  • 2. 癌の判定が難しい検体
  • 3. 標本が原因で診断が難しい検体
  • 4. 癌と間違えやすい生検検体
  • III. 腹腔細胞診の判定
  • 1. 腹膜播種の成立機序
  • 2. 臨床病理学的特徴
  • 3. 腹腔細胞診の実施方法
  • 4. 判定と結果の記載方法
  • 5. 腹腔細胞診の細胞像
  • 6. 鑑別診断のポイント
  • 7. 鑑別のための手法
  • 第4部 臨床との連携
  • I. 薬物・放射線療法の組織学的判定
  • 1. 組織学的な効果判定の実際と問題点
  • II. レポートの記載
  • 1. 生検標本
  • 2. 内視鏡切除標本・手術切除標本
  • 3. 術中迅速検体
  • III. コンパニオン診断 - HER2テスト関連
  • 1. HER2テストの判定アルゴリズム
  • 2. HER2テストのための病理検体品質管理
  • 3. 病理の精度保証について
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

第1部 検鏡前の確認事項

P.11 掲載の参考文献
1) 日本胃癌学会編 : 胃癌取扱い規約, 第14版, 金原出版, 2010
2) Sobin L, Cospodarovicz M,Wittekind W (eds) : International Union Against Cancer TNM Classification of Malignant Tumors, 7th ed, WILEY-BLACKWELL, West Sussex UK 2009
8) 基礎医学委員会・臨床医学委員会合同腫瘍分科会 : 日本学術会議報告書 2014-7-23 我が国におけるがん研究・診療・教育体制の問題点と対策について. http://www.scj.go.jp/ja/info/kohyo/pdf/kohyo-22-h140709.pdf
P.20 掲載の参考文献
1) Bosman FT, Carneiro F, Hruban RH et al (eds) : WHO Classification of Tumours of the Digestive System (4th ed.), IARC Press, Lyon, 2010
2) Cancer Genome Atlas Research Network : Comprehensive molecular characterization of gastric adenocarcinoma. Nature 11 ; 513 (7517) : 202-209, 2014 doi : 10.1038/nature13480. Epub 2014 Jul 23
9) Majewski IJ, Kluijt I, Cats A et al : An α-E-catenin (CTNNA1) mutation in hereditary diffuse gastric cancer. J Pathol 229 : 621-629, 2013
P.25 掲載の参考文献
1) 日本胃癌学会編 : 胃癌取扱い規約, 第14版, 金原出版, 2010
2) 深山正久, 大倉康男編 : 腫瘍病理鑑別診断アトラス 胃癌, 文光堂, 2009
3) Middleton LP, Price KM, Puig P et al : Implementation of ASCO/CAP HER2 guideline recommendations in a tertiary care facility increases HER2 IHC and FISH concordance and decreases the number of inconclusive cases. Arch Pathol Lab Med 133 : 775-780, 2009
P.36 掲載の参考文献
1) 渡辺英伸 : 胃癌の肉眼的所見とその臨床応用. 新潟市医師会誌 126 : 2-6, 1981
2) 渡辺英伸, 岩渕三哉, 石原法子他 : 胃癌肉眼分類の問題点-肉眼診断の立場から-. 胃と腸 21 : 851-860, 1986
3) 渡辺英伸, 岩渕三哉, 佐々木亮他 : 切除胃病変の肉眼所見と組織所見との対比. 胃と腸 23 : 83-91, 1988
4) 岩渕三哉 : 胃病変の肉眼所見と組織所見との対比 (1) 隆起型胃癌. KARKINOS 1 : 107-114, 1988
5) 岩渕三哉 : 胃病変の肉眼所見と組織所見との対比 (4) 隆起性病変の肉眼的鑑別. KARKINOS 2 : 233-241, 1989
6) 岩渕三哉 : 胃病変の肉眼所見と組織所見との対比 (5) 浅い陥凹型癌 (分化型癌). KARKINOS 2 : 585-591, 1989
7) 岩渕三哉 : 胃病変の肉眼所見と組織所見との対比 (6) 浅い陥凹型癌 (未分化型癌). KARKINOS 2 : 1037-1044, 1989
8) 岩渕三哉, 渡辺英伸, 加藤法導他 : 肉眼所見からみた胃潰瘍の良・悪性の鑑別診断. 胃と腸 26 : 1002-1010, 1991
9) 西倉健, 味岡洋一, 渡辺玄他 : 陥凹性小胃癌の診断-マクロ診断の立場から. 胃と腸 41 : 741-751, 2006
10) 渡辺玄, 味岡洋一, 加藤卓他 : 未分化型混在早期胃癌の病理学的特徴と問題点-リンパ節転移と肉眼的特徴-. 胃と腸 42 : 1577-1587, 2007
11) 日本胃癌学会編 : 胃癌取扱い規約, 第14版, 金原出版, 2010

第2部 組織型と診断の実際

P.46 掲載の参考文献
1) 日本胃癌学会 編 : 胃癌取扱い規約, 第14版, 金原出版, 2010, pp33-34
2) 喜納勇 : 胃腺腫, dysplasia, 異型上皮巣. 病理と臨床 9 (臨増) : 264, 1991
3) Hamilton SR, Aaltonen LA (eds) : World Health Organization Classification of Tumours, Pathology and Genetics, Tumours of the Digestive System, IARC Press, Lyon, 2000, p39-52
7) Bosman FT, Carneiro F (eds) : World Health Organization Classification of Tumours, Pathology and Genetics, Tumours of the Digestive System, IARC Press, Lyon, 2010, p10-12, pp48-58
8) 日本胃癌学会編 : 胃癌取扱い規約, 第13版, 金原出版, 1999, pp92-93, pp97-99
9) 滝澤登一郎 : 胃の病理形態学, 医学書院, 2003, pp162-168
10) Borchard F, Ghanei A, Koldovsky U et al : Gastrale Differenzierung in Adenomen der Magenschleimhaut. Immunohistochemische und elektronenmikrosclopische Untersuchungen. Verh Dtsch Ges Pathol 74 : 528, 1990
12) 九嶋亮治, 向所賢一, 馬場正道他 : 胃腺腫の病理診断, 特に胃型 (幽門腺型) 腺腫について. 胃と腸 38 : 1377-1378, 2003
15) 蓮池典明, 小田一郎, 後藤田卓志他 : 長期経過からみた胃腺腫の治療方針, 経過観察を中心とする立場から. 胃と腸 38 : 1419-1431, 2003
16) 赤松泰次, 下平和久, 三枝久能他 : 通常内視鏡による隆起型の胃腺腫と分化型癌の鑑別診断. 胃と腸 49 : 1806-1810, 2014
18) 九嶋亮治, 松原亜季子, 吉永繁高他 : 胃型腺腫の臨床病理学的特徴-内視鏡像, 組織発生, 遺伝子変異と癌化. 胃と腸 49 : 1838-1849, 2014
22) 九嶋亮治, 服部隆則 : 増殖動態と分化マーカーからみた胃腺腫と腺癌の鑑別. 病理と臨床 16 : 17-23, 1998
25) Yamanoi K, Sekine S, Higuchi K et al : Decreased expression of gastric gland mucin-specific glycan αGlcNAc on its scaffold MUC6 is associated with malignant potential of pyloric gland adenoma of the stomach. Histopathology, 2015 (in press)
29) 菅井有, 幅野渉, 上杉憲幸他 : 胃腺腫と腫瘍グレードに基づいた分化型粘膜内胃癌の臨床病理学的および分子病理学的解析. 胃と腸 47 : 203-216, 2012
33) 西俣伸亮, 大重要人, 田邉寛他 : 胃腺腫にみられる内分泌細胞微小胞巣は本当にcarcinoidと呼んでよいか? 日病会誌 96 : 237, 2007
39) 森源喜, 小田一郎, 谷口浩和他 : 胃腺腫に対する治療方針-私はこう思う ; 経過観察する立場から. 胃と腸 49 : 1859-1869, 2014
P.53 掲載の参考文献
1) 日本胃癌学会編 : 胃癌取扱い規約, 第14版, 金原出版, 2010
2) Lauwers GY, Carneiro F, Graham DY et al : Gastric carcinoma. in Bosman FT, Carneiro F, Hruban RH et al (eds) : "WHO Classification of Tumours of the Digestive System", IARC, Lyon, 2010, pp48-58
3) 中村恭一 : 胃癌の構造, 医学書院, 1982
4) Lauren P : The two histological main types of gastric carcinoma : diffuse and so-called intestinal-type carcinoma. An attempt at a histochemical classification. Acta Pathol Microbiol Scand 64 : 31-49, 1965
5) 胃癌研究会・胃癌組織分類検討委員会 : 胃癌の組織学的分類 (改正案). 癌の臨床 19 : 735-746, 1973
6) 胃癌研究会・胃癌組織分類検討委員会 : 新しい胃癌組織分類による臨床病理学的検討-とくに旧分類と比較して-. 癌の臨床 22 : 298-306, 1976
7) 斎藤建, 三浦弘資, 小林誠一 : 剖検所見による胃癌の分類. 日病会誌 74 : 351, 1985
8) 加辺純雄, 西田正之, 山本真二他 : 胃の乳頭腺癌と管状腺癌の臨床病理学的検討. 防衛衛生 34 : 203-209, 1987
9) 伊藤淳一, 池田栄一, 朝田徹他 : 胃乳頭腺癌の検討. 消化器癌の発生と進展 2 : 253-256, 1990
10) 滝澤登一郎, 小池盛雄, 船田信顕他 : 胃癌の組織学的多様性と転移・浸潤に関する病理形態学的考察. 外科治療 77 : 29-36, 1997
11) 滝澤登一郎 : 胃の病理形態学, 医学書院, 2003, pp110-179
12) 河内洋, 滝澤登一郎, 堀口慎一郎他 : 胃乳頭状腺癌の悪性度と病理診断. 病理と臨床 23 : 960-965, 2005
13) 伊東干城, 滝澤登一郎, 堀口慎一郎他 : 胃分化型SM癌の浸潤と増殖. 組織像の変化について. 胃と腸 42 : 7-13, 2007
15) 廣田映五, 落合淳志, 尾田恭他 : 胃癌の組織型と予後. 胃と腸 26 : 1149-1158, 1991
18) 加辺純雄, 西田正之, 胡居郁郎他 : 噴門部癌と胃下部癌の比較検討. 日臨外会誌 45 : 1412-1415, 1984
19) 辻直子, 石黒信吾, 真能正幸他 : 噴門部領域の癌の病理診断. 胃と腸 32 : 1073-1080, 1997
22) 伊藤栄作, 滝澤登一郎 : 分化型胃癌の悪性度. 形質発現の点から. 胃と腸 38 : 701-706, 2003
23) Endo Y, Tamura G, Ajioka Y et al : Frequent hypermethylation of the hMLH1 gene promoter in differentiated-type tumors of the stomach with gastric foveolar phenotype. Am J Pathol 157 : 717-722, 2000
26) 杉浦敏昭, 末岡伸夫, 西垣均他 : Alpha-fetoprotein産生若年者胃癌 (乳頭腺癌) の1例. Gastroenterol Endosc 36 : 363-369, 1994
P.61 掲載の参考文献
2) 菅井有, 幅野渉, 上杉憲幸他 : 胃腺腫と腫瘍グレードに基づいた分化型粘膜内胃癌の臨床病理学的および分子病理学的解析. 胃と腸 47 : 203-216, 2012
9) 中村眞一, 菅井有 : 胃. 病理と臨床 24 (臨増) : 76-86, 2006
P.68 掲載の参考文献
1) 日本胃癌学会編 : 胃癌取扱い規約, 第14版, 金原出版, 2010, pp34
2) 胃癌研究会編 : 外科・病理 胃癌取扱い規約, 第4版, 金原出版, 1965, pp32-38
3) 日本胃癌学会編 : 胃癌取扱い規約, 第9版, 金原出版, 1971, pp32-35
4) 日本胃癌学会編 : 胃癌取扱い規約, 第12版, 金原出版, 1993, pp65
5) Oota K, Sobin LH : Histological typing of oesophageal and gastric tumours. Springer-Verlag, Berlin, 1977, pp38-39
6) Hamilton R, Aaltonen LA (eds). World Health Organization Classification of tumours, pathology and genetics of tumours of the digestive system, IARC, Lyon, 2000, pp52-54
8) 大倉康男, 守永広征 : 早期胃癌 2009, 3. 早期胃癌の病理, 3) 組織型. 胃と腸 44 : 479-485, 2009
9) 中村恭一 : 胃癌の構造 第3版, 医学書院, 東京, 2005, pp87-226
10) 石黒信吾 : 中分化型管状腺癌. 深山正久, 大倉康男編 : 腫瘍病理鑑別診断アトラス 胃癌, 文光堂, 2009, pp63-68
P.74 掲載の参考文献
1) 中村恭一 : 胃癌の構造, 医学書院, 1982
6) Kunisaki C, Akiyama H, Nomura M et al : Clinicopathological properties of poorly differentiated adenocarcinoma of the stomach : comparison of solid-and non-solid-types. Anticancer Res 26 : 639-646, 2006
P.83 掲載の参考文献
1) Bosman FT, Carneiro F, Hruban RH et al (eds) : WHO classification of tumours of digestive system, IARC, Lyon, 2010
2) Sugihara H, Hattori T, Fukuda M et al : Cell proliferation and differentiation in early and advanced signet ring cell carcinomas of the human stomach. Virchows Arch [A] 411 : 117-127, 1987
7) 杉原洋行 : 胃癌における粘膜のリモデリング. 日本医事新報 4160 : 97-98, 2004
9) 杉原洋行 : ヒト印環細胞癌の胃粘膜内での増殖と分化 : "層構造" 形成のメカニズム. 京府医大誌 93 : 591-605, 1984
11) 滝沢耕平, 下田忠和, 中西幸浩他 : 早期胃癌に対する内視鏡切除の適応拡大 : 未分化型腺癌について. 胃と腸 41 : 9-17, 2006
P.88 掲載の参考文献
1) 日本胃癌学会 編 : 胃癌取扱い規約, 第14版, 金原出版, 2010, pp8, pp33
4) Songur Y, Okai T, Watanabe H et al : Preoperative diagnosis of mucinous gastric adenocarcinoma by endoscopic ultrasonography. Am J Gastroenterol 91 : 1586-1590, 1996
5) 上堂文也, 飯石浩康, 石黒信吾他 : 粘膜下腫瘍様の形態を呈し術前診断が困難であった胃粘液癌の1例. 胃と腸 38 : 1557-1561, 2003
P.109 掲載の参考文献
1) 日本胃癌学会編 : 胃癌取扱い規約, 第14版, 金原出版, 2010, pp27-69
2) Bosman FT, Carneiro F, Hruban RH et al (eds) : WHO Classification of Tumours of the Digestive System. IARC Press, Lyon, 2010, pp10-417
3) 膵・消化管神経内分泌腫瘍 (NET) 診療ガイドライン, 第1版, 金原出版, 2015, pp1-151
4) 大腸癌研究会編 : 大腸癌取扱い規約, 第8版補訂版, 金原出版, 2013, pp1-104
5) 遠城寺宗知, 渡辺英伸 : 消化管カルチノイドの病理. 胃と腸 10 : 615-623, 1975
7) 岩渕三哉, 渡辺英伸, 野田裕他 : 腸カルチノイドの病理. 胃と腸 24 : 869-882, 1989
8) 岩渕三哉, 渡辺英伸, 石原法子他 : 消化管のカルチノイドと内分泌細胞癌の病理. 臨牀消化器内科 5 : 1669-1681, 1990
9) 岩渕三哉, 西倉健, 渡辺英伸他 : 胃と大腸の早期内分泌細胞癌. 消化器内視鏡 7 : 275-284, 1995
10) 岩渕三哉, 渡辺徹, 坂下千明他 : 消化管内分泌細胞腫瘍の概念・分類・病理診断. 臨牀消化器内科 21 : 1361-1376, 2006
11) 岩渕三哉, 渡辺徹, 本間陽奈他 : 消化管内分泌細胞腫瘍の日本の分類と2010年WHO分類の対比. 胃と腸 48 : 941-955, 2013
13) 岩渕三哉, 須貝美佳 : 大腸の神経内分泌腫瘍の病理診断. 杉原健一, 五十嵐正広, 渡邉聡明他 (編) : 大腸疾患 2015, 日本メディカルセンター, 2015, pp61-75
15) 岩下明徳, 高山成吉, 尾石樹泰他 : 胃カルチノイドの臨床病理学的検索-特にType I (A型胃炎に合併) Type III (sporadic) のリンパ節転移率について. 胃と腸 35 : 1365-1380, 2000
16) 海崎泰治, 細川治, 浅海吉傑他 : 消化管内分泌細胞腫瘍の病理学的特徴-上部消化管 (食道・胃・十二指腸) を中心に. 胃と腸 48 : 957-970, 2013
17) 金城譲, 鈴木晴久, 小田一郎他 : 胃内分泌細胞腫瘍 (カルチノイド腫瘍) の診断と治療. 胃と腸 48 : 982-992, 2013
18) Iwafuchi M, Watanabe H, Yanaihara N et al : Immunohistochemical and ultrastructural characteristics of gastric carcinoids. Biomed Res 4 (Suppl) : 307-313, 1983
20) 坂下千明, 岩渕三哉, 渡辺徹他 : A型慢性胃炎におけるVMAT-2細胞とghrelin 細胞の検討. ホルモンと臨床 56 (増刊) : 125-131, 2008
24) 瀬戸山博子, 多田修治, 上原正義他 : 短期間に急速増大を示した胃内分泌細胞癌の2例. 日消内会誌 49 : 1413-1418, 2007
26) 日比知志, 寺崎正起, 岡本恭和他 : 腺癌と共存した胃内分泌細胞癌の1例とわが国の報告71例の検討. 癌の臨床 48 : 807-812, 2002
27) 岩渕三哉, 草間文子, 渡辺徹他 : 胃の内分泌細胞癌の特性. 病理と臨床 23 : 966-973, 2005
28) 草間文子, 岩渕三哉, 渡辺徹他 : 胃内分泌細胞癌の組織発生-粘液形質, Cdx2, p53蛋白染色からみて. ホルモンと臨床 55 (増刊) : 211-218, 2007
30) 岩下明徳, 原岡誠司, 池田圭祐他 : 直腸カルチノイド腫瘍の臨床病理学的検索-転移例と非転移例の比較を中心に. 胃と腸 40 : 151-162
P.116 掲載の参考文献
2) 海崎泰治, 細川治, 宮永太門他 : リンパ球浸潤胃癌-病理の立場から. 胃と腸 45 : 1916-1925, 2010
3) 神崎洋光, 飯石浩康, 長井健悟他 : リンパ球浸潤胃癌-臨床の立場から. 胃と腸 45 : 1926-1934, 2010
P.122 掲載の参考文献
2) Chang YC, Nagasue N, Abe S et al : Comparison between the clinicopathologic features of AFP-positive and AFPnegative gastric cancers. Am J Gastroenterol 87 : 321-325, 1992
8) Kashimura H, Shimoda T, Ikegami M : The phenotypic expressions of AFP producing gastric carcinoma. Jpn J Gastroenterol 92 : 751-760, 1995
12) 福田耕二, 伊藤祝栄, 清水健司他 : AFP産生胃癌についての後方的検討. 癌と化学療法 40 : 191-195, 2013
14) 天野一郎, 澤井直樹, 水野智恵他 : Trastuzumab/Docetaxel/S-1併用療法が奏効したHER2陽性AFP産生胃癌の1例. 癌と化学療法 39 : 2541-2544, 2012
15) 西和田敏, 渡辺明彦, 吉川高宏他 : TrastuzumabとS-1を中心とした化学療法が著効した腹膜転移を伴うAFP産生胃癌の1例. 癌と化学療法 40 : 511-514, 2013
17) Kinjo T, Taniguchi H, Kushima R et al : Histologic and immunohistochemical analyses of α-fetoprotein--producing cancer of the stomach. Am J Surg Pathol 36 : 56-65, 2012
P.127 掲載の参考文献
1) 日本胃癌学会編 : 胃癌取扱い規約, 第13版, 金原出版, 1999
3) 佐野量造 : 胃疾患の臨床病理, 医学書院, 1974
5) 太田博敏, 高木国夫, 加藤洋 : 胃の腺扁平上皮癌. 癌の臨床 24 : 1287-1294, 1978
6) 山際裕史 : 胃腸管におけるAdenosquamous cell carcinoma. 臨床病理 33 : 674-678, 1985
9) 前田将宏, 谷口浩和, 関根茂樹他 : 胃腺扁平上皮癌の臨床病理学的研究. 胃と腸 45 : 1959-1966, 2010
10) 高橋秀和, 水谷伸, 西田俊朗他 : 術前化学療法にて腺癌成分が消失した胃原発腺扁平上皮癌の1例. 日消外会誌 40 : 1485-1489, 2007
11) 大屋久晴, 谷口浩和, 関根茂樹他 : 腺癌成分がEBV陽性リンパ球浸潤胃癌であった腺扁平上皮癌の1例. 胃と腸 45 : 1987-1991, 2010
13) 齋藤裕人, 尾山勝信, 伏田幸夫他 : 急激な経過をとったG-CSF産生胃腺扁平上皮癌の1例. Jpn J Cancer Chemother 40 : 799-802, 2013
P.132 掲載の参考文献
1) 中村恭一, 喜納勇 : 消化管の病理と生検組織診断, 医学書院, 1980, pp100-125
2) 小関哲夫, 久保田富也 : 腺癌と悪性絨毛上皮腫の組織像を併有した胃腫瘍の一剖検例. GANN 50 (Suppl) : 287-288, 1959
4) 海上雅光, 廣田映五, 板橋正幸他 : 胃原発悪性絨毛性腫瘍の3例. 癌の臨床 28 : 204-210, 1982
5) Davidsohn C : Chorionepithelion und Margenkrebs, eine seltene Verschmelzung zweiger bosartiger Geschwulste. Charite-Ann 29 : 426-437, 1905
6) Lauwers GY, Carneiro F, Graham DY et al : Gastric carcinoma, in Bosman T, Carneiro F, Hruban RH et al (eds) : "WHO Classification of Tumours of the Digestive System", IARC, Lyon, 2010
7) 増田亮, 磯山徹, 板東隆文他 : 胃原発絨毛癌の1例-本邦例45例の文献的考察-. 癌の臨床 36 : 1025-1030, 1990
13) 藤本康二, 田中英夫, 武田博士 : 腺癌を合併した胃癌原発絨毛癌の1例. 日臨外会誌 55 : 1480-1483, 1994
P.138 掲載の参考文献
2) 西倉健, 渡辺英伸, 味岡洋一他 : 胃型分化型腺癌の判定基準と病理学的特徴. 胃と腸 34 : 495-506, 1999
3) 八尾隆史, 椛島章, 上月俊夫他 : 胃型分化型腺癌. 新しい抗体を用いた免疫染色による癌の形質判定. 胃と腸 34 : 477-485, 1999
11) 八尾隆史, 上山浩也, 九嶋亮治他 : 新しいタイプの胃癌-胃底腺型胃癌-臨床病理学的特徴と発育進展様式および悪性度. 胃と腸 45 : 1192-1202, 2010
13) 上山浩也, 八尾隆史, 渡辺純夫 : 胃底腺型胃癌の臨床病理学的特徴. Gastroenterol Endosc 57 (Supple 1) : 578, 2015
17) 日本胃癌学会編 : 胃癌取扱い規約, 14版, 金原出版, 2010
21) Hidaka Y, Mitomi H, Saito T et al : Alteration in the Wnt/β-catenin signaling pathway in gastric neoplasias of fundic gland (chief cell predominant) type. Hum Pathol 44 : 2438-2448, 2013
22) Lee SY, Saito T, Mitomi H et al : Mutation spectrum in the Wnt/β-catenin signaling pathway in gastric fundic glandassociated neoplasms/polyps. Virchows Arch 467 : 27-38, 2015
23) 村上敬, 三富弘之, 八尾隆史他 : 胃底腺型胃癌の発育進展様式と発癌機序. 胃と腸 2015 (印刷中).
25) Nomura R, Saito T, Yao T et al : GNAS mutation as an alternative mechanism of activation of the Wnt/β-catenn signaling pathway in gastric adenocarcinoma of the fudic gland type. Hum Pathol 45 : 2488-2496, 2014
P.146 掲載の参考文献
6) 九嶋亮治, 松原亜季子, 谷口浩和他 : 低異型度分化型胃癌の病理学的特徴-腺腫との鑑別を含めて. 胃と腸 45 : 1086-1096, 2010
8) 滝澤登一郎 : 胃の病理形態学. 医学書院, 2003, pp168-172
P.154 掲載の参考文献
1) 中村恭一, 加藤洋, 美薗俊明他 : Linitis plastic型癌の発育過程に関する研究. 胃と腸 15 : 225-234, 1980
2) Brinton W : The Disease of the Stomach, J Churchill, London, 1859
3) Saphir O, Parker ML : Linitis plastic type of carcinoma. Surg Gynecol Ostet 76 : 206-213, 1943
4) 杉山憲義, 馬場保昌, 竹腰隆男他 : linitis plastica状態の胃癌の臨床経過の検討-癌の発育曲線と臨床経過の比較. 胃と腸 15 : 1153-1163, 1980
6) 北川晋二, 本岡慎, 田中啓二他 : linitis plastica型胃癌と胃底腺領域癌の年代的推移-集団検診群と病院受診群を対比して. 胃と腸 27 : 565-578, 1992
7) 望月福治, 池田卓, 長南明道他 : linitis plastica型胃癌検診の現状-集検受診群と病院例から. 胃と腸 27 : 551-563, 1992
8) 岩渕三哉, 渡辺英伸, 若林泰文他 : スキルス型胃癌の発育・進展. 最新医学 41 : 980-986, 1986
9) Hirose S, Honjou H, Nakagawa H et al : Scirrhous carcinoma of the stomach : A clinical and pathological study of 106 surgical cases. Gastroenterologica Japonica 24 : 481-487, 1989
10) 照井健, 松浦邦彦, 新津洋司郎 : 癌細胞に対するコラーゲンの役割. Biotherapy 5 : 1404-1412, 2003
P.161 掲載の参考文献
1) 和田了 : 背景粘膜からみた残胃癌の組織発生に関する病理組織学的検討. 順天堂医学 33 : 95-109, 1987
2) 森本俊雄 : 十二指腸潰瘍に対する胃切除術後長期経過例における残胃の生理学的ならびに組織学的研究. 日消外会誌 21 : 2703-2711, 1988
3) 島津久明, 堀川佳朗, 帆北修一他 : 残胃癌-とくに狭義の残胃癌を中心に-. 外科診療 31 : 1186-1193, 1989
4) 九嶋亮治, 服部隆則 : 残胃癌の病理と組織発生. 消化器内視鏡 11 : 1495-1502, 1999
5) 二村浩史, 高山澄夫 : 残胃癌. 青木照明, 羽生信義編 : 胃切除後障害のマネジメント, 医薬ジャーナル社, 2000, pp98-103
6) 曽和融生, 仲田文造 : 残胃癌-その研究と今後の展望-癌発生につながる前癌状態の視点から-. 曽和融生, 三輪晃一編 : 続・残胃癌 最近のトピックスからみた病態と治療, 医薬ジャーナル社, 2000, pp14-24
7) 八尾隆史, 吉村大輔, 中村典資他 : 残胃癌の臨床病理学的特徴と組織発生. 胃と腸 39 : 997-1008, 2004
8) 松尾信吉 : 胃潰瘍楔状切除後十一年目に発生せし胃癌. 九大医報 8 : 321-324, 1934
9) 齊藤素子, 梨本篤, 藪崎裕 : Billroth I法再建後の残胃の癌についての臨床病理学的検討. 日消外会誌 37 : 1-6, 2004
10) 大橋真記, 片井均, 深川剛生他 : 最近の残胃癌の頻度の動向. 胃と腸 39 : 977-983, 2004
11) 和田了, 三輪洋人, 阿部寛他 : 残胃吻合部胃炎とHelicobacter pyloriとの関連性に関する病理組織学的検討. 消化器内視鏡 9 : 975-981, 1997
12) 中村恭一 : 胃癌の構造, 第2版, 医学書院, 1990
13) 和田了 : 胃分化型腺癌の組織発生-超微小分化型腺癌巣の免疫組織化学的粘液染色所見から-. 癌の臨床 48 : 255-261, 2002
16) 岩下明徳. 黒岩重和, 遠城寺宗知他 : Stomal polypoid hypertrophic gastritis (SPHG) (gastritis cystica polyposa ; GCP) に発生したI型早期胃癌の1例. 胃と腸 17 : 1333-1339, 1982
17) 鈴木恵子, 山道昇, 松能久雄他 : Gastritis cystica polyposaを基盤として発生した残胃早期胃癌の検討. 金医大誌 10 : 128-134, 1985
18) 細川治, 山道昇, 中泉治雄他 : Gastritic cystica polyposaと合併した残胃早期癌の検討. Gastroenterological Endoscopy 30 : 314-320, 1988
19) 渡部博之, 島仁, 長沼敏雄他 : Stomal polypoid hypertrophic gastritisに発生した早期癌の1例. Gastroenterological Endoscopy 31 : 2432-2439, 1989
20) 新垣淳也, 青柳慶史朗, 孝冨士喜久生他 : Gastritis cystica polyposaに発生した残胃早期胃癌の1例. 癌の臨床 42 : 1177-1181, 1996
22) 岩永剛 : 胃における多発性粘膜下嚢腫と癌. 癌の臨床 19 : 971-979, 1973
23) 和田了, 阿部寛, 滝和博他 : 多発性胃粘膜下侵入腺管38例の病理組織学的検討. 癌の臨床 36 : 47-52, 1990
25) 和田了, 阿部寛, 浜谷茂治他 : 残胃早期癌診断の難しさ. 消化器内視鏡 11 : 193-198, 1999
26) 三輪晃一, 宮田龍和, 宮崎逸夫他 : 手術を受けた胃癌のリスク. 日消外会誌 21 : 1191-1194, 1988
27) 村田智昭, 和田了, 阿部寛他 : 微量胆汁酸を投与されたラット胃粘膜上皮に関する形態計測的・細胞動態的研究. 日消誌 88 : 1532-1538, 1991
P.168 掲載の参考文献
1) Bosman FT, Carneiro F, Hruban RH et al (eds) : WHO classification of tumours of the digestive system, 31, International IARC, Lyon, 2010
3) Siewert JR, Stein HJ : Classification of adenocarcinoma of the esophagogastric junction. Br J Surg 85 : 1457-1459, 1988
5) 田久保海誉, 本間尚子, 岩切勝彦他 : 胃・食道接合部の構造. 病理と臨床 22 : 552-556, 2003
6) 渡辺英伸, 田邊匡, 八木一芳他 : 食道胃接合部癌の病理学的特徴-組織発生の面からBarrett食道癌と比較して. 胃と腸 36 : 634-645, 2001
7) 大橋健一 : 胃・食道接合部に発生する早期腺癌の病理形態像について. 病理と臨床 22 : 563-568, 2003
9) 星原芳雄, 木暮喬, 福地創太郎他 : 下部食道縦走血管の内視鏡的観察とその臨床的意義. Gastroenterol Endosc 28 : 941-946, 1986
11) American Gastroenterological Association, Spheler SJ, Souza RF et al : American Gastroenterological Association medical position statement on the management of Barrett's esophagus. Gastroenterology 140 : 1084-1091, 2011
20) Weaver JM, Ross-Innes CS, Shannon N et al : Oedering ig mutations in preinvasive disease stages of esophageal carcinogenesis. Nat Genet 46 : 837-843, 2014
P.179 掲載の参考文献
1) Bosman FT, Carneiro F, Hruban RH et al eds : WHO classification of tumours of the digestive system, IARC Press, Lyon, 2010
2) 日本胃癌学会編 : 胃癌取扱い規約, 第14版, 金原出版, 2010
3) Stout AP : Tumors of the stomach. Fascicle 21, Atlas of Tumor Pathology, Armed Forces Institute of Pathology, Washington DC, 1953, pp30-49
5) Herrera GA, Cerezo L, Jones JE et al : Gastrointestinal autonomic nerve tumors ; "Plexosarcomas." Arch Pathol Lab Med 113 : 846-853, 1989
10) Kindblom LG, Remotti HE, Aldenborg F et al : Gastrointestinal pacemaker cell tumor (GIPACT). Gastrointestinal stromal tumors show phenotypic characteristics of the interstitial cells of Cajal. Am J Pathol 152 : 1259-1269, 1998
14) Yarden Y, Kuang WJ, Yang-Feng T et al : Human protooncogene c-kit : a new cell surface receptor tyrosine kinase for an unidentified ligand. EMBO Journal 6 : 3341-3351, 1987
27) Flethcer CDM, Berman JJ, Corless C et al : Diagnosis of gastrointestinal stromal tumors : A consensus approach. Hum Pathol 33 : 459-465, 2002
P.186 掲載の参考文献
6) Ikemura M, Maeda E, Hatao F et al : Plexiform angiomyxoid myofibroblastic tumor (PAMT) of the stomach. A case report focusing on its characteristic growth pattern. Int J Clin Exp Pathol 7 : 685-689, 2014
P.197 掲載の参考文献
1) Swerdlow SH, Campo E, Harris NL et al : World Health Organization Classification of Tumours of Haematopoietic and Lymphoid Tissues, IARC Press, Lyon, 2008
4) 吉野正, 市村浩一, 佐藤由美子他 : 胃MALTリンパ腫の除菌後の経過と分子基盤. 胃と腸 39 : 295-301, 2004
9) Copie-Bergman C, Gaulard P, Lavergne-Slove A et al : Proposal for a new histological grading system for posttreatment evaluation of gastric MALT lymphoma. Gut 52 : 1656, 2003
15) Sato Y, Ichimura K, Tanaka T et al : Duodenal follicular lymphomas share common characteristics with mucosaassociated lymphoid tissue lymphomas. J Clin Pathol 61 : 377-381, 2008
P.201 掲載の参考文献
P.213 掲載の参考文献
1) 原岡誠司, 岩下明徳, 中山吉福 : 病理から見た消化管転移性腫瘍. 胃と腸 38 : 1755-1771, 2003
2) Iacobuzio-Donahue C, Groisman GM : Secondary tumours of the stomach. in Bosman FT, Carneiro F, Hruban RH, Theise ND (eds) : "WHO Classification of Tumours of the Digestive System", IARC, Lyon, 2010, pp79-80
5) Washington K, McDonagh D : Secondary tumors of the gastrointestinal tract : surgical pathologic findings and comparison with autopsy survey. Mod Pathol 8 : 427-433, 1995
7) 濱中久尚, 小田一郎, 後藤田卓志他 : 転移性胃腫瘍の形態的特徴. 内視鏡像を中心に. 胃と腸 38 : 1785-1789, 2003
11) 赤羽麻奈, 田近正洋, 近藤真也他 : 転移性胃腫瘍8例の臨床病理学的検討. 日消誌 109 : 585-592, 2012
13) Kadakia SC, Parker A, Canales L : Metastatic tumors to the upper gastrointestinal tract : endoscopic experience. Am J Gastroenterol 87 : 1418-1423, 1992
14) 伴慎一, 佐藤英章 : 内視鏡生検で確認された上部消化管の転移性癌. 日病会誌 104 : 476, 2015
17) 大杉治之, 藤井将人, 北村悠樹他 : 腎細胞癌胃転移の2例. 泌尿紀要 60 : 475-479, 2014
18) 浜田勉, 近藤健司, 北條裕美子他 : 転移性胃腫瘍の形態的特徴. X線像を中心に. 胃と腸 38 : 1773-1784, 2003
24) 森田豊彦 : 教室における最近17. 5年間の肺癌剖検例-肺癌399例の臨床病理学的解析-. 癌の臨床 22 : 1323-1337, 1976
25) 長谷川直樹, 山澤文裕, 金沢実他 : 原発性肺癌の胃転移についての検討. 日胸疾会誌 31 : 1390-1396, 1993
27) 北村匡 : スキルス胃癌と鑑別を要する腫瘍性疾患 転移性胃癌. 胃と腸 45 : 489-492, 2010
28) 梁英富, 酒井洋, 池田徹他 : 肺癌における消化管転移の検討. 日胸疾会誌 34 : 968-972, 1996
31) O'Connell FP, Wang HH, Odze RD : Utility of immunohistochemistry in distinguishing primary adenocarcinomas from metastatic breast carcinomas in the gastrointestinal tract. Arch Pathol Lab Med 129 : 338-347, 2005
32) Pectasides D, Psyrri A, Pliarchopoulou K et al : Gastric metastases originating from breast cancer : report of 8 cases and review of the literature. Anticancer Res 29 : 4759-4763, 2009
33) Raju U, Ma CK, Shaw A : Signet ring variant of lobular carcinoma of the breast : a clinicopathologic and immunohistochemical study. Mod Pathol 6 : 516-520, 1993
36) Retsas S, Christofyllakis C : Melanoma involving the gastrointestinal tract. Anticancer Res 21 : 1503-1507, 2001
37) Lewin KJ, Appelman HD : Tumors of the Esophagus and Stomach, Armed Forces Institute of Pathology, Washington, D.C., 1996, pp458-462
49) 深山正久, 野口雅之, 松野吉宏編 : 腫瘍病理鑑別診断アトラス 肺癌, 文光堂, 2014, pp80-83, pp108-112
P.229 掲載の参考文献
1) Wauters GV, Ferrell L, Ostroff JW et al : Hyperplastic gastric polyps associated with persistent Helicobacter pylori infection and active gastritis. Am J Gastroenterol 85 : 1395-1397, 1990
2) Daibo M, Itabashi M, Hirota T : Malignant transformation of gastric hyperplastic polyps. Am J Gastroenterol 82 : 1016-1025, 1987
6) Iida M, Yao T, Watanabe H et al : Fundic gland polyposis in patients without familial adenomatosis coli : its incidence and clinical features. Gastroenterology 86 : 1437-1442, 1984
8) Stolte M, Bethke B, Ruhl G et al : Omeprazole-induced pseudohypertrophy of gastric parietal cells. Z Gastroenterol 30 : 134, 1992
13) Halbert RE : Peutz-Jeghers syndrome with metastasizing gastric adenocarcinoma. Arch Pathol Lab Med 106 : 517-520, 1982
14) Utsunomiya J, Gocho H, Miyanaga T et al : Peutz-Jeghers syndrome : its natural course and management. Johns Hopkins Med J 136 : 71-82, 1975
16) Helwig EB, Ranier A : Inflammatory fibroid polyps of the stomach. Am J Pathol 28 : 535, 1952
18) Navas-Palacios JJ, Colina-Ruizdelgado F, Sabches-Parrea et al : Inflammatory fibroid polyps of the gastrointestinal tract. An immunohistochemical and electron microscopic study. Cancer 51 : 1682-1690, 1983
19) Cespedes M, Saez A, Rodringuez et al : Chronic anisakiasis presenting as a mesenteric mass. Abdom Imaging 25 : 548-550, 2000
23) Dumellof L, Eliksson S, Hellander HF et al : Lipid island in the gastric mucosa after resection for benign ulcer disease. Gastroenterology 72 : 14, 1977
25) Kaneda M, Yano T, Yamamoto T et al : Ectopic pancreas in the stomach presenting as an inflammatory abdominal mass. Am J Gastroenterol 84 : 663-666, 1989
28) Hickman DM, Frey CF, Carson JW : Adenocarcinoma arising in gastric heterotopic pancreas. West J Med 135 : 57-62, 1981
35) 磯辺敬 : アミロイドーシス, 医学書院, 1997
37) 多田修治, 飯田三雄, 檜沢一興他 : アミロイドーシスにおける上部消化管病変の特徴. 胃と腸 29 : 1357-1368, 1994
38) Lewin KJ : The endocrine cells of the gastrointestinal tract. The normal endocrine cells and their hyperplasias, Part 1. Pathol Annu 21 : 1-27, 1986
40) Bordi C, Cocconi G, Togni R et al : Gastric endocrine cell proliferation associated with Zollinger-Ellison syndrome. Arch Pathol 98 : 274-279, 1974
41) Ganguli PC, Polak JM, Pearse AG et al : Antral "G" cell hyperplasia with peptic ulcer disease : a new clinical entity. Gut 14 : 822, 1973
43) Muller J, Kirchner T, Muller-Hermelink HK : Gastric endocrine cell hyperplasia and carcinoid tumors in atrophic gastritis type A. Am J Surg Pathol 11 : 909-917, 1987
P.238 掲載の参考文献
4) 関根茂樹, 下田忠和, 中西幸浩他 : 家族性大腸腺腫症に伴う胃底腺ポリポーシスの腫瘍化. 胃と腸 29 : 1121-1126, 2004
11) 大腸癌研究会 : 遺伝性大腸癌診療ガイドライン2012年版, 金原出版, 2012
13) National Comprehensive Cancer Network. Genetic/Familial High-Risk Assessment : Colorectal (Version 1.2015). http://www.nccn.org/professionals/physician_gls/pdf/genetics_colon.pdf
18) 太田玉紀, 渡辺英伸 : Peutz-Jeghers 症候群と若年性ポリポーシス病変の形態形成機序と腫瘍化. 胃と腸 28 : 1268-1278, 1993
22) Al-Thihli K, Palma L, Marcus V et al : A case of Cowden's syndrome presenting with gastric carcinomas and gastrointestinal polyposis. Nat Clin Pract Gastroenterol Hepatol 6 : 184-189, 2009
23) 後藤明彦 : 特殊な消化管ポリープ, ポリポージス-臨床と本邦症例の集計Cronkhite-Canada症候群. 日本臨床 49 : 2955-2960, 1991

第3部 鑑別ポイント

P.246 掲載の参考文献
1) 日本胃癌学会編 : 胃癌治療ガイドライン, 第4版, 金原出版, 2014, pp20-23
4) 日本胃癌学会編 : 胃癌取扱い規約, 第14版, 金原出版, 2010
5) 滝沢耕平, 小野裕之, 蓮池典明他 : ESD/EMRからみた未分化型混在早期胃癌の取り扱い. 胃と腸 42 : 1647-1658, 2007
6) 藤崎順子, 山本頼正, 山本智理子他 : ESDからみた未分化型混在早期胃癌の取り扱い. 胃と腸 42 : 1659-1669, 2007
P.253 掲載の参考文献
1) 長与健夫, 望月孝規, 佐野量造他 : 胃癌診断のための胃生検組織分類試案. 癌の臨床 15 : 937-952, 1969
2) 胃癌研究会編 : 外科病理 胃癌取扱い規約, 第8版, 金原出版, 1971, pp74-76
3) 胃癌研究会・生検組織分類委員会 : 胃生検組織診断分類 (Group分類) 改正案. 癌の臨床 29 : 737-754, 1983
4) 喜納勇 : 胃生検組織診断分類 (Group分類) 改正案のGroup IIIについて. 胃と腸 19 : 1071-1078, 1984
5) 日本胃癌学会編 : 胃癌取扱い規約, 第11版, 金原出版, 1984
6) 加藤洋 : 胃生検Group分類の歴史と問題点-Vienna分類との関係も含めて. 胃と腸 39 : 1443-1447, 2004
8) Schlemper RJ, 加藤洋, Riddell RH他 : 消化管上皮性腫瘍 (gastrointestinal epithelial neoplasia) の新しい国際コンセンサス分類 (Vienna classification). 胃と腸 34 : 1043-1049, 1999
9) 中村真一, 菅井有, 加藤洋 : 胃生検組織診断分類 (Group分類) の問題点-アンケート調査による検証. 胃と腸 39 : 1449-1455, 2004
10) 浜田勉, 大谷吉秀, 岩下明徳他 : 胃生検Group分類の問題点-臨床医からみた問題点 : アンケート報告. 胃と腸 39 : 1456-1461, 2004
11) 大腸癌研究会編 : 大腸癌取扱い規約, 第7版, 金原出版, 2006
12) 日本胃癌学会編 : 胃癌取扱い規約, 第14版, 金原出版, 2010
13) 鼻岡昇, 飯石浩康, 上堂文也他 : 内視鏡的経過観察症例からみた新旧分類にGroup II・Group 2病変の問題点. 胃と腸 47 : 165-172, 2012
14) 藤崎順子, 吉澤奈津子, 山本知智里子他 : 新旧分類でのGroup 2病変の内視鏡再検, 追加結果の検討. 胃と腸 47 : 174-185, 2012
15) 海崎泰治, 細川治, 宮永太門他 : 胃生検 "indefinite for neoplasia, Group 2" 診断症例の臨床病理学的検討. 胃と腸 47 : 187-195, 2012
16) 小野寺正征, 中嶋安彬, 高橋俊介他 : Group 2と診断されている症例の実態-検査センターの立場から. 胃と腸 47 : 196-202, 2012
P.265 掲載の参考文献
1) 日本胃癌学会編 : 胃癌取扱い規約, 第14版, 金原出版, 2010
2) 三富弘之, 大倉康男 : 病理学的に逆追跡可能な早期胃癌症例の解析-多施設症例の検討-. 胃と腸 43 : 1784-1797, 2008
3) 大倉康男, 中村恭一, 西沢護 : 胃型分化型腺癌の生検組織診断とその問題点-とくに経過をみた症例を中心に-. 病理と臨床 13 : 18-26, 1995
4) 長浜隆司, 八巻悟郎, 大倉康男他 : 組織異型が弱く2年7か月経過観察を行った胃型分化型sm胃癌の1例. 胃と腸 38 : 723-732, 2003
5) 八尾隆史, 大家正文, 西山憲一他 : 病理学的に胃癌と鑑別する必要がある炎症性病変. 胃と腸 37 : 1715-1722, 2002
P.278 掲載の参考文献
1) 川口隆憲 : 癌転移概論, 金原出版, 2002, pp192-197
2) 海老原善郎 : 体腔液の細胞診, 病理と臨床 7 (臨時増刊号) : 145-157, 1989
3) 川口隆憲 : 癌転移概論, 金原出版, 2002, pp156-163
4) Miao ZF, Wang Zn, Zhao TT et al : Peritoneal milky spots serve as a hypoxic niche and favor gastric cancer stem? progenitor cell peritoneal dissemination through hypoxiainducible factor 1α. Stem Cells 32 : 3062-3074, 2014 doi : 10.1002/stem.1816
6) 日本胃癌学会編 : 胃癌取扱い規約, 改訂第14版, 金原出版, 2010
7) 日本胃癌学会編 : 胃癌治療ガイドライン, 第4版改訂版, 金原出版, 2014
8) 布部創也, 岩崎善毅, 大橋学他 : 洗浄細胞診陽性4型胃癌に対する治療戦略-洗浄細胞診の変化からみた治療方針の決定-. 癌と化学療法 34 : 1952-1954, 2007
9) 日本臨床細胞学会編 : 胃癌腹腔洗浄細胞診のガイドライン. 日臨細胞誌 40 : 93-98, 2001
12) 日本臨床細胞学会編 : 細胞診ガイドライン, 第4巻, 金原出版, 2015
13) 畠榮, 三上芳喜 : 体腔液細胞診におけるCollagenous Stromaの意義について. 海老原善郎, 亀井敏昭 : 体腔細胞診アトラス. 篠原出版社, 2005, pp58-61
14) 広川満良, 有安早苗, 鐵原拓雄他 : マウントクィック封入剤を用いた細胞転写法の免疫細胞化学および電子顕微鏡的検索への応用. 日臨細胞会誌 34 : 1236-1237, 1995
15) 伊藤仁, 小山田裕行, 加戸伸明他 : セルブロック作製法と特殊染色 (胸腹水). 病理と臨床 28 : 1136-1140, 2010

第4部 臨床との連携

P.285 掲載の参考文献
1) 日本胃癌学会編 : 胃癌取扱い規約, 第14版, 金原出版, 2014
2) Shimozato Y : Histopathological studies on irradiated lung tumors. Gann 55 : 521-535, 1964
3) 大星章一, 下里幸雄, 板倉克明他 : 癌放射線療法の病理 [1] 癌組織の治癒過程の組織学的追跡, 医学のあゆみ 61 : 618-625, 665-671, 1967
4) 日本胃癌研究会編 : 胃癌研究会69回のあゆみ, 1998
5) 日本胃癌学会編 : 胃癌治療ガイドライン, 第3版, 金原出版, 2014
6) 九嶋亮治他 : 「胃癌取扱い規約 改訂第14版」のポイント, 病理と臨床 28 : 452-455, 2010
P.294 掲載の参考文献
1) 日本胃癌学会 編 : 胃癌取扱い規約, 第14版, 金原出版, 2010
2) 細川治, 柳本邦雄 : 胃の解剖用語. 胃と腸 47 : 622-24, 2012
3) 中村眞一, 菅井有, 加藤洋 : 胃生検組織診断分類 (Group分類) の問題点-アンケート調査による検討. 胃と腸 39 : 1449-1454, 2004
5) 日本胃癌学会編 : 胃癌治療ガイドライン, 第4版, 金原出版, 2014
6) 日本食道学会編 : 食道癌取扱い規約, 第10版補訂版, 金原出版, 2008
7) 大腸癌研究会編 : 大腸癌取扱い規約, 第8版, 金原出版, 2013
9) 日本胃癌学会編 : 胃癌取扱い規約, 第13版, 金原出版, 1999
10) UICC日本委員会TNM委員会訳 : TNM 悪性腫瘍の分類, 第7版日本語版, 金原出版, 2010
P.302 掲載の参考文献

最近チェックした商品履歴

Loading...