心腎連関を深め 体液管理を極める

出版社: 文光堂
著者:
発行日: 2016-03-01
分野: 臨床医学:内科  >  循環器一般
ISBN: 9784830619625
電子書籍版: 2016-03-01 (第1版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

7,020 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

7,020 円(税込)

循環器医が本当に知りたい疑問について腎専門医が解説する「循環器医のために」「腎臓医により教示される」実践本.心不全診療での体液管理に際し腎臓をどう理解すべきか示した.

目次

  • 表紙
  • 執筆者一覧
  • 序文
  • CONTENTS
  • [I] 心不全に影響する体液の理解 - 循環器医は体液をどうしたいのか ? -
  • 1 体液の「量」と心不全
  • 2 体液の「圧」と心不全
  • 3 体液の「組成」と心不全
  • [II] 腎臓の体液管理メカニズム - 心不全管理にどう関わるか -
  • 1 腎臓の水電解質バランス機構
  • 2 腎が体液調節を司る際の修飾因子 - 心不全時に着目して -
  • a. 腎低灌流
  • b. 腎うっ血
  • c. 神経体液性因子
  • d. comorbidity
  • e. 併用薬物
  • [III] 病態 - CRS分類に基づく心腎連関の理解 : 臨床シナリオから考える -
  • 1 CRS type 1 ( acute cardiac dysfunction leading to acute kidney injury )
  • 2 CRS type 2 ( chronic heart failure leading to renal dysfunction )
  • 3 CRS type 3 ( acute kidney injury leading to acute cardiac dysfunction )
  • 4 CRS type 4 ( chronic renal failure leading to cardiac dysfunction )
  • [IV] 体液管理に必要な腎機能・腎障害を何ではかるか - 具体的なメルクマールとは -
  • 1 心不全急性期管理での腎指標
  • 2 心不全慢性期管理での腎指標
  • 3 尿細管・集合管の機能
  • 4 腎血管・腎灌流
  • [V] 腎保護を理解する - 循環器医はどう腎臓を見守るべきか -
  • 1 そもそも腎保護とは何か
  • 2 どこまで腎障害が許容できるか, 待てば腎は再生するか
  • 3 腎保護と心保護の優先権, 管理におけるバランスシート
  • a. 腎臓専門医の立場から
  • b. 心臓専門医の立場から
  • [VI] 心腎連関を意識した心不全治療ツールの活用 - どう腎臓を意識するか -
  • 1 心不全基本治療薬
  • a. レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系阻害薬
  • b. β遮断薬
  • c. ナトリウム利尿薬
  • 2 カルペリチド
  • 3 ドパミン
  • 4 トルバプタン
  • 5 透析・限外濾過
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

[I] 心不全に影響する体液の理解 - 循環器医は体液をどうしたいのか ? -

P.10 掲載の参考文献
P.16 掲載の参考文献

[II] 腎臓の体液管理メカニズム - 心不全管理にどう関わるか -

P.34 掲載の参考文献
1) 坂井建雄ほか : 人体の正常構造と機能. V. 腎・泌尿器, 日本医事新報社, 東京, 2014
2) Despopoulos, A et al : Color Atlas of Physiology, Thieme, New York, 2003
3) Boron, WF et al : Medical Physiology, Saunders, Elsevier, Philadelphia, 2003
4) Hall, JE : Guyton and Hall Textbook of Medical Physiology, 12th ed, Saunders, Elsevier, Philadelphia, 2011
5) 河原克雅ほか : 腎と透析 2014 ; 76 : 819-826
12) Bergsland, KJ et al : Am J Physiol 2009 ; 297 : F1017-F1023
14) Bazua-Valenti, S et al : Am J Physiol 2015 ; 308 : C779-C791
20) Jacques, T et al : J Am Soc Nephrol 2013 ; 24 : 1104-1113
P.42 掲載の参考文献
P.47 掲載の参考文献
P.51 掲載の参考文献
2) 藤澤良秀ほか : 腎・高血圧の最新治療 2014 ; 6 : 7-11
3) 藤澤良秀ほか : 医学のあゆみ 2012 ; 40 : 958-961
4) 今井正ほか : 蛋・核・酵 1988 ; 33 : 2476-2489
P.57 掲載の参考文献
P.61 掲載の参考文献

[III] 病態 - CRS分類に基づく心腎連関の理解 : 臨床シナリオから考える -

P.72 掲載の参考文献
P.78 掲載の参考文献
P.85 掲載の参考文献
2) Kidney Disease : Improving Global Outcomes (KDIGO) Acute Kidney Injury Work Group : Kidney Int Suppl 2012 ; 2 : 1-138
P.91 掲載の参考文献
1) Joki, N et al : Nephrol Dial Transplant 1997 ; 12 : 718-723
4) Soubassi, LP et al : Int J Artif Organs 2007 ; 30 : 253-257
24) Iwasaki, M et al : J Atheroscler Thromb 2014 ; 21 : 593-604

[IV] 体液管理に必要な腎機能・腎障害を何ではかるか - 具体的なメルクマールとは -

P.98 掲載の参考文献
1) Nohria, A et al : J Am Coll Cardiol 2003 ; 41 : 1797-1804
2) Kidney Disease : Improving Global Outcomes (KDIGO) Acute Kidney Injury Work Group : Kidney Int Suppl 2012 ; 2 : 1-138
P.103 掲載の参考文献
P.110 掲載の参考文献
1) 柴垣有吾 : より理解を深める! 体液電解質異常と輸液, 第3版, 中外医学社, 東京, 2012, 42-48
2) 黒川清監修 : 体液異常と腎臓の病態生理, 第3版, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京, 2015, 65-119
4) Brenner, BM et al : Brenner and Rector's The Kidney, 9th ed, Saunders, Philadelphia, 2012, 156-177
5) 長浜正彦 : Fluid Management Renaissance 2015 ; 5 : 149-155
8) Erdbruegger, U et al : Investigational biomarkers and the evaluation of acute tubular necrosis. Up To Date, This topic last updated : Aug 17, 2015
P.116 掲載の参考文献

[V] 腎保護を理解する - 循環器医はどう腎臓を見守るべきか -

P.124 掲載の参考文献
2) Ots, M et al : J Am Soc Nephrol 1998 ; 9 : 224-230
3) 日本腎臓学会 : 日腎会誌 2015 ; 57 : 5-137
4) 日本腎臓学会 : 日腎会誌 2013 ; 55 : 585-603
P.131 掲載の参考文献
P.139 掲載の参考文献
P.144 掲載の参考文献

[VI] 心腎連関を意識した心不全治療ツールの活用 - どう腎臓を意識するか -

P.151 掲載の参考文献
P.163 掲載の参考文献
2) 佐藤直樹編 : 徹底ガイド 心不全Q&A-プレホスピタルから慢性期まで-, 第2版, 総合医学社, 東京, 2013
3) 循環器病ガイドシリーズ. 急性心不全治療ガイドライン (2011年改訂版) http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2011_izumi_h.pdf (2015年12月閲覧)
9) 循環器病ガイドシリーズ. 慢性心不全治療ガイドライン (2010年改訂版) http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2010_matsuzaki_h.pdf (2015年12月閲覧)
11) Masuyama, T et al : Circ J 2012 ; 76 : 833-842
12) Cosin, J et al : Eur J Heart Fail 2002 ; 4 : 507-513
P.168 掲載の参考文献
P.172 掲載の参考文献
P.176 掲載の参考文献
1) Imamura, T et al : Circ J 2014 ; 78 : 2259-2267
5) Imamura, T et al : Circ J 2013 ; 77 : 397-404
6) Imamura, T et al : Circ J 2014 ; 78 : 2240-2249
7) Imamura, T et al : Circ J 2013 ; 77 : 1208-1213
P.182 掲載の参考文献

最近チェックした商品履歴

Loading...