ピロリ菌陰性時代の上部消化管内視鏡

出版社: 文光堂
著者:
発行日: 2016-10-27
分野: 臨床医学:内科  >  消化器一般
ISBN: 9784830618987
電子書籍版: 2016-10-27 (第1版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

8,640 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

8,640 円(税込)

商品紹介

本邦では近年のピロリ菌感染率の低下とピロリ菌除菌治療の適応拡大に伴い,ピロリ菌未感染胃,ピロリ菌除菌後胃の上部内視鏡検査を行う機会が増えている.本書は,《総論》ではピロリ菌の時代的な変遷,ピロリ菌と上部消化管腫瘍性疾患との関連,除菌や検診の問題などを,《各論》では主にピロリ菌に関連しない上部消化管腫瘍性疾患の内視鏡診断にポイントをおいて解説を行っている.

目次

  • 表紙
  • 監修 / 編集 / 執筆者一覧
  • 刊行にあたって
  • CONTENTS
  • 第1章 総論
  • 1 ピロリ菌感染の時代的変遷と疫学
  • 2 疾患の種類 : ピロリ菌感染と上部消化管疾患の関連性
  • Column NSAIDs潰瘍
  • 3 内視鏡所見総論
  • A 背景粘膜
  • B 腫瘍
  • Column 消化器内視鏡診療における抗血栓薬に関するクリニカルクエスチョンを検証することの難しさ
  • 4 病理所見総論
  • A 背景粘膜
  • B 腫瘍
  • 5 除菌治療
  • A ピロリ菌全除菌時代の除菌適応に関する現状
  • B ピロリ菌陽性早期胃癌における除菌の影響
  • 6 ピロリ菌除菌後の適切なフォローアップ
  • 7 ピロリ菌陰性時代の胃がん検診
  • Column 内視鏡検査時の鎮静薬の使用方法
  • 第2章 各論
  • 1 咽頭・食道
  • A 咽頭の病変
  • B 食道の良性腫瘍
  • C 食道扁平上皮癌
  • Column GERD ( gastroesophageal reflux disease )
  • D 食道の病理
  • E バレット食道腺癌 ( 食道胃接合部癌を含む )
  • F 食道粘膜下腫瘍
  • 2 胃
  • A 腺腫・ピロリ菌陽性胃癌
  • B ピロリ菌除菌後胃癌
  • a 内視鏡所見
  • b 病理
  • Column 変わったヘリコバクター
  • C ピロリ菌未感染胃癌 ( 未分化型癌 )
  • a 内視鏡所見
  • b 病理
  • D ピロリ菌未感染胃癌 ( 胃底腺型胃癌 )
  • a 内視鏡所見
  • b 病理
  • E その他のピロリ菌未感染胃癌
  • F EBウイルス関連胃癌
  • G 遺伝性疾患に伴う胃癌
  • H 胃NET ( A型胃炎を含む )
  • I 胃リンパ腫 ( DLBCLを中心に )
  • J 胃MALTリンパ腫 ( ピロリ菌未感染胃を中心に )
  • K 胃粘膜下腫瘍
  • L 転移性胃腫瘍
  • 3 十二指腸
  • A 非乳頭部十二指腸腫瘍 ( 腺腫・腺癌 )
  • B 十二指腸の病理
  • C 十二指腸乳頭部腫瘍 ( 腺腫・腺癌 )
  • D 十二指腸NET
  • E 十二指腸粘膜下腫瘍 ( GISTを含む )
  • F 十二指腸リンパ腫
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...