麻酔偶発症AtoZ

出版社: 文光堂
著者:
発行日: 2017-06-01
分野: 臨床医学:外科  >  麻酔科学/ペイン
ISBN: 9784830628450
電子書籍版: 2017-06-01 (第1版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

17,600 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

17,600 円(税込)

商品紹介

全体を1.全身麻酔 2.区域麻酔 3.手技に起因するもの 4.機器・モニターに関するもの 5.薬剤に関するもの の5章に分け,あらゆる合併症・偶発症を網羅した.合併症が起こったときにすぐに引ける字引であると同時に,手術前に偶発症予防のための予習書としても活用できる.

目次

  • 表紙
  • 執筆者一覧
  • 序文
  • 目次
  • 1 全身麻酔
  • 1) 心臓・血管手術および循環器系偶発症
  • a. 診療科特有のもの
  • 手術手技による大血管損傷
  • 手術手技による心破裂・心タンポナーデ
  • 人工心肺後の凝固異常と出血
  • カニュレーションによる大動脈基部解離
  • 人工心肺による空気塞栓
  • 人工心肺後の低血圧
  • 人工心肺後の中枢神経系障害
  • 人工心肺関連重要臓器障害
  • 急性心不全による心原性ショック
  • 周術期の心筋虚血, 心筋梗塞, 冠動脈攣縮 ( スパズム ), ST上昇, ST下降
  • 周術期高血圧
  • 周術期肺高血圧
  • 大量出血と循環血液量減少性ショック
  • 周術期の頻脈, 徐脈, 上室性不整脈, 心房細動, 心室性不整脈, 心室細動
  • 周術期の脳梗塞
  • 経皮的心肺補助装置の動作不良
  • ペースメーカ不良例
  • 大血管手術時の虚血 : 脊髄, 腹部内臓, 腎障害
  • 末梢血管手術時の虚血, 再灌流障害
  • 頸動脈内手術時の脳虚血
  • 腫瘍による静脈血栓と肺塞栓
  • b. 体位に起因するもの
  • 腹臥位によるペースメーカ位置異常
  • c. 麻酔法に起因するもの
  • 術中覚醒 ( 帝王切開を含む )
  • 全身麻酔後のストレス誘発性心筋症
  • 周術期たこつぼ型心筋症
  • 術中心停止
  • d. その他
  • 深部静脈血栓症による術中肺血栓塞栓症
  • 2) 肺・縦隔手術および呼吸器系偶発症
  • a. 診療科特有のもの
  • 心臓ヘルニア ( 心臓脱 )
  • 肺捻転
  • 腫瘍による気道狭窄・気道圧迫
  • 上大静脈症候群
  • 腫瘍などによる肺動脈系の圧迫・血流阻害
  • 気道出血
  • 縦隔気腫, 皮下気腫
  • 気胸・血胸
  • 肺水腫
  • 手術後の胸水
  • 胸管損傷・乳び胸
  • 急性呼吸促迫症候群
  • 術後早期の呼吸不全
  • 手術後の呼吸停止・無呼吸
  • b. 体位に起因するもの
  • 無気肺
  • c. 麻酔法に起因するもの
  • ダブルルーメンチューブ・気管支ブロッカーによる気道損傷
  • ダブルルーメンチューブ左右誤挿入による換気不全
  • ダブルルーメンチューブの位置異常による換気不全
  • 分離肺換気中の換気側の気胸
  • 筋弛緩残存と呼吸抑制
  • 誤嚥性肺炎 ( Mendelson症候群を含む )
  • 全身麻酔後の睡眠時無呼吸症候群
  • d. その他
  • 肺梗塞・肺塞栓症
  • 3) 消化器, 肝胆膵手術および消化器系偶発症
  • a. 診療科特有のもの
  • 急性肝不全
  • 腫瘍崩壊症候群
  • 腸間膜牽引症候群
  • 4) 腎・泌尿器手術および泌尿器系偶発症
  • a. 診療科特有のもの
  • 経尿道的前立腺切除と出血性ショック
  • 経尿道手術・子宮鏡手術による水中毒・肺水腫
  • 尿路結石破砕術後の敗血症性ショック
  • 急性腎不全
  • 腹腔鏡下手術での二酸化炭素塞栓症
  • 腸間膜虚血
  • b. 体位に起因するもの
  • ミオグロビン血症 ( 横紋筋融解症 )
  • 5) 腹腔鏡下手術の偶発症
  • a. 診療科特有のもの
  • 悪心・嘔吐
  • 腹壁膿瘍
  • 6) 整形外科手術および皮膚・筋・骨格系偶発症
  • a. 診療科特有のもの
  • 股関節全置換術中の低血圧と一過性心停止
  • ターニケット麻痺症候群
  • 脂肪塞栓症
  • 術中骨折・脱臼
  • b. 体位に起因するもの
  • 術後下肢コンパートメント症候群
  • ビーチチェア体位による偶発症
  • 術後の後頭部脱毛
  • 腹臥位による顔面皮膚損傷
  • 麻酔後の臀部皮膚障害・褥瘡
  • c. 麻酔法に起因するもの
  • シバリング
  • 横紋筋融解症
  • 悪性高熱症
  • d. その他
  • 弾性ストッキングによる接触性皮膚炎
  • 7) 脳外科手術および神経系偶発症
  • a. 診療科特有のもの
  • 脳脊髄液ドレナージに伴う脳出血
  • ヘッドピンによる脳損傷
  • 反回神経麻痺
  • 舌下神経麻痺
  • 手術後の複合性局所疼痛症候群
  • 髄液鼻漏
  • 延髄および上部頸髄操作に伴う高度徐脈と心停止
  • 開頭術後の緊張性気脳症
  • 術後せん妄
  • 遷延性術後痛
  • 術中脳出血
  • b. 体位に起因するもの
  • 頸静脈還流障害による合併症
  • 眼球圧迫, 視力障害, 失明
  • 術後の舌腫大
  • 坐位手術中の空気塞栓症
  • c. その他
  • 神経原性肺水腫
  • 全身麻酔後の腓骨神経麻痺
  • 耳下腺手術時の顔面神経麻痺
  • 尺骨神経麻痺
  • 側臥位腹腔鏡下手術後の後骨間神経麻痺
  • 術後腕神経叢麻痺
  • 横隔神経・横隔膜麻痺
  • 婦人科開腹, 腹腔鏡手術時の大腿神経麻痺
  • 8) 眼・耳・鼻・咽喉手術の偶発症
  • a. 診療科特有のもの
  • 手術時の眼球損傷, 角膜損傷
  • 眼手術時の眼球心臓反射, 眼球呼吸反射
  • 全身麻酔後の緑内障発作
  • 手術時の網膜血管閉塞
  • レーザーによる網膜損傷
  • 咽喉頭手術時の喉頭肉芽腫
  • 咽喉頭手術時の異物誤嚥
  • アデノイド・扁桃摘出による出血
  • レーザーによる気道熱傷
  • 副鼻腔手術時の穿孔
  • 鼻内手術時の出血
  • 気管切開術後の気管腕頭動脈瘻と大量出血
  • 9) 内分泌・代謝系偶発症
  • a. 診療科特有のもの
  • 下垂体手術時の前葉機能低下
  • 下垂体手術時の後葉障害 : 尿崩症, SIADH, 浸透圧異常 : 低浸透圧, 高浸透圧
  • 甲状腺手術時の甲状腺機能亢進, 甲状腺クリーゼ
  • 甲状腺手術時の甲状腺機能低下
  • 甲状腺手術後の血腫・気道圧迫
  • 副甲状腺手術時の副甲状腺機能低下
  • 副甲状腺手術時の副甲状腺機能亢進
  • 副腎褐色細胞腫手術時の循環変動
  • 副腎手術時の急性副腎皮質機能不全
  • 糖尿病周術期の高血糖, 糖尿病性ケトアシドーシス, 高浸透圧高血糖症候群
  • 糖尿病患者の周術期の低血糖症
  • 糖尿病患者の周術期の自律神経機能低下
  • 低体温
  • 10) 産科・婦人科麻酔の偶発症
  • a. 診療科特有のもの
  • 妊産婦手術時の仰臥位低血圧症候群
  • 妊産婦手術時の妊娠高血圧症候群
  • 羊水塞栓症
  • リトドリン中毒
  • リチウム中毒
  • 胎児機能不全時の妊産婦手術
  • HELLP症候群の妊産婦に対する手術
  • 分娩後の弛緩出血
  • 分娩時の胎盤遺残
  • 婦人科開腹, 腹腔鏡手術時の肩痛
  • b. 麻酔法に起因するもの
  • 無痛分娩中の子宮破裂
  • 子宮破裂の麻酔
  • 帝王切開時の子宮筋収縮不全
  • 帝王切開時の胎児への麻酔薬移行
  • 11) 臓器移植の偶発症
  • a. 肺移植
  • 肺移植時の低酸素
  • 肺移植時の高二酸化炭素
  • 肺移植時の肺水腫
  • b. 肝移植
  • 肝移植時の低酸素
  • 肝移植時の低血糖
  • 肝移植時の低血圧
  • 肝移植時の肝動脈・門脈血栓
  • 肝移植時の食道胃静脈瘤破裂
  • c. 腎移植
  • 腎移植後再灌流時の高度徐脈, 心停止
  • 腎移植後のシャント閉塞
  • d. 膵移植
  • 膵移植後の血糖異常
  • 12) 日帰り手術の偶発症
  • 電気痙攣療法による偶発症
  • MRIにかかわる高磁場傷害
  • 日帰り手術の帰宅遅延, 予定外入院とその原因
  • 日帰り手術後の悪心・嘔吐
  • 術後の睡眠障害, 閉塞性睡眠時無呼吸
  • 術後認知機能障害
  • 日帰り手術の術前指示事項遵守不履行
  • 13) 蘇生および外傷患者麻酔に関する偶発症
  • 蘇生後の偶発症 ( 心停止, 心拍再開後の脳障害 ( 昏睡状態 ) )
  • 14) 輸液・輸血・栄養に関する偶発症
  • a. 電解質異常
  • 低ナトリウム血症, 高ナトリウム血症
  • 低カリウム血症, 高カリウム血症
  • カルシウムの異常
  • マグネシウムの異常
  • リンの異常
  • b. 酸塩基平衡の異常
  • 代謝性アシドーシスとアルカローシス
  • 呼吸性アシドーシスとアルカローシス
  • 乳酸アシドーシス
  • c. 輸液に関するもの
  • 脱水
  • 溢水・輸液過剰
  • 輸液による浸透圧異常
  • HESによる急性腎障害
  • d. 輸血に関するもの
  • 不適合輸血 : 溶血性副作用
  • 輸血の非溶血性副作用 : 発熱反応, アレルギー反応
  • 輸血関連急性肺障害, 輸血関連免疫修飾
  • 輸血による移植片対宿主病
  • 輸血後紫斑病
  • e. 大量輸血に関するもの
  • 大量輸血によるクエン酸中毒, 低カルシウム血症
  • 大量輸血による高カリウム血症
  • 大量輸血による鉄過剰
  • 大量輸血による止血・凝固障害
  • f. ビタミンK欠乏
  • ビタミンK欠乏
  • 2 区域麻酔
  • 1) 硬膜外麻酔の偶発症
  • 硬膜外穿刺困難
  • 硬膜外穿刺時の血管穿刺
  • 硬膜外カテーテル挿入困難
  • 硬膜外カテーテルの血管内留置
  • 硬膜外カテーテルのくも膜下留置, 広範な無痛域
  • 硬膜外カテーテルの硬膜下留置, 広範な無痛域
  • 硬膜外カテーテルの胸腔留置
  • 硬膜外カテーテルの傍脊椎留置
  • 物理的原因による硬膜外カテーテル抜去困難
  • 硬膜外カテーテルの切断・遺残
  • 硬膜外誤薬投与
  • 硬膜外麻薬性鎮痛薬過量投与
  • 硬膜外麻酔の失敗 ( 効果なし ) ・まだら効き
  • 硬膜穿刺後頭痛
  • 硬膜外・脊髄くも膜下麻酔後のジストニア
  • 硬膜外・脊髄くも膜下麻酔による持続勃起
  • 硬膜外・脊髄くも膜下麻酔後の神経根症状 ( 直接神経損傷を含む )
  • 硬膜外・脊髄くも膜下麻酔による直接脊髄損傷
  • 硬膜外・脊髄くも膜下麻酔後の対麻痺・前脊髄動脈症候群
  • 硬膜外・脊髄くも膜下麻酔による低血圧, 循環虚脱, 心停止
  • 硬膜外・脊髄くも膜下麻酔による悪心・嘔吐
  • 硬膜外・脊髄くも膜下麻酔による排尿障害・尿閉
  • 硬膜外・脊髄くも膜下麻酔による呼吸抑制・無呼吸
  • 硬膜外・脊髄くも膜下麻酔後の背部痛
  • 硬膜外・脊髄くも膜下麻酔後の慢性癒着性くも膜炎
  • 硬膜外・脊髄くも膜下麻酔後の髄膜炎
  • 硬膜外・脊髄くも膜下麻酔後の化膿性脊椎炎
  • 硬膜外・脊髄くも膜下麻酔後の掻痒
  • 硬膜外・脊髄くも膜下麻酔後の硬膜下・くも膜下血腫
  • 硬膜外・脊髄くも膜下麻酔後の臀部紅斑
  • 硬膜外麻酔後の脊椎硬膜外血腫
  • 硬膜外・脊椎くも膜下麻酔後の頭蓋内血腫
  • 硬膜外穿刺部皮膚の炎症
  • 硬膜外麻酔後の硬膜外膿瘍
  • 硬膜外麻酔後の網膜出血
  • 硬膜外麻酔後の体内気泡
  • 凝固能悪化による硬膜外カテーテル抜去困難
  • 2) 仙骨麻酔の偶発症
  • 仙骨麻酔時の骨髄穿刺・髄内誤注入
  • 仙骨麻酔時の硬膜穿刺・くも膜下ブロック
  • 仙骨麻酔の失敗 ( 効果なし ) ・不完全ブロック
  • 3) 脊髄くも膜下麻酔の偶発症
  • 脊髄くも膜下穿刺困難
  • 脊髄くも膜下穿刺時の放散痛
  • 脊髄くも膜下麻酔時の血性髄液
  • くも膜下誤薬投与
  • 脊髄くも膜下麻薬性鎮痛薬過量投与
  • 脊髄くも膜下麻酔の失敗 ( 効果なし ) ・麻酔レベル不足
  • 硬膜外・脊髄くも膜下麻酔後の全脊髄くも膜下ブロック
  • 脊髄くも膜下麻酔時の高度徐脈と心停止
  • 脊髄くも膜下麻酔後の一過性神経症状
  • 脊髄くも膜下麻酔後の馬尾症候群
  • 脊髄くも膜下麻酔後の脳神経麻痺
  • 脊髄くも膜下麻酔による気管支喘息発作
  • 4) 神経ブロックの偶発症
  • 腕神経叢ブロック後の反回神経麻痺
  • 腕神経叢ブロック後のホルネル症候群
  • 腕神経叢ブロック後の横隔神経麻痺
  • 腕神経叢ブロック斜角筋間法によるくも膜下ブロック
  • 腕神経叢ブロック鎖骨上法による皮下気腫・縦隔気腫
  • 末梢神経ブロック後の出血
  • 末梢神経ブロック後の神経障害
  • 末梢神経ブロックに伴う炎症・感染
  • 末梢神経ブロック後の転倒
  • 5) 無痛分娩の偶発症
  • 硬膜外無痛分娩による遷延分娩
  • 硬膜外無痛分娩時の胎児心拍数低下
  • 硬膜外無痛分娩時の体温上昇
  • 傍頸管ブロック時の胎児心拍数低下
  • 6) 局所麻酔薬に関する偶発症
  • メトヘモグロビン血症
  • 硬膜外麻酔・末梢神経ブロック中の痙攣 ( 局所麻酔薬中毒 )
  • 局所麻酔薬の心毒性
  • 3 手技に起因するもの
  • 1) マスク換気に関するもの
  • マスクとヘッドストラップの圧迫による傷害 : 顔面神経麻痺など
  • マスク換気不全
  • 2) LMAに関するもの
  • ラリンジアルマスク挿入による咽頭損傷
  • ラリンジアルマスク使用後の咽頭痛・嗄声
  • 3) 気管挿管に関するもの
  • 気管挿管困難
  • 気管挿管時の危険な高血圧と頻脈
  • 危険な低血圧
  • 気管挿管時の頭蓋内圧・眼圧亢進
  • 麻酔回路トラブル
  • 歯牙・口唇損傷
  • 気管挿管操作による顎関節損傷
  • 気管挿管に伴う頸髄損傷
  • 気管挿管に伴う口蓋垂・咽喉頭損傷
  • 気管挿管に伴う声帯麻痺・披裂関節脱臼
  • 気管挿管に伴う気管・気管支損傷, 気管チューブによる気道損傷
  • 固定テープによる皮膚損傷
  • 挿管操作による出血
  • 食道穿孔・後咽頭膿瘍
  • 片肺挿管
  • 喉頭痙攣
  • 全身麻酔中の気管支痙攣
  • 高圧換気, 気道内圧過上昇による圧外傷
  • せき・バッキング
  • 経鼻挿管による鼻腔損傷, 鼻出血, 感染, 頭蓋内挿管
  • 気管チューブ抜去時の循環変動
  • 気管チューブ抜管後の喘鳴, 喉頭浮腫, クループ
  • 気管チューブ抜管後の嗄声, 咽頭痛
  • 4) 中心静脈カテーテルおよび肺動脈カテーテルに関するもの
  • 中心静脈カテーテル挿入困難
  • カテーテル留置に伴う不整脈
  • カテーテル留置に伴う肺動脈破裂, 肺梗塞
  • カテーテル先端位置の異常
  • カテーテルの穿孔, 断裂, 遺残
  • カテーテルによる血管閉塞
  • カテーテル留置に伴う神経損傷
  • カテーテル留置に伴う動脈損傷
  • カテーテル留置に伴う心周囲漏出, 心タンポナーデ
  • 5) 動脈ラインに関するもの
  • 動脈カテーテルの血栓, 塞栓
  • 動脈カテーテル挿入後の皮膚障害
  • 動脈カテーテルからの感染
  • 動脈カテーテル挿入に伴う神経損傷
  • 直接動脈圧の不正確な測定 : 共鳴, ダンピング, 大動脈圧との乖離
  • 動脈穿刺後の血腫形成
  • 動脈ライン接続部の緩みによる出血
  • 6) 末梢静脈ラインに関するもの
  • 末梢静脈カテーテルの断裂・遺残
  • 末梢静脈カテーテルによる血腫, 血栓, 塞栓
  • 静脈炎
  • 静脈穿刺時の神経損傷
  • 7) 食道心エコーに関するもの
  • 経食道心エコーによる臓器圧迫・浮腫・穿孔
  • 8) 非観血的血圧計に関するもの
  • 血圧カフによる圧損傷
  • 9) 胃管に関するもの
  • 胃管誤挿入 ( 気管内挿入 ), 位置異常
  • 10) 体温計に関するもの
  • 体温計挿入に伴う外傷
  • 11) 尿道カテーテルに関するもの
  • 膀胱留置カテーテルによる尿道損傷
  • 12) 低血圧麻酔に関するもの
  • 低血圧麻酔による臓器低灌流
  • 13) malpractice ( 過誤 )
  • 全身麻酔薬の誤投与
  • 手術台からの患者落下
  • 14) 麻酔科医・医療従事者への障害
  • 麻酔ガスへの職業曝露
  • 麻酔科医の職業感染
  • 麻酔科医の放射線曝露
  • 麻酔科医のレーザー曝露
  • 麻酔科医の騒音障害
  • 麻酔科医の手術用照明による光障害
  • 4 器械・モニターに関するもの
  • 1) モニター誤作動, 信頼性低下
  • 酸素飽和度の誤作動, 信頼性低下
  • ガスモニターの誤作動, 信頼度低下
  • ガスモニターサンプリングラインの閉塞
  • 経食道心エコーの信頼性低下
  • 中心静脈圧, 肺動脈圧, 心拍出量の信頼度低下
  • 脳波モニター, BISの信頼性低下
  • 筋弛緩モニターの誤作動, 信頼性低下
  • 体温モニターの信頼性低下
  • 心電図の信頼性低下
  • モニタープローブなどによる皮膚損傷・熱傷
  • モニターケーブルの断線
  • 2) 麻酔器の異常
  • 流量計異常
  • 気化器異常による揮発性麻酔薬過量投与
  • 二酸化炭素吸収剤の消耗
  • ガス供給の途絶
  • 余剰ガス排出装置異常による室内汚染
  • 人工呼吸器の異常による低換気・高二酸化炭素
  • 一方弁の機能不全
  • 呼吸器回路内の大量結露
  • 金属アレルギー
  • 硬麻針・脊麻針の損傷
  • 3) 呼吸回路の異常
  • 気道乾燥
  • 4) 輸液 / シリンジポンプの異常
  • ポンプ・シリンジポンプに関連する偶発症
  • TCIに関連する偶発症
  • 硬膜外鎮痛における電動式PCAポンプの誤設定
  • 5) 患者加温装置の異常
  • 加温ブランケットによる熱傷
  • 6) 輸液・輸血加温装置の異常
  • 患者加温装置の異常による低体温
  • 輸液・輸血加温装置の異常高温
  • 7) 電源供給, 電気に関するもの
  • 電気供給停止・停電
  • マクロショック, ミクロショック
  • 8) 手術室火災・爆発
  • 手術室火災・爆発
  • 5 薬剤に関するもの
  • アレルギー ( 即時型反応, 遅延型反応 )
  • 全身麻酔薬による免疫学的・非免疫学的アナフィラキシー
  • 局所麻酔薬アナフィラキシーショック
  • ラテックスアレルギー
  • 消毒薬アレルギー
  • 麻酔関連薬剤のアナフィラキシー・アレルギー
  • 覚醒遅延
  • 吸入麻酔薬による肝障害, 肝炎
  • 亜酸化窒素の有害作用 : 閉鎖腔膨張, 拡散性低酸素
  • インジゴカルミンによる循環異常
  • プロポフォールの有害作用
  • 麻薬性オピオイド全身投与による呼吸抑制, 過鎮静, 悪心・嘔吐, 掻痒感, 尿閉, 便秘
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

1 全身麻酔

P.3 掲載の参考文献
P.5 掲載の参考文献
1) Fiedler M, et al : Cardiac tamponade. Int Anesth Clin 43 : 33-43, 2005
2) Edwards H, et al : Cardiac tamponade from central venous catheters. Ann Surg 117 : 965-967, 1982
P.8 掲載の参考文献
1) Wolberg AS, et al : A systematic evaluation of the effect of temperature on coagulation enzyme activity and platelet function. J Trauma 56 : 1221-1228, 2004
P.10 掲載の参考文献
1) Murphy DA, et al : Recognition and management of ascending aortic dissection complicating cardiac surgical operations. J Thorac Cardiovasc Surg 85 : 247-256, 1983
2) Still RJ, et al : Intraoperative aortic dissection. Ann Thorac Surg 53 : 374-380, 1992
3) Ruchat P, et al : Acute ascending aortic dissection complicating open heart surgery : cerebral perfusion defines the outcome. Eur J Cardiothorac Surg 14 : 449-452, 1998
5) Eugene AH II : Circuitry and Cannulation Techniques. Cardiopulmonary Bypass Principles and Practice, Glenn PG, et al eds, 3rd ed, Lippincott Williams & Wilkins, Philadelphia, 63-113, 2008
P.12 掲載の参考文献
P.15 掲載の参考文献
1) Kanazawa M, et al : Relationship between aorticto-radial arterial pressure gradient after cardiopulmonary bypass and changes in arterial elasticity. Anesthesiology 99 : 48-53, 2003
3) Marchetti G, et al : Use of N-acetylcysteine in the management of coronary artery diseases. Cardiologia 44 : 633-637, 1999
4) Omae T, et al : A short-acting beta-blocker, landiolol, attenuates systolic anterior motion of the mitral valve after mitral valve annuloplasty. J Anesth 22 : 286-289, 2008
P.17 掲載の参考文献
1) Newman MF, et al : Circulation 94 : II74-80, 1996
2) Lisle TC, et al : Ann Thorac Surg 85 : 1556-1562 ; discussion 1562-1563, 2008
5) Gosselt AN, et al : Crit Care 19 : 346, 2015
10) Murkin JM, et al : Anesth Analg 66 : 825-832, 1987
11) Haines N, et al : J Extra Corpor Technol 41 : 26-29, 2009
12) Regragui I, et al : J Thorac Cardiovasc Surg 112 : 1036-1045, 1996
P.19 掲載の参考文献
P.22 掲載の参考文献
1) 循環器病の診断と治療に関するガイドライン 2010年度合同研究班報告, 急性心不全治療ガイドライン (2011年改訂版) http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2011_izumi_h.pdf
2) Ponikowski P : 2016 ESC Guidelines for the diagnosis and treatment of acute and chronic heart failure : The Task Force for the diagnosis and treatment of acute and chronic heart failure of the European Society of Cardiology (ESC). Developed with the special contribution of the Heart Failure Association (HFA) of the ESC. Eur J Heart Fail 18 : 891-975, 2016
P.27 掲載の参考文献
P.29 掲載の参考文献
1) 高血圧治療ガイドライン 2014, 日本高血圧学会高血圧治療ガイドライン作成委員会編, ライフサイエンス出版
2) Fleisher LA, et al : J Am Coll Cardiol 9 : e77-137, 2014
3) POISE Study Group. Lancet 371 : 1839, 2008
4) BMC Anesthesiol 14 : 113, 2014
P.31 掲載の参考文献
1) Galie N, et al : 2015 ESC/ERS Guidelines for the diagnosis and treatment of pulmonary hypertension. Europ Heart J 37 : 67-119, 2016
2) 中西宣文ほか : 肺高血圧庄治療ガイドライン (2012年改訂版), 循環器学会ホームページ http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2012_nakanishi_h.pdf
3) Montani D, et al : Pulmonary arterial hypertension. Orphanet J Rare Dis 8 : 97, doi : 10.1186/1750-1172-8-97, 2013
P.33 掲載の参考文献
1) Committee on Trauma, American College of Surgeons : Advanced Trauma Life Support for Doctors-Student Course Manual, 8th ed, American College of Surgeons, Chicago, 2008
2) King RW : Acad Emerg Med 3 : 1041-1045, 1996
P.37 掲載の参考文献
1) 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2011年度合同研究班報告), 2011
3) QT延長症候群 (先天性・二次性) とBrugada症候群の診療に関するガイドライン (2012年改訂版), 2012
P.39 掲載の参考文献
2) 山田正信 : 脳卒中の検査にはどのようなものがあるか? 脳卒中-わかりやすい病態から治療まで-, 楠正仁ほか編, 最新医学社, 147-159, 2016
3) 杉浦史郎ほか : 脳梗塞の治療について知りたい. 脳卒中-わかりやすい病態から治療まで-, 楠正仁ほか編 : 最新医学社, 177-195, 2016
P.43 掲載の参考文献
1) 西垣孝行ほか : 臨床の補助循環管理における人工肺ガス相入り口圧測定の有効性の検討. 体外循環技術 38 : 8-13, 2011
2) 安野誠ほか : PCPSのあらたな結露対策について. 体外循環技術 37 : 436-439, 2010
P.48 掲載の参考文献
P.50 掲載の参考文献
1) 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2005-2008年度合同研究班報告). 末梢閉塞性動脈疾患の治療ガイドライン (JCS2009)
2) Haimovici H : Vascular Surgery, 5th ed, 388-415, 2004
3) Norgren L, et al, on behalf of the TASC II Working Group : Inter-Society Consensus for the Management of Peripheral Arterial Disease (TASC II). J Vasc Surg 45 : S5-S67, 2007
4) Yamamura M, et al : PC194. Edaravone reduces kidney damage induced by myonephropathic metabolic syndrome in rat. J Vasc Surg 61 : 170S, 2015
P.52 掲載の参考文献
P.54 掲載の参考文献
1) 急性肺塞栓症. 肺血栓塞栓症及び深部静脈血栓症の診断, 治療, 予防に関するガイドライン, 3-8 http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2009_andoh_h.pdf
2) 2014 JSA肺血栓塞栓症発症調査結果の概要 http://www.anesth.or.jp/med/pdf/kekka_haikessen2014.pdf
3) Rickles FR, et al : Blood 62 : 14-31, 1983
4) 日本麻酔科学会・周術期管理チームプロジェクト編 : 血栓症. 周術期管理チームテキスト, 第2版, 364-367, 2011
5) 肺血栓塞栓症/深部静脈血栓症 (静脈血栓塞栓症) の予防. 肺血栓塞栓症及び深部静脈血栓症の診断, 治療, 予防に関するガイドライン, 50-54 http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2009_andoh_h.pdf
P.60 掲載の参考文献
1) Pandit JJ, et al : 5th National Audit Project (NAP5) on accidental awareness during general anaesthesia : summary of main findings and risk factors. Br J Anaesth 113 : 549-559, 2014
3) Kent CD, et al : Patient perspectives on intraoperative awareness with explicit recall : report from a North American anaesthesia awareness registry. Br J Anaesth 115 (Suppl 1) : i114-i121, 2015
5) Heier T, et al : Hemoglobin desaturation after succinylcholine-induced apnea : a study of the recovery of spontaneous ventilation in healthy volunteers. Anesthesiology 94 : 754-759, 2001
P.62 掲載の参考文献
3) 土橋和文ほか : J Cardiol Jpn Ed 5 : 112-115, 2010
4) 城本高志ほか : 臨床神経 52 : 778-781, 2012
5) 高田基志ほか : 日集中医誌 16 : 289-293, 2009
P.64 掲載の参考文献
1) Deshmukh A, et al : Prevalence of Takotsubo cardiomyopathy in the United States. Am Heart J 164 : 66-71 e61, 2012
2) Kawai K, et al : Guidelines for diagnosis of takotsubo (ampulla) cardiomyopathy. Circ J 71 : 990-992, 2007
4) Gianni M, et al : Apical ballooning syndrome or takotsubo cardiomyopathy : a systematic review. Eur Heart J 27 : 1523-1529, 2006
P.66 掲載の参考文献
1) 入田和男ほか : 「麻酔関連偶発症例調査 2002」および「麻酔関連偶発症例調査 1999-2002」について : 総論- (社) 日本麻酔科学会安全委員会偶発症例調査専門部会報告-. 麻酔 53 : 320-335, 2004
2) Mazer SP, et al : Reverese CPR : a pilot study of CPR in the prone position. Resuscitation 57 : 279-285, 2003
3) Bhanji F, et al : 2015 American Heart Association Guidelines Update for Cardiopulmonary Resuscitation and Emergency Cardiovascular Care. Circulation 132 (18 Suppl 2) : S561-S573, 2015
4) 一般社団法人日本蘇生協議会 : JRC蘇生ガイドラインオンライン版 2015, 医学出版, 東京, 2016
P.69 掲載の参考文献
1) 肺血栓塞栓症および深部静脈血栓症の診断, 治療, 予防に関するガイドライン (2009年改訂版) http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2009_andoh_h.pdf
2) 黒岩政之 : 肺血栓塞栓症. 麻酔 60 : S55-68, 2011
3) 小林隆夫 : 静脈血栓塞栓症ガイドブック, 改訂2版, 中外医学社, 東京, 20-236, 2010
4) 黒岩政之 : 肺血栓塞栓症が疑われる. 麻酔科トラブルシューティングA to Z, 高崎眞弓ほか編, 文光堂, 431-433, 2010
5) 山本剛 : 広範型急性肺塞栓症の治療. 日集中医誌 18 : 567-574, 2011
P.73 掲載の参考文献
1) Bettman RB, et al : Ann Surg 128 : 1012-1014, 1948
2) 太田伸一郎ほか : 日呼外会誌 5 : 463-469, 1991
3) 君野孝二ほか : 日呼外会誌 7 : 816-821, 1993
4) 浜口伸正ほか : 日呼外会誌 16 : 45-48, 2002
5) Elapavaluru S, et al : J Thorac Cardiovasc Surg (Epub) e1-4, 2016
P.75 掲載の参考文献
1) Dai J, et al : Predictors of survival in lung torsion : A systematic review and pooled analysis. J Thorac Cardiovasc Surg. 2016 Apr 13 doi : 10.1016/j.jtcvs.2016.03.077 [Epub ahead of print]
4) 井上博元ほか : 左下葉切除後肺軸捻転を呈し, 開胸整復術により脳梗塞を併発した1例. 胸部外科 43 : 724-727, 1990
P.79 掲載の参考文献
1) 萩平哲 : 狭窄気道へのアプローチ. 日臨麻会誌 30 : 727-734, 2010
P.80 掲載の参考文献
1) 佐藤奈穂子ほか : 肺癌に伴う上大静脈症候群に対する血管内ステント留置15症例の有効性と安全性. 日呼吸誌 1 : 374-380, 2012
P.81 掲載の参考文献
1) 植田一吉ほか : 全身麻酔下で生検手術中にガス交換不全に陥った前縦隔腫瘍の1例. 日臨麻会誌 23 : 276-279, 2003
P.83 掲載の参考文献
1) 木村哲也 : 呼吸器内科 27 : 413-417, 2015
2) Bidwell JL, et al : Am Fam Physician 72 : 1253-1260, 2005
3) Sirivella S, et al : Ann Thorac Surg 72 : 2056-2059, 2001
4) 本多泰子ほか : 循環制御 26 : 156-158, 2005
P.85 掲載の参考文献
1) Bejvan SM, et al : Am J Roentgenol 166 : 1041-1048, 1996
3) Liu H, et al : J Cardiothorac Vasc Anesth 18 : 228-233, 2004
5) 宮崎孝尚ほか : 日臨麻会誌 22 : 106-109, 2002
6) 小寺厚志ほか : 日臨麻会誌 31 : 309-313, 2011
P.87 掲載の参考文献
1) 藤森賢ほか : 緊張性気胸に対する対応. 呼吸 29 : 1107-1111, 2010
2) Hamilin MP, et al : Thoracic ultrasound : pleural effusion and pneumothorax. Comprehensive Critical Care Ultrasound, Brown SM, et al eds, Society of Critical Care Medicine, Il, 95-108, 2015
4) Lichtenstein DA, et al : Relevance of lung ultrasound in the diagnosis of acute respiratory failure : the BLUE protocol. Chest 134 : 117-125, 2008
P.89 掲載の参考文献
P.95 掲載の参考文献
P.97 掲載の参考文献
2) Bernard GR, et al : The American-European Consensus Conference on ARDS. Definitions, mechanisms, relevant outcomes, and clinical trial coordination. Am J Respir Care Med 149 (3Pt1) : 818-824, 1994
4) Blum JM, et al : Preoperative and intraoperative predictors of postoperative acute respiratory distress syndrome in a general surgical population. Anesthesiology 118 : 19-29, 2013
7) 吉田健史 : 自発呼吸の害とfull supportの害. INTENSIVIST 7 : 46-50, 2015
P.99 掲載の参考文献
1) Arozullah AM, et al : Multifactorial risk index for predicting postoperative respiratory failure in men after major noncardiac surgery. Ann Surg 232 : 242-253, 2000
3) 奥山陽太ほか : 抜管と残存筋弛緩. 新戦略に基づく麻酔・周術期医学 麻酔科医のための気道・呼吸管理, 廣田和美編, 中山書店, 東京, 150-159, 2013
4) 川前金幸 : 呼吸器合併症. 術前評価と予測因子からみた周術期合併症対策, 稲垣喜三編, 克誠堂出版, 東京, 39-53, 2016
P.101 掲載の参考文献
2) 井上莊一郎 : 硬膜外オピオイドの理論と実際. オピオイド 基礎を知って臨床で使いこなす, 垣花学ほか編, 克誠堂出版, 東京, 116-117, 2012
P.103 掲載の参考文献
1) Jones JG, et al : Anaesthesia 45 : 566-573, 1990
3) PROVE Network Investigators for the Clinical Trial Network of the European Society of Anaesthesiology et al : Lancet 384 : 495-503, 2014
4) Mann C, et al : Anesthesiology 92 : 433-441, 2000
P.105 掲載の参考文献
1) Fitzmaurice BG, et al : Airway rupture from double-lumen tubes. J Cardiothorac Vasc Anesth 13 : 322-329, 1999
2) Campos JH : Current techniques for perioperative lung isolation in adults. Anesthesiology 97 : 1295-1301, 2002
5) Benumof JL : Anesthesia for Thoracic Surgery, 2nd ed, W.B. Saunders, Philadelphia, 343, 1994
P.107 掲載の参考文献
1) 萩平哲 : 分離肺換気. Inエキスパートの気管挿管, 車武丸編, 中外医学社, 東京, 177-205, 2010
P.111 掲載の参考文献
1) Benumof JL, et al : Margin of safety in positioning modern double-lumen endotracheal tubes. Anesthesiolgy 67 : 729-739, 1987
2) Hagihira S, et al : Application of a newly designed right-sided, double-lumen endobronchial tube in patinets with a very short right mainstem bronchus. Anesthesiology 109 : 565-568, 2008
3) 萩平哲 : 気道・気管・気管支手術の麻酔. JSAレフレッシャーコース 2002-2004, MEDSi, 東京, 64-73, 2006
4) 萩平哲 : 分離肺換気. エキスパートの気管挿管, 車武丸編, 中外医学社, 東京, 177-205, 2010
P.113 掲載の参考文献
1) Christopher LM, et al : Point-of-care ultrasonography. New Engl J Med 364 : 749-757, 2011
2) 野村岳志 : Point-of-care lung ultrasound. 日集中医誌 23 : 123-132, 2016
3) 渋江智栄子ほか : 肺縫縮術中に対側に発症した気胸の1症例. 新潟医会誌 105 : 284, 1991
4) 嶋田文彦 : 血気胸緊急手術中に, 反対側気胸を発症した1例. 臨麻会誌 32 : S263, 2012
P.115 掲載の参考文献
1) Eriksson LI, et al : Functional assessment of the pharynx at rest and during swallowing in partially paralyzed humans : simultaneous videomanometry and mechanomyography of awake human volunteers. Anesthesiology 87 : 1035-1043, 1997
2) Eriksson LI : The effects of residual neuromuscular blockade and volatile anesthetics on the control of ventilation. Anesth Analg 89 : 243-251, 1999
3) Heier T, et al : Relationship between normalized adductor pollicis train-of-four ratio and manifestations of residual neuromuscular block : a study using acceleromyography during near steadystate concentrations of mivacurium. Anesthesiology 113 : 825-832, 2010
4) Capron F, et al : Can acceleromyography detect low levels of residual paralysis? Anesthesiology 100 : 1119-1124, 2004
5) Kotake Y, et al : Reversal with sugammadex in the absence of monitoring did not preclude residual neuromuscular block. Anesth Analg 117 : 345-351, 2013
P.117 掲載の参考文献
P.120 掲載の参考文献
1) 磯野史朗 : 病態閉塞型睡眠時無呼吸症候群. Modern Physician 29 : 1123-1127, 2009
3) 磯野史朗 : 気道・呼吸管理に必要な機能解剖と生理. 新戦略に基づく麻酔・周術期医学 麻酔科医のための気道・呼吸管理, 廣田和美編, 中山書店, 東京, 2-14, 2016
4) 奥山陽太 : 抜管と残存筋弛緩. 新戦略に基づく麻酔・周術期医学 麻酔科医のための気道・呼吸管理, 廣田和美編, 中山書店, 東京, 150-159, 2016
P.126 掲載の参考文献
1) 安藤太三ほか : 循環器病の診断と治療に関するガイドライン (2008年度合同研究班報告) : 肺血栓塞栓症および深部静脈血栓症の診断, 治療, 予防に関するガイドライン (2009年改訂版) http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2009_andoh_h.pdf
3) Konstantinides SV, et al : 2014 ESC guidelines on the diagnosis and management of acute pulmonary embolism. Task force for the diagnosis and management of acute pulmonary embolism of the European Society of Cardiology (ESC). Eur Heart J 35 : 3033-3069, 2014
5) Visnjevac O, et al : Outcomes-based systematic review for management of massive intra-cardiac or pulmonary thrombotic emboli during surgery. Heart Lung Vessel 6 : 24-32, 2014
P.130 掲載の参考文献
1) 持田智ほか : 我が国における「急性肝不全」の概念, 診断基準の確立 : 厚生労働省化学研究費補助金 (難治性疾患克服研究事業) 「難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究」班, ワーキンググループ-1, 研究報告. 肝臓 52 : 393-398, 2011
2) 居村暁ほか : 術後肝不全に対する治療法の選択. Surgery Frontier 14 : 42-50, 2007
3) Rahbari NN, et al : Posthepatectomy liver failure : a definition and grading by the International Study Group of Liver Surgery (ISGLS). Surgery 149 : 713-724, 2011
4) 中村智之ほか : 人工肝臓. 人工臓器 3 : 179-184, 2014
P.132 掲載の参考文献
2) Zhang G, et al : Intraoperative tumor lysis-induced fetal hyperkalemia. J Anesth 26 : 945-946, 2012
3) 佐々木幹子ほか : 腫瘍生検術後に腫瘍崩壊症候群を発症し急激な経過をたどった1例. 麻酔と蘇生 51 : 6, 2015
P.134 掲載の参考文献
1) Hayashi R, et al : Anesth Analg 84 : 1382-1383, 1997
3) 高橋英督ほか : 麻酔 62 : 309-314, 2013
4) Duda D, et al : Inflamm Res 51 : 495-499, 2002
P.136 掲載の参考文献
1) 日本泌尿器科学会編 : 前立腺肥大症診療ガイドライン, リッチヒルメディカル, 東京, 2011
2) 内田豊昭ほか : 経尿道的前立腺切除術 (TURP) 2,266例における術前・術中・術後合併症とその対策. 日泌会誌 84 : 897-905, 1993
3) 上野裕美ほか : 質疑応答 経尿道的前立腺切除術中の出血量の推定について. 臨麻 28 : 1847-1848, 2004
4) 日本麻酔科学会, 日本輸血・細胞治療学会 : 危機的出血への対応ガイドライン, 2007
P.138 掲載の参考文献
P.140 掲載の参考文献
1) 日本泌尿器科学会, 日本泌尿器内視鏡学会, 日本尿路結石症学会編集 : 尿路結石診療ガイドライン, 2013年版, 金原出版
2) 八木澤隆史ほか : 経尿道的尿管結石砕石術症例の成績および術後急性腎盂腎炎についての臨床的検討. Jpn J Endourol 26 : 300-304, 2013
3) 多武保光宏ほか : 結石内視鏡治療. Jpn J Endourol 27 : 112-117, 2014
5) 日本感染症学会, 日本化学療法学会 : JAID/JCS感染症治療ガイドライン 2015 -尿路感染症・男性性器感染症-. 日化療会誌 64 : 1-28, 2016
6) 天野俊康ほか : 尿管結石を契機に発症したUrosepsisによる敗血症性ショック症例の検討. 泌尿器科紀要 49 : 1-4, 2003
7) 永井正一郎ほか : 経尿道的尿管結石破砕術中に敗血性ショックになった症例. 臨麻 32 : 731-735, 2008
8) 日本集中治療医学会Sepsis Registry委員会 : 日本版敗血症診療ガイドライン. 日集中医誌 20 : 124-173, 2013
9) 高橋康一ほか : 腎重症感染症における保存的治療の限界と外科的治療の適応について. 日化療会誌 51 : 439-446, 2003
P.142 掲載の参考文献
P.144 掲載の参考文献
1) 長田理ほか : 日臨麻会誌 13 : 281-287, 1993
2) Couture P, et al : Anesth Analg 79 : 867-873, 1994
4) Lantz PE, et al : J Forensic Sci 39 : 1468-1480, 1994
5) Nyarwaya JB, et al : Br J Anaesth 76 : 428-434, 1996
P.146 掲載の参考文献
1) Tendler DA, et al ed : Acute Mesenteric Artery Occlusion. UpToDate, Wolters Kluwer, Amsterdam, 2016
3) Bulkley GB : Current Surgical Therapy, Cameron JL ed, 2nd ed, Toronto, BC Decker, 1986
5) Kasper DL, et al ed : Harrison's Principles of Internal Medicine, 19th ed, McGraw Hill, New York, 2016
P.148 掲載の参考文献
P.150 掲載の参考文献
1) Apfel CC : Postoperative nausea and vomiting. Miller's Anesthesia, Miller RD, et al eds, 8th ed, Churchill Livingstone, Philadelphia, 2947-2973, 2014
3) Gan TJ, et al : Consensus guidelines for managing postoperative nausea and vomiting. Anesth Analg 97 : 62-71, 2003
P.152 掲載の参考文献
2) Sasmal PK, et al : Port site infection in laparoscopic surgery : A review of its management. World J Clin Cases 3 : 864-871, 2015
4) 青木眞 : レジデントのための感染症診療マニュアル, 第2版, 医学書院, 東京, 798-808, 2008
5) Lilani SP, et al : Surgical site infection in clean and clean-contaminated cases. Indian J Med Microbiol 23 : 249-252, 2005
P.155 掲載の参考文献
2) Erens GA, et al : Total hip arthroplasty. http://www.uptodate.com/contents/total-hip-arthroplasty
3) Sharrock ほか : 整形外科手術の麻酔. ミラー麻酔科学, 武田純三監修, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 1871-1874, 2007
P.156 掲載の参考文献
1) Kam PC : Surgery 23 : 76-77, 2005
2) Middleton RW, et al : Aust NZ J Surg 44 : 124-128, 1974
P.158 掲載の参考文献
1) Muller C, et al : The incidence, pathogenesis, diagnosis, and treatment of fat embolism. Orthop Rev 23 : 107-117, 1994
2) Gurd AR, et al : The fat embolism syndrome. J Bone Joint Surg Br 56B : 408-416, 1974
3) 鶴田登代志 : 脂肪塞栓症候群 病態生理から診断, 治療まで. 臨麻 10 : 1357-1363, 1986
4) Koessler MJ, et al : The clinical relevance of embolic events detected by transesophageal echocardiography during cemented total hip arthroplasty : a randomized clinical trial. Anesth Analg 92 : 49-55, 2001
5) Bederman SS, et al : Do corticosteroids reduce the risk of fat embolism syndrome in patients with long-bone fractures? A meta-analysis. Can J Surg 52 : 386-393, 2009
P.161 掲載の参考文献
2) Erens GA, et al : Total hip arthroplasty. http://www.uptodate.com/contents/total-hip-arthroplasty
4) 八倉巻ほか : 人工股関節全置換術後に修正型電気痙攣療法にて大腿骨骨折を生じた一例. 交通医学 64 : 97-98, 2010
5) 太田宗一郎ほか : 病的鎖骨骨折 : まれな術中合併症. 日臨麻会誌 13 : 104-107, 1993
P.163 掲載の参考文献
1) Heppenstall RB, et al : Lancet 354 : 970, 1999
2) Halliwill JR, et al : Anesthesiology 89 : 1373-1376, 1998
3) Turnbull D, et al : Anesthesia 57 : 905-908, 2002
4) 前川聡一 : 救急医学 24 : 1436-1443, 2000
5) Masten FA, et al : Clin Orthop 150 : 187, 1980
P.165 掲載の参考文献
P.166 掲載の参考文献
1) Bel RR, et al : Arch Dermatol 81 : 34-42, 1960
2) 青木見佳子 : カラーアトラス 皮膚疾患 他科領域に関連した医原性皮膚障害 (II) (図説). 日本医科大学医学会雑誌 2 : 9-11, 2006
3) Chang ZY, et al : J Anesthesia 30 : 349-351, 2016
P.168 掲載の参考文献
1) 西山純一 : 側臥位・腹臥位時に生じる頭部・顔面の諸問題への取り組み. 日本手術医学会誌 33 : 237-239, 2012
2) 西山純一 : 手術体位に関連した周術期合併症. 臨麻 38 : 1167-1174, 2014
3) 鈴木利保ほか : 医療用枕1 側臥位・腹臥位手術用枕. Good Design Award 2006
4) Roth S : Perioperative visual loss : what do we know, what can we do? Brit Anaesth 103 : 31-40, 2009
5) Ho VT, et al : Ischemic optic neuropathy following spine surgery. J Neurosur Anesthesiol 17 : 38-44, 2005
P.171 掲載の参考文献
1) 立花隆雄ほか : 日本皮膚科学会ガイドライン 創傷・熱傷ガイドライン委員会報告-2 : 褥瘡診療ガイドライン. 日皮会誌 121 : 1791-1839, 2011
2) 真田弘美 : 周術期の褥瘡対策最前線. 手術医学 35 : 319-324, 2014
3) 門野岳史ほか : 褥瘡予防・管理ガイドライン (第4版). 褥瘡会誌 17 : 487-557, 2015
4) 松村由美 : 褥瘡と紛らわしい皮膚疾患. 褥瘡会誌 12 : 1-7, 2010
5) 寺師浩人 : 周術期における急性皮膚障害発生のメカニズムと予防・治療. 手術医学 33 : 259-266, 2012
P.173 掲載の参考文献
P.175 掲載の参考文献
1) 厚生労働省 : 重篤副作用疾患別対応マニュアル, 平成18年10月
2) 市原靖子ほか : 薬剤による横紋筋融解症の病態, 診断と治療. 日集中医誌 13 : 206-209, 2006
3) 大坪由紀ほか : プロポフォール・ロクロニウム臭化物・セボフルランを使用した全身麻酔を契機として発症した横紋筋融解症の1症例. 日歯麻誌 37 : 20-24, 2009
4) 鈴木尚志ほか : 高位砕石位下に施行した長時間の泌尿器科手術に, 腰背部痛を主訴とする横紋筋融解症を来した1症例. 麻酔 55 : 1234-1237, 2006
5) Pasternak RC, et al : ACC/AHA/NHLBI clinical advisory on the use and safety of statins. J Am Coll Cardiol 40 : 567-572, 2002
6) 森大智ほか : 全身麻酔後のクレアチンキナーゼ異常高値から横紋筋融解症と診断された1例. 日歯麻誌 43 : 280-282, 2015
P.177 掲載の参考文献
P.179 掲載の参考文献
1) 横関博雄 : II. 接触性皮膚炎 総説. 目で見るアレルギー性皮膚疾患, 片山一郎ほか編, 南山堂, 東京, 52-59, 2007
2) 武林亮子ほか : 着用部位を超え拡大した弾性ストッキングによる接触性皮膚炎. 皮膚病診療 27 : 1039-1042, 2005
3) 水野樹ほか : 圧迫弾性ストッキングに含まれる合成ゴムのネオプレーンによるアレルギー性接触性皮膚炎. 麻酔 60 : 104-106, 2011
4) 堂本勝子ほか : 突然起こる! 油断できない! DVT (深部静脈血栓症) 予防対策の本当に知りたいところ (Part 3) 実際, どうケアをする? ポイントをつかもう! Q&A 圧迫療法によるスキントラブルが発生したときの対応法は? (Q&A/特集). Expert Nurse 31 : 55-56, 2015
P.182 掲載の参考文献
1) 小室哲也ほか : 脳脊髄液ドレナージ下に管理した胸部大動脈瘤ステントグラフト術後頭蓋内急性硬膜下血腫の一例. 日集中医誌 21 : 185-186, 2014
3) Dardik A, et al : Subdural hematoma after thoracoabdominal aortic aneurysm repair : an underreported complication of spinal fluid drainage? J Vasc Surg 36 : 47-50, 2002
P.183 掲載の参考文献
2) Jha NK, et al : Pin-site epidural hematoma in an adult case of chronic hydrocephalus with associated thinning of the cranium. Br J Neurosurg 23 : 211-212, 2009
3) 中島一郎ほか : 頭位固定用ヘッドピンにより生じた急性硬膜外血腫の2症例. 日本手術医学会誌 11 : 245-246, 1990
P.185 掲載の参考文献
1) 小林武夫ほか : 麻酔後嗄声. 外科 42 : 487-492, 1980
3) 廣田隆一ほか : 上喉頭神経内枝麻痺を伴った頸椎前方手術後嚥下障害の2例. 耳鼻と臨 55 : 142-150, 2009
5) 志賀勇昭ほか : 両側反回神経麻痺の結果上気道閉塞をきたし陰圧性肺水腫を発症した1症例. 昭和学士会誌 73 : 463-466, 2013
P.186 掲載の参考文献
1) 坂口文ほか : 臨麻 29 : 1371-1372, 2005
2) 水川俊一ほか : 臨麻 26 : 243-244, 2002
3) 井坂奈央ほか : 耳鼻咽喉科展望 56 : 75-78, 2013
4) 太田富雄編集 : 脳神経外科学, 金芳堂, 京都, 49-51, 2008
P.188 掲載の参考文献
1) Harden RN, et al : Diagnostic criteria : The statistical derivation of four criterion factors. CRPS : Current diagnosis and therapy, progress in pain research and management, IASP Press, Seattle, 32, 45-58, 2005
2) 日本ペインクリニック学会治療指針検討委員会 : ペインクリニック治療指針, 改訂第5版, 真興交易医書出版部, 東京, 144-151, 2016
P.190 掲載の参考文献
1) 松脇由典ほか : 鼻性髄液漏の診断と治療. 耳鼻咽喉科展望 53 : 300-310, 2010
2) 山中大樹ほか : 開頭術後に発生した緊張性気脳症に対して再開頭術を行った1例. 日臨麻会誌 35 : S266, 2015
3) 吉田一博ほか : 仰臥位開頭手術後に発生した緊張性気脳症. 日臨麻会誌 3 : 533, 1983
4) 細菌性髄膜炎診療ガイドライン 2014, 細菌性髄膜炎診療ガイドライン作成委員会, 2014
P.192 掲載の参考文献
1) 藤野友里ほか : 経静脈的一時ペーシングを行った巨大延髄腫瘍生検術の麻酔経験. 麻酔と蘇生 51 : 55-58, 2015
2) 丸山敬訳 : 脳幹の構成. イラストレイテッド神経科学, 白尾智明監訳, 丸善出版, 東京, 97-119, 2013
4) 児玉逸雄ほか : 不整脈薬物治療に関するガイドライン (2009年改訂版) www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2009_kodama_h.pdf
P.194 掲載の参考文献
1) 塚本春寿ほか : 大脳鎌髄膜腫の開頭術後に発生した緊張性気脳症の1例. 脳外誌 10 : 419-423, 2001
2) Browning CJ, et al : Gas in the cranium : an unusual case of delayed pneumocephalus following craniotomy. Clin Oncol (R Coll Radiol) 12 : 118-120, 2000
3) 長谷川洋ほか : 開頭術後に合併したtension pneumocephalusの3例. Neurologia Medico-chirurgica 23 : 891-895, 1983
4) Porter JM, et al : The sitting position in neurosurgery : a critical appraisal. Br J Anaesth 82 : 117-128, 1999
P.196 掲載の参考文献
1) 濱田宏 : 高齢者における術後精神神経機能障害 (譫妄) の診断と治療. 麻酔科診療プラクティス 16. これだけは知っておきたい術後管理, 稲田英一編, 文光堂, 東京, 266-267, 2004
2) 日本精神神経学会監修, 高橋三郎ほか監訳 : DSM-5(R) 精神疾患の診断・統計マニュアル, 医学書院, 東京, 588, 2014
3) Krenk L, et al : Postoperative delirium and postoperative cognitive dysfunction in the elderlywhat are the differences? Minerva Anesthesiol 77 : 742-749, 2011
4) 古家仁 : 術後精神障害. せん妄を中心とした対処法, 真興交易医書出版部, 東京, 65-66, 2003
5) Shin HJ, et al : Intraoperative dexmedetomidine sedation reduces the postoperative agitated behaviour in elderly patients undergoing orthopaedic surgery compared to the propofol sedation : a retrospective analysis of 855 patients. Minerva Anestesiol [Epub ahead of print], 2017
7) Mei B, et al : Peripheral nerve block as a supplement to light or deep general anesthesia in elderly patients receiving total hip arthroplasty : a prospective randomized study. Clin J Pain [Epub ahead of print], 2017
P.198 掲載の参考文献
P.200 掲載の参考文献
P.202 掲載の参考文献
1) 小谷順一郎ほか : 頸部郭清手術と脳静脈還流障害. 循環制御 15 : 243-248, 1994
2) Gooding CA, et al : Jugular vein obstruction caused by turning of the head. Am J Roentgenol 142 : 403-406, 1984
3) 吉田哲ほか : 体位と頭蓋内圧・脳灌流圧の関係. ICUとCCU 13 : 921-929, 1989
4) Seoane E, et al : Compression of the internal jugular vein by the transverse process of the atlas as the cause of cerebellar hemorrhage after supratentorial craniotomy. Surg Neurol 51 : 500-505, 1999
5) 山崎信也ほか : 内頸静脈切除が硬膜外腔圧に及ぼす影響. 蘇生 19 : 131-134, 2000
P.204 掲載の参考文献
1) Roth S : Postoperative visual loss. Miller's Anesthesia, Miller RD ed, 8th ed, Elsevier, Philadelphia, 3011-3031, 2015
3) Lohn AL, et al : Postoperative visual loss after anesthesia for non-ocular surgery. UpToDate Mar, 27, 2015
4) Jeffrey LA, et al : Practice advisory for perioperative visual loss associated with spine surgery-An updated report by the American Society of anesthesiologists task force on perioperative visual loss. Anesthesiology 116 : 274-285, 2012
P.206 掲載の参考文献
1) Koizumi H, et al : An operation in the park bench position complicated by massive tongue swelling. case reports in neurological medicine. Vol 2012 (2012), Article ID 165860
2) Roberts JR : InFocus : Potentially fatal side effect of ACE inhibitors : Angioedema. Emergency Medicine News 36 : 8-11, 2014
3) 阿部祐美子ほか : 口蓋形成術後舌腫大を起こした2症例. 麻酔 45 : 1145-1148, 1996
P.208 掲載の参考文献
1) UpToDate Air embolism
P.211 掲載の参考文献
2) 西脇公俊 : 神経原性肺水腫と肺血管透過性亢進. 現代医学 56 : 469-475, 2009
3) Daviso, DL et al : Neurogenic pulmonary edema. Critical Care 16 : 212-219, 2012
4) 日本集中治療医学会, 日本呼吸療法医学会, 日本呼吸器学会合同 : ARDS診療ガイドライン, 総合医学社, 41, 2016
P.213 掲載の参考文献
1) Cassorla L, et al : Patient positioning and associated risks. Miller's Anesthesia, Ronald DM, et al eds, 8th ed, Elsevier, 1258-1261, 2015
2) 辻本三郎 : 術中体位と神経障害. 麻酔偶発症・合併症, 岩崎寛ほか編, 文光堂, 東京, 192-198, 2004
3) 阿部まり子 : 開腹術後の下肢麻痺. LiSA 23 : 560-565, 2016
P.214 掲載の参考文献
1) 東野正明ほか : 耳下腺手術における術後顔面神経麻痺の予防策. 頭頸部外科 25 : 161-165, 2015
2) 宮原裕ほか : 耳下腺良性腫瘍手術症例の臨床的検討. 耳鼻 57 : 150-157, 2011
3) 柳原尚明ほか : 顔面神経麻痺評価法の国際基準, 特に顔面研究会の40点法とHouse-Brackmann法の評価法について. Facial N Res Jpn 12 : 99-102, 1992
4) 富田俊樹 : 術中・術後の急変への対処法 術後編 耳下腺手術後の顔面神経麻痺. 耳喉頭頸 85 : 328-331, 2013
5) Grosheva M, et al : Electromyographic facial nerve monitoring during paroidectomy for benign lesions does not improve the outcome of postoperative facial nerve function : A prospective twocenter trial. Laryngoscope 119 : 2299-2305, 2009
P.216 掲載の参考文献
1) Warner MA, et al : Ulnar neuropathy. Incidence, outcome, and risk factors in sedated or anesthetized patients. Anesthesiology 81 : 1332-1340, 1994
2) 辻本三郎 : 術中体位と神経障害. 麻酔科診療プラクティス 14. 麻酔偶発症・合併症, 岩崎寛編, 文光堂, 東京, 192-199, 2004
3) Practice advisory for the prevention of perioperative peripheral neuropathies : a report by the American Society of anesthesiologists task force on prevention of perioperative peripheral neuropathies. Anesthesiology 92 : 1168-1182, 2000
4) Warner MA, et al : Perioperative Neuropathies, Blindness, and Positioning Problems. ASA Refresher Course Lectures, 276 (1-4), 2002
5) 西山純一 : 手術体位に関連した周術期合併症. 臨麻 38 : 1167-1174, 2014
P.218 掲載の参考文献
2) 前田亮子ほか : 側臥位での腹腔鏡下手術において後骨間神経麻痺を発症した1症例. 麻酔 54 : 909-911, 2005
P.220 掲載の参考文献
1) Cassorla L, et al : Patient positioning and associated risks. Miller's Anesthesia, Miller RD ed, 8th ed, Elsevier, Philadelphia, 1240-1265, 2015
2) Cooper DE, et al : Clin Orthop Relat Res 228 : 33-41, 1992
3) 米澤郁穂 : 臨麻 30 : 19-24, 2006
4) 武田敏宏ほか : 消化器外科 35 : 872-874, 2012
P.222 掲載の参考文献
2) Cohen AJ, et al : Phrenic nerve injury after coronary artery grafting : is it always benign? Ann Thorac Surg 64 : 148-153, 1997
3) Hines MH : Video-assisted diaphragm plication in children. Ann Thorac Surg 76 : 234-236, 2003
4) Riazi S, et al : Effect of local anaesthetic volume (20 vs 5ml) on the efficacy and respiratory consequences of ultrasoundguided interscalene brachial plexus block. Br J Anaesth 101 : 549-556, 2008
5) Neal JM, et al : Quantitative analysis of respiratory, mortor, and sensory function after supraclavicular block. Anesth Analg 86 : 1239-1244, 1998
P.223 掲載の参考文献
1) Morgan K, et al : Br J Obstet Gynecol 102 : 665-666, 1995
2) Chan JK, et al : Am J Obstet Gynecol 186 : 1-7, 2002
3) Fardin P, et al : Electromyogr Clin Neurophysiol 20 : 153-155, 1980
P.227 掲載の参考文献
1) 出田眞一郎 : 31件目-全身麻酔後の失明はなぜ起こるのか. LiSA 18 : 464-465, 2011
P.229 掲載の参考文献
1) Donlon JV Jr, et al : Anesthesia for eye, ear, nose and throat surgery. Miller's Anesthesia, Miller RD, ed, 6th ed, Churchill Livingstone, Philadelphia 2005
3) 西山純一 : 斜視の手術 : 全身麻酔を第一選択とし, 気管チューブや麻酔回路のトラブルに注意. LiSA 15 : 1230-1233, 2008
P.232 掲載の参考文献
1) 日本緑内障学会 : 緑内障診療ガイドライン第3版
2) 秋元政博ほか : 全身麻酔後に発症した急性閉塞隅角緑内障の2症例. 眼臨 90 : 485-487, 1996
3) 堀本進ほか : 口腔癌術後に発症した急性閉塞隅角緑内障発作の1症例. 麻酔 47 : 618-621, 1998
4) 舟橋奈々子ほか : 全身麻酔直後に発症した急性閉塞隅角緑内障の一症例. 麻酔 37 : 836-842, 1986
P.233 掲載の参考文献
1) 出田眞一郎 : 31件目-全身麻酔後の失明はなぜ起こるのか. LiSA 18 : 464-465, 2011
3) 大橋裕一ほか編 : 眼科疾患 最新の治療 2013-2015, 南江堂, 東京, 2013
P.234 掲載の参考文献
1) Liebowitz M, et al : Corneal injury produced by carbon dioxide laser radiation. Arch Ophthalmol 81 : 713-721, 1969
2) Wolbarski M, et al : Retina : pathology of neodymium and ruby laser burns. Science 150 : 1453-1454, 1965
3) Garry BP, et al : Anesthetic technique for safe laser use in surgery. Semin Surg Oncol 6 : 184-188, 1990
4) Keon TP : Anesthetic considerations for laser surgery. Int Anesthesiol Clin 26 : 50-53, 1988
5) Rampil IJ : Anesthetic considerations for laser surgery. Anesth Analg 74 : 424-435, 1992
P.235 掲載の参考文献
1) 末吉慎太郎ほか : 手術を行った喉頭肉芽腫27症例の検討. 喉頭 25 : 1-7, 2013
2) 蒲池正顕ほか : 気管挿管後に喉頭肉芽腫を発症した2症例. 麻酔 58 ; 1282-1285, 2009
3) 西田直哉ほか : 気道狭窄により緊急手術を要した小児挿管性喉頭肉芽腫の1例. J Jpn Bronchoesophagol Soc 62 : 529-532, 2011
4) 松波小百合ほか : 挿管時に気管内異物となった喉頭肉芽腫の1症例. 麻酔 63 : 552-556, 2014
P.236 掲載の参考文献
1) 椙山加綱ほか : 鹿児島大学病院歯科診療棟における20年間の異物誤嚥誤飲症例の検討. 日歯麻誌 44 : 1-8, 2016
2) Albrimawy OA, et al : Foreign body aspiration, a comtinuously growing challenge : Tanta University experience in Egypt. Auris Nasus Larynx 38 : 88-94, 2011
P.237 掲載の参考文献
1) Windfuhr JP : Lethal post-tonsillectomy hemorrhage. Auris Nasus Larynx 30 : 391-396, 2003
3) 生駒亮ほか : 口蓋扁桃摘出術の術後出血に関する検討 : 危険因子と対策について. 口咽科 29 : 71-75, 2016
P.239 掲載の参考文献
1) 熱傷ガイドライン (改訂第2版). 一般社団法人日本熱傷学会編, 23-25, 2015
2) Guidance on airway management during laser surgery of upper airway. ISO/TR 11991, 1995 https://www.iso.org/obp/ui/#iso:std:iso:tr:11991:ed-1:v1:en
P.240 掲載の参考文献
1) 深見正也ほか : 頭頸部外科 5 : 67-70, 1995
2) 飯田政弘ほか : ENTONI 4 : 54-58, 2001
3) 春名眞一 : 日耳鼻 117 : 847-849, 2014
P.241 掲載の参考文献
1) 鴻信義 : これだけは知っておこう-鼻出血への対応法 止血法 内視鏡下鼻副鼻腔手術後止血. 耳喉頭頸 87 : 1018-1023, 2015
2) 深見正也ほか : 内視鏡下鼻内手術合併症への対処. 頭頸部外科 5 : 67-70, 1995
3) 飯田政弘ほか : 鼻疾患救急処置マニュアル 鼻・副鼻腔術直後の合併症. ENTONI 4 : 54-58, 2001
P.243 掲載の参考文献
1) Jones, JW et al : Tracheo-innominate artery erosion : successful management of a devastating complication. Ann Surg 184 : 194-203, 1976
2) 長坂不二夫ほか : 気管切開後の気管腕頭動脈瘻の1例と本邦報告例の文献的検討. 気管支学 19 : 400-404, 1997
3) 久貝忠男 : 気管腕頭動脈瘻4例の検討. 日血管外会誌 13 : 691-694, 2004
P.247 掲載の参考文献
1) Auchus RJ, et al : Which patients benefit from provocative adrenal testing after transsphenoidal pituitary surgery? Clin Endocrinol 46 : 21-27, 1997
2) Hout WM, et al : Evaluation of the hemothalamicpituitary-adrenal axis immediately after pituitary adenomectomy : Is perioperative steroid therapy necessary? J Clin Endocrinol Metab 66 : 1208-1212, 1988
3) Garcia-Luna PP, et al : Evaluation of the pituitary-adrenal axis before, during and after pituitary adrenomectory. Is perioperative glucocorticoid therapy necessary? Acta Endocrinol (Copenh) 122 : 83-88, 1990
4) Schmidt IL, et al : Diagnosis of adrenal insufficiency : Evaluation of the corticotropin-releasing hormone test and basal serum cortisol in comparison to the insulin tolerance test in patients with hypothalamic-pituitary-adrenal disease. J Clin Endocrinol Metab 88 : 4139-4198, 2003
P.249 掲載の参考文献
2) Pullan PT, et al : Water handling problems. Management of Pituitary Disease, Belchetz FE, et al eds, London, 519-528, 1984
3) Kinoshita Y, et al : Endocr J 58 : 373-379, 2011
4) 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業 : 間脳下垂体機能障害に関する調査研究班 平成13年度総括・分担報告書, 30-33, 2002
P.251 掲載の参考文献
1) 日本甲状腺学会 : 甲状腺クリーゼの診断基準 (第2版). www.japanthyroid.jp/doctor/img/crisis2.pdf
2) Bahn Chair RS, et al : Hyperthyroidism and other causes of thyrotoxicosis : management guidelines of the American Thyroid Association and American Association of Clinical Endocrinologists. Thyroid 21 : 593-648, 2011
3) Morgan E, et al : Clinical Anesthesiology, 4th ed, McGraw-Hill Medical, New York, 806-809, 2006
4) Tsubokawa T, et al : Propofol clearance and distribution volume increase in patients with hyperthyroidism. Anesth Analg 87 : 195-199, 1998
P.252 掲載の参考文献
1) Michael F, et al : Anesthetic implications of concurrent diseases. Miller's Anesthesia, Miller RD ed, 7th ed, Churchill Livingstone, Philadelphia, 1086-1089, 2009
2) Morgan E, et al : Clinical Anesthesiology, 4th ed, McGraw-Hill Medical, New York, 806-809, 2006
P.253 掲載の参考文献
2) Francois B, et al : 12-h pretreatment with methylprednisolone versus placebo for prevention of postextubaion laryngeal oedema : a randomized double-blind trial. Lancet 31 : 1083-1089, 2007
P.254 掲載の参考文献
1) Mihai R, et al : Parathyroid disease and calcium metabolism. Br J Anaesth 85 : 29-43, 2000
2) 池田恭治 : 副甲状腺機能低下症. 内科学, 矢崎義雄ほか編, 第10版, 朝倉書店, 東京, 1636-1639, 2013
3) 後藤仁志 : 副甲状腺ホルモンの欠如・分泌低下. 内科学書, 小川聡ほか編, 改訂第8版, vol.5, 中山書店, 東京, 139-142, 2013
P.255 掲載の参考文献
1) 杉本利嗣 : 原発性副甲状腺機能亢進症. 内科学, 矢崎義雄ほか編, 第10版, 朝倉書店, 東京, 1631-1636, 2013
2) 後藤仁志 : 副甲状腺ホルモン分泌の亢進. 内科学書, 小川聡ほか編, 改訂第8版, vol.5, 中山書店, 東京133-139, 2013
3) 菅野尚ほか : 副甲状腺機能亢進症患者の高カルシウム血症. LISA 17 : 356-360, 2010
P.257 掲載の参考文献
1) Ramakrishna H : Pheochromocytoma resection : Current concept in anesthetic management. J Anesthesiol Clin Pharmacol 31 : 317-323, 2015
2) 張京浩ほか : 予想外の術中経過を示した褐色細胞腫摘出術の3症例. 麻酔 53 : 1391-1395, 2004
4) 土井松幸ほか : 褐色細胞腫摘出術の麻酔管理におけるエピネフリン優位型とノルエピネフリン優位型との比較. 麻酔 43 : 557-564, 1994
P.261 掲載の参考文献
1) Giugliano D, et al : Circulation 95 : 1783-1790, 1997
3) 日本糖尿病学会編 : 糖尿病における急性代謝失調. 科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン 2013, 南江堂, 東京, 263-278, 2013
P.263 掲載の参考文献
1) 日本糖尿病学会編 : 糖尿病における急性代謝失調. 科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン 2013, 南江堂, 東京, 263-278, 2013
3) Levy CJ, et al : Effect of glycemic control on glucose counterregulation during hypoglycemia in NIDDM. Diabetes Care 21 : 1330-1338, 1998
P.265 掲載の参考文献
1) Kadoi Y : Anesthetic consideration in diabetic patients. Part I : preoperative considerations of patients with diabetes mellitus. J Anesth 24 : 739-747, 2010
2) Kadoi Y : Anesthetic consideration in diabetic patients. Part II : intraoperative and postoperative management of patients with diabetes mellitus. J Anesth 24 : 748-756, 2010
P.267 掲載の参考文献
1) 溝部俊樹 : 体温管理のアップデート. Life Support and Anesthesia別冊 : 22-31, 2008
2) Mizobe T, et al : Temperature monitoring. Civetta, Taylor, & Kirby's Critical Care, Gabrielli A, et al eds, 4th ed, Lippincott-Raven Publishers, Philadelphia, 271-282, 2008
4) Nakajima Y, et al : Baroreflex modulation of peripheral vasoconstriction during progressive hypothermia in anesthetized humans. Am J Physiol 279 : R1430-1436, 2000
5) Mizobe T, et al : Fructose administration increases intraoperative core temperature by augmenting both metabolic rate and the vasoconstriction threshold. Anesthesiology 104 ; 1124-1130, 2006
P.271 掲載の参考文献
1) 岡田尚子ほか : 無痛分娩中の低血圧への注意を怠るべからず. 周産期医学 45 (増刊号) : 324-328, 2015
2) Kinsella SM, et al : Supine hypotensive syndrome. Obstet Gynecol 83 (5 Pt 1) : 774-788, 1994
4) 角倉弘行 : 産科麻酔ポケットマニュアル, 羊土社, 東京, 63-65, 2014
5) Lee A. et al : A quantitative, systematic review of randomized controlled trials of ephedrine versus phenylephrine for the management of hypotension during spinal anesthesia for cesarean delivery. Anesth Analg 94 : 920-926, 2002
P.272 掲載の参考文献
1) Gogarten W : Curr Opin Anesthesiol 22 : 347-351, 2009
2) Dyer RA, et al : Curr Opin Anesthesiol 20 : 168-174, 2007
P.273 掲載の参考文献
1) Sultan P, et al : Curr Opin Anesthesiol 29 : 288-296, 2009
2) Toledo P, et al : Embolic disorders. Chestnut's Obstetric Anesthesia, Chestnut DH ed, Elsevier Saunders, Philadelphia, 915-931, 2014
P.274 掲載の参考文献
1) Walton JR, et al : Preterm labor and delivery. Chestnut's Obstetric Anesthesia, Chestnut DH ed, Elsevier Saunders, Philadelphia, 787-808, 2014
2) Kotani N, et al : Rebound preoperative hyperkalemia in six patients after cessation of ritodrine for premature labor. Anesth Analg 93 : 709-711, 2001
P.275 掲載の参考文献
2) Gin T, et al : Pharmacology and nonanesthetic drugs during pregnancy and lactation. Chestnut's Obstetric Anesthesia, Chestnut DH ed, Elsevier Saunders, Philadelphia, 303-325, 2014
P.277 掲載の参考文献
1) Manning FA, et al : Am J Obstet Gynecol 136 : 787-795, 1980
2) 日本産婦人科学会/日本産婦人科医会編 : 産婦人科診療ガイドライン産科編 2014
P.279 掲載の参考文献
1) Weinstein L : Am J Obstet Gynecol 142 : 159-167, 1982
2) Sibai BM : Am J Obstet Gynecol 169 : 1000, 1993
3) 日本妊娠高血圧学会編 : 妊娠高血圧症候群の治療指針 2015-Best Practice Guide, メジカルビュー社, 東京, 2015
5) Martin JN Jr, et al : Obstst Gynecol 76 : 737-741, 1990
P.281 掲載の参考文献
1) 金山尚裕 : 産科と婦人科 79 : 582-586, 2012
2) 日本産科婦人科学会, 他4学会 : 産科危機的出血への対応ガイドライン. 2010 www.anesth.or.jp/guide/pdf/100327guideline.pdf
3) 竹田省 : LiSA 20 (別冊 13) : 62-71, 2013
4) 奥富俊之 : Anet 15 (2) : 7-11, 2011
P.283 掲載の参考文献
1) 後藤亮子ほか : 当院における胎盤遺残16例の検討. 東京産婦会誌 63 : 599-603, 2014
2) 原田寛子ほか : 胎盤遺残の診断に苦慮した2症例. 東京産婦会誌 64 : 86-90, 2015
3) 板倉敦夫 : 癒着胎盤. 日産婦誌 61 : N62-N66, 2009
4) 小川正樹ほか : 癒着胎盤. 日産婦誌 54 : N143-N147, 2002
5) 大口照英ほか : 遅発性の産後の過多出血に精査をせずに子宮内?破をするべからず. 周産期医学 45 (増刊) : 473-476, 2015
P.284 掲載の参考文献
1) Joris J, et al : Metabolic and respiratory changes after cholecystectomy performed via laparotomy or laparoscopy. Br J Anaesth 69 : 341-345, 1992
2) Joris J, et al : Pain after laparoscopic cholecystectomy. Characteristics and effect of intraoperative bupivacaine. Anaesth Analg 81 : 379-384, 1995
3) Bisgaard T, et al : Characteristics and prediction of early pain after laparoscopic cholecystectomy. Pain 90 : 261-269, 2001
P.285 掲載の参考文献
1) Scavone BM : Antepartum and postpartum hemorrhage. Chestnut's Obstetric Anesthesia, Chestnut DH ed, 5th ed, Elsevier Saunders, Philadelphia, 881-914, 2014
2) Bujold E, et al : Neonatal morbidity associated with uterine rupture : what are the risk factors? Am J Obstet Gynecol 186 : 311-314, 2002
3) Chestnut DH : Trial of labor and vaginal birth after cesarean delivery. Chestnut's Obstetric Anesthesia, Chestnut DH ed, 5th ed, Elsevier Saunders, Philadelphia, 398-409, 2014
P.286 掲載の参考文献
1) Scavone BM : Antepartum and postpartum hemorrhage. Chestnut's Obstetric Anesthesia, Chestnut DH ed, 5th ed, Elsevier Saunders, Philadelphia, 881-914, 2014
P.288 掲載の参考文献
2) 秋永智永子 : 産褥出血の管理. 周産期麻酔, 奥富俊之ほか編, 克誠堂出版, 東京, 336-346, 2012
4) Tsen LC : Anesthesia for cesarean delivery : Chestnut's Obstetric Anesthesia, Chestnut DH ed, 5th ed, Elsevier, Saunders, Philadelphia, 545-603, 2014
5) 津留世里 : 脊髄くも膜下麻酔, 脊髄くも膜下硬膜外併用麻酔. 緊急産科手術麻酔に備える, 奥富俊之ほか編, 克誠堂出版, 東京, 34-44, 2014
7) 大西庸子ほか : 癒着胎盤. 緊急産科手術麻酔に備える, 奥富俊之ほか編, 克誠堂出版, 東京, 105-119, 2014
P.289 掲載の参考文献
1) Tsen LC : Anesthesia for cesarean delivery. Chestnut's Obstetric Anesthesia, Chestnut DH ed, Elsevier Saunders, Philadelphia, 545-603, 2014
2) 上山博史 : 産科麻酔 基本的考え方から最新診療まで. 全身麻酔を巡る問題点. 麻酔 59 : 357-361, 2010
3) Zakowski MI et al : The placenta : anatomy, physiology, and transfer of drugs. Chestnut's Obstetric Anesthesia, Chestnut DH ed, Elsevier Saunders, Philadelphia, 55-74, 2014
4) Gogarten W : Preeclampsia and anesthesia. Curr Opin Anesthesiol 22 : 347-351, 2009
P.293 掲載の参考文献
1) 五藤恵次 : 肺移植医の麻酔. 麻酔 63 (増刊号) : S1-7, 2014
2) 小林求ほか : 肺移植-麻酔科からのアプローチ-. 臨麻 38 : 1399-1405, 2014
3) Martinez D, et al : Postoperative imaging after lung transplantation. Clin Imaging 37 : 617-623, 2013
4) 小林求 : 肺移植の周術期管理. 臨麻 39 (増刊号) : 321-330, 2015
P.295 掲載の参考文献
1) 小林求ほか : 肺移植-麻酔科からのアプローチ-. 臨麻 38 : 1399-1405, 2014
2) 小林求 : 肺移植の周術期管理. 臨麻 39 (増刊号) : 321-330, 2015
P.297 掲載の参考文献
1) 小林求 : 肺移植の周術期管理. 臨麻 39 (増) : 321-330, 2015
3) 小林求ほか : 肺移植-麻酔科からのアプローチ-. 臨麻 38 : 1399-1405, 2014
4) Pasero D, et al : The effects of inhaled nitric oxide after lung transplantation. Minerva Anesthesiol 76 : 353-361, 2010
P.299 掲載の参考文献
1) 陳和夫 : 肝肺症候群. 呼吸 23 : 699-703, 2004
P.301 掲載の参考文献
1) Fede G, et al : Ann Gastroenterol 28 : 31-40, 2015
2) Adachi T, et al : J Anesth 14 : 151-153, 2000
3) Siniscalchi P, et al : World J Gastroenterol 22 : 1551-1569, 2016
4) Rudnick MR, et al : World J Hematol 7 : 1302-1311, 2015
P.303 掲載の参考文献
P.306 掲載の参考文献
1) 日本門脈圧亢進症学会編 : 門脈圧亢進症取扱い規約, 金原出版, 東京, 2013
2) 末廣剛敏ほか : 食道静脈瘤と生体肝移植. 日門亢会誌 10 : 155-160, 2004
3) 藤堂省 : 門脈圧亢進症と肝移植. 日門亢会誌 14 : 167-174, 2008
4) Matsusaki T, et al : Two case of variceal haemorrhage during living-donor liver transplantation. Br J Anaesthesia 106 : 537-539, 2011
P.308 掲載の参考文献
1) Dicken DH, et al : Impact of ischemia/reperfusion injury and early inflammatory responses in kidney transplantation. Transplant Rev 14 : 210-224, 2000
2) Collins GM, et al : Kidney preservation for transplantation : Initial perfusion and 30 hours ice storage. Lancet 2 : 1219, 1969
P.309 掲載の参考文献
1) 澤村正之ほか : 腎同種移植後のシャント開存状態の検討. 透析会誌 25 : 1037-1043, 1992
2) 櫻井恒久ほか : シャントの手術成績とその開存に影響を与える因子について. 透析会誌 24 : 173-177, 1991
P.311 掲載の参考文献
2) 松久宗英 : 膵移植後の膵機能. 膵臓 21 : 161-168, 2011
3) 黒田暁生 : 膵臓移植における内科医の役割. 移植 50 : 106-111, 2015
5) 日本膵・膵島移植研究会膵臓移植班 : 本邦膵移植症例登録報告 (2015). 移植 50 : 179-185, 2015
P.315 掲載の参考文献
2) 佐藤雅美ほか : 臨麻 39 (増) : 381-392, 2015
3) 本橋伸高ほか : 精神神経学雑誌 115 : 586-600, 2013
4) Saito S : J Anesth 19 : 142-149, 2005
P.317 掲載の参考文献
1) Stensrud PE : Anesthesia at remote locations. Miller's Anesthesia, Miller RD ed, 7th ed, Churchill-Livingston, 2461-2484, 2010
3) Tsai LL, et al : A practical guide to MR imaging safety : What radiologists need to know. Radio-Graphics 35 : 1722-1737, 2015
4) JIS Z 4951 : 2012. 磁気共鳴診断装置-基礎安全および基本性能.
5) 術中MRIガイドライン作成委員会/日本術中画像情報学会 : 術中MRIガイドライン, 2014
P.319 掲載の参考文献
P.321 掲載の参考文献
1) 白神豪太郎 : 日臨麻会誌 26 : 474-481, 2006
3) Heitz JW : Nausea and vomiting. Post-Anesthesia Care, Heitz JW ed, Cambridge University Press, Cambridge, 138-144, 2016
4) Gan TJ, et al : Anesth Analg 118 : 85-113, 2014
P.323 掲載の参考文献
P.324 掲載の参考文献
4) Krenk L, et al : Minerva Anesthesiol 77 : 742-749, 2011
5) Rundshangen I : Dtsch Arztebl Int 111 : 119-125, 2014
P.325 掲載の参考文献
1) 白神豪太郎 : 日本医事新報 4442 : 55-59, 2009
2) 日本麻酔科学会 : 術前絶飲食ガイドライン http://www.anesth.or.jp/guide/index.html,2012
3) Hannallah RS : Pediatric perioperative management. Handbook of Ambulatory Anesthesia, 2nd ed, Twersky RS, et al eds, Springer, NY, 113-143, 2008
4) Smith I, et al : Ambulatory (Outpatient) anesthesia. Miller's Anesthesia, 8th ed, Miller RD ed, Elsevier, Philadelphia, 2612-2645, 2015
P.327 掲載の参考文献
1) Hypothermia after Cardiac Arrest Study Group : Mild therapeutic hypothermia to improve the neurologic outcome after cardiac arrest. N Engl J Med 346 : 549-556, 2002
3) Nielsen N, et al. : Targeted temperature management at 33℃ versus 36℃ after cardiac arrest. N Engl J Med 369 : 2197-2206, 2013
P.331 掲載の参考文献
1) 宮尾秀樹ほか : 経尿道的前立腺切除手術灌流液の細胞内液外液への分布-第2報-TUR症候群と低Na血症. 麻酔 45 : 948-954, 1996
3) 宮尾秀樹ほか : 経尿道的前立腺切除手術灌流液の細胞内液外液への分布-第1報-血清浸透圧測定による灌流液吸収量の予測. 麻酔 45 : 681-688, 1996
4) Kaye A, et al : 血管内液と電解質の生理. ミラー麻酔科学, Miller RD ed, 6th ed, 宮尾秀樹訳, 武田純三監修, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京, 1389-1414, 2007
P.333 掲載の参考文献
1) Kaye A, et al : 血管内液と電解質の生理. ミラー麻酔科学, Miller RD ed, 6th ed, 宮尾秀樹訳, 武田純三監修, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京, 1389-1414, 2007
2) 藤井洋之 : 低カリウム血症を認めたときに, 鑑別すべきことはなんですか. 日本心臓財団ホームページ「診療のヒント 100」, 村川裕二ほか監修 www.jhf.or.jp/publish/pro/hint/c4/hint014.html
P.335 掲載の参考文献
1) 櫻井裕之 : カルシウム・マグネシウムの異常. LiSA 17 : 350-354, 2010
2) 菅野尚 : 副甲状腺機能亢進症患者の高カルシウム血症. LiSA 17 : 356-360, 2010
3) 加藤洋海 : 急速輸血による低カルシウム血症. LiSA 17 : 362-365, 2010
4) 藤田芳郎 : Ca代謝. 研修医のための輸液・水電解質・酸塩基平衡, 中外医学社, 東京, 219-244, 2015
P.336 掲載の参考文献
1) 狩谷伸享 : LiSA 17 : 366-370, 2010
2) 出田眞一郎 : LiSA 17 : 372-375, 2010
3) 藤田芳郎 : Mg代謝. 研修医のための輸液水電解質酸塩基平衡, 中外医学社, 東京, 245-260, 2015
P.337 掲載の参考文献
1) 藤田芳郎 : P代謝. 研修医のための輸液水電解質酸塩基平衡, 中外医学社, 東京, 261-278, 2015
P.339 掲載の参考文献
1) Miller RD, et al : ミラー麻酔科学, 第6版, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京, 1246-1257, 2007
2) Marino PL : ICUブック, 第4版, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京, 477-487, 503-512, 2015
3) 柴垣有吾 : より理解を深める! 体液電解質異常と輸液, 改訂第3版, 中外医学社, 東京, 120-173, 2007
4) 塩路直弘ほか : 腎と体液調節・酸塩基平衡. 麻酔 65 : 503-510, 2016
P.341 掲載の参考文献
1) Marino PL (稲田英一監訳) : 酸塩基平衡の解釈. ICUブック, 第3版, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 東京, 457-497, 2008
2) Martin, Lawrence (古賀俊彦訳) : 1次性酸・塩基平衡障害と混合性酸・塩基平衡障害. わかる血液ガス, 第2版, 学研メディカル秀潤社, 東京, 142-146, 2000
3) Up to date 2016 : 「Permissive hypercapnia」, 「Mechanisms, causes, and effects of hypercapnia」, 「Hyperventilation syndrome」
4) メルクマニュアル 2015 : 「呼吸性アシドーシス」, 「呼吸性アルカローシス」
P.343 掲載の参考文献
1) Stacpoole PW, et al : Natural history and course of acquired lactic acidosis in adults. DCA-Lactic Acidosis Study Group. Am J Med 97 : 47-54, 1994
4) Jeffrey A et al : Lactic acidosis. N Engl J Med 371 : 2309-2319, 2014
5) Arbo JE, et al : Decision making in emergency. Critical Care 18 : 491-503, 2014
P.345 掲載の参考文献
2) Weil MH : New concepts in the diagnosis and fluid treatment of circulatory shock. Anesth Analg 58 : 124-132, 1979
3) Nisanevich V, et al : Effect of intraoperative fluid management on outcome after intraabdominal surgery. Anesthesiology 103 : 25-32, 2005
P.347 掲載の参考文献
P.349 掲載の参考文献
1) Sumpelmann R, et al : German Scientific Working Group for Paediatric Anaesthesia. European consensus statement for intraoperative fluid therapy in children. Eur J Anaesthesiol 28 : 637-639, 2011
P.351 掲載の参考文献
3) 宮尾秀樹 : 第3世代HESのすべて-術中輸液の新しい潮流, 真興交易医書出版部, 東京, 2014
4) James MFM, et al : Br J Anaesth 107 : 693-702, 2011
P.353 掲載の参考文献
2) 加藤栄史 : ヘモビジランス. 新版日本輸血・細胞治療学会認定医制度指定カリキュラム, 日本輸血・細胞治療学会認定医制度審議会カリキュラム委員会編, 日本輸血・細胞治療学会, 東京, 318-321, 2012
3) 藤井康彦ほか : 溶血性副作用 (HTR). 新版日本輸血・細胞治療学会認定医制度指定カリキュラム, 日本輸血・細胞治療学会認定医制度審議会カリキュラム委員会編, 日本輸血・細胞治療学会, 東京, 321-323, 2012
4) 馬場千華子ほか : 輸血後2週間して黄疸が出現した. 輸血療法トラブルシューティング, 大坂顕通編著, 中外医学社, 東京, 57-60, 2006
P.355 掲載の参考文献
1) 加藤栄史 : ヘモビジランス. 新版日本輸血・細胞治療学会認定医制度指定カリキュラム, 日本輸血・細胞治療学会認定医制度審議会カリキュラム委員会編, 日本輸血・細胞治療学会, 東京, 318-321, 2012
3) 玉井佳子 : 同種血輸血の副作用と初期対応. 麻酔科医のための体液・代謝・体温管理, 森田潔監修, 中山書店, 東京, 105-112, 2014
4) 藤井康彦ほか : アレルギー反応. 新版日本輸血・細胞治療学会認定医制度指定カリキュラム, 日本輸血・細胞治療学会認定医制度審議会カリキュラム委員会編, 日本輸血・細胞治療学会, 東京, 324-326, 2012
P.357 掲載の参考文献
1) 岡崎仁 : 輸血関連急性肺障害 (TRALI). 新版日本輸血・細胞治療学会認定医制度指定カリキュラム, 日本輸血・細胞治療学会認定医制度審議会カリキュラム委員会編, 日本輸血・細胞治療学会, 東京, 333-335, 2012
2) 高折益彦 : 輸血事故, 輸血副作用・合併症. 周術期輸血, 克誠堂出版, 東京, 105-163, 2007
3) 前田平生 : 輸血による免疫修飾. 新版日本輸血・細胞治療学会認定医制度指定カリキュラム, 日本輸血・細胞治療学会認定医制度審議会カリキュラム委員会編, 日本輸血・細胞治療学会, 東京, 331-3-9S, 2012
4) Blumberg K : Deleterious clinical effects of transfusion immunomodulation : proven beyond a reasonable doubt. Transfusion 45 (2 suppl) : 33-39S, 2005
5) 下平滋隆 : 免疫学的以外の非溶血性副作用. 新版日本輸血・細胞治療学会認定医制度指定カリキュラム, 日本輸血・細胞治療学会認定医制度審議会カリキュラム委員会編, 日本輸血・細胞治療学会, 東京, 338-340, 2012
6) 日本赤十字社医薬品情報 http://www.jrc.or.jp/mr/reaction/non_hemolytic/trali_taco/
P.358 掲載の参考文献
1) 西郷勝康ほか : 輸血医療の進歩と課題. 輸血副作用. 輸血後GVHD. 日内会誌 93 : 1352-1357, 2004
2) Dwyre DM, et al : Transfusion-associated graftversus-host disease. Vox Sanguinis 95 : 85-93, 2008
3) 藤井康彦ほか : 日本輸血・細胞治療学会輸血後GVHD対策小委員会報告. 輸血によるGVHD予防のための血液に対する放射線照射ガイドライン V. 2010年1月 http://yuketsu.jstmct.or.jp/wp-content/themes/jstmct/images/medical/file/guidelines/Ref8-2.pdf
P.359 掲載の参考文献
1) Lubenow N, et al : Very low platelet counts in post-transfusion purpura falsely diagnosed as heparin-induced thrombocytopenia. Report of four cases and review of literature. Thromb Res 100 : 115-125, 2000
2) Shtalrid M, et al : Post-transfusion purpura : a challenging diagnosis. Isr Med Assoc J 8 : 672-674, 2006
P.360 掲載の参考文献
1) Pham HP, et al : Brit J of Anaesth111 (S1) : i71-i81, 2013
2) 前田益孝ほか : 日腎会誌 47 : 821-827, 2005
3) Goldman L, et al : Goldman-Cecil Medicine, 25th ed, Elsevier, Philadelphia, 1650-1661, 2015
4) Kragh-Hansen U, et al : Clin Chem 39 : 202-208, 1993
5) Giancarelli A, et al : J Sur Res 202 : 182-187, 2010
P.361 掲載の参考文献
1) 日赤資料
2) International Society of Blood Transfusion : Working Party on Haemovigilance. Proposed Standard Definitions for Surveillance of Noninfectious Adverse Transfusion Reactions. IHN, 2011
P.362 掲載の参考文献
1) 張替秀郎 : 赤血球造血・鉄代謝と酸化ストレス. 医学のあゆみ 247 : 895-900, 2013
3) Wood JC : Guidelines for quantifying iron overload. Hematology Am Soc Hematol Educ Program 1 : 210-215, 2014
5) 輸血後鉄過剰症の診療ガイド. 厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業特発性造血障害に関する調査研究 (平成20年度)
P.364 掲載の参考文献
1) 遠山博ほか : 輸血における微少凝集塊 (microaggregate) 濾過フィルターの進歩と意義. 医学のあゆみ 122 : 1-7, 1982
2) 日野郁生ほか : 保存前白血球除去導入前後での医療機関からの苦情情報について. 血液事業 31 : 212, 2008
2) Hiippala ST, et al : Hemostatic factors and replacement of major blood loss with plasma poor red cell concentrates. Anesth Analg 81 : 360-365, 1995
3) 厚生労働省医薬・生活衛生局血液対策課 : 血液製剤の使用指針 (平成17年9月, 平成28年6月一部改正) www.asas.or.jp/jst/news/doc/info_20160622.pdf. Accessed 11/16/2016
4) 山本晃士 : 新鮮凍結血漿の投与基準を検証する-実効性のあるトリガー値の提唱-. 日輸血細胞治療会誌 57 : 442-448, 2011
P.365 掲載の参考文献
2) Shearer MJ, et al : Mechanism of cephalosporininduced hypoprothrombinemia : relation to cephalosporin side chain, vitamin K metabolism, and vitamin K status. J Clin Pharmacol 28 : 88-95, 1988
3) 日本小児科学会新生児委員会ビタミンK投与法の見直し小委員会 : 新生児・乳児ビタミンK欠乏性出血症に対するビタミンK製剤投与の改訂ガイドライン (修正版), 2011
4) 伊藤進ほか : ビタミンK欠乏性出血症と母乳育児. 日母乳哺育会誌 9 : 42-49, 2015

2 区域麻酔

P.369 掲載の参考文献
1) Stendell L, et al : Risk factors for and prediction of a difficult neuraxial block : A cohort study of 73,579 patients from the Danish Anaesthesia Database. Reg Anesth Pain Med 40 : 545-552, 2015
4) 笹野寛ほか : 超音波ガイド下硬膜外カテーテル挿入の実際. 日臨麻会誌 31 : 375-384, 2011
5) 枝長充隆ほか : 手術麻酔におけるX線透視下硬膜外カテーテル留置術. 麻酔 62 : 488-494, 2013
P.370 掲載の参考文献
P.371 掲載の参考文献
1) 横山正尚 : 麻酔科医のための区域麻酔スタンダード, 中山書店, 東京, 204-228, 2015
2) 橋本龍也ほか : 抵抗消失があるにもかかわらず硬膜外カテーテルが入らない. 麻酔科トラブルシューティング AtoZ, 高崎眞弓ほか編, 文光堂, 東京, 540-541, 2010
3) LiSA Print ISSN : 1340-8836 Online ISSN : 1883-5511
4) Tawfik MM, et al : Anesth Analg May 13, 2016
P.373 掲載の参考文献
P.375 掲載の参考文献
1) 伊達依子 : 当院で過去8年間に経験した異所性硬膜外カテーテル迷入8症例の検討. 麻酔 59 : 1224-1227, 2010
2) 笹川智貴 : 肝臓手術後2日目に硬膜外カテーテルがくも膜下腔に迷入した1症例. 麻酔 53 : 284-286, 2004
3) Bromage PR : Aging and epidural dose requirement ; segmental spread and predictability of epidural analgesia in youth and extream age. Br J Anesth 41 : 1016-1022, 1969
4) 嶋武 : X線透視下硬膜外穿刺法と硬膜外カテーテル造影. 日臨麻会誌 31 : 202-208, 2011
P.376 掲載の参考文献
1) 溝口恭子 : 複視の出現により判明したカテーテル硬膜下迷入の1症例. 日ペインクリニック会誌 10 : 501-504, 2003
2) 嶋武 : 硬膜下腔造影所見の検討. 臨麻 24 : 1113-1116, 2000
P.377 掲載の参考文献
1) 柳川利正ほか : ペインクリニック 15 : 430-432, 1994
2) Grieve PP, et al : Anaesth Intensive Care 32 : 113-116, 2004
3) 鈴木尚志ほか : 日臨麻会誌 28 : 453-456, 2008
P.378 掲載の参考文献
2) Hehre FW, et al : Etiologic aspects of failure of continuous lumbar peridural anesthesia. Anesth Analg 39 : 511-517, 1960
3) Asato F, et al : Radiographic findings of unilateral epidural block. Anesth Analg 83 : 519-522, 1996
4) Hogan Q : Epidural catheter tip position and distribution of injectate evaluated by computed tomography. Anesthesiol 90 : 964-970, 1999
P.379 掲載の参考文献
1) 高崎眞弓 : 硬膜外鎮痛と麻酔 : 理論から手技の実際まで, 文光堂, 東京, 380-381, 2009
2) 小野寺健一 : 日臨外会誌 57 : 2288-2290, 1996
3) Amaoutoglou HM, et al : Acta Anaesthesiol Belg 58 : 55-57, 2007
4) Dam-Hieu P, et al : Reg Anesth Pain Med 27 : 517-519, 2002
5) 坂倉康介ほか : 日臨麻会誌 34 : 496-499, 2014
P.381 掲載の参考文献
1) 高崎眞弓 : 硬膜外鎮痛と麻酔 : 理論から手技の実際まで, 文光堂, 東京, 377-380, 2009
2) Hobaika AB : Breakage of epidural catheters : etiology, prevention, and management. Rev Bras Anesthesiol 58 : 227-233, 2008
3) Mitra R, et al : Management of the shared epidural catheter : is surgical extraction really necessary? J Clin Anesth 19 : 310-314, 2007
4) Blanchard N : Radicular pain due to a retained fragment of epidural catheter. Anesthesiology 87 : 1567-1569, 1997
5) Staats PS : Lumbar stenosis complicating retained epidural catheter tip. Anesthesiology 83 : 1115-1118, 1995
P.383 掲載の参考文献
1) 笠羽敏治ほか : 硬膜外腔へ誤って投与した薬物の調査. 麻酔 49 : 1391-1394, 2000
2) 野口純一 : 硬膜外腔への薬物誤投与. 麻酔科診療プラクティス 14. 麻酔偶発症・合併症, 岩崎寛ほか編, 文光堂, 東京, 150-152, 2004
3) Hew CM, et al : Avoiding inadvertent epidural injection of drugs intended for non-epidural use. Anaesth Intensive Care 31 : 44-49, 2003
4) Agarwal A, et al : Inadvertent injection of piperacillin-tazobactum into epidural space. J Anaesthesiol Clin Pharmacol 25 : 559-560, 2010
5) 笠羽敏治 : 硬膜外麻酔において局所麻酔薬にどのような薬物を混ぜるか. 麻酔 59 (増刊) : S157-S165, 2010
P.385 掲載の参考文献
1) Melon MS : Regional anesthesia techniques for acute pain management. Bonica's Management of Pain, Fishman SM ed, 4th ed, Lippincott Williams & Wilkins, Philadelphia, 728-729, 2010
2) Brockway MS, et al : Profound respiratory depression after extradural fentanyl. Br J Anaesth 64 : 243-245, 1990
3) Lamarche Y, et al : The sleep apnoea syndrome and epidural morphine. Can Anaesth Soc J 33 : 231-233, 1986
P.387 掲載の参考文献
2) Arendt K, et al : Why epidurals do not always work. Rev Obstet Gynecol 1 : 49-55, 2008
3) Asato F, et al : Radiographic findings of unilateral epidural block. Anesth Analg 83 : 519-522, 1996
4) Hogan Q : Epidural catheter tip position and distribution of injectate evaluated by computed tomography. Anesthesiology 90 : 964-970, 1999
5) Raj PP : Textbook of Regional Anesthesia, Churchill Livingstone, Philadelphia, 307-324, 2002
P.389 掲載の参考文献
1) 高崎眞弓 : 硬膜外鎮痛と麻酔 : 理論から手技の実際まで. 文光堂, 東京, 365-370, 2009
3) Webb CA-J, et al : Unintentional dural puncture with a Tuohy needle increases risk of chronic headache. Anesth Analg 115 : 124-132, 2012
4) Turnbull DK, et al : Post-dural puncture headache : pathogenesis, prevention and treatment. Br J Anaesth 91 : 718-729, 2003
P.390 掲載の参考文献
1) 大嶋嘉明ほか : 麻酔 54 : 875-880, 2005
2) 仁王進太郎ほか : Prog Med 29 : 1285-1292, 2009
4) 山田佐世子ほか : 麻酔 59 : 238-241, 2010
5) 五十洲剛ほか : 麻酔 44 : 1014-1017, 1995
P.391 掲載の参考文献
3) van de Putte EEF, et al : Acta Anaesthesiol Scand 58 : 903-905, 2014
4) 高崎眞弓ほか : 麻酔と蘇生 11 : 227-230, 1975
P.394 掲載の参考文献