• HOME
  •  > 
  • 薬学
  •  > 
  • 雑誌
  •  >  医学と薬学 74/11 2017年11月号

医学と薬学 74/11 2017年11月号

出版社: 自然科学社
発行日: 2017-10-27
分野: 薬学  >  雑誌
ISSN: 03893898
雑誌名:
特集: 寄生虫症(II)
電子書籍版: 2017-10-27 (第1版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

2,160 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

1,728 円(税込)

目次

  • 表紙
  • 目次
  • 【特集 寄生虫症 ( II ) 】
  • アニサキス症の最近の知見と動向
  • 肺吸虫症
  • アメーバ赤痢
  • 糞線虫症研究の新展開
  • 【座談会】
  • 2016 / 2017年シーズンのインフルエンザ流行を振り返って
  • 【薬理・薬剤】
  • ミグリトール製剤の高湿度状態における安定性評価
  • 【臨床試験】
  • オルメサルタンOD錠20mg「アメル」の生物学的同等性試験
  • オルメサルタン錠40mg「アメル」の生物学的同等性試験
  • ロスバスタチン錠5mg「アメル」の生物学的同等性試験
  • 【症例報告】
  • 心不全診療における脳性ナトリウム利尿ペプチド ( BNP ) と脳性ナトリウム利尿ペプチド前駆体N端フラグメント ( NT - proBNP ) の不一致例
  • 肝硬変患者の血小板減少に対してルストロンボパグを用いて部分的脾動脈塞栓術を施行した1例
  • 【cosmetic】
  • 医薬部外品育毛剤の効果
  • 【巻末付録】
  • 特集予定
  • バックナンバー
  • 学会・研究会開催予定 ( 2017年11月~2018年1月 )
  • 編集顧問
  • 人名索引
  • キーワード索引
  • 訂正
  • ご投稿案内
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

【特集 寄生虫症 ( II ) 】

P.1391 掲載の参考文献
1) 国立感染症研究所 : 病原微生物検出情報 38 (4) : 1-18, 2017.
2) 杉山広, 森嶋康之, 大前比呂思他 : アニサキス食中毒 : 届け出に関わる法改正とレセプトデータに基づく患者数の推計.日本臨床寄生虫学会誌 24 : 44-46, 2013.
3) 食品衛生法施行規則の一部を改正する省令の施行等について (生衛発第1836号, 平成11年12月28日)
4) 食品衛生法施行規則の一部改正について (食安第1228第7号, 平成24年12月28日)
5) 吉田幸雄, 有薗直樹 : 図説人体寄生虫学第9版. アニサキス, pp.100-105, 南山堂, 東京, 2016.
6) 影井昇 : アニサキス亜科線虫感染魚.日本水産学会編, 魚類とアニサキス, pp.99-107, 恒星社厚生閣, 東京, 1974.
7) Shiraki T : Larval nematodes of family Anisakidae (Nematoda) in the northern Sea of Japan. Acta Med Biol 22 : 57-98, 1974.
8) D'Amelio S, Mathiopoulos KD, Santos CP et al : Genetic markers in ribosomal DNA for the identification of members of the genus Anisakis (Nematoda : ascaridoidea) defined by polymerase-chain-reaction-based restriction fragment length polymorphism. Int J Parasitol 30 : 223-226, 2000.
9) Van Thiel PH, Kuipers FC, Roskam RT et al : A nematode parasitic to herring causing acute abdominal syndromes in man. Trop Geogr Med 12 : 97-113, 1960.
11) Suzuki H, Ohnuma H, Karasawa Y et al : Terranova (Nematoda : Anisakidae) infectionin man. I. Clinical feature of five cases of Terranova larva infection. Jpn J Parasitol 21 : 252-256, 1972.
12) Kagei N, Yanagawa I, Nagano K et al : A larva of Terranova sp. causing acute abdominal syndrome in a woman. Jpn J Parasitol 21 : 262-265, 1972.
13) 石倉肇 : 5. アニサキス症 (2) 臨床と疫学. 大橋正満, 亀谷了, 林滋生監, 日本における寄生虫学の研究 7, pp.439-464, 目黒寄生虫館, 東京, 1999.
14) 松田信治, 山田稔, 内川隆一他 : 急性回腸炎を伴う (第IV期幼虫による) 腸アニサキス症例. 日本臨床寄生虫学会誌 4 : 194-196, 1993.
15) 鈴木淳, 村田理恵, 保坂三継他 : シメサバによるアニサキス感染事例とマサバにおけるアニサキスの寄生状況. 日本臨床寄生虫学会誌 20 : 64-67, 2009.
16) 山本香代子, 河原教次, 栗田昭他 : 口腔から排出されたPseudoterranova decipiensの一例. 日本臨床寄生虫学会誌 7 : 79-82, 2006.
20) 森理, 北村尚久, 橋本隆 : 慢性蕁麻疹患者における血中IgE型アニサキス抗体. 皮膚臨床 41 : 287-289, 1999.
28) Cuellar C, Daschner A, Valls A et al : Ani s 1 and Ani s 7 recombinant allergens are able to differen-tiate distinct Anisakis simplex-associated allergic clinical disorders. Arch Dermatol Res 304 : 283-288, 2012.
P.1398 掲載の参考文献
1) 西田博, 芝原壽行 : 肺吸虫症の疫学. 大鶴正満, 亀谷了, 林滋生監, 日本における寄生虫学の研究 7, pp.189-203, 目黒寄生虫館, 東京, 1999.
4) 杉山広, 柴田勝優, 荒川京子他 : シカ肉を介したウェステルマン肺吸虫症の感染リスク. 病原微生物検出情報 (IASR) 37 : 36, 2016.
5) 湯峯克也, 藤原寛, 紙森隆雄他 : 輸入上海ガニが原因と考えられるウエステルマン肺吸虫の集団感染例. 日呼吸会誌 41 (3) : 186-190, 2003.
6) 谷尻力, 米津精文, 鳥居芳太郎他 : 喀痰・胸水中より虫卵を認めたウエステルマン肺吸虫症の1例. 日呼吸会誌 47 (12) : 1131-1134, 2009.
7) 高木雄亮, 樫山鉄矢, 阪下健太郎他 : 在日タイ人女性に集団感染したウエステルマン肺吸虫症の4例. 日呼吸会誌 47 (3) : 249-253, 2009.
12) Nakamura-Uchiyama F, Mukae H, Nawa Y : Paragonimiasis : A Japanese perspective. Clin Chest Med 23 (2) : 409-420, 2002.
13) 中村 (内山) ふくみ : 肺吸虫症. 丸山治彦, 加藤康幸, 木村幹男,日谷昭博編, 寄生虫病薬物治療の手引き2017 改訂第9.2版, pp.39-40, 熱帯病治療薬研究班, 2017. https://www.nettai.org/
14) 尾辻義人 : 肺吸虫症. 大鶴正満, 亀谷了, 林滋生監, 日本における寄生虫学の研究 7, pp.173-187, 目黒寄生虫館, 東京, 1999.
P.1404 掲載の参考文献
1) Ximenez C, Moran P, Rojas L et al : Reassessment of the epidemiology of amebiasis : State of the art. Infection, genetics and evolution 9 : 1023-1032, 2009.
4) Nozaki T : Current problems of amebiasis in Japan and recent advances in amebiasis researches. Japanese journal of infectious diseases 53 : 229-237, 2000.
11) 国立感染症研究所. 病原微生物検出情報月報 Vol. 37, 2016.
13) Levecke B, Dorny P, Vercammen F et al : Trans-mission of Entamoeba nuttalli and Trichuris trichiura from nonhuman primates to humans. Emerging infectious diseases 21 (10) : 1871-1872, 2015.
16) 大西健児 : アメーバ赤痢. 臨床と微生物 43 (2) : 67-72, 2016.
18) 中村ふくみ : 腸管原虫症. 河野茂他監, 岩田敏他編, 感染症診療update, pp.174-175, 日本医師会, 東京, 2014.
20) 菅沼明彦 : 赤痢アメーバ症. 丸山治彦他編, 寄生虫症薬物治療の手引き-2017- 改訂第9.2版, pp.8-12, 日本医療研究開発機構 新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業 熱帯病治療研究班, 2017.
21) 山本達男, 種池郁恵, 大塚岳人 : メトロニダゾール (MNZ).日本臨牀 63 (S-11) 376-381, 2005.
P.1414 掲載の参考文献
8) Hirata T, Nakamura H, Kinjo N et al : Increased detection rate of Strongyloides stercoralis by repeated stool examinations using the agar plate culture method. Am J Trop Med Hyg 77 (4) : 683-684, 2007.

【薬理・薬剤】

P.1434 掲載の参考文献
1) 総務省統計局の社会生活統計指標-都道府県の指標- 2017 社会生活統計指標
2) 西岡豊 : 錠剤・カプセル剤の無包装状態での安定性試験法について (答申), 1999.
3) 西岡豊, 京谷庄二郎, 宮野望他 : 一包化調剤実施による錠剤・カプセルの安定性. 病院薬学 25 (4) : 385-392, 1999.
4) 関屋昇, 阿部信貴, 武田和久他 : オパルモン(R) 錠の加湿下での安定性改善II 分包包装品の安定性, 医療薬学 32 (6) : 482-488, 2006.
5) 上野和行, 佐竹晴佳, 佐藤雄大, 太刀浦凌, 小林真理子 : 一包化調剤の問題点と展望, 薬剤師を対象としたアンケート調査から. PHARMA TECH JAPAN 33 (10) : 61-65, 2017.

【臨床試験】

P.1453 掲載の参考文献
1) オルメテック(R) 錠5mg, オルメテック(R) 錠10mg, オルメテック(R) 錠20mg, オルメテック(R) 錠40mg, オルメテック(R) OD錠5mg, オルメテック(R) OD錠10mg, オルメテック(R) OD錠 20mg, オルメテック(R) OD錠40mg 医薬品インタビューフォーム
2) 後発医薬品の生物学的同等性試験ガイドラインについて (平成9年12月22日付医薬審第487号)
3) 後発医薬品の生物学的同等性試験ガイドライン等の一部改正について (平成24年2月29日薬食審査発0229第10号)
4) 医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令 (平成9年3月27日付厚生省令第28号)
5) 医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令の一部を改正する省令について (平成15年6月12日付厚生労働省令第106号)
P.1464 掲載の参考文献
1) オルメテック(R) 錠5mg, オルメテック(R) 錠10mg, オルメテック(R) 錠20mg, オルメテック(R) 錠40mg, オルメテック(R) OD錠5mg, オルメテック(R) OD錠10mg, オルメテック(R) OD錠 20mg, オルメテック(R) OD錠40mg 医薬品インタビューフォーム
2) 後発医薬品の生物学的同等性試験ガイドラインについて (平成9年12月22日付医薬審第487号)
3) 後発医薬品の生物学的同等性試験ガイドライン等の一部改正について (平成24年2月29日薬食審査発0229第10号)
4) 医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令 (平成9年3月27日付厚生省令第28号)
5) 医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令の一部を改正する省令について (平成15年6月12日付厚生労働省令第106号)
P.1475 掲載の参考文献
1) クレストール(R) 錠2.5mg, クレストール(R) 錠5mg 医薬品インタビューフォーム
2) 後発医薬品の生物学的同等性試験ガイドラインについて (平成9年12月22日付医薬審第487号)
3) 後発医薬品の生物学的同等性試験ガイドライン等の一部改正について (平成24年2月29日薬食審査発0229第10号)
4) 医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令 (平成9年3月27日付厚生省令第28号)
5) 医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令の一部を改正する省令について (平成15年6月12日付厚生労働省令第106号)

【症例報告】

P.1484 掲載の参考文献
P.1489 掲載の参考文献

【cosmetic】

P.1497 掲載の参考文献
1) 板見智 :日本人成人男性における発毛・育毛剤の使用状況調査. 週刊日本医事新報 4251 : 28-32, 2005.
2) ヘアケア市場に関する調査を実施 (2017年). プレスリリース. 株式会社矢野経済研究所. 2017. https://www.yano.co.jp/press/pdf/1737.pdf (参照2017-9-20)
5) 坪井良治 : 男性型脱毛症. 日皮会誌 118 : 163-170, 2008.
6) 坪井良治, 板見智他 : 男性型脱毛症ガイドライン (2010年版). 日本皮膚科学会ガイドライン. 日皮会誌 120 (5) : 977-986, 2010.
7) 森岡進 : 男性型脱毛症の治療薬. 教科書から一歩進んだ身近な製品の化学. 化学と教育 : 58 (2) : 94-95, 2009.
9) 吉田武美 : レギュレーションと安全性の歴史的変遷. シンポジウム I : 香粧品の「過去を知り, 未来を語る」. 日本香粧品学会誌 39 (4) : 265-274, 2015.

最近チェックした商品履歴

Loading...