固体医薬品の物性評価 第2版

出版社: じほう
著者:
発行日: 2018-08-31
分野: 薬学  >  薬学一般
ISBN: 9784840751070
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

10,800 円(税込)

原薬・製剤の物性評価法を初めて体系的にまとめた前版の発刊から、医薬品を取り巻く状況は大きく変化しました。本書は、固体医薬品の基礎理論、物性測定法の理論と実際、開発医薬品・製剤の物性評価に関する解析例、およびレギュレーションについてわかりやすくまとめています。

目次

  • 第1章 個体医薬品の基礎理論
     1.個体医薬品の熱力学
     2.結晶化技術

    第2章 個体医薬品の物性測定法の理論と実際
     1.X線回折法、粉末X線回折測定、単結晶X線構造解析
     2.熱分析・熱量測定
     3.振動スペクトル分析1 赤外、近赤外、ラマン
     4.振動スペクトル分析2 テラヘルツ
     5.NMR
     6.気体吸着法 粉体の比表面積測定法、水蒸気吸着等温線測定法
     7.粒子径測定
     8.表面分析
     9.イメージング解析1 分光、MASS
     10.イメージング解析2 X線CT
     11.イメージング解析3 MRI
     12.顕微鏡 SEM、TEM、AFM

    第3章 個体医薬品の物性評価の解析例
     1.原薬ん物性評価の解析例
     2.製剤分析に関する事例

    第4章 レギュラトリーサイエンスの動向
     1.医薬品の品質とレギュレーション
     2.日米欧での製造販売承認取得に向けてのCMCの係る薬事的要件と
       薬事戦略の構築

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...