成功につながる! 中心静脈穿刺ビジュアルガイド

出版社: 羊土社
著者:
発行日: 2021-04-05
分野: 臨床医学:一般  >  救命/救急
ISBN: 9784758123709
電子書籍版: 2021-04-05 (第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
取寄せ目安:4~8営業日

5,280 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

5,280 円(税込)

商品紹介

穿刺部位に合わせた超音波ガイド下CVCの基本を解説.プローブと穿刺針の連携,合併症回避のポイントなど,目で見て理解し,安全に穿刺するためのイメージがつかめる!3DCT像で実際の血管走行の特徴もわかる

目次

  • 第1章 超音波ガイド下中心静脈穿刺のベーシック
    本章の前に
    1 適応・リスク・禁忌
     適応・リスク・禁忌
    2 準備と使用機材
     1 事前準備 2 超音波診断装置 3 カテーテルキット(Seldinger法)
    3 超音波ガイド法の基本操作
     1 pre-procedure ultrasound examination(プレスキャン) 
     2 sweep scan technique 3 swing scan technique
    4 超音波ガイド法による血管穿刺の基本スキル
     1 out-of-plane approach 2 in-plane approach

    第2章 内頚静脈アプローチ
    本章の前に
    1 内頚静脈周囲の解剖
     1 内頚静脈の解剖 2 近接する構造物との位置関係 
     3 穿刺部位の特徴 4 実際の症例の頚部3DCT
    2 実際の手
     1 適応と禁忌 2 体位とセッティング 3 穿刺手順 4 合併症について

    第3章 鎖骨下静脈アプローチ
    本章の前に
    1 鎖骨下静脈周囲の解剖
     1 鎖骨下静脈の解剖 2 近接する構造物との位置関係 3 穿刺部位の特徴
    2 実際の手技
     1 適応と禁忌 2 体位とセッティング 3 穿刺手順 4 合併症について

    第4章 大腿静脈アプローチ
    本章の前に
    1 大腿静脈周囲の解剖
     1 大腿静脈の解剖 2 近接する構造物との位置関係 3 穿刺部位の特徴
    2 実際の手技
     1 適応と禁忌 2 体位とセッティング 3 穿刺手順 4 合併症について

    第5章 小児へのアプローチ
    本章の前に
    1 小児における各穿刺部位の解剖と穿刺部位の特徴
     1 小児と成人との解剖学的差異 2 血管径の小ささ 
     3 周辺構造物(動脈や胸膜など)との距離の小ささ 
     4 伴走する動脈との位置関係 5 走行異常, 先天性奇形
    2 実際の手技
     1 適応と禁忌 2 体位とセッティング 3 穿刺手順
    3 小児における注意すべき合併症
     1 CVCに伴う合併症 2 早期合併症(1):動脈穿刺 3 早期合併症(2):気胸・ 血胸
     4 早期合併症(3):心タンポナーデ 5 遅発性合併症(1):血栓 
     6 遅発性合併症(2):カテーテル関連血流感染 7 遅発性合併症(3):pinch-off syndrome

    第6章 中心静脈カテーテル留置の合併症とその対策
    本章の前に
    1 合併症回避システム:ラウンドアバウト
     1 はじめに 2 新しい合併症回避システム 3 CVCのためのラウンドアバウト・システム
    2 穿刺時の機械的合併症
     1 穿刺部位ごとの機械的合併症 2 穿刺時の機械的合併症に対する対策
    3 カテーテルの迷入による静脈壁損傷や心タンポナーデ
     1 カテーテルの留置の基本と迷入 2 カテーテル迷入に対する穿刺部位別の対策
    4 カテーテル関連血流感染
     1 感染を防ぐための基本 2 カテーテル挿入部位と感染率
     3 カテーテルの交換と挿入部位の消毒 4 まとめ
    5 空気塞栓
     1 空気塞栓のメカニズム 2 空気塞栓の量と重症度 
     3 空気塞栓が静脈内に入るタイミング
    6 血栓症
     
    血栓症の原因と対策
    Advanced シミュレーション教育
    はじめに
    1 医師の手技習得:シミュレーション教育とは
     1 シミュレーション教育とは 2 シミュレーション教育と医療安全
     3 成人教育:医師に対する教育 4 デブリーフィング
    2 超音波ガイド下法のシミュレーション教育
     1 CVC におけるシミュレーション教育の重要性
     2 超音波ガイド下CVCのハンズオン・トレーニング
     3 アウトカム基盤型教育の試み 4 CVC インストラクター制

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

第1章 超音波ガイド下中心静脈穿刺のベーシック

P.10 掲載の参考文献
1) 徳嶺譲芳, 藤森啓成 : 行動目標 3b 危険手技の安全な実施-中心静脈カテーテル穿刺挿入手技に関する安全指針の遵守. 「医療安全実践ハンドブック」 (医療安全全国共同行動技術支援部会/編), pp81-100, 2015
2) 日本麻酔科学会安全委員会 : 安全な中心静脈カテーテル挿入・管理のためのプラクティカルガイド 2017 https://www.anesth.or.jp/files/pdf/JSA_CV_practical_guide_2017.pdf
3) 日本医療安全調査機構 : 医療事故の再発防止に向けた提言 第1号 中心静脈穿刺合併症に係る死亡の分析-第1報-https://www.medsafe.or.jp/uploads/uploads/files/publication/teigen-01.pdf
P.18 掲載の参考文献
1) 徳嶺譲芳, 藤森啓成 : 行動目標 3b 危険手技の安全な実施-中心静脈カテーテル穿刺挿入手技に関する安全指針の遵守. 「医療安全実践ハンドブック」 (医療安全全国共同行動技術支援部会/編), pp81-100, 2015
2) 日本麻酔科学会安全委員会 : 安全な中心静脈カテーテル挿入・管理のためのプラクティカルガイド 2017 https://www.anesth.or.jp/files/pdf/JSA_CV_practical_guide_2017.pdf
3) 日本医療安全調査機構 : 医療事故の再発防止に向けた提言 第1号 中心静脈穿刺合併症に係る死亡の分析-第1報-https://www.medsafe.or.jp/uploads/uploads/files/publication/teigen-01.pdf
P.21 掲載の参考文献
1) 日本医学シミュレーション学会CVC委員会 : 超音波ガイド下中心静脈穿刺 インストラクターズ・ガイド Ver.4 (2018年改訂) : http://jams.kenkyuukai.jp/special/?id=7184
2) Schummer W, et al : Pre-procedure ultrasound increases the success and safety of central venous catheterization†. Br J Anaesth, 113 : 122-129, 2014
P.27 掲載の参考文献
2) 日本医学シミュレーション学会CVC委員会 : 超音波ガイド下中心静脈穿刺 インストラクターズ・ガイド Ver.4 (2018年改訂) : http://jams.kenkyuukai.jp/special/?id=7184
3) Schummer W, et al : Pre-procedure ultrasound increases the success and safety of central venous catheterization†. Br J Anaesth, 113 : 122-129, 2014

第2章 内頚静脈アプローチ

P.37 掲載の参考文献
1) 「プロメテウス解剖学アトラス 口腔・頭頸部」 (EricW. Baker/著, 坂井建雄, 天野修/監訳), 医学書院, 2012
P.48 掲載の参考文献

第3章 鎖骨下静脈アプローチ

P.54 掲載の参考文献

第4章 大腿静脈アプローチ

P.67 掲載の参考文献
1) 小櫃由樹生 : 解剖 (特集 : 静脈疾患-新たなる展開). 脈管学, 49 : 195-200, 2009
2) 「ネッター解剖学アトラス 原書第6版」 (Netter FH/著, 相磯貞和/訳), 南江堂, 2016
6) 徳嶺譲芳, 他 : 中心静脈穿刺補講 番外編 ; 解剖学からみた大腿静脈穿刺. LiSA, 18 : 834-838, 2011
P.76 掲載の参考文献
1) 日本麻酔科学会安全委員会 : 安全な中心静脈カテーテル挿入・管理のためのプラクティカルガイド 2017 (2017年6月改訂) https://anesth.or.jp/files/pdf/JSA_CV_practical_guide_2017.pdf
5) 木村哲朗, 他 : 超音波診断装置を用いた下肢屈曲による大腿動静脈径および大腿静脈位置変化の検討. 麻酔, 65 : 1000-1004, 2016
11) Androes MP, Heffner AC : Placement of femoral venous catheters. UpToDate https://www.uptodate.com/ (2020年5月1日閲覧)?

第5章 小児へのアプローチ

P.82 掲載の参考文献
P.96 掲載の参考文献
6) 日本麻酔科学会 安全委員会 : 安全な中心静脈カテーテル挿入・管理のためのプラクティカルガイド 2017 http://www.anesth.or.jp/guide/pdf/JSA_CV_practical_guide_2017.pdf
18) 李慶徳, 他 : エタノールロック療法によりサルベージし得た小児カテーテル関連血流感染症の1例. 日本小児外科学会雑誌, 46 : 749-753, 2010
19) 米倉竹夫, 他 : Catheter-Related Blood Stream Infection (CRBSI) に対する中心静脈カテーテルエタノールロック療法 (CVC-ELT) の展望. 外科と代謝・栄養, 49 : 17-26, 2015

第6章 中心静脈カテーテル留置の合併症とその対策

P.101 掲載の参考文献
1) 「医療事故の再発防止に向けた提言 第1号 中心静脈穿刺合併症に係る死亡の分析-第1報-」 (日本医療安全調査機構/編), 日本医療安全調査機構, 2017 https://www.medsafe.or.jp/uploads/uploads/files/publication/teigen-01.pdf
2) 日本麻酔科学会安全委員会 : 安全な中心静脈カテーテル挿入・管理のためのプラクティカルガイド 2017 (2017年6月改訂) https://anesth.or.jp/files/pdf/JSA_CV_practical_guide_2017.pdf
3) 「超音波ガイド下中心静脈穿刺法マニュアル」 (須加原一博/編, 徳嶺譲芳/著), 総合医学社, 2007
P.108 掲載の参考文献
1) 日本麻酔科学会安全委員会 : 安全な中心静脈カテーテル挿入・管理のためのプラクティカルガイド 2017 (2017年6月改訂) https://anesth.or.jp/files/pdf/JSA_CV_practical_guide_2017.pdf
3) 徳嶺譲芳, 頴原徹 : 内頚静脈穿刺中に動脈を誤穿刺した. 「麻酔科トラブルシューティングA to Z」 (高崎眞弓, 他/編), pp404-405, 文光堂, 2010
4) 徳嶺譲芳 : 中心静脈穿刺の致死的合併症を防ぐ新たな仕組み (1) 機械的合併症. 医療安全レポート, 6 : 11-14, 2017
6) 徳嶺譲芳, 他 : 解剖学からみた大腿静脈穿刺. LiSA, 18 : 834-838, 2011
7) 徳嶺譲芳 : 超音波ガイド下中心静脈穿刺 : 教育システムの構築. 日臨麻会誌, 30 : 785-791, 2010
8) 徳嶺譲芳, 他 : 麻酔科医のための3D解剖学講座 5時限目 ; 内頚静脈穿刺. LiSA, 18 : 590-598, 2011
12) 徳嶺譲芳 : 「ダイレーターの取り扱い」&「カテーテルの先端位置」. 医療安全レポート, 9 : 12-16, 2017
13) 「超音波ガイド下中心静脈穿刺法マニュアル」 (須加原一博/編, 徳嶺譲芳/著), 総合医学社, 2007
16) Gunes H, et al : An Unusual Cause of Asystole : Insertion of a Central Venous Catheter. J Coll Physicians Surg Pak, 26 : S87-S88, 2016
P.113 掲載の参考文献
2) 徳嶺譲芳 : カテーテルの迷入. 医療安全レポート, 13 : 9-12, 2018
3) 日本麻酔科学会安全委員会 : 安全な中心静脈カテーテル挿入・管理のためのプラクティカルガイド 2017 (2017年6月改訂) https://anesth.or.jp/files/pdf/JSA_CV_practical_guide_2017.pdf
6) 「必ずうまくいく! PICC末梢挿入型中心静脈カテーテルの挿入テクニックから管理まで」 (徳嶺譲芳/監, 金井理一郎/編), p99, 羊土社, 2017
7) Wechsler RJ, et al : The misplaced thoracic venous catheter : detailed anatomical consideration. Crit Rev Diagn Imaging, 21 : 289-305, 1984
9) 森田賢, 他 : 大腿静脈カテーテルの上行腰静脈迷入についてのX線学的検討. 日腹部救急医会誌, 28 : 421-427, 2008 https://www.jstage.jst.go.jp/article/jaem/28/3/28_3_421/_pdf
10) 伊藤栄作, 他 : 肝膿瘍に中心静脈カテーテルが迷入していた1例. 日血外会誌, 23 : 941-945, 2014
P.116 掲載の参考文献
1) CDC : Guidelines for the Prevention of Intravascular Catheter-Related Infection, 2011 https://www.cdc.gov/infectioncontrol/pdf/guidelines/bsi-guidelines-H.pdf
7) Geffers C & Meyer E : No reason to conclude that maximal sterile barrier precautions do not reduce catheter-related blood stream infections. Ann Surg, 253 : 212-213, 2011
8) 高橋敦子 ほか : クロルヘキシジンによるアナフィラキシー発症に関する文献的考察. 医療関連感染, 10 : 60-70, 2017 https://www.thcu.ac.jp/uploads/imgs/20180501043459.pdf
P.120 掲載の参考文献
1) Mirski MA, et al : Diagnosis and treatment of vascular air embolism. Anesthesiology, 106 : 164-177, 2007
2) Khan H & Zaidi A : Paradoxical air embolism following central venous catheter removal. BMJ Case Rep, 2013 : doi : 10.1136/bcr-2013-200630, 2013
3) Hara H, et al : Patent foramen ovale : current pathology, pathophysiology, and clinical status. J Am Coll Cardiol, 46 : 1768-1776, 2005
4) Pellise A, et al : [Retrograde venous cerebral air embolism as a cause of stroke]. Neurologia, 27 : 119-121, 2012
P.122 掲載の参考文献
1) Heit JA, et al : Risk factors for deep vein thrombosis and pulmonary embolism : a population-based case-control study. Arch Intern Med, 160 : 809-815, 2000
2) Randolph AG, et al : Benefit of heparin in central venous and pulmonary artery catheters : a meta-analysis of randomized controlled trials. Chest, 113 : 165-171, 1998

Advanced シミュレーション教育

P.127 掲載の参考文献
1) Miller GE : The assessment of clinical skills/competence/performance. Acad Med, 65 : S63-S67, 1990
2) Safar P, et al : Ventilation and circulation with closed-chest cardiac massage in man. JAMA, 176 : 574-576, 1961
3) 「Crisis Management in Anesthesiology, 2nd Edition」 (Gaba DM, et al, eds), Elsevier, 2014
4) Brennan TA, et al : Incidence of adverse events and negligence in hospitalized patients : results of the Harvard Medical Practice Study I. 1991. Qual Saf Health Care, 13 : 145-51 ; discussion 151, 2004
5) Lauber JK : Cockpit resource management : background and overview.「Cockpit Resource Management Training : Proceeding of the NASA/MAC Workshop (NASA Conferrence Publication No.2455) 」 (Orlady HW, Foushee HC, eds), NASA-Ames Reaearch Center, 1987
6) 「Modern Practice of Adult Education : from Pedagogy to Andragogy」 (Knowles MS), Follett Pub, 1980
7) 「Experiential Learning : Experience as the Source of Learning and Development Second Edition」 (Kolb DA), Upper Saddle River, 2015
P.131 掲載の参考文献
1) 徳嶺譲芳, 他 : 初期研修医に対する超音波ガイド下中心静脈穿刺トレーニング : 効果的な教育法への改良. 日臨麻会誌, 30 : 460-464, 2010
2) 日本医学シミュレーション学会CVC委員会 : 超音波ガイド下中心静脈穿刺 インストラクターズ・ガイド Ver.4 (2018年改訂) 2018 http://jams.kenkyuukai.jp/special/?id=7184
3) 日本医学シミュレーション学会CVC委員会 : 超音波ガイド下中心静脈穿刺 インストラクターズ・ガイド Ver.5 (2019年改訂) 2019 http://jams.kenkyuukai.jp/special/?id=7184

最近チェックした商品履歴

Loading...