カラーアトラス 新 泌尿器科手術手技図譜

出版社: 永井書店
著者:
発行日: 2003-10-15
分野: 臨床医学:外科  >  泌尿器科学
ISBN: 9784815916725
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
品切れ

27,000 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

13,500 円(税込)

本書は、3年前に出版された「泌尿器科手術手技図譜」の改訂カラーアトラス版である。本書に記載されている、いずれの手術も、泌尿器科専門医になるために、経験しておかなければならないものばかりであり、修練中の泌尿器科医に有用であるだけでなく、深陰茎背静脈叢切断後に、なお出血が見られた場合の処置法等も詳述してあるので、経験を積んだ泌尿器科医にも役立つであろう。また術者、助手の心構えも書かれているのも特徴である。

目次

  • 表紙
  • 監修の言葉
  • 序文 「カラーアトラス新泌尿器科手術手技図譜」を上梓するにあたって
  • 目次
  • 本書の目的と対象, および筆者の意図
  • 総論I 術者として手術に向かう心構え
  • 総論II 助手として手術に向かう心構え
  • 梶谷環先生の手術べからず集
  • 手術を学んでいく一般的な過程
  • ステップ1
  • A. 執刀する手術
  • 1) 陰嚢, 陰茎の小手術
  • B. 助手として入る手術
  • 2) 腹部の比較的浅い層の短時間の手術の第一助手
  • 3) 大きな手術, 長時間の手術の第二助手
  • ステップ2
  • A. 執刀する手術
  • 1) 陰嚢, 陰茎の手術, 鼠径部の手術
  • 2) 腹部の比較的浅い層の短時間の手術
  • B. 助手として入る手術
  • 3) 大きな手術, 長時間の手術の第一助手
  • ステップ3
  • A. 執刀する手術
  • 1) 前立腺, 膀胱, 腎など各種癌の定型的手術
  • 2) 新膀胱作成術など各種尿路変向・再建術
  • 3) 稀な症例, case by caseで確立された定型術式が無い例
  • B. 助手として入る手術
  • 4) 術者を指導する助手になった時
  • 各論I 手術一般の基本について
  • 1. 手術一般での実際の注意
  • 1) 体位の取り方
  • 2) 消毒
  • 3) 布のかけ方
  • 4) 手術を始める前に確認すること
  • 5) 術者の姿勢
  • 6) 皮切の置き方
  • 7) 基本的手術器具の使い方
  • 8) 基本的手術操作
  • 9) 器具の選択
  • 10) 麻酔医との術中の確認事項
  • 11) 終了時の確認
  • 12) 一般外科医との同一点, 相違点
  • 13) 腹腔鏡技術への私見
  • 2. 一般的な基本的手術の流れ
  • 1) 開創
  • (1) 皮膚切開から筋膜までの切開
  • (2) 筋層の切断
  • (3) 腹腔の展開, 手術野を確保するための癒着剥離
  • (4) 腹膜外操作での展開
  • 2) 閉創
  • (5) 腹腔内洗浄, 腸管の並べ方
  • (6) ドレーン, スプリント類の留置
  • (7) 創の縫合
  • 3. 特に消化管の吻合について
  • 4. 血管縫合について
  • 各論II 泌尿器科手術の代表的切開法とリンパ節郭清術
  • 1. 泌尿器科手術の代表的切開法
  • [ 解剖 ]
  • 1) 上腹部経腹膜的切開
  • (1) 剣状突起から臍部付近までの正中切開
  • (2) 季肋下横切開 ( シェブロン Chevron 切開 )
  • (3) L型または逆L型切開
  • 2) 腰部腹膜外斜切開
  • 3) 各種の下腹部切開
  • (1) 恥骨上から臍までの腹膜外下腹部正中切開
  • (2) 経腹膜的腹部正中切開 + 下腹部腹膜外正中切開
  • (3) Phannenstiel切開
  • (4) 傍腹直筋切開
  • 2. 泌尿器科の代表的リンパ節郭清術
  • 1) 上腹部のリンパ節郭清の基本
  • [ 対象 ] 腎細胞癌, 腎盂尿管癌, 精巣腫瘍後腹膜リンパ節転移
  • 2) 下腹部のリンパ節郭清の基本
  • [ 対象 ] 膀胱癌, 前立腺癌
  • (1) 腹膜外骨盤内リンパ節郭清
  • (2) 経腹膜的骨盤内リンパ節郭清
  • (3) 女子の場合
  • 各論III 幾つかの術式で共通する重要な操作
  • 1. 尿管の剥離, 保護および切断操作
  • 2. 膜様部尿道切断の逆行性術式 ( 膀胱癌, 前立腺癌の逆行性共通術式 )
  • 1) 前立腺腹側の展開
  • 2) 内骨盤筋膜切開
  • 3) バンチング結紮
  • [ 神経血管束を残す場合 ]
  • 4) 深陰茎背静脈の切断
  • 5) 尿道の切断
  • 6) 血管束, 外側靭帯の逆行性切断
  • [ 神経血管束を残さない場合 ]
  • 各論IV 手術項目
  • 1. 陰茎
  • [ 解剖 ]
  • 1) 真性包茎の包皮環状切除術
  • 2) 嵌頓包茎の手術例
  • 2. 精巣
  • [ 解剖 ]
  • 1) 陰嚢縫線上の縦切開による精巣摘除術
  • 2) 陰茎根部横の小切開による精巣摘除術
  • 3) 根治的前立腺摘除術時に同一切開創で行う両側精巣摘除術
  • 4) 精巣上体炎 ( 瘻孔形成例 ) の精巣摘除術
  • 5) 精巣外傷新鮮例 ( 交通事故 )
  • 6) 精巣外傷陳旧例 ( 打撲 )
  • 7) 陰嚢水腫根治術
  • 3. 女性尿道
  • 1) 尿道脱の環状切除術
  • 2) 尿道カルンクル根治術
  • 4. 鼠径部
  • [ 解剖 ]
  • 1) 精巣腫瘍の高位精巣摘除術
  • (1) 逆行性血管処理
  • (2) 順行性血管処理
  • (3) 鼠径部切開だけでは, 創外に出ない巨大精巣腫瘍例
  • 2) 外鼠径ヘルニア根治術
  • 5. 後腹膜腔
  • [ 解剖 ]
  • 1) 左精索静脈瘤の高位結紮術
  • 6. 前立腺 : 肥大症の手術
  • [ 解剖 ]
  • 1) 恥骨上式被膜下前立腺腺腫摘除術
  • 2) 恥骨後式被膜下前立腺腺腫摘除術
  • 7. 前立腺 : 癌の手術
  • [ 解剖 ]
  • 1) 逆行性恥骨後式根治的前立腺摘除術
  • (1) 皮切からbunching結紮まで
  • (2) 尿道切断および逆行性操作 : 神経血管束を温存しない場合
  • (3) 尿道切断および逆行性操作 : 神経血管束を温存する場合
  • (4) Posterior peel法
  • (5) 尿道吻合の運針に問題がない場合
  • (6) 筆者の膀胱尿道吻合の運針の工夫
  • (7) 最悪の場合のVest法
  • (8) 術後レントゲン写真
  • 2) 順行性前立腺摘除術について
  • 3) まとめ : 根治的前立腺摘除術の術前イメージトレーニング
  • 8. 膀胱 : 良性疾患の手術および膀胱部分切除術
  • [ 解剖 ]
  • 1) 膀胱高位切開 - 膀胱結石摘出術
  • 2) 膀胱部分切除術
  • (1) 骨盤内腫瘍の膀胱浸潤例 ; 膀胱部分切除術 + 修復縫合
  • (2) 子宮癌術後の水腎水尿管症 ; 膀胱尿管新吻合
  • (3) 卵巣癌再発例の膀胱および尿管浸潤例 膀胱部分切除術 + 周囲組織合併切除 + psoas hitch法
  • 9. 膀胱 : 癌の全摘除術
  • 1) 経腹膜外的逆行性根治的膀胱摘除術
  • 2) 経腹膜的逆行性根治的膀胱摘除術
  • 3) 経腹膜的順行性根治的膀胱摘除術
  • 4) 尿道の操作
  • (1) 尿道を摘除しない場合
  • (2) 尿道を膀胱とともに一塊として摘除する場合
  • [ 解剖 ]
  • 5) 根治的膀胱摘除術 ; 女子例
  • (1) 根治手術で膀胱, 子宮とともに, 尿道まで摘除する場合
  • (2) 尿路変向が新膀胱のため, 尿道を残す場合
  • 6) まとめ : 根治的膀胱摘除術の術前イメージトレーニング
  • 10. 尿管
  • [ 解剖 ]
  • 1) 膀胱尿管移行部狭窄による巨大水尿管例 : プリケーション法
  • 2) 下大静脈後尿管例 : 尿管端端吻合
  • 3) 体外衝撃波結石破砕術無効の左尿管結石例 ; Gil - Vernet法による尿管切石術
  • 11. 腎盂・尿管および腎 ; 経腰式腹膜外腎尿管手術
  • [ 解剖 ]
  • 1) 左半腎摘除術 + 左尿管全摘除術
  • 2) 左腎盂癌の経腰式腹膜外根治的左腎尿管摘除術
  • 3) 右下部尿管癌の根治的右腎尿管摘除術 ( 膀胱部分切除術を含む )
  • 4) 痩せた症例の根治的右腎摘除術
  • 5) 右尿管癌の根治的右腎尿管摘除術の腎摘除術後の操作 ; 腹膜外尿管摘除術 + 膀胱部分切除術
  • 6) 右腎腫瘍 ( 血管筋脂肪腫例 ) の右腎部分切除術
  • 7) まとめ ; 経腰式腹膜外摘除術の術前イメージトレーニング
  • 12. 腎盂・尿管および腎 ; 経腹膜的腎尿管手術
  • 1) 経腹膜的腎摘除術の開創
  • 2) 左腎細胞癌の根治的左腎摘除術
  • 3) 右腎細胞癌の根治的右腎摘除術
  • 4) 馬蹄鉄腎に発生した右腎盂癌の根治的右腎尿管摘除術 ( 正中切開 )
  • 5) まとめ : 経腹膜的根治的摘除術の術前イメージトレーニング
  • 13. 副腎
  • [ 解剖 ]
  • 1) 経背面式左副腎摘除術
  • 2) 経背面式右副腎摘除術
  • 3) まとめ : 経背面式副腎摘除術の術前イメージトレーニング
  • 14. 泌尿器科医が行う腸管操作
  • [ 解剖 ]
  • 1) 基本的な回盲部での, 回腸離断, 再建 ( 手縫い )
  • (1) 回腸回腸吻合 ( Albert - Lembert縫合 )
  • (2) 後壁垂直マットレス縫合 + Gambee縫合
  • 2) 基本的な回盲部での回腸離断, 再建 ( 器械吻合 )
  • 3) 回腸と結腸などの離断, 再建
  • 15. 代表的な尿路変向術
  • 1) 回腸導管造設術
  • (1) 導管の口側端の閉鎖法
  • (2) 回腸尿管吻合
  • (3) ストーマの作成
  • 2) 尿管皮膚瘻術
  • 16. 新膀胱作製術の各種手術
  • 1) 筆者の新膀胱作製術
  • (1) 虫垂の処理
  • (2) 遊離腸管の切断ラインの決定
  • (3) 回腸の切断, 回腸回腸端端吻合
  • (4) 遊離腸管の処理
  • (5) 新膀胱の後壁の縫合
  • (6) 底部前壁の横10cmずつの縫合
  • (7) 前壁5cmの正中縫合
  • (8) 尿道と新膀胱の吻合
  • (9) 新膀胱と尿管の吻合
  • (10) 追加の前壁5cmの正中縫合
  • (11) 頂部前壁の横10cmずつの縫合
  • (12) 閉腹
  • 2) Hautmann法による新膀胱作製術
  • (1) Hautmann法の概略, およびトラブルの対処法
  • (2) 遊離腸管の決定, 回腸の切断・吻合
  • (3) 腸管の脱管腔化および後壁の作成
  • (4) 底部の形成および尿道吻合
  • (5) 尿管吻合, 続いて新膀胱の完成
  • 3) 女子の新膀胱作製術
  • 4) 回腸以外の腸管を利用する新膀胱作製術
  • (1) 回盲部と上行結腸を利用する方法 : Indiana pouch ( lleal patch ) 法
  • (a) 上行結腸と回盲部腸管の遊離
  • (b) 上行結腸および回腸の切断, 次いで上行結腸と回腸の吻合
  • (c) 腸管のデザインの決定, 新膀胱の後壁の縫合
  • (d) 新膀胱の底部の作製, および尿道吻合
  • (e) 新膀胱の前壁縫合, および尿管吻合
  • (f) 新膀胱の完成
  • (2) S状結腸を利用する方法
  • 5) パウチの一般的な縫合
  • 6) まとめ : 新膀胱作製術の術前イメージトレーニング
  • 謝辞
  • さいごに
  • 文献
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

文献

P.473 掲載の参考文献
1. 高井計弘, 北村唯一, 河邊香月 : Male ileal neobladder-神経温存根治的膀胱摘除術後の尿路再建-. ゼネカ薬品企画ビデオライブラリー, 1997年7月
1) 北川龍一 : 腎癌の手術療法-我々の行っているアプローチを中心に-. 特集腎癌の手術療法. 泌尿器外科 1 : 7-12, 1988.
1) 北川龍一 : 根治的腎摘除術. 泌尿器科手術手技. Visual lecture No. 1. 住友製薬, 1990.
1) J. W. Rohen, 横地千仭 : Color Atlas of Anatomy. A Photographic Study of the Human Body. 解剖学カラーアトラス. 第3版. 医学書院, 1994.
1) 垣添忠生 : 膀胱全摘除術-逆行性摘除のコツと要点-. 特集 膀胱全摘除術泌尿器外科 1 : 607-610, 1988.
1) 佐藤達夫, 佐藤健次 : 前立腺の局所解剖. 特集前立腺全摘除術. 泌尿器外科 10 : 293-303, 1988.
1) 星長清隆 : 膀胱尿管逆流症に対する手術 (2) Politano-Leadbetter法などの典型的手術. 臨床泌尿器科 52. 557-564, 1998.
1) 手術手技研究会. 手術の基本. 手術別冊シリーズ (その1). 金原出版, 1978.
1) 阿曽佳郎 : 副腎外科. 日泌尿会誌 81 : 661-671 , 1990.
1) 佐川史郎 : 回腸導管造設術. 臨床泌尿器科 49 : 375-382, 1995.
1) 坂元正一, 東條伸平, 鈴木雅洲, 飯塚理八, 蜂屋祥一, 関場香監訳 : Lees & Singer. 婦人科手術. カラーアトラス. 第1巻. 膣. 南江堂, 1983
1) 早川直和, : 村雄次 : 前立ちからみた消化器外科手術. 医学書院, 1995.
1) 高井計弘, Michael M. Lieber, Robert P. Myers, John R Goellner : 逆行性根治的恥骨後式前立腺摘除術-Mayo Clinicでの経験-. 泌尿器外科 6 : 995-1000, 1993.
2. 高井計弘, 北村唯一 : 内分泌療法施行後逆行性根治的前立腺摘除術-特に膀胱後壁剥離法について-. 日本外科系連合学会フィルムビデオライブラリー, 1997年
2) 相馬智 : プライマリ・ケアに必要な外科基本手技. 医学書院, 1980.
2) 末舛恵一, 園田隆彦 : 婦人科癌. 国立がんセンター編. 癌の外科-手術手技シリーズ. 11. メジカルビュー社, 1994.
2) 高井計弘, Michael M. Lieber, John R. Goellner : 逆行性根治的膀胱摘除術-Mayo Clinicでの経験-. 泌尿器外科 7 : 359-364, 1994.
2) 大島博幸 : 腎尿管全摘除術. 泌尿器科手術手技. Visual lecture No. 2. 住友製薬, 1990.
2) 百瀬俊郎, 尾本徹男 : 尿管-S状結腸-尿道吻合による代用膀胱形成術 (Bourque-Vernet法) について. 手術 5 : 756-764, 1961.
2) 田口裕功 : サンゴ状結石の腎切石術. 臨床泌尿器科 48 : 731-737, 1994.
2) 佐藤健次 : 尿路生殖器および直腸の自律神経支配と解剖 : 特集. 泌尿器科手術における神経温存手技とその目標. 泌尿器外科 10 : 1233-1240, 1997.
2) Perlemuter L and Waligora J : 臨床解剖学ノート. 腹部編 (I). 佐藤達夫, 高橋孝訳, 中央洋書, 1980.
3) 落合和徳, 藤井信吾, 桑原慶紀 : 産婦人科手術シリーズ. III. 臨床解剖学と基本手技. 診断と治療社, 1998.
3) 川喜田睦司 : 腎癌-後腹膜的手術~神経温存経11肋骨胸膜外到達法を中心に~. 臨床泌尿器科 53 : 207-220, 1999.
3) Perlemuter L and Waligora J : 臨床解剖学ノート. 腹部編 (II). 佐藤達夫, 高橋孝訳 : 中央洋書, 1981.
3. 高井計弘, 北村唯一 : Female ileal neobladder-リンパ節転移を認め腸骨動脈交叉部以下の右尿管も合併切除した症例-. ゼネカ薬品企画ビデオライブラリー, 1999年1月
3) 消化器外科セミナー 19. 消化器外科手術の基本手技. へるす出版, 1985.
3) 高井計弘, 亀山周二, 深澤立, 小山康弘, 小島弘敬, 河邉香月 : 前立腺全摘除術におけるサントリーニ静脈叢結紮および膀胱壁剥離の工夫. 臨床泌尿器科 50 : 121-126, 1996.
3) 阿曽佳郎 : 経背面式副腎摘除術. 泌尿器科手術手技. Visual lecture No. 6. 住友製薬, 1990.
3) 高井計弘, 亀山周二 : 前立腺全摘除術における使用機器の工夫. 臨床泌尿器科 49 : 601, 1995.
4) 桑原慶紀, 藤井信吾, 落合和徳 : 産婦人科手術シリーズ 1. 臨床解剖学と基本手技. 診断と治療社, 1996.
4) 手術のための局所解剖アトラス. 消化器外科 6. へるす出版, 1983.
4) 手術アトラス. 標準術式のすべて. 消化器外科 6. へるす出版, 1988.
4) 岡田清己 : 前立腺全摘除術. 泌尿器科手術手技. Visual lecture No. 7. 住友製薬, 1990.
5) 特集. 腸管の縫合と吻合一その基礎と実技. 消化器外科 21 (1). へるす出版, 1998.
5) 手術アトラス. 標準術式のすべて. 消化器外科 6. へるす出版, 1988
5) 牧野尚彦, 篠原尚 : イラストレイテッド外科手術. 膜の解剖からみた術式のポイント. 第2版. 医学書院, 1997.
5) 北川龍一 : 恥骨上式前立腺摘除術. 泌尿器科手術手技. Visual lecture No. 9. 住友製薬, 1991.
5) 高井計弘, 亀山周二 : 前立腺全摘除術時の前立腺直腸間隙剥離の工夫. 臨床泌尿器科 50 : 804-805, 1996.
6) 消化器外科. 特集. 腸管の縫合と吻合-その基礎と実技-. 21 (1). へるす出版, 1998.
6) 森岡恭彦 : 消化器外科専門医への道-手術手技の要点とそのコツ-. 『手術』別冊シリーズ. 金原出版, 1997.
6) 手術に必要な局所解剖のすべて. 消化器外科 6. へるす出版, 1997.
6) 吉田修, 荒井陽一 : 膀胱尿道全摘除術. インディアナ・パウチ. 泌尿器科手術手技. Visual lecture No. 11. 住友製薬, 1991.
6) 高井計弘, 亀山周二, 深澤立, 小島弘敬, 久米春喜, 山崎哲 : 逆行性膀胱全摘除術. 膀胱直腸間隙の尿道f則および腹腔側からのトンネルの作成. 日本泌尿器科学会雑誌 88 : 727-736, 1997.
7) 末舛恵一, 北条慶一 : 大腸癌. 国立がんセンター編. 癌の外科-手術手技シリーズ. 4. メジカルビュー社, 1992.
7) 小越章平 : イラスト外科セミナー. 手術のポイントと記録の書き方. 第2版. 医学書院, 1998.
7) 高井計弘 : 逆行性根治的恥骨後式前立腺全摘除術. 特集. 根治的前立腺摘除術-私はこうやっている-. 泌尿器外科 10 : 945-950, 1997.
7) 縫合・吻合法のバイブル : 臨床外科 (53巻増刊) : 医学書院, 1998.
7) 熊澤浄一, 上田豊史 : 尿道・膀胱全摘術と回腸導管造設術. 泌尿器科手術手技. Visual lecture No. 14. 住友製薬, 1991.
8) 生駒文彦 : 両側膀胱尿管逆流防止術. 泌尿器科手術手技. Visual lecture No. 18. 住友製薬, 1991.
8) 高井計弘 : 陰嚢横切開による精巣摘除術. 臨床泌尿器科 53 : 1096-1097, 1999.
8) 特集アトラスでみる鼠径ヘルニアの手術. 消化器外科 21 (10). へるす出版, 1998.
8) 橘政昭 : 腸管系合併症. 膀胱全摘術と尿路変向術のすべて. 臨床泌尿器科 (52巻増刊) : 271-277, 1998.
9) 早川正道 : 上部尿路・副腎系の局所解剖総論. 術者からみた局所解剖. 臨床泌尿器科 (51巻増刊) : 18-27, 1997.
9) 市川篤二, 落合京一郎 : 泌尿器科手術. 金原出版, 1966.
9) 秋元成太 : 恥骨後式前立腺摘除術. 泌尿器科手術手技. Visual lecture No. 19. 住友製薬, 1991.
9) 高井計弘 : 新膀胱作製において使用予定腸管が尿道に届かないときの工夫-腹膜補助切開, 形態の工夫, ほかの腸管の使用-. 臨床泌尿器科のコツと落とし穴. 手術療法. Part 1. pp 100-102. 中山書店, 1999.
10) 大田黒和生 : 精巣固定術. 陰嚢水腫切除術. 泌尿器科手術手技. Visual lecture No. 22. 住友製薬, 1991.
10) 宍戸仙太郎 : 泌尿器科手術の実際. 南山堂, 1968.
10) 高井計弘 : 下腹部腹膜外操作のこつ-特に前立腺全摘での精管切断と腹直筋後鞘の剥離による手術野の展開. 臨床泌尿器科のコツと落とし穴. 手術療法. Part 2. pp143. 中山書店, 1999.
10) 寺島保典 : 経胸腹膜的腎摘出術. 臨床泌尿器科 (51巻増刊) 術者からみた局所解剖 : 43-47, 1997.
11) 末舛恵一, 垣添忠生 : 泌尿器科癌. 国立がんセンター編. 癌の外科-手術手技シリーズ. 3. メジカルビュー社, 1992.
11) 中村薫 : 後腹膜腔のリンパ節郭清. 術者からみた局所解剖. 臨床泌尿器科 (51巻増刊) : 252-258, 1997.
11) 北川龍一 : 去勢術・高位除睾術・精巣上体摘除術. 泌尿器科手術手技. Visual lectUre No. 24. 住友製薬, 1992.
11) 高井計弘, 松本信也, 和田恵 : 腹腔鏡下手術時代の経背面式副腎摘除術. 臨床泌尿器科 54 : 211-215, 2000.
12) 藤岡知昭 : 下部尿路系の局所解剖総論. 臨床泌尿器科 (51巻増刊) : 術者からみた局所解剖 : 72-81, 1997.
12) 大島博幸 : 腰背部切開延長による経腰根治的腎摘除術. 泌尿器科手術手技. Visual lecture No. 33. 住友製薬, 1992.
12) 吉田修, 三宅弘治, 小柳知彦 : 図説泌尿器科手術書. メジカルビュー社, 1992.
12) 亀山周二 : 腎細胞癌に対する腎部分切除術のコツ. 臨床泌尿器科のコツと落とし穴. 手術療法. Part 1. pp53. 中山書店, 1999.
13) 北川龍一 : 腎部分切除術. 尿管切除端端吻合術. 泌尿器科手術手技. Visual lecture No. 34. 住友製薬, 1992.
13) 藤井信吾, 桑原慶紀, 落合和徳 : 産婦人科手術シリーズ II. 臨床解剖学と基本手技. 診断と治療社, 1997.
13) 小川秋實 : 膀胱全摘除と尿路変向・再建のテクニック. 医学書院, 1995.
13) 亀山周二 : 腎摘出時の際の腎茎血管処理のコツ : 血管の安全な露出の仕方. 臨床泌尿器科のコツと落とし穴. 手術療法. Part 1. pp60. 中山書店, 1999.
14) 板谷宏彬 : 膀胱尿管逆流防止術 (Politano-Leadbetter). 新・泌尿器科手術手技. Visual lecture No. 2. 住友製薬, 1994.
14) 八木静男, 後藤俊弘, 川原元司, 大井好忠 : リンパ節郭清. 膀胱全摘術と尿路変向術のすべて. 臨床泌尿器科 (52巻増刊) : 73-80, 1998.
14) 生駒文彦, R. Hohenfellner : 泌尿器科最新の手術. 中外医学社, 1997.
14) 阿曽佳郎監修, 高井計弘, 亀山周二編 : 泌尿器科手術手技図譜. 永井書店, 2000.
15) 北川龍一, 大島博幸, 三木誠 : 泌尿器科外来手術. 新・泌尿器科手術手技. Vrisual lecture No. 24. 住友製薬, 1995.
15) Perlemuter L and Waligora J : 臨床解剖学ノート. 小骨盤編 (1). 佐藤達夫, 高橋孝訳 : 中央洋書, 1984.
15) 高井計弘, 亀山周二 : 泌尿器科内視鏡手術手技図譜. 経尿道的手術の自立のために. 永井書店, 2002.
15) 膀胱全摘除術と尿路変向術のすべて : 臨床泌尿器科 (52巻増刊) : 医学書院, 1998.
16) 中島淳 : 恥骨後式前立腺摘除術. 術者からみた局所解剖. 臨床泌尿器科 (51巻増刊) : 98-103, 1997.
16) 鳶巣賢一, 垣添忠生 : 恥骨後式前立腺全摘除術. 新・泌尿器科手術手技. Visual lecture No. 26. 住友製薬, 1995.
16) 阿曽佳郎 : 臨床泌尿器科のコツと落とし穴. 手術療法. Part 1, 2. 中山書店, 1999.
17) 吉田修 : ベッドサイド泌尿器科学. 手術編, 改訂第3版. 南江堂, 2000.
17) 白井将文, 根岸壮治 : 精索血管高位結紮術. 新・泌尿器科手術手技. Visual lecture No. 26. 住友製薬, 1996.
17) 頴川晋 : 経会陰式根治的前立腺摘除術. 術者からみた局所解剖. 臨床泌尿器科 (51巻増刊) : 104-108, 1997.
18) Frank Hinman, Jr : Atlas of Urologic Surgery. W. B. Saunders Company, Philadelphia, 1989
18) 広川信, 大島博幸 : チューブレス尿管皮膚痩瘻術 (一側合流方式) プリケーション法による尿管縫縮術. 新・泌尿器科手術手技. Visual lecture No. 29. 住友製薬, 1996.
18) 岡田清己, 仲野智, 清滝修二, 竹本律子 : 前立腺の外科解剖と神経保存前立腺全摘除術. 特集. 前立腺全摘除術. 泌尿外 1 : 309-313, 1988.
19) 仁藤博 : 包茎手術. 術者からみた局所解剖. 臨床泌尿器科 (51巻増刊) : 158-159, 1997.
19) James F. Glenn : Urologic surgery. 4th ed. J. B. Lippincott Company. Philadelphia, 1991.
19) 大島博幸 : 経腰根治的腎摘除術. 新・泌尿器科手術手技. Vrisual lecture No. 32. 住友製薬, 1997.
20) 大島博幸 : 馬蹄腎狭部切断術. 新・泌尿器科手術手技. Visual lecture No. 33. 住友製薬, 1997.
20) 後藤修一 : 陰嚢内手術. 術者からみた局所解剖. 臨床泌尿器科 (51巻増刊) : 160-162, 1997.
20) Patrick C. Walsh, Alan B, . Retik, Darracott E, Vaughan, Jr and Alan J, Wein : Campbell's Urology. 7th ed. W. B. Saunders Company. Philadelphia, 1998.
21) 術者からみた局所解剖 : 臨床泌尿器科 (51巻増刊) : 医学書院, 1997.
21) 西尾俊治 : 精巣固定術. 術者からみた局所解剖. 臨床泌尿器科 (51巻増刊) : 172-176, 1997.
22) 吉田修監修. 岡川裕作, 荒井陽一編集 : 泌尿器科手術のための解剖学. メジカルビュー社, 1998.
22) Nikkei Nedical. 28-29, 9月, 2002.
23) 松田公志, 六車光英 : 男性不妊症に対する手術. 術者からみた局所解剖. 臨床泌尿器科 (51巻増刊) : 168-171, 1997.
24) 荒井陽一 : ポイントとなる術野と解剖図. 前立腺全摘術と解剖. 吉田修監修. 岡田裕作, 荒井陽一編集. 泌尿器科手術のための解剖学. 75-80, メジカルビュー社, 1998.
25) Myers, R P : Improving the exposure of the prostate in radical retropubic prostatectomy : Longitudinal bunching of the deep venous plexus. J Urol., 142 : 1282-1284, 1989.
26) 萬谷嘉明 : 尿道再建術. 術者から見た局所解剖. 臨床泌尿器科 (51巻増刊) : 143-149, 1997.
27) Myers, R P : Male urethral sphincteric anatomy and radical prostatectomy. Urol. Clin. North Am, 18, 211-227, 1991.
28) 岡田清己, 山中弥太郎 : 前立腺癌, p127-146, 新図説泌尿器科学講座 3. 吉田修監修, 小柳知彦, 村井勝, 大嶋伸一編集. メジカルビュー社, 2000.
29) 荒井陽一 : ポイントとなる術野と解剖図. 膀胱全摘と解剖 (男性). 吉田修監修. 岡田裕作, 荒井陽編集. 泌尿器科手術のための解剖学, 81-83, メジカルビュー社, 1998.
30) 二木恒治 : 男性尿道・陰茎および腹壁の局所解剖総論. 術者から見た局所解剖. 臨床泌尿器科 (51巻増刊) : 120-131, 1997.
31) 小川由英 : 尿管膀胱新吻合術. 術者から見た局所解剖. 臨床泌尿器科 (51巻増刊) : 92-97, 1997.
32) 大西哲郎 : 尿管手術. 術者から見た局所解剖. 臨床泌尿器科 (51巻増刊) : 66-70, 1997.
33) 堀内誠三, 星野嘉伸, 酒井邦彦 : 背面垂直切開 (Gil-Vernt) による腎盂切石術. 手術 24 : 1347-1350, 1970.
34) 金武洋 : 経腰式腎摘出術. 術者から見た局所解剖. 臨床泌尿器科 (51巻増刊) : 48-52, 1997.
35) 簑和田滋 : 副腎摘除術. 術者から見た局所解剖. 臨床泌尿器科 (51巻増刊) : 29-35, 1997.
36) 堀江重郎 : 経腹的腎摘出術. 臨床泌尿器科51巻増刊術者からみた局所解剖 : 36-41, 1997.
37) 牧野尚彦, 篠原尚 : イラストレイテッド外科手術. 膜の解剖からみた術式のポイント, 第2版, 医学書院, 1997.
38) 松田公志 : 内視鏡下手術と解剖. 腹腔鏡下副腎摘除術. 160-162, 吉田修監修. 岡田裕作, 荒井陽一編集. 泌尿器科手術のための解剖学. 75-80, メジカルビュー社, 1998.
39) 畠亮 : 副腎. 手術手技. 剥離, 展開法 2. 臨床泌尿器科. 45. 651-655, 1991.
40) 佐藤健次 : 膀胱全摘除術と尿路変向に必要な局所解剖. 膀胱全摘術と尿路変向術のすべて. 臨床泌尿器科 (52巻増刊) : 9-23, 1998.
41) 山中望, 下垣博義, 後藤紀洋彦, 川端岳, 坂野茂, 中野正人, 滝吉郎 : 自然排尿型代用膀胱. 術者から見た局所解剖. 臨床泌尿器科 (51巻増刊) : 229-233, 1997.
42) 実川正道 : 回腸導管-術式および術後合併症. 特集 Noncontinent urinary diversion. 泌尿器外科 2 : 671-675, 1989.

最近チェックした商品履歴

Loading...