腰痛の病態別運動療法

出版社: 文光堂
著者:
発行日: 2016-03-01
分野: 臨床医学:外科  >  リハビリ医学
ISBN: 9784830645310
電子書籍版: 2016-03-01 (第1版第2刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

3,240 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

3,240 円(税込)

身体機能不全により発生した腰痛の病態別機能的評価方法,脊柱に安定性を与える体幹筋群の機能改善方法,これらの理論に基づく病態別に推奨される運動療法を解説する.

目次

  • 表紙
  • 執筆者一覧
  • 序文
  • 目次
  • I 脊柱の安定性とは ?
  • 1 脊柱の安定性
  • 2 ニュートラルゾーン
  • 3 体幹筋の役割 - ローカル筋とグローバル筋 ( 単関節筋と多関節筋 ) -
  • 4 神経系の役割, フィードフォワード機能
  • 5 stabilizer機能不全によって発生する障害
  • 1 肩関節インピンジメント障害
  • 2 上腕骨外上顆炎
  • 3 大腿内転筋付着部障害 ( グローインペイン )
  • 4 腸脛靱帯炎
  • II 機能的腰部障害とは ?
  • 1 非特異的腰痛とは
  • 2 腰部障害の機能的評価方法
  • 1 問診
  • 2 脊柱所見
  • 3 圧痛
  • 3 椎間板性腰痛
  • 1 椎間板の変性とは
  • 2 椎間板変性と腰痛
  • 3 評価
  • 4 対処方法
  • 4 椎間関節性腰痛
  • 1 椎間関節の特徴と評価
  • 2 対処方法
  • 5 仙腸関節障害
  • 1 特徴
  • 2 評価
  • 3 対処方法
  • 6 筋筋膜性腰痛, 筋付着部障害
  • 1 機序
  • 2 評価
  • 3 対処方法
  • 7 その他の腰部障害 ( 棘突起インピンジメント障害, 横突起付着部障害 )
  • 1 棘突起インピンジメント障害
  • 2 横突起付着部障害
  • III 器質的腰部障害への進行とその特徴は ?
  • 1 器質的腰部障害への進行
  • 2 腰椎椎弓疲労骨折 ( 分離症 )
  • 3 腰椎椎間板ヘルニア
  • 1 症状と診断
  • 2 対処方法
  • 4 椎間関節変形性変化 ( 変形性脊椎症 )
  • 5 腰部脊柱管狭窄症
  • IV 体幹筋群の機能的特徴とその評価方法は ?
  • 1 体幹筋の分類
  • 2 各体幹筋の機能解剖
  • 1 腹直筋
  • 2 外腹斜筋
  • 3 内腹斜筋
  • 4 腹横筋
  • 5 多裂筋
  • 6 腰方形筋
  • 7 大腰筋
  • 3 体幹深層筋の活動評価方法
  • 1 ワイヤ電極による筋活動評価
  • 2 表面筋電図を用いたローカル筋活動評価の妥当性
  • 3 超音波画像装置による評価
  • 4 MR 画像による筋活動量評価
  • 4 身体運動時の体幹深層筋の活動様式
  • 5 体幹安定化運動時の体幹筋活動様式
  • 1 draw - in
  • 2 bridge exercise
  • 3 sit - up exercise
  • 4 active SLR
  • V 腰痛に対する徒手療法の応用と機能的障害に特異的な運動療法とは ?
  • 1 腰痛に対する徒手療法と運動療法
  • 2 各種徒手療法の原理とその効果発現機序
  • 1 徒手療法の歴史と各種徒手療法の体系
  • 2 徒手療法の腰痛治療に対するエビデンス
  • 3 関節に対する徒手療法の原理と効果発現機序
  • 3 腰痛の機能的評価方法 ( 徒手療法を応用した疼痛除去テストの紹介 )
  • 1 問診と疼痛部位評価
  • 2 自動運動による評価
  • 3 徒手的介入方法 - 疼痛除去テスト -
  • 4 機能的評価方法に基づいた運動療法
  • 1 椎間関節障害に対する運動療法
  • 2 椎間板障害に対する運動療法
  • 3 仙腸関節障害に対する運動療法
  • 4 筋筋膜性腰痛に対する運動療法
  • VI 慢性腰痛者の特徴と効果的な腰痛体操とは ?
  • 1 慢性腰痛が与える社会的影響
  • 2 腰痛者の特徴
  • 1 腰痛者では体幹深部筋が機能していない
  • 2 腰痛者では体幹深部筋が萎縮している
  • 3 腰痛の運動療法
  • 4 stabilization exerciseの紹介
  • 1 draw - in ( 腹部引き込み運動 )
  • 2 front bridge exercise ( hand - knee )
  • 5 慢性腰痛に対する運動療法の効果
  • 6 体幹機能不全と加齢との関連
  • 1 ロコモティブシンドローム
  • 2 加齢による筋萎縮
  • 3 加齢による筋萎縮の予防
  • 7 体幹機能不全とその他の障害との関連
  • 1 骨盤底筋機能障害との関連 - 腹圧性尿失禁 -
  • VII スポーツ活動時の体幹筋の役割とその機能を向上させる方法とは ?
  • 1 スポーツ選手における体幹筋機能
  • 2 スポーツ選手の体幹筋の形態的特徴
  • 3 スポーツ活動時の体幹筋活動様式
  • 1 ジャンプ動作時の体幹筋活動
  • 2 バレエのパッセピボット時の体幹筋活動
  • 3 テニスサーブ時の体幹筋活動
  • 4 バドミントンのサイドアームストローク時の体幹筋活動
  • 5 水中のバタ足時の体幹筋活動
  • 4 体幹筋機能と運動パフォーマンスとの関連
  • 1 体幹筋機能テスト
  • 2 体幹筋機能テストと運動パフォーマンスの関連性
  • 3 体幹筋機能の向上は運動パフォーマンスを向上させるか ?
  • 5 体幹トレーニングのさまざまな方法とその評価
  • 1 体幹トレーニングの分類
  • 2 トレーニング時の姿勢
  • 3 腹筋背筋運動
  • 4 体幹安定化運動
  • 5 コーディネーションエクササイズ
  • 6 不安定面エクササイズ
  • 6 体幹トレーニングプログラム
  • 1 腹筋背筋運動は必要か ?
  • 2 段階的なトレーニングプログラムとは ?
  • 3 適切なトレーニングの頻度や期間は ?
  • 4 stabilization exerciseのウォーミングアップとしての利用
  • 7 体幹筋機能改善による外傷・障害予防効果
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

I 脊柱の安定性とは ?

P.12 掲載の参考文献
1) White AA, et al : Clinical Biomechanics of The Spine, Lippincott Williams & Wilkins, Philadelphia, 1990
10) 今井厚ほか : 異なる体幹エクササイズが静的バランスに及ぼす即時効果. 日臨スポーツ医会誌 20 : 469-474, 2012
11) Imai A, et al : Effects of two types of trunk exercises on balance and athletic performance in youth soccer players. Int J Sports Phys Ther 9 : 47-57, 2014
12) 安達玄 : 大学野球選手における僧帽筋に着目した介入トレーニングによる肩甲骨機能性の変化の検討. 早稲田大学卒業論文, 2015
13) 青木健太 : サイドステップ動作時の下肢・体幹筋活動解析. 早稲田大学スポーツ科学研究科修士論文, 2012

II 機能的腰部障害とは ?

P.27 掲載の参考文献
4) Shinohara H, et al : J Jpn Orthop Assoc, 1970
8) Takaki S, et al : Analysis of the muscle activity during active pelvic tilting motion. 37th International society for the study of the lumbar spine, 2010
10) 矢吹悠久美 : 妊産褥期における腰痛の特徴及び腰痛予防のための日常行動指針. 早稲田大学スポーツ科学部卒業論文, 2011
12) 村上栄一 : 仙腸関節由来の腰痛, 日本腰痛会誌 13 : 40-47, 2007
13) 村上栄一 : 仙腸関節の痛み, 南江堂, 東京, 2014
16) 吉田千鶴 : 立位体前屈におけるドローインが脊柱起立筋の筋活動に与える影響. 早稲田大学スポーツ科学部卒業論文, 2012
18) 金岡恒治 : 腰部&体幹まるわかり大事典, ベースボール・マガジン社, 東京, 2015
19) 金岡恒治ほか : 体が生まれ変わる「ローカル筋」トレーニング, マキノ出版, 東京, 2013

III 器質的腰部障害への進行とその特徴は ?

P.35 掲載の参考文献

IV 体幹筋群の機能的特徴とその評価方法は ?

P.58 掲載の参考文献
2) 小形洋悦 : 筋肉痛に対するマニュアルセラピー : 深部筋群治療の理論と実際. 理学療法 18 : 485-492, 2001
4) Thomas WM : アナトミー・トレイン : 徒手運動療法のための筋筋膜経線, 松下松雄訳, 医学書院, 東京, 167-176, 2009
12) Takaki S, et al : Analysis of the muscle activity during anterior and posterior pelvic tilting, The International Society for the Study of the Lumbar Spine, 2010
18) 金子文成ほか : 急速な運動の動作分析を目的としたワイヤ電極による筋電図記録方法の改良. 理学療法学 30 : 280-287, 2003
19) Ng JK, et al : Muscle fibre orientation of abdominal muscles and suggested surface EMG electrode positions. Electromyogr Clin Neurophysiol 38 : 51-58, 1998
32) 三橋彩乃ほか : 有効な腰方形筋エクササイズの検討, 第50回日本理学療法学術大会, 2015
38) 阿久澤弘 : 大腰筋の機能 : Rachel Park先生の研究より. Sportsmedicine 27 : 2-5, 2015
43) 大久保雄 : 腰痛におけるcore exerciseの実際. 臨スポーツ医 30 : 721-726, 2013
45) 大久保雄ほか : 腰椎Stabilization Exercise時の四肢挙上による体幹筋活動変化. 日臨スポーツ医会誌 19 : 94-101, 2011
47) Andersson EA, et al : Relative EMG levels in training exercises for abdominal and hip flexor muscles. Scand J Rehabil Med 30 : 175-183, 1998
48) Jull GA, et al : rehabilitation of active stabilization of the lumbar spine. Physical Therapy of the Low Back, 2nd ed, Churchill Livingstone, Edinburgh, 251-273, 1994

V 腰痛に対する徒手療法の応用と機能的障害に特異的な運動療法とは ?

P.80 掲載の参考文献
2) 藤縄理 : 徒手的理学療法, 三輪書店, 東京, 2-6, 2009
3) Searle IE : The history and present circumstances of manual therapy in the world. 理学療法学 21 : 65-68, 1994
5) Maitland G, et al : メイトランド脊椎マニュピレーション, 原著第7版, エルゼビア・ジャパン, 東京, 2008
7) 竹井仁ほか編 : 系統別・治療手技の展開, 改訂第3版, 協同医書出版社, 東京, 2014
10) Seema S : Effect of grade II and grade III mobilization by maitland technique in low back pain. Indian J Physiother Occup Ther 6 : 91-95, 2012
11) Vicenzino B, et al : Mobilisation with Movement, Churchill Livingstone, Edinburgh, 2-8, 2011
12) Butler DS : バトラー・神経系モビライゼーション, 伊藤直榮監訳, 協同医書出版社, 東京, 2000
16) Mulligan BR : マリガンのマニュアルセラピー, 第4版, 細田多穂ほか監訳, 協同医書出版社, 東京, 2002
24) 村上栄一 : 仙腸関節由来の腰痛. 日腰痛会誌 13 : 40-47, 2007
25) 金岡恒治ほか : 腰痛がスーッと消える, 学研パブリッシング, 東京, 2014
26) 金岡恒治ほか : 金岡・成田式 腰痛さよなら体操 : たった一ヵ月で二度と痛くならない! , 宝島社, 東京, 2015

VI 慢性腰痛者の特徴と効果的な腰痛体操とは ?

P.98 掲載の参考文献
2) 日本整形外科学会ほか監, 日本整形外科学会診療ガイドライン委員会ほか編 : 定義. 腰痛診療ガイドライン 2012, 南江堂, 東京, 11-15, 2012
10) Lee LJ, et al : Anticipatory postural adjustments to arm movement reveal complex control of paraspinal muscles in the thorax. J Electromyogr Kinesiol 19 : 46-54, 2007
16) Kamaz M, et al : CT measurement of trunk muscle areas in patients with chronic low back pain. Diagn Interv Radiol 13 : 144-148, 2007
28) Ota M, et al : Relationship between the symptomatic side and atrophic side of abdominal muscle in unilateral chronic low back pain. J Spine Res 7 : 2016 (in press)
29) 日本整形外科学会ほか監, 日本整形外科学会診療ガイドライン委員会ほか編 : 治療. 腰痛診療ガイドライン 2012, 南江堂, 東京, 37-66, 2012
42) 太田恵ほか : 慢性腰痛患者に対する運動療法が生活の質に及ぼす影響. J Spine Res 1 : 1374-1378, 2010
44) 太田恵ほか : 慢性腰痛患者に対する運動療法が体幹筋筋厚に及ぼす影響. 臨整外 46 : 109-113, 2011
45) 太田恵ほか : 慢性腰痛者に対する体幹深層筋に注目した運動療法の効果 : 腹筋群の筋厚と非対称性の変化. 日臨スポーツ医会誌 20 : 72-78, 2012
46) Ota M, et al : Effectiveness of lumbar stabilization exercises compared with traditional therapeutic exercises for chronic low back pain. J Spine Res 6 : 1385-1391, 2015

VII スポーツ活動時の体幹筋の役割とその機能を向上させる方法とは ?

P.127 掲載の参考文献
3) 長谷川伸ほか : 投動作, 打動作を伴う競技者の筋厚における一側優位性. 体力科学 62 : 227-235, 2013
4) 村松正隆ほか : 高校生スポーツ選手の体幹筋群の筋サイズ : 性差と競技種目差の検討. 体育研 55 : 577-590, 2010
6) Sanchis-Moysi J, et al : Iliopsoas and gluteal muscles are asymmetric in tennis players but not in soccer players. PLoS One 6 : e22858, 2011
11) 河端将司ほか : ドロップジャンプ動作中における体幹の筋活動および腹腔内圧の変化. 体力科学 57 : 225-234, 2008
12) Kulas AS, et al : Sex-specific abdominal activation strategies during landing. J Athl Train 41 : 381-386, 2006
13) 大久保雄ほか : バレーボールブロックジャンプ時の体幹筋活動. 日臨スポーツ医会誌 22 : 488-496, 2014
14) 田中康久 : 後方宙返り動作時の筋電図解析. 早稲田大学スポーツ科学部卒業論文, 2012
15) 山脇麻衣 : 女子新体操選手におけるピボット動作中の体幹筋活動. 早稲田大学スポーツ科学部卒業論文, 2014
18) 橋本幸代 : バドミントン競技におけるストローク動作時の体幹筋活動. 早稲田大学スポーツ科学部卒業論文, 2010
20) 神舘盛光 : バタ足の筋活動解析. 早稲田大学スポーツ科学科修士論文, 2014
24) 今井厚ほか : 体幹安定性と運動パフォーマンスとの関係. 第22回臨床スポーツ医学会学術集会, 2012
25) 花田勝彦 : 長距離走における日本代表選手と大学生選手のランニング・フォームの相違について. 上武大学ビジネス情報学部紀要 5 : 131-137, 2006
26) 笹木正悟ほか : サッカー選手における後方への方向転換能力に関する研究. スポーツ科学研究 5 : 45-57, 2008
27) Sharrock C, et al : A pilot study of core stability and athletic performance : is there a relationship? Int J Sports Phys Ther 6 : 63-74, 2011
28) Nesser TW, et al : The relationship between core strength and performance in division I female soccer players. JEP Online 12 : 21-28, 2009
33) Butcher SJ, et al : The effect of trunk stability training on vertical take off velocity. J Orthop Sports Phys Ther 37 : 223-231, 2007
34) Sharma A, et al : Effects of a nine-week core strengthening exercise program on vertical jump performances and static balance in volleyball players with trunk instability. J Sports Med Phys Fitness 52 : 606-615, 2012
35) Imai A, et al : Effects of two types of trunk exercises on balance and athletic performance in youth soccer players. Int J Sports Phys Ther 9 : 47-57, 2014
39) Sadeghi H, et al : The effects of core stability exercise on the dynamic balance of volleyball players. International Journal of Applied Exercise Physiology 2 : 2013
40) Vera-Garcia FJ, et al : Abdominal muscle response during curl-ups on both stable and labile surfaces. Phys Ther 80 : 564-569, 2000
47) 今井厚ほか : 異なる体幹エクササイズが静的バランスに及ぼす即時効果. 日臨スポーツ医会誌 20 : 469-474, 2012
48) Imai A, et al : Comparison of the immediate effect of different types of trunk exercise on the star excursion balance test in male adolescent soccer players. Int J Sports Phys Ther 9 : 428-435, 2014

最近チェックした商品履歴

Loading...