グリオーマ治療のDecision Making

出版社: 文光堂
著者:
発行日: 2016-05-03
分野: 臨床医学:外科  >  脳神経外科学
ISBN: 9784830624070
電子書籍版: 2016-05-03 (第1版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

19,440 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

19,440 円(税込)

今般病理組織学と分子生物学の両面からグリオーマ病態診断が導入されつつあるが,これらの新たな診断によってグリオーマの標準治療が更新されるには少し時間がかかると予想されるので,まずは将来を見据えた視点を持ちながら今の標準治療とその根拠を整理するべきであると考える.本書では,神経上皮性腫瘍全体をグリオーマと定義しているがそのすべてを網羅することはせず,特に標準治療として知っておくべき項目をピックアップした.

目次

  • 表紙
  • 執筆者一覧
  • 脳神経外科診療プラクティスシリーズ 序文
  • 「グリオーマ治療のDecision Making」 序文
  • 目次
  • I. グリオーマ診療 - OncologyとNeuroscienceの観点から -
  • II. グリオーマの基礎知識
  • 1. 特殊性
  • a. グリオーマの定義, 疫学, 頻度
  • b. グリオーマの増殖様式
  • 2. 病理
  • a. 神経上皮性腫瘍の病理 ( WHO2007 ) 分類とWHO gradingの臨床的意義
  • b. 病理診断基準
  • 3. 鑑別診断
  • a. グリオーマ画像診断の基礎知識
  • b. グリオーマの再発, 放射線壊死, 偽増悪, 偽奏効の鑑別診断
  • c. 脳梗塞・脳膿瘍との鑑別
  • d. 脱髄性疾患との鑑別
  • e. 悪性リンパ腫との鑑別
  • 4. 集学的治療と予後
  • a. 組織別治療指針
  • 1) 星細胞系腫瘍
  • 2) 乏突起膠細胞系腫瘍と乏突起星細胞系腫瘍
  • 3) 上衣系腫瘍
  • 4) 脈絡叢腫瘍
  • 5) 神経細胞および混合神経細胞・膠細胞系腫瘍
  • 6) 胎児性腫瘍
  • 7) 松果体部腫瘍
  • b. 部位や年齢によって特徴付けられるグリオーマの集学的治療指針
  • 1) 視神経グリオーマ
  • 2) 脳幹部グリオーマ
  • 3) 脊髄髄内グリオーマ
  • 4) 小児グリオーマ
  • 5) 高齢者グリオーマ
  • 【T】WHO grade Iに対するてんかん治療指針
  • III. 外科治療のDecision Making
  • 1. 手術適応判断や手術アプローチ選択のための術前検査
  • a. DTI tractographyによる神経線維路検査
  • b. fMRIによる皮質機能局在検査
  • c. 高次脳機能評価と適切な評価時期
  • d. グリオーマ手術に適切なQOL評価
  • e. 言語と記憶の側方性評価
  • f. 動静脈還流の画像検査
  • 2. グリオーマ摘出に必要な解剖知識と術中機能検査
  • a. 運動野
  • b. 感覚野
  • c. 言語野
  • d. 視覚路
  • e. 頭頂葉
  • f. 島
  • g. 側頭葉内側部
  • h. 第三脳室
  • i. 脳幹・第四脳室
  • j. 脊髄
  • 3. 術中病態診断によるDecision Making
  • a. 術中迅速病理診断
  • b. 覚醒下手術
  • c. 蛍光診断
  • d. 光線力学的治療
  • e. BCNU wafer
  • f. 皮質脳波
  • 4. 手術支援機器の効果的使用
  • a. グリオーマ手術に対する神経内視鏡の応用
  • b. 術中情報統合の有効利用
  • 【O】将来のグリオーマ手術室
  • IV. 最新の術後治療と問題点
  • 1. 化学療法
  • 2. 放射線療法
  • 3. 免疫療法
  • 4. ウイルス療法
  • 5. 言語ニューロリハビリテーション
  • 6. 運動ニューロリハビリテーション
  • V. 将来の標準治療の基盤となる最新脳腫瘍学
  • 1. 分子診断からみたグリオーマの発生機序
  • 2. 病理・遺伝学的グリオーマ分類
  • 3. 脳腫瘍幹細胞研究によるグリオーマ治療戦略
  • 4. 脳腫瘍バイオマーカーとしてのmicroRNA
  • 5. R - IHC法による脳腫瘍診断
  • 6. 化学療法治療感受性
  • 7. 髄芽腫に対する遺伝子診断
  • VI. グリオーマ論文の読み方
  • 1. 脳腫瘍全国集計調査結果の変遷
  • 2. グリオーマに対するJCOG ( 日本臨床腫瘍研究グループ ) の役割と臨床試験
  • 3. 臨床試験デザインと結果の解釈に必要な生物統計学
  • 4. WHO分類改訂を控えた脳腫瘍臨床研究の方向性
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

II. グリオーマの基礎知識

P.7 掲載の参考文献
1) Bailey, P et al : A Classification of the Tumors of the Glioma. Group on a Histogenetic Basis with a Correlated Study of Prognosis, JB Lippincott, Philadelphia, 1928
2) Kernohan, JW et al : A simplified classification of the gliomas. Proc Staff Meet Mayo Clin 1949 ; 24 : 71-75
3) Rubinstein, LJ : Tumors of the central nervous system. Atlas of Tumor Pathology, 2nd Series, AFIP, Washington DC, 1972
6) The Committee of Brain Tumor Registry of Japan : Brain Tumor Registry of Japan (2001-2004). Neurologia Med Chir (Tokyo) 2014 ; 54 No. Supplement : 9-102
7) 成田善孝ほか : 脳腫瘍の治療結果を可視化する大規模データの収集・臨床試験の必要性-脳腫瘍全国集計調査報告の活用について-. 脳神外ジャーナル 2015 ; 24 : 699-704
P.10 掲載の参考文献
P.15 掲載の参考文献
1) 高倉公朋 : 脳腫瘍病理の歴史. 脳腫瘍臨床病理カラーアトラス, 日本脳腫瘍病理学会, 医学書院, 東京, 2009, 3-6
3) Russell, SR et al : Pathology of Tumours of the Central Nervous System, 5th ed Arnold, London, 1989
4) Zulch, KJ : Brain Tumors. Their Biology and Pathology, 3rd ed, Springer-Verlag, Berlin, 1986
5) Louis, DN et al : WHO Classification of Tumours of the Central Nervous System, 4th ed, IARC press, Lyon, 2007
6) Burger, PC et al : Tumors of the Central Nervous System, 3rd ed, AFIP, Washington DC, 1993
7) 中里洋一 : 脳腫瘍の新WHO分類. 脳神経外科 2008 ; 36 : 473-491
P.21 掲載の参考文献
1) 市村幸一 : 神経膠腫におけるIDH突然変異の意義. 病理と臨床 2012 ; 30 : 356-361
2) 増井憲太ほか : 脳腫瘍病理診断-up-to-date-. 病理と臨床 2015 ; 33 : 380-387
4) Killela, PJ et al : TERT promoter mutations occur frequently in gliomas and a subset of tumors derived from cells with low rates of self-renewal. Proc Natl Acad Sci 2013 ; 110 : 6021-6026
P.26 掲載の参考文献
P.31 掲載の参考文献
P.36 掲載の参考文献
P.46 掲載の参考文献
P.53 掲載の参考文献
4) Killela, PJ et al : TERT promoter mutations occur frequently in gliomas and a subset of tumors derived from cells with low rates of self-renewal. Proc Natl Acad Sci U S A 2013 ; 110 : 6021-6026
P.58 掲載の参考文献
P.63 掲載の参考文献
P.68 掲載の参考文献
4) Wrede, B et al : Second surgery and the prognosis of choroid plexus carcinoma-results of a meta-analysis of individual cases. Anticancer Res 2005 ; 25 : 4429-4433
P.71 掲載の参考文献
P.77 掲載の参考文献
P.84 掲載の参考文献
P.89 掲載の参考文献
P.93 掲載の参考文献
P.100 掲載の参考文献
P.107 掲載の参考文献
P.112 掲載の参考文献
P.115 掲載の参考文献

III. 外科治療のDecision Making

P.122 掲載の参考文献
1) 内原俊記ほか : ヒト大脳白質の成り立ちと病態. Brain Nerve 2015 ; 67 : 371-387
2) 國松聡ほか : 第6章 実践編. これでわかる拡散MRI, 第3版, 青木茂樹ほか編, 秀潤社, 東京, 2013, 156-190
6) Kalil, G et al : Use of diffusion tensor imaging in glioma resection. Neurosurg Focus 2013 ; 34 : E1
P.127 掲載の参考文献
1) Stippich, C et al : Presurgical functional MRI in patients with brain tumors. Clinical Functional MRI-Presurgical Functional Neuroimaging, Springer-Verlag, Berlin, Heiderberg, 2007, 87-134
6) Lee, CC et al : Assesment of functional MR imaging in neurosurgical planning. AJNR Am J Neuroradiol 1999 ; 20 : 1511-1519
7) Haberg, A et al : Preoperative blood oxygen level-dependent functional magnetic resonance imaging in patients with primary brain tumors : clinical application and outcome. Neurosurgery 2004 ; 54 : 902-914
10) FitzGerald, DB et al : Location of language in the cortex : a comparison between functional MR imaging and electrocortical stimulation. AJNR Am J Neuroradiol 1997 ; 18 : 1529-1539
P.131 掲載の参考文献
1) 鈴木匡子 : 高次脳機能障害の診方. 臨床神経 2009 ; 49 : 83-89
2) Lezak, MD et al : Neuropsychological Assessment, 5th ed, Oxford Univ Press, NY, 2012
3) 田川皓一編 : 神経心理学評価ハンドブック, 西村書店, 新潟, 2004
P.134 掲載の参考文献
P.138 掲載の参考文献
P.142 掲載の参考文献
2) 上羽哲也 : 脳腫瘍手術におけるindocyanin green videography の有用性. 脳神外ジャーナル 2014 ; 23 : 871-875
3) 中瀬裕之 : Neurological Phlebology脳静脈還流障害 (基礎と臨床). 脳神経外科 2015 ; 43 : 97-107
P.146 掲載の参考文献
P.151 掲載の参考文献
P.156 掲載の参考文献
2) Wada, J et al : Neurological contribution to induced unilateral paralysis of human cerebral hemisphere. Special emphasis on experimentally induced aphasia. Hokkaido Igaku Zasshi (Acta Med Hokkaido) 1949 ; 24 : 1-10
P.163 掲載の参考文献
1) Bahr, Mほか : 視覚系. 神経局在診断, 改訂第5版, 花北順哉訳, 文光堂, 東京, 2010, 123-129
2) 江本博文ほか : 神経眼科的検査. ビジュアル脳神経外科 5, 頭蓋底 1 : 前頭蓋窩・眼窩・中頭蓋窩, 冨永悌二編, メジカルビュー社, 東京, 2012, 36-47
5) 佐々木達也ほか : 視機能の術中評価. 臨床脳波 2009 ; 51 : 737-746
6) 昆博之ほか : VIII. 視覚. 脳神経外科医のための脳機能と局在診断, 脳神経外科診療プラクティス 3, 橋本信夫監修, 三國信啓・深谷親編集, 文光堂, 東京, 2014, 148-156
8) 佐々木達也ほか : はじめてのVEPモニタリング. 脳外速報 2010 ; 20 : 1036-1043
9) 佐々木達也ほか : 術中VEPモニタリングによる視機能の温存-VEPに変化をきたした手術手技の検討から-. 脳神経外科 2013 ; 41 : 961-976
P.169 掲載の参考文献
1) Petrides, M : The Human Cerebral Cortex, An MRI Atlas of the Sulci and Gyri in MNI Stereotaxic Space, Academic Press, 2012
3) Ture U et al : Fiber dissection technique : lateral aspect of the brain. Neurosurgery 2000 ; 47 : 417-427
6) 鈴木匡子編著 : 症例で学ぶ高次脳機能障害, 中外医学社, 東京, 2014
7) 平山和美 : 視覚背側経路損傷による症状の概要. 高次脳機能研 2015 ; 35 : 199-206
8) 石合純夫 : 高次脳機能障害学, 第2版, 医歯薬出版, 東京, 2012
P.175 掲載の参考文献
1) Alif, A et al : Description of sulcal organization of the insular cortex. Surg Radiol Anat 2010 ; 32 : 491-498
9) Iwasaki, M et al : Preservation of the long insular artery to prevent postoperative motor deficits after resection of insulo-opercular glioma : technical case reports. Neurol Med Chir (Tokyo) 2013 ; 54 : 321-326
P.180 掲載の参考文献
P.191 掲載の参考文献
P.196 掲載の参考文献
3) Parent, A et al : Carpenter's Human Neuroanatomy, 9th ed, Williams & Wilkins, Philadelphia, 1996, 8-9
4) Parke, WW et al : Rothman-Simeone The Spine, 6th ed, Saunders, Philadelphia, 2011, 15-53
5) 小山素磨 : 脊髄・神経根のマイクロサージャリー, 南江堂, 東京, 2000, 198-258
6) Luk, KD et al : Evaluation of various evoked potential techniques for spinal cord monitoring during scoliosis surgery. Spine 2001 ; 26 : 1772-1777
8) 小林祥ほか : 術中モニタリングのアラームポイント-日本脊椎脊髄病学会モニタリング委員会報告. 臨整外 2012 ; 47 : 823-827
P.198 掲載の参考文献
P.201 掲載の参考文献
1) 嘉山孝正ほか : 第1章 覚醒下開頭術の手術手技. 覚醒下手術ガイドライン, 日本Awake Surgery学会編, 医学書院, 東京, 2013, 1-24
2) Berger, MS et al : Neurophysiological monitoring during astrocytoma surgery. Neurosurg Clin North Am 1900 ; 1 : 65-80
3) 嘉山孝正ほか : 第3章 覚醒下開頭術の言語評価. 覚醒下手術ガイドライン, 日本Awake Surgery学会編, 医学書院, 東京, 2013, 41-47
6) Guidelines Committee of the Japan Awake Surgery Conference : the Guidelines for Awake craniotomy. Neurol Med Chir (Tokyo) 2012 ; 52 : 119-141
P.205 掲載の参考文献
P.212 掲載の参考文献
P.215 掲載の参考文献
P.218 掲載の参考文献
1) 日本臨床神経生理学会認定委員会編集 : モノグラフ 臨床脳波を基礎から学ぶ人のために, 日本臨床神経生理学会, 東京, 2008
2) 日本てんかん学会編集 : てんかん専門医ガイドブック-てんかんにかかわる医師のための基本知識-, 診断と治療社, 東京, 2014
3) Olivier, A et al : Techniques in epilepsy surgery, Cambridge university press, Cambridge, 2012
4) 山本貴道 : 脳腫瘍に伴うてんかんの治療. 脳神経外科 2013 ; 41 : 473-479
7) 田中隆一監修 : 脳神経外科手術のための電気生理モニタリング, 西村書店, 新潟, 1997
8) 川口昌彦ほか編集 : 術中神経モニタリングバイブル, 羊土社, 東京, 2014
9) Baltuh, GH et al : Operative Techniques in Epilepsy Surgery, Thieme Medical Publisher, New York, 2009
P.221 掲載の参考文献
P.225 掲載の参考文献
1) 村垣善ほか : 脳神経外科医療における可視化. 可視化情報を統合する意思決定学. 脳神経外科ジャーナル 2014 ; 23 : 876-886
7) Hervey-Jumper, SL et al : Awake craniotomy to maximize glioma resection : methods and technical nuances over a 27-year period. J Neurosurg 2015 ; 123 : 325-339
11) Lacroix, M et al : A multivariate analysis of 416 patients with glioblastoma multiforme : prognosis, extent of resection, and survival. J Neurosurg 2001 ; 95 : 190-198
P.227 掲載の参考文献
1) Okamoto, J et al : Development of a nextgeneration operating room "Smart Cyber Operating Theater (SCOT)" -development concept and project summary. Int J CARS 2015 ; 10 (suppl 1), W156-S158

IV. 最新の術後治療と問題点

P.232 掲載の参考文献
P.235 掲載の参考文献
1) 永田靖 : 三次元原体照射. がん・放射線療法 2010, 大西洋ほか編, 篠原出版社, 東京, 2010, 446-449
2) 幡野和男 : 強度変調放射線治療. がん・放射線療法 2010, 大西洋ほか編, 篠原出版社, 東京, 2010, 450-460
3) 寺原敦朗 : 悪性グリオーマに対する放射線治療の現状と展望. 癌と化学療法 2013 ; 40 : 1278-1282
4) 総論 VII. IMRTの手法と品質管理. 放射線治療計画ガイドライン 2012年版, 公益社団法人日本放射線腫瘍学会編, 金原出版, 東京, 2012, 30-34
P.238 掲載の参考文献
P.241 掲載の参考文献
1) Ino, Y et al : Oncolytic virus therapy for malignant brain tumors. Brain Nerve 2009 ; 61 : 815-822
4) Todo, T et al : In situ expression of soluble B7-1 in the context of oncolytic herpes simplex virus induces potent antitumor immunity. Cancer Res 2001 ; 61 : 153-161
P.244 掲載の参考文献
1) 石合純夫 : 高次脳機能障害学, 第2版, 医歯薬出版, 東京, 2012
2) 日本脳卒中学会脳卒中ガイドライン委員会編 : 脳卒中治療ガイドライン 2015, 協和企画, 東京, 2015
3) 石合純夫 : 失語症患者のリハビリテーション. Jpn J Rehabil Med 2014 ; 51 : 267-270
4) 安保雅博ほか編著 : 脳卒中後遺症に対するrTMS治療とリハビリテーション, 金原出版, 東京, 2013
P.247 掲載の参考文献

V. 将来の標準治療の基盤となる最新脳腫瘍学

P.252 掲載の参考文献
P.256 掲載の参考文献
P.259 掲載の参考文献
P.261 掲載の参考文献
P.264 掲載の参考文献
P.267 掲載の参考文献
P.271 掲載の参考文献

VI. グリオーマ論文の読み方

P.279 掲載の参考文献
1) 脳腫瘍全国統計委員会 : 脳腫瘍全国集計調査報告 (1969-1983). 1990 ; 7 : 1-165
2) Committee of Brain Tumor Registry of Japan : Report of Brain Tumor Registry of Japan (1984-2000) vol.12. Neurol Med Chir (Tokyo) 2009 ; 49 Suppl : 1-96
3) Committee of Brain Tumor Registry of Japan : Report of Brain Tumor Registry of Japan (2001-2004) vol.13. Neurol Med Chir (Tokyo) 2014 ; 54 : 1-102
P.285 掲載の参考文献
P.295 掲載の参考文献
1) Cancer Genome Atlas Research Network. Comprehensive genomic characterization defines human glioblastoma genes and core pathways. Nature 2008 ; 23 : 455 (7216) : 1061-1068
2) Verhaak, RG et al : Cancer Genome Atlas Research Network. Integrated genomic analysis identifies clinically relevant subtypes of glioblastoma characterized by abnormalities in PDGFRA, IDH1, EGFR, and NF1. Cancer Cell 2010 ; 19 : 17 : 98-110
3) The Cancer Genome Atlas Network : Comprehensive, integrative genomic analysis of diffuse lower-grade gliomas. N Engl J Med 2015 ; 372 : 2481-2498
4) Louis, DN et al : International Society Of Neuropathology-Haarlem

最近チェックした商品履歴

Loading...