膝関節疾患のリハビリテーションの科学的基礎

書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

4,730 円(税込)

商品紹介

膝関節はスポーツ動作にて損傷を起こしやすく,その治療方法には外科的治療が必要となることが多いが,受傷した原因を形態的要因のみならず機能的な要因からも明らかにし,介入効果が期待できる機能不全に対しては身体機能向上を目的としたアスレティックリハビリテーションを指導し,再発を予防することが求められる。そのような観点から本書では,膝関節の解剖,機能,障害の評価,治療,リハビリテーションについて,膝関節伸展機構,膝蓋大腿関節,半月板,脛骨大腿関節,後十字靱帯,内側外側側副靱帯に分けて広く,深くレビューした。

目次

  • 膝関節疾患のリハビリテーションの科学的基礎

    ―目次―

    第1章 膝伸展機構
    1.基礎科学
    2.疫学・病態
    3.診断・評価
    4.治 療

    第2章 骨軟骨病変(膝蓋大腿関節)
    5.基礎科学(バイオメカニクス)
    6.疫学・病態
    7.診断・評価
    8.治 療

    第3章 半月板
    9.基礎科学
    10.疫学・病態
    11.診断・評価
    12.治 療

    第4章 骨軟骨病変(脛骨大腿関節)
    13.基礎科学
    14.疫学・病態
    15.診断・評価
    16.治 療

    第5章 後十字靱帯・膝後外側構成体損傷
    17.基礎科学
    18.疫学・病態
    19.診断・評価
    20.治 療

    第6章 内側側副靱帯・外側側副靱帯損傷
    21.基礎科学
    22.疫学・病態
    23.診断・評価
    24.治 療

    第7章 合併症
    25.関節外要因による膝関節可動域制限
    26.関節内病変による膝関節可動域制限
    27.筋力低下
    28.膝蓋骨運動異常

    第8章 私の治療法
    29.Osgood-Schlatter病に対する私の治療

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...