解剖・動作・エコーで導く Fasciaリリースの基本と臨床

出版社: 文光堂
著者:
発行日: 2017-03-07
分野: 臨床医学:外科  >  整形外科学
ISBN: 9784830627361
電子書籍版: 2017-03-07 (第1版第3刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:8~14営業日

4,950 円(税込)

電子書籍
章別単位での購入はできません
ブラウザ、アプリ閲覧

4,950 円(税込)

商品紹介

近年,様々な疼痛性疾患の治療法として,エコーガイド下生理食塩水注射によるFasciaリリースが注目されている.Fasciaとは筋膜,靱帯,支帯,腱膜,関節包,傍神経鞘などの線維性結合組織を包括する概念である.本書では,Fasciaの解剖学・生理学の知識,異常なFasciaを適切に評価するための動作分析・触診・エコー技術の基礎,エコーガイド下生理食塩水注射を中心としたFasciaリリースの手技を,豊富な図とWEB動画を用いて解説する.

目次

  • 表紙
  • 執筆者一覧
  • 推薦のことば
  • 序文
  • 目次
  • 動画ウェブサイトのご案内
  • [1] エコーガイド下fasciaリリースとは
  • (1) エコーガイド下fasciaリリースの技術開発の経緯
  • (2) 慢性疼痛とエコーガイド下fasciaリリース
  • Column fascia異常による神経障害様症状の整理
  • Column 冷え感覚
  • [2] fasciaリリース治療概論
  • (1) さまざまなfasciaリリースの方法とその組み合わせ方
  • Column 針・鍼の先端の形状と組織侵襲性
  • Column 鍼は本当に神経や血管を避けるのか ?
  • (2) 注射手技と効果判定の全体像
  • (3) 注射の治療効果判定
  • [3] 治療部位検索
  • (1) fasciaリリースのための診察の流れ
  • Column fascia治療に関する適切な用語は ?
  • (2) 触診 - 触診方法のコツ
  • Column 医師が鍼を使う意義
  • (3) 触診 - 触診の学習方法
  • Column エコーガイド下触診による考察
  • (4) 動作分析と可動域評価
  • Column pROMの全身評価の方法 : real anatomy train
  • (5) fascia治療におけるエコーの活用法
  • Column エコー技術の発展とfasciaの病態解明
  • [4] fasciaリリースの方法 ( 注射 )
  • (1) 穿刺に用いる注射針とシリンジ, 薬液
  • Column fasciaリリースとステロイドの適応
  • (2) 安全で確実に注射するために
  • [5] fasciaリリースの実践 ( 注射 )
  • (1) fasciaリリースの学習法
  • (2) fasciaリリースの治療例から学ぶ
  • 1. 症例1 整形外科医の腰痛
  • 2. 症例2 若年女性の上肢痛の原因は「顎関節」
  • (3) fasciaリリースの種類
  • Column 血管周囲のリリース
  • (4) fasciaリリースに伴う合併症
  • (5) 安全確実なfasciaリリースのために - 気胸を克服する
  • (6) fasciaリリース注射の難易度
  • [A] 頸部
  • (1) 頭半棘筋 / 大後頭神経 / 下頭斜筋 ( ランクA )
  • (2) 中斜角筋 / 後斜角筋 / 第1肋骨 ( ランクC )
  • (3) 胸鎖乳突筋裏 ( C2~3レベル ) ( ランクB )
  • (4) C8神経根周囲のfascia ( ランクC )
  • [B] 肩関節
  • (1) 肩峰下滑液包と三角筋下滑液包 ( ランクA )
  • (2) 烏口上腕靱帯 ( ランクA )
  • [C] 上肢帯
  • (1) 僧帽筋 / 棘上筋 ( ランクA )
  • (2) 棘下筋 ( 横走線維 / 斜走線維 ) ( ランクA )
  • (3) 腋窩動脈周囲のfascia ( 腋窩鞘 ) ( ランクC )
  • [D] 上肢
  • (1) 橈骨神経周囲のfascia ( 上腕遠位部 ) ( ランクB )
  • (2) 尺骨神経周囲のfascia ( Struthers腱弓 ) ( ランクB )
  • (3) オズボーンバンド ( ランクB )
  • (4) 長短橈側手根伸筋・総指伸筋 / 回外筋 ( ランクA )
  • (5) 手関節部の伸筋支帯 ( ランクB )
  • (6) 手関節部の屈筋支帯 ( ランクB )
  • [E] 体幹
  • (1) 胸腰筋膜 ( ランクA )
  • (2) 腰部多裂筋 ( ランクA )
  • (3) 腰椎横突起腹側 ( 腰方形筋付着部 ) ( ランクA )
  • (4) 腰椎椎間関節包 ( ランクB )
  • [F] 下肢帯
  • (1) 中殿筋 / 小殿筋 / 腸骨 ( ランクA ) および中殿筋 / 小殿筋 / 股関節包 ( ランクA )
  • 1. 中殿筋 / 小殿筋 / 腸骨
  • 2. 中殿筋 / 小殿筋 / 股関節包
  • (2) 梨状筋 ( ランクB )
  • (3) S1後仙骨孔 ( ランクC )
  • [G] 下肢
  • (1) 鵞足 / 内側側副靱帯 ( ランクA )
  • (2) 伏在神経周囲のfascia ( 膝関節周囲 ) ( ランクB )
  • (3) 半腱様筋 / 半膜様筋 ( ランクA )
  • (4) 膝窩動脈周囲のfascia ( ランクC )
  • (5) 総腓骨神経周囲のfascia ( ランクB )
  • (6) 足関節部の上伸筋支帯 ( ランクB )
  • 初学者のためのQ & A集
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

この書籍の参考文献

参考文献のリンクは、リンク先の都合等により正しく表示されない場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

本参考文献は電子書籍掲載内容を元にしております。

[1] エコーガイド下fasciaリリースとは

P.6 掲載の参考文献
1) 松岡宏晃ほか : 筋・筋膜性疼痛症候群 (Myofascial Pain Syndrome : MPS) に対する新しい神経ブロック : 筋膜間ブロック (スキマブロック). ペインクリニック 31 : 497-500, 2010
3) Sola AE, et al : Myofascial trigger point pain in the neck and shoulder girdle ; report of 100 cases treated by injection of normal saline. Northwest Med 54 : 980-984, 1955
6) Kobayashi T, et al : Effects of interfascial injection of bicarbonated Ringer's solution, physiological saline and local anesthetic under ultrasonography for myofascial pain syndrome-Two prospective, randomized, double-blinded trials-. J Juzen Med Soc 125 (2) : 40-49, 2016
7) 小林只 : エラストグラフィー超音波診断装置によるMPS可視化への挑戦, 第8回MPS研究会学術集会, 2011
8) 小林只ほか : 筋筋膜性疼痛症候群の病態と形態学的特徴エラストグラフィー超音波診断装置による検討, 第119回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2014
P.17 掲載の参考文献
2) Badley E, et al : The impact of musculoskeletal disorders in the population : are they just aches and pains? Findings from the 1990 Ontario Health Survey. J Rheumatol 22 : 733-739, 1995
3) Chaiamnuay P, et al : Epidemiology of rheumatic disease in r ural Thailand : a WHO-ILAR COPCORD study. Community Oriented Programme for the Control of Rheumatic Disease. J Rheumatol 25 : 1382-1387, 1998
4) Alvarez DJ, et al : Trigger points : diagnosis and management. Am Fam Physician 65 : 653-660, 2002
5) Skootsky SA, et al : Prevalence of myofascial pain in general internal medicine practice. West J Med 151 : 157-160, 1989
7) Stecco C : Functional Atlas of the Human Fascial System, Churchill Livingstone Elsevier, London, 2015
9) 白石吉彦ほか : THE整形内科, 南山堂, 東京, 2016
10) 今西宣晶 : 機能的観点からみた脂肪筋膜組織の解剖学的研究. 慶應医学 71 (1) : T15-T33, 1994
・ MPS研究会 : MPS治療指針 第1版, 2013 http://www.jmps.jp/medical/shishin (2016年6月閲覧)
・ 小林只ほか : 筋筋膜性疼痛症候群の病態と形態学的特徴 エラストグラフィー超音波診断装置による検討. 第119回日本解剖学会総会・全国学術集会, 2014
・ 松岡宏晃ほか : 筋・筋膜性疼痛症候群 (Myofascial Pain Syndrome : MPS) に対する新しい神経 ブロック : 筋膜間ブロック (スキマブロック). ペインクリニック 31 : 497-500, 2010
・ Sola AE, et al : Myofascial trigger point pain in the neck and shoulder girdle ; report of 100 cases treated by injection of normal saline. Northwest Med 54 : 980-984, 1955
・ Kobayashi T, et al : Effects of interfascial injection of bicarbonated Ringer's solution, physiological saline and local anesthetic under ultrasonography for myofascial pain syndrome-Two prospective, randomized, double-blinded trials. J Juzen Med Soc 125 (2) : 40-49, 2016
・ Chandler DL : New analysis explains collagen's force-Experiments and simulations show that adding or removing water makes the material push and pull. MIT News Office, 2015
・ Simons DG, et al : Myofascial Pain and Dysfunction : The Trigger Point Manual, Lippincott Williams & Wilkins, Philadelphia, 1999
・ 河上敬介ほか : 骨格筋の形と触察法, 改訂第2版, 大峰閣, 熊本, 2013
・ 仲西康顕ほか : うまくいく! 超音波でさがす末梢神経100%効く四肢伝達麻酔のために, メジカルビュー社, 東京, 2015
・ 林 典雄 : 運動療法のための運動器超音波機能解剖拘縮治療との接点, 杉本勝正監修, 文光堂, 東京, 2015
・ 小林只ほか : 多職種連携による疼痛治療戦略~筋痛症muscle painの診断治療~ (ワークショップ) 報告書 日本プライマリ・ケア連合学会東北ブロック支部第3回学術集会 (2013) in 青森, http://square.umin.ac.jp/koba-Riv/kouenkai/tashokushu_WS_report_PC20130901.pdf (2016年6月閲覧)
P.19 掲載の参考文献
1) Simons DG, et al : Travell & Simons' Myofascial Pain and Dysfunction : The Trigger Point Manual. Upper half of body, Vol. 1, 2nd ed, Lippincott Williams & Wilkins, Philadelphia, 1998
2) 川嶋朗 : 冷え外来, 医歯薬出版, 東京, 2010

[2] fasciaリリース治療概論

P.28 掲載の参考文献
2) 米山榮ほか : 微小組織損傷としての鍼刺激-病理組織学的検討. 全日鍼灸会誌 45 : 192-197, 1995
3) Mihic DN : Postspinal headache and relationship of needle bevel to longitudinal dural fibers. Reg Anesth Pain Med 10 (2) : 76-81, 1985
6) 仲西康顕 : うまくいく! 超音波でさがす末梢神経100%効く四肢伝達麻酔のために, メジカルビュー社, 東京, 2015
8) 神宮司誠也ほか : 骨折に対する低出力超音波パルス治療の基礎と臨床, メディカルレビュー社, 東京, 2008
9) 沖田実 : 関節可動域制限 : 病態の理解と治療の考え方, 三輪書店, 東京, 2013
10) 白石吉彦ほか編 : THE整形内科, 南山堂, 東京, 2016

[3] 治療部位検索

P.36 掲載の参考文献
1) 松岡史彦ほか : プライマリ・ケア-地域医療の方法, メディカルサイエンス社, 東京, 2012
2) 白石吉彦ほか編 : THE整形内科, 南山堂, 東京, 2016
P.50 掲載の参考文献
1) 小林只 : real anatomy trainによる原因Fasciaの検索方法. 第14回MPS研究会, 2015
P.54 掲載の参考文献
P.55 掲載の参考文献

[4] fasciaリリースの方法 ( 注射 )

P.64 掲載の参考文献
3) Kobayashi T, et al : Effects of interfascial injection of bicarbonated Ringer's solution. physiological saline and local anesthetic under ultrasonography for myofascial pain syndrome-Two prospective, randomized, double-blinded trials-. J Juzen Med Soc 125 (2) : 40-49, 2016
5) Erturk C, et al : Will a single periarticular lidocaine-corticosteroid injection improve the clinical efficacy of intraarticular hyaluronic acid treatment of symptomatic knee osteoarthritis? Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc 24 : 3653-3660, 2016
P.66 掲載の参考文献

[5] fasciaリリースの実践 ( 注射 )

P.76 掲載の参考文献
・ Scheleip R, et al : 人体の張力ネットワーク 筋筋膜-最新知見と治療アプローチ, 竹井仁監訳, 医歯薬出版, 東京, 2015
・ Stecco C : Functional Atlas of the Human Fascial System, Churchill Livingstone Elsevier, London, 2014
・ 坂井建雄ほか : MRI断層解剖アトラス, 日本医事新報社, 東京, 2014
・ 河上敬介ほか : 骨格筋の形と触察法, 改訂第2版, 大峰閣, 熊本, 2013
・ 林典雄ほか : 運動療法のための機能解剖学的触診技術 上肢, メジカルビュー社, 東京, 2011
・ 林典雄ほか : 運動療法のための機能解剖学的触診技術 下肢・体幹, メジカルビュー社, 東京, 2012
・ 林典雄 : 運動療法のための運動器超音波機能解剖-拘縮治療との接点, 杉本勝正監修, 文光堂, 東京, 2015
・ 皆川洋至 : 超音波でわかる運動器疾患, メジカルビュー社, 東京, 2010
・ 仲西康顕ほか : うまくいく! 超音波でさがす末梢神経100%効く四肢伝達麻酔のために, メジカルビュー社, 東京, 2015
・ 白石吉彦ほか : THE整形内科, 南山堂, 東京, 2016
・ 木村裕明 : 生理食塩水によるエコーガイド下筋膜リリース. 臨スポーツ医 33 : 482-491, 2016
・ Human Anatomy. http://www.visiblebody.com/ (2016年12月閲覧)
・ Essential Anatomy. http://3d4medical.com/ (2016年12月閲覧)
P.128 掲載の参考文献
2) Rojo-Manaute JM, et al : Ultra-minimally invasive sonographically guided carpal tunnel release anatomic study of a new technique. J Ultrasound Med 32 : 131-142, 2013
P.130 掲載の参考文献
P.151 掲載の参考文献

最近チェックした商品履歴

Loading...