プラークコントロールの臨床

出版社: デンタルダイヤモンド社
著者:
発行日: 2018-11-01
分野: 歯科学  >  臨床歯科学
ISBN: 9784885104183
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

6,050 円(税込)

商品紹介

「いまさら?」ではなく、「いまこそ」。それがわかる1冊です。プラークコントロール(PC)を「いまさら?」と感じる方も多いでしょう。本書では、PCを「付着しているプラークを落とす」だけではなく、「患者が自分の健康は自分で守る“自律的健康観”の獲得」を含むものと位置づけています。PCは誤嚥性肺炎の予防、ひいては最期まで食べられる“口”作りへと繋がっています。とくに、世界に先駆けて超高齢社会へ突入したわが国では、今後そのような予防的思考と口腔環境の整備などがより重要になるのは必至。「いまこそ」、PCが必要なのです。

目次

  • ● Prologue
     プラークコントロールの意味・意義

    ● Main Chapter
    “人生100年”を見据えたブラッシングの必要性
     前歯部のプラークコントロール
     臼歯部のプラークコントロール
     歯周外科手術後のプラークコントロール
     ブリッジのプラークコントロール
     インプラントのプラークコントロール
     矯正治療中のプラークコントロール
     小児のプラークコントロール
     高齢者・有病者のプラークコントロール
     歯肉縁下のプラークコントロールの重要性 34年間の変遷
     歯肉を退縮させない指導を意識した長期2症例
    “自律的健康観”の獲得
     歯周治療と歯科医院経営

    ● Epilogue
     訪問診療で行う“口腔ケア”

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...