• HOME
  •  > 
  • 薬学
  •  > 
  • 薬学一般
  •  >  臨床薬学テキストシリーズ 神経・筋・精神/麻酔・鎮痛

臨床薬学テキストシリーズ 神経・筋・精神/麻酔・鎮痛

出版社: 中山書店
著者:
発行日: 2019-08-29
分野: 薬学  >  薬学一般
ISBN: 9784521744513
電子書籍版: 2019-08-29 (初版第1刷)
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:4~8営業日

4,950 円(税込)

電子書籍
章別単位で購入
ブラウザ、アプリ閲覧

4,950 円(税込)

商品紹介

臨床現場の薬剤師には,薬理学的知識はもちろん,疾患の病態や症候,検査・診断と治療に関する幅広い知識が求められる.
本書では,[薬理・病態・薬物治療]の各論として神経・筋・精神疾患と麻酔・鎮痛(コアカリの「神経系の疾患と薬」に該当)を取り上げ,薬学と医学の共著により,最新知見を盛り込んでわかりやすく解説.
サイドノートには難解な医学用語の解説や薬剤の構造式を収載.

目次

  • 表紙
  • 刊行にあたって
  • 序文
  • 執筆者一覧
  • CONTENTS
  • 第1章 神経・筋疾患
  • A 総論
  • (1) 修得すべき知識の概要
  • (2) 神経の解剖生理学と疾患の概要
  • [1] 神経の解剖生理学
  • [2] 主な神経疾患と治療の概要
  • 2.1 てんかん
  • 2.2 脳血管障害
  • 2.3 パーキンソン病
  • 2.4 認知症
  • 2.5 頭痛
  • (3) 骨格筋の解剖生理学と疾患の概要
  • [1] 骨格筋の解剖生理学
  • [2] 主な筋関連疾患と治療の概要
  • 2.1 筋萎縮性側索硬化症 ( ALS )
  • 2.2 筋ジストロフィー
  • 2.3 重症筋無力症
  • 2.4 ギラン・バレー症候群
  • 2.5 悪性高熱症
  • (4) 神経・筋疾患の治療薬の概要
  • 1) 自律神経系に作用する薬
  • [1] 交感神経興奮薬 ( アドレナリン作動薬 )
  • 1.1 直接型アドレナリン作動薬
  • 1.2 間接型アドレナリン作動薬
  • 1.3 混合型アドレナリン作動薬
  • [2] 交感神経遮断薬
  • 2.1 アドレナリン受容体遮断薬
  • [3] 副交感神経興奮薬 ( コリン作動薬 )
  • 3.1 直接型コリン作動薬
  • 3.2 間接型コリン作動薬
  • [4] 副交感神経遮断薬 ( 抗コリン薬 )
  • [5] 神経型ニコチン性アセチルコリン受容体に作用する薬物
  • 2) 体性神経系に作用する薬
  • [1] 知覚神経に作用する薬物 : 局所麻酔薬
  • [2] 運動神経に作用する薬物
  • 2.1 神経筋接合部興奮薬
  • 2.2 神経筋接合部遮断薬 ( 筋弛緩薬 )
  • [3] 神経筋接合部以外を標的とする筋弛緩薬
  • 3.1 中枢性筋弛緩薬
  • 3.2 その他の筋弛緩薬
  • B 疾患各論
  • (1) てんかん
  • [1] てんかんとは
  • [2] 疫学
  • [3] 分類
  • 3.1 複雑部分発作
  • 3.2 欠神発作
  • 3.3 ミオクロニー発作
  • 3.4 強直間代発作
  • [4] 検査・診断
  • [5] 治療方針
  • [6] 治療薬
  • 6.1 第1世代抗てんかん薬
  • 6.2 第2世代抗てんかん薬
  • 6.3 小児てんかんに対する最近の抗てんかん薬
  • (2) 脳血管障害
  • 1) 脳出血
  • [1] 脳出血とは
  • [2] 疫学
  • [3] 検査・診断
  • [4] 臨床症状
  • [5] 治療方針
  • [6] 治療薬
  • 2) 脳梗塞
  • [1] 脳梗塞とは
  • [2] 疫学
  • [3] 診断・分類
  • 3.1 発症機序による分類
  • 3.2 臨床的分類
  • [4] 治療方針
  • [5] 治療薬
  • 3) くも膜下出血
  • [1] くも膜下出血とは
  • [2] 疫学
  • [3] 原因
  • [4] 臨床症状
  • [5] 診断
  • [6] 治療方針
  • [7] 治療薬
  • (3) パーキンソン病
  • [1] 運動機能調節の概要
  • [2] パーキンソン病とは
  • [3] 疫学
  • [4] パーキンソン病・パーキンソニズムの分類
  • 4.1 薬剤性パーキンソニズムの原因となる薬物
  • 4.2 脳血管性パーキンソニズムの治療薬
  • [5] 検査
  • 5.1 MIBG 心筋シンチグラフィー
  • 5.2 ドパミントランスポーターシンチグラフィー ( DAT スキャン )
  • 5.3 CT および MRI 検査
  • 5.4 嗅覚障害および睡眠障害の検査
  • [6] 治療方針
  • [7] 治療薬
  • 7.1 ドパミン補充薬
  • 7.2 ドパミンアゴニスト
  • 7.3 ドパミン放出促進薬
  • 7.4 MAO - B 阻害薬
  • 7.5 抗コリン薬
  • 7.6 ノルアドレナリン補充薬
  • 7.7 レボドパ賦活薬
  • 7.8 アデノシン A2A 受容体アンタゴニスト
  • (4) ハンチントン病
  • [1] ハンチントン病とは
  • [2] 疫学
  • [3] 症状
  • [4] 病態生理
  • [5] 検査
  • [6] 治療
  • (5) 認知症
  • 1) アルツハイマー型認知症
  • [1] アルツハイマー病 ( AD ) とは
  • [2] 疫学
  • [3] 診断
  • [4] 治療
  • 4.1 認知症治療薬の分類と種類
  • 4.2 認知症に伴う行動・心理症状 ( BPSD ) の治療薬
  • 4.3 脳循環改善薬と脳代謝改善薬
  • 4.4 認知症の進行を抑える薬
  • 2) 血管性認知症
  • [1] 血管性認知症 ( VaD ) とは
  • [2] 疫学
  • [3] 分類
  • [4] 診断・検査
  • [5] 治療
  • 5.1 脳血管障害 ( CVD ) の再発予防
  • 5.2 認知症に対する対症療法
  • [6] 予防
  • 6.1 発症抑制のための予防対策
  • 6.2 急性期での処置の重要性
  • 6.3 慢性期での処置の重要性
  • 3) レヴィ小体型認知症
  • [1] レヴィ小体型認知症 ( DLB ) とは
  • [2] 疫学
  • [3] 分類
  • [4] 検査
  • 4.1 生化学検査
  • 4.2 神経心理学的検査
  • 4.3 画像検査
  • [5] 治療方針
  • [6] 治療薬
  • 6.1 認知機能障害に対する薬物療法
  • 6.2 BPSD や睡眠異常に対する薬物療法
  • 6.3 パーキンソニズムなどの他の神経症状に対する薬物療法
  • 4) 前頭側頭型認知症
  • [1] 前頭側頭型認知症 ( FTD ) とは
  • [2] 臨床類型と特徴
  • 2.1 行動障害型前頭側頭型認知症 ( bvFTD )
  • 2.2 進行性非流暢性失語症 ( PNFA / nfvPPA )
  • 2.3 意味性認知症 ( SD / svPPA )
  • [3] 分子病理類型
  • 3.1 FTLD - tau
  • 3.2 FTLD - TDP
  • 3.3 FTLD - FUS
  • 3.4 FTLD - UPS
  • 3.5 FTLD - ni
  • (6) 頭痛
  • 1) 片頭痛
  • [1] 片頭痛とは
  • 1.1 血管説
  • 1.2 神経説
  • 1.3 三叉神経血管説
  • [2] 疫学
  • [3] 分類
  • 3.1 前兆のない片頭痛
  • 3.2 前兆のある片頭痛
  • 3.3 慢性片頭痛
  • [4] 検査
  • [5] 治療方針
  • 5.1 急性期治療
  • 5.2 予防療法
  • [6] 治療薬
  • 6.1 急性期治療
  • 6.2 予防薬
  • 2) 緊張型頭痛
  • [1] 緊張型頭痛とは
  • [2] 疫学
  • [3] 分類
  • [4] 治療方針
  • [5] 治療薬
  • 3) 群発頭痛
  • [1] 群発頭痛とは
  • [2] 疫学
  • [3] 分類
  • [4] 治療方針
  • [5] 治療薬
  • (7) 髄膜炎・脳炎
  • [1] 髄膜炎
  • 1.1 髄膜炎とは
  • 1.2 疫学
  • 1.3 分類
  • 1.4 検査
  • 1.5 治療方針
  • 1.6 治療薬
  • [2] 脳炎
  • 2.1 脳炎とは
  • 2.2 疫学
  • 2.3 分類
  • 2.4 検査・診断
  • 2.5 治療方針
  • 2.6 治療薬
  • (8) 熱性けいれん
  • [1] 熱性けいれんとは
  • [2] 疫学
  • [3] 分類
  • [4] 検査
  • [5] 治療方針
  • [6] 治療薬
  • (9) プリオン病
  • [1] プリオン病とは
  • [2] 発症機序
  • [3] ヒトのプリオン病
  • [4] 症状
  • [5] 病理
  • [6] 診断
  • [7] 治療
  • [8] 感染予防・滅菌法
  • (10) 多発性硬化症
  • [1] 多発性硬化症 ( MS ) とは
  • [2] 疫学
  • [3] 分類
  • [4] 検査
  • [5] 治療方針
  • [6] 治療薬
  • (11) 視神経脊髄炎
  • [1] 視神経脊髄炎 ( NMO ) とは
  • [2] 疫学
  • [3] 臨床症状
  • [4] 検査
  • [5] 治療方針・治療薬
  • (12) 筋萎縮性側索硬化症
  • [1] 筋萎縮性側索硬化症 ( ALS ) とは
  • [2] 疫学
  • [3] 分類
  • [4] 検査
  • [5] 治療方針
  • [6] 治療薬
  • (13) 進行性筋ジストロフィー
  • [1] 進行性筋ジストロフィー ( PMD ) とは
  • [2] 疫学
  • [3] 分類
  • [4] 症候・経過
  • [5] 検査
  • [6] 治療方針
  • [7] 治療薬
  • 7.1 副腎皮質ステロイド製剤
  • 7.2 心筋障害治療
  • (14) 重症筋無力症
  • [1] 重症筋無力症 ( MG ) とは
  • [2] 疫学
  • [3] 分類
  • 3.1 抗 AChR 抗体による分類
  • 3.2 抗 MuSK 抗体による分類
  • [4] 検査・診断
  • [5] 治療方針
  • [6] 治療薬
  • (15) ギラン・バレー症候群
  • [1] ギラン・バレー症候群 ( GBS ) とは
  • [2] 疫学
  • [3] 分類
  • [4] 検査
  • [5] 治療方針
  • [6] 治療
  • 第2章 精神疾患
  • A 総論
  • (1) 修得すべき知識の概要
  • (2) 精神疾患の治療の概要
  • [1] 精神機能とその障害
  • [2] 精神疾患の分類
  • [3] 精神疾患の治療
  • 3.1 身体療法
  • 3.2 精神療法
  • (3) 精神疾患の治療薬の概要
  • [1] 向精神薬とは
  • [2] 主な向精神薬の適応症状・薬理作用・副作用
  • 2.1 抗精神病薬
  • 2.2 抗うつ薬
  • 2.3 気分安定薬
  • 2.4 抗不安薬
  • 2.5 睡眠薬
  • 2.6 精神刺激薬
  • B 疾患各論
  • (1) 統合失調症
  • [1] 統合失調症とは
  • [2] 疫学
  • [3] 分類
  • [4] 検査・診断
  • [5] 治療方針
  • 5.1 薬物治療
  • 5.2 電気けいれん療法 ( ECT )
  • [6] 治療薬
  • 6.1 第1世代 ( 定型 ) 抗精神病薬
  • 6.2 第2世代 ( 非定型 ) 抗精神病薬
  • (2) うつ病・躁うつ病 ( 双極性障害 )
  • [1] うつ病・躁うつ病 ( 双極性障害 ) とは
  • [2] 疫学
  • [3] 分類・診断
  • [4] 治療方針
  • 4.1 うつ病 ( 日本うつ病学会治療ガイドライン II. うつ病 < DSM - 5 > / 大うつ病性障害 2016 )
  • 4.2 躁うつ病 ( 日本うつ病学会治療ガイドライン I. 双極性障害 2017 )
  • [5] 治療薬
  • 5.1 抗うつ薬
  • 5.2 気分安定薬
  • (3) 不安症 ( パニック障害, 全般性不安障害など )
  • [1] 不安症とは
  • [2] 疫学
  • [3] 分類
  • [4] 検査
  • [5] 治療方針
  • [6] 治療薬
  • 6.1 ベンゾジアゼピン系抗不安薬
  • 6.2 非ベンゾジアゼピン系抗不安薬
  • (4) 心身症
  • [1] 心身症とは
  • [2] 疫学
  • [3] 分類
  • [4] 検査
  • [5] 治療方針
  • [6] 治療薬
  • (5) 不眠症
  • [1] 不眠症とは
  • [2] 疫学
  • [3] 分類
  • [4] 病態生理と薬理
  • [5] 検査
  • [6] 治療方針
  • [7] 治療薬
  • [8] 睡眠薬の問題と副作用
  • (6) 過眠症・ナルコレプシー
  • [1] 過眠症とは
  • [2] 疫学
  • [3] 分類と症状・病態生理
  • 3.1 ナルコレプシー
  • 3.2 特発性過眠症
  • 3.3 クライネ・レヴィン症候群
  • 3.4 閉塞性睡眠時無呼吸症候群
  • 3.5 その他
  • [4] 検査
  • [5] 治療方針
  • [6] 治療薬
  • (7) 薬物依存症
  • [1] 薬物依存症とは
  • [2] 疫学と動向
  • [3] 分類
  • [4] 検査・診断
  • [5] 治療方針
  • [6] 治療薬
  • (8) アルコール依存症
  • [1] アルコール依存症とは
  • [2] 疫学
  • [3] 診断
  • [4] 治療方針
  • [5] 治療薬
  • 5.1 抗酒薬 : シアナミド, ジスルフィラム
  • 5.2 断酒補助薬 : アカンプロサートカルシウム
  • 5.3 飲酒量低減薬 : ナルメフェン
  • (9) パーソナリティ障害
  • [1] パーソナリティ障害とは
  • [2] 疫学
  • [3] 分類
  • 3.1 妄想性パーソナリティ障害
  • 3.2 統合失調質パーソナリティ障害
  • 3.3 統合失調型パーソナリティ障害
  • 3.4 境界性パーソナリティ障害
  • 3.5 自己愛性パーソナリティ障害
  • 3.6 反 ( 非 ) 社会性パーソナリティ障害
  • 3.7 演技性パーソナリティ障害
  • 3.8 依存性パーソナリティ障害
  • 3.9 強迫性パーソナリティ障害
  • 3.10 回避性 ( 情緒不安性 ) パーソナリティ障害
  • [4] 治療方針
  • [5] 治療薬
  • (10) 自閉スペクトラム症
  • [1] 自閉スペクトラム症とは
  • [2] 疫学
  • [3] 分類
  • [4] 治療方針
  • [5] 治療薬
  • (11) せん妄
  • [1] せん妄とは
  • [2] 疫学
  • [3] 分類
  • [4] 評価
  • [5] 治療方針
  • [6] 治療薬
  • 第3章 麻酔・鎮痛
  • A 麻酔
  • [1] 麻酔とは
  • [2] 麻酔深度
  • [3] 全身麻酔薬の作用機序
  • [4] 全身麻酔薬の分類と特徴
  • [5] 麻酔補助薬とバランス麻酔
  • [6] 現代の麻酔と今後の展望
  • B 鎮痛
  • [1] 痛みとは
  • [2] 痛みと発現機序
  • 2.1 末梢から脊髄までの痛みの伝達
  • 2.2 脊髄における痛みの伝達
  • 2.3 脊髄上行路と視床, 大脳皮質における痛みの伝達
  • [3] 非オピオイド鎮痛薬
  • 3.1 非ステロイド性抗炎症薬 ( NSAIDs )
  • 3.2 解熱鎮痛薬
  • 3.3 神経障害性疼痛治療薬
  • [4] オピオイド鎮痛薬
  • 4.1 オピオイド受容体のタイプ
  • 4.2 内因性オピオイド
  • 4.3 オピオイドμ受容体作動薬の主な作用
  • 4.4 オピオイド鎮痛薬各論
  • C 緩和
  • [1] 緩和ケアとは
  • [2] がん疼痛の分類と発生機序
  • [3] 痛みの病態生理とがん疼痛
  • [4] 痛みの性質分類
  • [5] がん疼痛の評価
  • [6] WHO 方式がん疼痛治療法
  • [7] 非ステロイド性抗炎症薬 ( NSAIDs ), アセトアミノフェン
  • [8] オピオイド鎮痛薬
  • [9] レスキュー薬 ( レスキュー・ドース )
  • [10] オピオイド・スイッチング
  • [11] オピオイド鎮痛薬の副作用と対策
  • [12] オピオイド鎮痛薬に反応しにくい痛み
  • 確認問題
  • 索引
  • 奥付

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...