対応の流れと治療のポイントがわかる フローチャート抗がん薬副作用

出版社: じほう
著者:
発行日: 2020-03-20
分野: 臨床医学:一般  >  癌/腫瘍一般
ISBN: 9784840752732
書籍・雑誌
≪全国送料無料でお届け≫
発送目安:約3営業日

4,290 円(税込)

商品紹介

併用療法の進歩や免疫チェックポイント阻害薬(ICI)の登場により、抗がん薬の副作用は多様化しており、すべてを熟知することは容易ではありません。そこで本書は、副作用を疑ったときの判断基準や対処法をフローチャートで視覚的に示すとともに、現場で使える具体的な知識を解説。ICIについては、進んだ副作用管理を実践している九州大学病院の対策を盛り込んでいます。日々がん診療にあたる専門医、専門薬剤師、専門看護師による、キホンを知るにも実践で活かすにも役立つ1冊です!

目次

  • 第1章 総論
     1 がん薬物療法の基本
     2 有効性・安全性を正しく評価するために
     3 免疫チェックポイント阻害薬と免疫関連有害事象

    第2章 副作用:殺細胞性抗がん薬/分子標的薬
     1 発熱(発熱性好中球減少症)
     2 高血圧
     3 静脈血栓塞栓症
     4 悪心・嘔吐
     5 下痢
     6 便秘
     7 腫瘍崩壊症候群
     8 電解質異常(高Ca血症)
     9 電解質異常(低Na血症)
     10 電解質異常(低Mg血症)
     11 末梢神経障害
     12 手足症候群
     13 皮膚障害(ざ瘡様皮疹、爪囲炎)
     14 血管外漏出
     15 口腔粘膜炎
     16 味覚異常
     17 過敏反応

    第3章 副作用:免疫チェックポイント阻害薬
     0 はじめに:九州大学病院の「チームICI」
     1 間質性肺疾患
     2 下痢・大腸炎
     3 肝障害
     4 腎障害
     5 1型糖尿病
     6 内分泌障害
     7 神経・筋障害
     8 皮膚障害
     9 インフュージョンリアクション
     10 心血管障害

おすすめ商品

最近チェックした商品履歴

Loading...